Search

検索したいワードを入力してください

エコキュートの1ヶ月の電気代の目安|オール電化/電気温水器

Author nopic iconかの
公共料金 / 2018年03月30日
エコキュートの1ヶ月の電気代の目安|オール電化/電気温水器

エコキュートの1か月の電気代の目安

エコキュートとは、特定のメーカーから販売されているもので、オール電化住宅に用いられる電気と空気でお湯を沸かす給湯システムのことを言います。エコキュートとは一般的なご家庭に比べ省エネ効果が高く、消費電力をおよそ1/3程度下げることができます。

これから家を新築されるという方や、リフォームをお考えの方は エコキュートとの導入を考えているという方も少なくありません。エコキュートとは、夜間の間に電力を使うことが多いため、電気ブランを変えるといった工夫をすることで、大幅な電気代の節約にもつながります。

今回は、実際にエコキュートを用いた場合の電気代の計算し、どういったメリットがあるかについてや使い方、電気ブランについてご説明していきましょう。

エコキュートの電気代

これからポーチを新築しようという方や梁方もお考えの方にとっては、オール電化にした場合や呼吸とを用いるとどの程度電気代がかかるかについて気になるところです。エコキュートとは 1年にかかる電気代がおよそ1万5千円程度に抑えられます。

エコキュートとは各メーカーから販売されておりますが、この1万5千円という電気代にはそれほど多くの差はありません。エコキュートを用いることにより、エコキュートを用いていない一般的な子家庭に比べ、1カ月当たりの電気代が 1500円程度安くすることができます。

エコキュートの電気代を節約するためには

エコキュートを使って電気代を節約したいのであれば、次のことに注意しましょう。エコキュートは上手に使うことができれば、電気代を大幅に節約することができます。エコキュートの上手な節約の方法を覚えておけば、エコキュートを使う時間帯や電力プランを見直すことができます。せっかくエコキュートを導入するのですから、電気代を節約するためのポイントについて、正しい方法を覚えておきましょう。

電気代を節約できる電力プランを決める

まずエコキュートを導入するうえでは、初めに生活スタイルに合わせ、エコキュートや電化製品をあまり使わない時間帯が何時頃であるのか調べたうえで、電気代が安くなる時間を決め電力プランを設定しましょう。

一般的には エコキュートを導入するのであれば、夜間の間の電気代が安いプランを設定しておきます。そうしておくことで、夜間の間にためたおいたお湯を日中に使うことができ、昼間電力を使うことはないため、電気代を節約することができます。

夜間の電気代が安いプランには、その時間帯についていくつかのプランが用意されていますので、エコキュートとや電化製品を使うのであれば、この電気代が安くなる時間帯に電化製品やエコキュートとを使うようにしましょう。

昼間の間お湯が切れないよう注意する

エコキュートとは、電気代が安い夜間の間にお湯をためておきます。夜間の間にためたお湯を使うことにより、電気代を節約できますので、昼間使うお湯を使い過ぎてしまわないよう注意しましょう。

例えば来客があるのであれば、普段よりも多くお湯を使う必要があります。そのため、ない客が来る前の日にはいつもより多めにお湯を沸かしておきましょう。普段に比べお湯を多く使わなければならないことがわかっているのであれば、電気代が安い夜間のうちに多めにお湯を沸かしておきます。

ピークカット設定

ピークカット設定とは、その日にお湯を使わないというのであれば、自動的にお湯を沸かす設定をとめておいたり、電気代が高い時間帯だけお湯を沸かす機能をとめておくという設定です。これらの設定が付いているかどうかを調べておき、この設定は付いているのであれば、その日の状況によって設定を変えておきましょう。

季節ごとに設定を変える

冬の場合は、お風呂のお湯が足りなくなってしまった時には追いだきするよりもたし湯をした方が電気代の節約になります。お湯がなくなってしまった場合には、タンクの内部の熱を利用して温め直しますのでその分、熱が足りなくなり電気代が余分にかかってしまいます。

ですが追い焚き機能はタンクの内部にあるお湯をそのまま出すだけですので、追い焚き機能をすることにより、保温機能を使うよりも電気代を節約することができます。またエコキュートとは、前日のお湯を沸かし直すよりも、始めから温められたお湯をもう一度浴槽に入れた方が電気代がかかりません。

電気代が高くなっている場合

エコキュートを用いて電気代を節約するためには、ためた及が切れないよう注意する必要があります。もしも普段よりも余分にお湯を使う必要がある場合には、前日の電気代が安くなる夜間のうちに大目に及をためておき、日中にそれを使うようにしましょう。

