Search

検索したいワードを入力してください

【特徴別】除湿機の電気代の比較・クーラーとの電気代の比較

Author nopic iconupdiver2000
公共料金 / 2018年02月07日
【特徴別】除湿機の電気代の比較・クーラーとの電気代の比較

除湿機とは

部屋の湿気を抑えカビ防止、冬季においての窓の結露対策、雨天時に外に洗濯物を干せないため、部屋干しをするなどのさまざまなシーンの時に活躍するのが除湿機です。ここからはその除湿機の構造や種類について説明します。

除湿機の電気代やクーラーとの電気代の比較などについてもご紹介しましょう。また、シャープ・パナソニック・三菱電機・象印・コロナなど除湿機を販売しているメーカーや、コンプレッサー式・ハイブリッド式・デシカント式・部屋干しなど種類ごとや特徴別で見て除湿機の電気代について説明します。

また、乾燥機と除湿機の違いや電気代の比較も合わせて説明します。さらにおすすめできる除湿機をいくつか紹介します。

除湿機の構造

まず除湿機の構造について説明します。除湿機の仕組みを簡単に説明すると部屋にある空気を吸い込みます。その吸い込んだ空気を冷却し、冷却された水分は、冬に窓が結露するのと同じ仕組みで水滴になります。その水滴を排出す仕組みになっているの除湿機です。

除湿機の種類

ここでは、除湿機の種類について説明します。除湿機の種類としては、コンプレッサー式・ハイブリッド式・デシカント式などがあります。

コンプレッサー式は、塩素・水素を含んでいるために、オゾン層を破壊する危険性が少ない代替フロン、アンモニアや二酸化炭素などの冷媒をコンプレッサーで圧縮して液体にし空気を冷却することにより発生する結露を利用して部屋の空気の水分を取り除きます。

このコンプレッサー式の除湿機は、湿気が気になる梅雨、夏場に効果を発揮します。また、消費電力が少ないので電気代が安いといったメリットがあります。一方で、コンプレッサー内蔵のため振動など音がうるさく、また構造上本体の重量が重いといったデメリットもあります。

デシカント方式の除湿機の特徴

次に、デシカント方式の除湿機の特徴のついて説明します。デシカント方式の除湿機は、吸着性能や吸湿性に優れているシリカとアルミナなどの成分を含む石炭灰を化学処理したデシカント(除湿材)を利用して水分を吸着させることにより、部屋の空気の水分を取り除きます。

デシカント方式の除湿機は、冬場に除湿性能が落ちるコンプレッサー式とは違って冬場の低温時でも除湿能力が落ちないといったメリットがあります。また、コンプレッサー式のような振動音もなく運転音が静かといったメリットがあります。

デシカント方式の除湿機は、ヒーターを使用する仕組みのため消費電力が大きくなり、電気代が高いといったデメリットがあります。

ハイブリッド方式の除湿機は

ハイブリッド方式の除湿機は、湿気が気になる梅雨、夏場に効果を発揮しますが低温時は除湿力が低いコンプレッサー式と低温時の冬場に効果を発揮するデシカント式の両方を利用可能にした機種です。

このハイブリッド方式の除湿機は、気温に関係なく1年中使えるといったメリットがありますが、反面、比較的高価になります。またコンプレッサー式・デシカント式の両方の性能を持っているため消費電力が高めになり電気代が高くなるといったデメリットがあります。

除湿機の電気代の比較

ここでは、シャープ・パナソニック・三菱電機・象印・コロナなど除湿機を販売しているメーカー別で見た電気代について説明します。シャープは、タバコの臭いなどの消臭効果、静電気防止効果・美肌効果などのあるプラズマクラスターイオン発生機を備えた除湿機などを販売しています。

シャープのコンプレッサー式の除湿機の電気代を見ると、消費電力180Wで1時間使用した電気代が約4.7円です。エコナビ搭載で電気代が安くてスリムでコンパクトなデザインの除湿機を販売しているパナソニックのデシカント式の除湿機電気代を見ると消費電力280Wで1時間使用した電気代が約7.3円です。

パナソニックのハイブリッド式の除湿機電気代を見ると消費電力235Wで1時間使用した電気代が約6.1円です。三菱は、ズバッと乾燥モード・節電モード・夜干しモードなどが切り替えられるコンプレッサー方式の衣類乾燥除湿機などを販売しています。

三菱の除湿機の電気代

三菱のコンプレッサー方式の除湿機の電気代を見ると消費電力380Wで1時間使用した電気代が約14円です。また、4.7L大容量タンクを備えている広い部屋の除湿に威力発揮するハイパワー除湿タイプの除湿機でも比較的安い電気代で使用することができます。

象印の除湿機は、60度・90度・180度・360度の4つの送風幅を持っていて、効率的に衣類を乾燥することができます。また、部屋干しのニオイを抑えるナノプラチナ乾燥、乾燥コース・消費電力を節約して安い電気代で運転すエココースなど用途に合わせて選べる運転コースなどがある除湿機を販売しています。

コロナの除湿機の電気代

コロナの除湿機は、おしゃれな空間にもマッチするスタイリッシュなデザインの除湿機、3.5Lの大容量タンクを備えながら軽量・コンパクトタイプで設置しやすいコンプレッサー式の除湿機などを販売しています。また、排熱ダクトの排熱を利用して除湿するタイプの除湿機なども販売しています。

水をためるタンクが3.5Lと除湿能力は6.3Lとウィルス抑制・除菌・脱臭フィルターを備えたコロナの除湿機の電気代は標準の運転で1時間使用した時の電気代は5円です。また、節約モードで1時間使用した時の電気代3円ほどになります。

特徴別除湿機の電気代

ここでは、コンプレッサー式・ハイブリッド式・デシカント式など除湿機の種類ごとに見た除湿機の電気代についても紹介します。また、振動音などない静かなタイプの除湿機とはどんなタイプなどについて説明します。さらに除湿機を使った部屋干しのテクニックで電気代を節約する方法について説明します。

ハイブリッド式の除湿機の電気代

ここでは、ハイブリッド式の除湿機の電気代についてご紹介していきます。

ハイブリッド式の除湿機の電気代とコンプレッサー式・デシカント式と比較しながら説明します。まずハイブリッド式の除湿機の電気代ですが、除湿機を販売しているメーカーなどの情報によりますと、ハイブリッド式の除湿機の電気代は、1時間あたり9円から11円ほどかかります。

また、デシカント式の除湿機の電気代は、500Wの除湿機を1時間使用した時の電気代は10円から13円ほどかかります。さらにコンプレッサー式の除湿機の電気代を見ると250Wの除湿機を1時間使用した時の電気代は5.5円から6.3円ほどかかります。

除湿機を使った部屋干しにテクニック

ここでは、湿機を使った部屋干しのテクニックで電気代を節約する方法について説明します。雨の日や梅雨どきなど、洗濯物が外に干せない時に部屋干しに便利なのが除湿機ですが、長時間使用すると電気代が心配になります。

では、除湿機をどのような方法で使用すれば効率よく部屋干しができるようになるのでしょうか。部屋干しによる嫌な臭いは衣類の半乾きによって起こります。臭いのもととなる菌は高温多湿の条件で繁殖します。

その菌の繁殖を防ぐには、衣類を素早く乾燥することが求められます。短時間で衣類を乾燥することができれば嫌な臭いもつくことがなく、また電気代の節約にもなります。

除湿機を効率的に使うポイント1

では、除湿機を効率的に使うポイントは、除湿機には結露させ除湿するタイプのコンプレッサー方式、乾燥剤を利用して除湿するタイプのデシカント方式、コンプレッサー方式・デシカント方式の両方の機能があるハイブリッド方式があります。

どのタイプの除湿機でも、部屋干しの衣類を短時間で乾燥させるには、部屋干ししている部屋に余分な空気などがはいらないよいうにドアや窓を閉めて使用することがポイントになります。次のポイントとしては、除湿機からでる風が当たりやすい位置に衣類を干すことです。

また、衣類を干した時には衣類の下部の方に水分が貯まるので、衣類を短時間で乾燥させるにはその多くの水分を含んだ衣類の下の部分に風が当たるように除湿機を置くことで効率よく衣類を乾燥することができます。

このように除湿機の置き方によって衣類が乾燥するまでの時間が短縮できるほか、電気代の節約にもつながります。

除湿機を効率的に使うポイント2

また、除湿機を効率的に使うポイントには、衣類の干し方や干す間隔なども影響します。衣類と衣類を離して干すことで空気の循環がよくなり衣類を短時間で乾かすことにつながり電気代の節約にもなります。