エコキュートを用いても電気代が安くなっていないというのであれば、生活スタイルと電力プランがそれに見合っていない可能性があります。使用するお湯の量や、最も多く電化製品を使用する時間帯について調べておき、ご自分の生活スタイルに合わせた電力プランを選びましょう。

電気代そのものが高くなっている場合

エコキュートを投入したにもかかわらず、電気代がそれほど変わらないという場合がありますが、これは電気代そのものが変わっている可能性があります。電気代は年々値上がりをするため、エコキュートを投入しても、エコキュートを投入する前とそれほど電気代が変わらないという場合には、電気代そのものが値上がりをしている可能性があります。

ですが、エコキュートを使用していないとそれ以上の光熱費がかかりますので、決して損をしているというわけではありません。

寒冷地の場合

エコキュートは寒冷地で使う場合には効率が悪くなる場合があります。そのため、その地域の気温にもよりますが、昼間にもさほど気温が高くならない地方にお住まいの方の場合は、オール電化でお湯を温めるには効率が悪く、電気代がさほど安くならない可能性もありますので、エコキュートの設置が向かない場合があります。

ご家族の人数が多い方の場合

エコキュートの電気代は、ご使用になるご家族の人数によっても変わります。例えば、ご夫婦だけでお住まいの方の場合には、共働きされており、昼間お家の中に誰もいないというのであれば、日中お湯をさほど使わずにすむため、電気代の節約にエコキュートを役立てることができます。

これが例えばお子様がお生まれになった場合や、ご両親と一緒にお住まいになることになった場合には、ご使用になるお湯の量が2倍程度上がります。エコキュートは購入される際にタンクの大きさを決める必要がありますので、ご家族の人数は突然増えた場合に対応しきれません。

人数が未定の場合

エコキュートを購入される場合、近いうちに残家族が増える予定がある場合であれば初めから大きめのタンクを購入しておくと良いのですが、「いつになるか分からない」といった方の場合には、大きめのタンクを購入してしまうと、余分に人数に対してお湯を沸かす必要があるため、電気代が余分にかかってしまう場合があります。

まだ人数が決定していないうちにエコキュートを購入してしまうと、余分な費用を払う必要がありますので、電気代の節約をしたいというのであれば、オール電化にする場合でも初めから エコキュートを利用されない方が良い場合があります。

オール電化

エコキュートは、ガスを用いるよりもオール電化にすることにより、月々1000円から 1500円程度料金を節約することができます。もしもオール電化にすることにより、アンペアをあげる必要があったとしても、年間の電気代は1万5千円程度に抑えることが可能です。

オール電化にした場合には、一般的なガス給湯器を使用した場合に比べると、その他の光熱費と合わせても 2万円から2万5千円程度、プロパンガスを用いた場合では 5万円から5万6千円程度節約することができます。

電気温水器

電気温水器は、貯水タンクの中に取り付けられたヒーターを利用してお湯を沸かします。電気温水器は電気を使ってお湯を沸かすため、電気のほか外の空気の熱でお湯を沸かしているエコキュートよりも電気代が多くかかります。

電気温水器とエコキュートの違い

エコキュートと電気温水器の違いは、お湯を沸かす工程の違いのほかにも消費電力や電気料金にも違いがあります。エコキュートの消費電力は冬の場合で1.5kW、電気温水器の場合は最大で 2.4kWとなっています。消費電力だけで比較したとしても、エコキュートに比べて電気温水器の方が消費電力が高く、その分電気代も余計にかかってしまいます。

どちらを選ぶかについては

エコキュートを選ぶか電気温水器を選ぶかについては、その状況やお住まいの地域によって変わります。例えば本体の価格は、エコキュートよりも電気温水器の方が安く購入することができます。ですが、電気代は電気温水器に比べエコキュートを用いた方が、月々1/3程度に電気代を抑えることが可能です。

ですが、エコキュートは故障してしまった場合には、修理費用は エコキュートの方が高額になってしまいます。長く使い続けるのであれば、エコキュートはお得なものでもありますが、住まいの地域は寒い地方であった場合には、エコキュートではお湯を温めるにあたって、電気代がかかってしまう場合もありますので、一概にこちらの方がお得と決めつけることができません。

床暖房の電気代

床暖房は、エアコンや石油ファンヒーターとは違い、空気を循環させる必要がないため、空気を汚さずに暖をとることができる便利な暖房器具の一つです。床暖房は、寒冷地で多く用いられていますが、雪の降らない地域ではあまり利用される方はいらっしゃいません。