このように除湿機を効率的に使うと部屋の除湿はもとより衣類乾燥、また冬などに起きる結露の対策になりますので除湿機を上手に活用するようにしましょう。

静かなタイプの除湿機

除湿機を使う上での理想は電気代が安い、音が静かなことです。除湿機の中で比較的音が静かなタイプは冷媒を使用せずに乾燥剤を使ってその乾燥剤に水分を吸着させ乾いた空気を吹き出すタイプのデシカント方式の除湿機です。

このタイプの除湿機は、振動音で音が大きなコンプレッサーを使った方式の除湿機とは違って音が出やすいコンプレッサーが無いので軽量コンパクトで音が静かです。しかし、乾燥剤に水分を吸着させるためにヒーターを使うためその分消費電力が大きくなり、電気代が高くなります。

クーラーと除湿機の電気代の比較

ここでは、クーラーと除湿機の電気代の比較について説明します。

部屋を除湿するには、クーラーを使った除湿方法と除湿機を使った方法があります。そこで部屋を除湿する時にクーラーと除湿機の電気代はいくらかかるのか、またどちらが電気代が安いのかを比較してみます。

まず、エアコンにはクーラー(冷房運転)、暖房運転とドライ(除湿)運転があります。電気代が高くなるのは冷房運転よりもドライ(除湿)運転のほうが電気代が高くなると言われています。

エアコンの除湿運転の種類

また、エアコンの除湿運転には空気を冷やして空気中の水分を取り除く「弱冷房除湿」と水分を取り除くために冷やされた空気を温め直す「再熱除湿」の機能があります。空気を温め直す「再熱除湿」の機能の方が電気代は高くなります。

では、エアコンの除湿運転の中でも電気代が安い「弱冷房除湿」で運転した時と除湿機の中でも電気代が安いコンプレッサーを使った方式の除湿機で1時間使用した時の電気代を比較して見るとエアコンの「弱冷房除湿」で1時間運転した時の電気代が10円から12円ほどに対して除湿機で1時間使用した時の電気代が6円から7円ほどと安いことがわかります。

乾燥機と除湿機の電気代の比較

梅雨の時期になる重宝されるのが衣類乾燥機と除湿機です。除湿機には衣類を乾燥できる機能があります。では、衣類乾燥機で衣類を乾燥させた時と除湿機を使って衣類を乾燥させた時の電気代はどちらが安いのでしょうか。

衣類を乾燥する乾燥機には、一般的な洗濯機に乾燥機能が備わった「縦型洗濯乾燥機」、洗濯槽内に温風を送りながら衣類を乾燥させる「ドラム式洗濯乾燥機」、乾燥機能だけが備わっている「衣類乾燥機」などの種類があります。

方式で分類するとガス式・電気式・ヒートポンプ式・空冷式・電熱式などにわかれます。

これらの乾燥機の中でも電気代が安いヒートポンプ式と除湿機の中でも電気代が安いコンプレッサー式の除湿機の電気代を比較すると除湿機で1時間使用した時の電気代が6円から7円ほどに対してヒートポンプ式乾燥機で1時間使用した時の電気代が27円から28円ほどでヒートポンプ式乾燥機ほうが電気代が高いとわかります。

除湿機の選び方

ここでは、除湿機の選び方について説明します。除湿機の電気代だけ見ればコンプレッサー式除湿機がおすすめと言えますが、デシカント式除湿機にも多くのメリットがあります。では、除湿機の選び上でのポイントとは何でしょうか。

除湿機の選び方のポイントは、冒頭でお話しました安い電気代です。どんなに性能がよくても高い電気代では除湿機を使わないことにもなりかねません。除湿機の選び方のポイント2つ目は、使う場所や環境に季節などを考慮して選ぶことが大事です。

除湿機の選び方のポイント3つ目は、除湿以外に衣類乾燥機能、空気清浄機能、カビブロック機能など除湿以外の機能が備わっているもの選ぶことは後悔しない買い方と言えます。除湿機の選び方のポイント4つ目は、除湿機を買う以上は、どんな場所でも除湿機能を発揮してくれる除湿機能が優れた製品を選ぶことが重要です。

電気代が安い除湿機の選び方

ここでは、電気代が安い除湿機の選び方について説明します。コンプレッサーの振動音により音がうるさいなどのデメリットがありますが、電気代だけを考慮するのあればコンプレッサー式の除湿機がおすすめです。

また、電気代と静かな運転音にこだわるのであればデシカントタイプとコンプレッサータイプのメリットを取り入れたハイブリッドタイプの除湿機がおすすめです。ただし、ハイブリッドタイプの除湿機は、デシカントタイプとコンプレッサータイプのメリットを取り入れた分、除湿機の本体価格が高くなります。

おすすめの電気代が安い除湿機

ここでは、電気代が安いおすすめの除湿機を紹介します。

hysure 大容量除湿機3L3000ML除湿機

電気代が安いおすすめの除湿機「hysure 大容量除湿機3L3000ML除湿機」は、 シンプルでオシャレなデザインなのでどの部屋のインテイアともマッチします。除湿率が1500ミリリットルと高い除湿性能を備えています。騒音レベルも低い静音設計の除湿機としておすすめです。

また、除湿機能と空気清浄機能を備えているので、湿気によるカビ・雑菌・ホコリなどにも対応した除湿機です。また低消費タイプの除湿機なので電気代も安く抑えることができます。

Blockquote firstBlockquote second

主にクローゼットの中に設置できるように購入しました。
除湿剤を利用していましたが、使い捨てなのと、コスパでみたら除湿機のが良いかなと。
静音なので、音に関してはあまり気になりません。
この時期には、あまり活躍の場は少ないですが、今年の夏にはクローゼットから出して大いに活躍してもらいます。

パナソニック 衣類乾燥除湿機ナノイー搭載 ハイブリッド方式

電気代が安いおすすめの除湿機「パナソニック 衣類乾燥除湿機ナノイー搭載 ハイブリッド方式」は、ハイブリッド方式の除湿機で衣類が乾きにくい梅雨、冷気が気になる冬など1年中をとおして短時間で衣類を乾燥することができるおすすめの除湿機です。

また、衣類の干し方に合わせて、風向きが選べる、衣類の量を自動で見分けられるなどの機能が満載しています。ナノイーによる除湿と脱臭により衣類に嫌な臭いなどが残りません。さらに乾き具合をセンサーが検知して自動で運転をストップしてくれます。

Blockquote firstBlockquote second

洗濯物を室内に干した時の乾きの時間は半分以下です
以前の乾燥機は某メーカーで消費電力はカタログでは同等です
能力に満足です
この乾燥機おすすめです

除湿機 WUUDI 衣類乾燥除湿機

電気代が安いおすすめの除湿機「除湿機 WUUDI 衣類乾燥除湿機」は、コンパクトサイズながら、除湿能力は0.75リットルとしっかりと衣類を乾燥してくれます。また、夜間や睡眠の時に使用しても振動音などがしない設計になっています。

こちらの 除湿機は、大きな吸気口の低消費電力で電気代も安く、静かな運転が特徴です。また、コンパクトサイズなので 押入れ・クローゼット・下駄箱・トイレといった狭い場所への移動も楽に行なえます。

Blockquote firstBlockquote second

ワンルームマンション程度の部屋の除湿ならこれで十分役に立ると体感できます。
ベランダで物干しをしたくない女性の場合など洗濯物を乾燥させるスピードが違いますし、部屋干しの嫌な臭いも減らせると思います。
暑い夜などもエアコンをつけっぱなしにしなくてもこれを運転させておけば蒸し暑くなくいい感じですね。
タンクも大きめで水が満タンになるまで数日持つのもいいですね。
価格には十分見合う機能的な一台だと思います。

Aidodo 除湿機 除湿器 コンパクト 衣類乾燥除湿機 800ml

電気代が安いおすすめの除湿機「Aidodo 除湿機 除湿器 コンパクト 衣類乾燥除湿機 800ml 」は、除湿能力が高いのに消費する電力を抑えた仕組みにより電気代が安く、しかも夜でも安心して使える静音設計のおすすめの除湿機です。

また、フィルターと本体の吸入口を掃除機で吸うだけで簡単に掃除をすることができるなどメンテナンスも楽に行なえます。さらにコンパクトサイズの除湿機なので設置する場所を選ぶ必要がありません。本棚やクローゼットをはじめ、車内でも利用することができるおすすめの除湿機です。