ですが、マンションやアパートにお住まいの方の場合には、すでに床暖房は初めから取り付けられている場合があります。そのため、床暖房を用いた場合の電気代についても覚えておくと良いでしょう。

エコキュートを使った場合のタンクの容量

エコキュートを投入される方の中には、エコキュートを投入すると同時に床暖房を取り付ける分方が多くいらっしゃいます。エコキュートを利用した床暖房には、少なくとも460リットル以上の容量があるエコキュートが必要になります。

エコキュートは、夜間に沸かしたお湯を昼間に用いるものですので、大きめの容量のものを使わないと、床暖房を利用した際に保有が足りなくなってしまう場合があります。昼間のお湯が足りなくなってしまうと、足りない分のお湯をエコキュートを使って沸かす必要がありますので、電気代の高い昼間にお湯を沸かす必要があり、その分電気代が高くなってしまいます。

床暖房を使わない場合は、370リットルの容量があれば十分ですが、床暖房を利用する場合には、470リットルの容量があるエコキュートが必要になります。100リットル近く容量が違うと、エコキュートの本体価格は 10万円程度違いが出ます。

エコキュートを用いた床暖房の電気代

エコキュートを用いた床暖房の場合には、10畳間の場合で温度を30度に設定した場合には、4千円程度の電気代がかかります。これは、室温が20度に保たれた場合、1日8時間床暖房を運転し続けっこ1カ月使用した場合の電気代になります。どのご家庭でもこの電気代に当てはまるわけではありませんが、これを目安としておきましょう。

エコキュートを使った床暖房にかかる費用

エコキュートを使った床暖房を設置する場合には、面積によって利用に違いがありますが、10畳間から20畳間の場合でおよそ50万円から 80万円程度の費用がかかります。また、エコキュートの容量を大きくしたいというのであれば、この費用にさらに10万円程度追加されます。

家電量販店などで安い時期に購入した場合でも、およそ5万円程度の追加料金がかかります。また、エコキュートを用いた床暖房が、寒冷地で使用する場合には 1日中つけておく必要があります。その場合は、石油を用いた場合に比べ、光熱費が高くつく場合があります。

エコキュートの電気代の計算方法

エコキュートの電気代の計算方法は以下のものになります。エコキュートは、主に夜間に電気を使用しますので、時間帯が違うということ以外は一般的な電化製品と消費電力の計算方法は変わりません。そのため、エコキュートの電気代を計算するには、エコキュートの消費電力かける使用時間かける電力量の料金で導き出すことができます。

エコキュートの消費電力

エコキュートの消費電力については、そのメーカーや機種によって多少違いがあります。ですが、エコキュートをご利用になった場合には、オール電化で電気だけを使ってお湯を沸かした場合には、ガスを用いてお湯を沸かした時に比べ1/3程度の電気代に抑えられます。

次に、一般的な。ご家庭の場合のエコキュートを使用した際の消費電力について計算してみましょう。エコキュートは、寒冷地で使用する場合、冬の時期以外に使うのであれば0.95kW、冬の場合で 1.5kWとなっています。今回はその中間をとり、1.225 kWとして計算しましょう。

季節別のエコキュートの消費電力について

エコキュートを使ってお湯を沸かす場合には、使用するお湯の量やどの季節かによっても消費電力が違います。エコキュートは、一般的に夜間の3時間または4時間程度運転させてお湯を沸かします。

ここでもまたその中間をとって1日3.5時間として計算しましょう。エコキュートを使った場合の1日に必要な消費電力量は1.225kW×3.5時間という計算式で導き出します。そのため1日に必要な消費電力は4.2875kWhと導きだされます。

また1か月に必要になる消費電力については、1日分の消費電力である、4.2875kWh×1か月30日とすると、128.625kWhとなります。

エコキュートの電気代

エコキュートのひと月の消費電力量の電力使用量はわかれば、電気代は簡単に導きだすことができます。エコキュートは夜間に運転し、電気を消費しますので、夜間に料金が安くなる電力プランに加入していたとして、夜間の電気料金である12.25円を当てはめて計算しましょう。

すると、128.625 kWh×12.25円といった式になりますので、答えは1575.65となります。電気代は小数点第3位以下は切り捨てとなりますので、エコキュートの1か月の電気代はおよそ1600円程度に納められるということです。