Blockquote firstBlockquote second

コンパクトなミニ除湿機です。
使い方はとても簡単で電源ボタンを押すだけ!
試しに部屋干しした際に使用してみましたが、衣類の部屋干し特有の嫌な臭いがしなくなりました。
コンパクトで場所をとらないので、トイレや脱衣所、クローゼットや押入れなど
どこでも使えて便利だと思います(^^)

シャープ プラズマクラスター除湿機 CV-G71-W

電気代が安いおすすめの除湿機「 シャープ プラズマクラスター除湿機 CV-G71-W」は、ハンドル付で移動するのもまた排水も楽に行えます。また、部屋干し衣類についた生乾き臭などのスポット消臭に適した除湿機です。

また、衣類や部屋についた頑固な臭いもしっかりと消臭してくれます。さらに湿気により発生したカビ菌の増殖を抑制にも効果があります。ガイド付プラズマクラスターの風をさまざまな範囲に送風することができるおすすめの除湿機です。

Blockquote firstBlockquote second

1台目はパナ製を購入したが、2台目はシャープ製を購入。プラズマクラスターに魅力を感じての購入である。パナ製に比べて重いので、女性にとって持ち運びが大変である。但し、除湿機能には満足している。

パナソニック デシカント方式除湿乾燥機 7~14畳相当 ブルー F-YZJ60-A

電気代が安いおすすめの除湿機「パナソニック デシカント方式除湿乾燥機 7~14畳相当 ブルー F-YZJ60-A」は、部屋干ししている衣類の干し方により自動で風の向きを変えてくれる機能備えているおすすめの除湿機です。

また、エコナビが搭載されているので衣類を無駄なく短時間で乾かすことができるので安い電気代で使用することができるおすすめの除湿機です。さらにタイマー付きなので朝に運転して出かけると夜には部屋に干している衣類が乾いているなど便利な除湿機です。

Blockquote firstBlockquote second

2・4・6の時間タイマーが付いているので安心出し

万が一暖房器具の安全装置同様に倒れたら停止機能も付いているので

心配症の方にもオススメです。

三菱 衣類乾燥除湿機MITSUBISHI MJ-120MX-W

電気代が安いおすすめの除湿機「三菱 衣類乾燥除湿機MITSUBISHI MJ-120MX-W 」は、温度・湿度センサー・赤外線センサーと部屋干し3Dムーブアイなど機能が満載で、除湿能力が高く、消費電力が少ないおすすめの除湿機です。

最大の特徴は、赤外線センサーによる衣類の乾き具合をチェックして乾きの悪い部分に集中的に風を送るといった機能です。また、早く衣類を乾かした時に便利な「ズバッと乾燥」モードも搭載されています。

Blockquote firstBlockquote second

夜干しを浴室でこの乾燥機を使ってかわかしているけど、朝にはしっかり洗濯物が乾いています!
感動です!

パナソニック 衣類乾燥除湿機F-YHPX120-N

電気代が安いおすすめの除湿機「パナソニック 衣類乾燥除湿機F-YHPX120-N 」は、ワイド送風機能により大量に干した洗濯物を一気に乾かせることができます。また、梅雨や夏にはコンプレッサー方式、秋や冬にはデシカント方式など季節に合わせて自動で切り替えてくれるおすすめの除湿機です。

また、除湿ともに、微粒子イオン「ナノイー」により洗濯物の除菌や部屋干しによる嫌な臭い抑制してくれます。

Blockquote firstBlockquote second

洗濯物を室内に干した時の乾きの時間は半分以下です
以前の乾燥機は某メーカーで消費電力はカタログでは同等です
能力に満足です
この乾燥機おすすめです

除湿機の活用で快適なライフワークにしましょう!

通年で活躍する除湿機の種類や構造について説明しました。また除湿機を販売しているメーカー別で見た除湿機の電気代の比較についても紹介しました。さらにコンプレッサー式・デシカント式・ハイブリッド式など種類別で見た除湿機の電気代についても紹介しています。

また、エアコンの冷房運転による除湿と除湿機との1時間あたりの電気代の比較についての情報もお届けしました。さらに電気代が安いおすすめの除湿機をいくつか紹介しました。今回説明した情報と紹介した除湿機を参考にして、自分のライフワークに適した除湿機を活用して快適なライフワークにしましょう。

関連記事

Related