季節による消費電力の違いについて

エコキュートは、「夜間蓄熱式機器」になります。「夜間蓄熱式機器」に該当するものは、「季節別時間帯別電灯契約」が結べるため、深夜の時間帯に電気を使用すると電気代が安くなります。そのため、エコキュートとガスを併用してお湯を沸かしているご家庭に比べ、電気代がおよそ8千円程度安くすることができます。

エコキュートを使うデメリット

冬は気温が低くなるため、エコキュートを用いてお湯を沸かす場合には、ほかの季節に比べお湯を沸かすための電力や時間がかかります。例えば、数日おきにお湯を沸かす時と、毎日お湯を沸かすのとでは、電気代が2倍近く違いがあります。

冬場は、お湯を使用することが多くなるため、電気代が余計にかかってしまいます。そのため、季節によってはエコキュートの電気代が思っていたよりも高くなってしまう場合があるということを覚えておきましょう。

工事費用がかかる

エコキュートを使い続けることにより、長い目で見ればエコキュートを利用した方が電気代といった光熱費を節約することができます。

エコキュートを購入する場合には、エコキュート本体のほかにも工事費用がかかります。エコキュートを使用した場合に電気代は節約できますが、その電気代に比べ工事費をといったコストはそれを上回る高額になってしまう場合には、エコキュートを利用する意味がありません。

工事費用や電気代についてあらかじめ調べておき、どちらが電気代や光熱費を節約できるのか検討のうえ購入して下さい。

エコキュートの電気代は高いのか

エコキュートは正しい使い方をしていれば、電気代を節約することができます。ですが、エコキュートを導入しても電気代が高くなっている場合には、電力プラント生活スタイルが合っていない可能性があります。例えば、電気代が最も高くなる時間帯に エコキュートを使っているということが多い場合には、当然電気代を節約することはできません。

エコキュートは、一般的に電気代が安くなる夜間の間にお湯を沸かしますので、夜間の間に沸かしたお湯を昼間使うというのであれば、エコキュートを導入しても電気代が大幅に節約されます。ですが、日中お湯を大量に使う場合、お湯が足りなくなってしまい、電気代の高い昼間にお湯を沸かさなければいっけません。その場合は電気代が高くなってしまっている可能性があります。

比較

エコキュートを導入する場合には、夜間の間の電気代が安いプランが設定されます。そのため、日中に多くオイルを使うご家庭の場合には、エコキュートを導入しても電気代が安くなっていない場合や、むしろ電気代がかえって高くなってしまったという方もいらっしゃいます。

それでは次に、エコキュートを導入した場合、電気代が安くなる時間帯と電気代が高い時間帯とではどの程度電気代に差があるのかどうかについて問、季節ごとの電気代の違いについてお話ししましょう。

夜間と日中の電気代の差

電気代が、エコキュートとばかりにかかるものではありません、日中に洗濯機や掃除機、エアコンを多く使うご家庭の場合には、それだけ電気代がかかります。電気代を節約したいというのであれば、ご自分の生活スタイルに合った電力プランに変える必要があります。

これからエコキュートとの導入を考えているという方の場合は、ご自分の生活スタイルを見直し、よく考えてから最も電気代を節約できる電力プランに変えましょう。

電気代が高くつく電力プラン

夜間の電気代が安くなる電力プランに加入されている方の場合は、日中の電気代が高く設定されています。この電力プランに加入されている方の場合は、夜間の電気代に比べ、日中の電気代はおよそ3倍近くも高くなります。

また、加入しているプランによっては、最も電気代が高くなる時間帯に比べ、5倍以上の電気代に差がつく場合があります。エコキュートを導入する場合、日中に書き直しをすることにより、夜間にまき直しをするときに比べ、およそ2倍から 5倍以上の電気代がかかってしまうことになりますので、使い方には注意が必要です。

生活スタイルに合わせてエコキュートとプランを選ぶ

電気代については、そのご家庭により電化製品やエコキュートの使い方が違いますので、まちまちです。また、エコキュートを投入する場合には、工事費用やその他の費用がかかるため、高くつきますが、長い目で見れば電気代を安く抑えられるため、特別故障しない限りはエコキュートを利用した方が電気代を安く抑えることができます。

また、ご自分の生活スタイルに合わせて電力プランを変えることにより、さらに電気代を節約することも可能です。エコキュートを購入する際には、ご自分の生活スタイルをもう一度振り返り、毎日どの程度保有を使っているかどうか、電化製品を使っている時間帯について覚えておきましょう。

関連記事

Related