Search

検索したいワードを入力してください

アメリカで飲酒運転したらどうなるのか・飲酒運転事情

Author nopic iconサン
カテゴリ:社会問題

初回公開日:2017年12月30日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2017年12月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アメリカで飲酒運転したらどうなるのか・飲酒運転事情

アメリカで飲酒運転したらどうなるのか

アメリカで飲酒運転して事故を起こす方がたくさんいます。お酒はアメリカで簡単に入手できるのでしょうか。アメリカではお酒を購入するときは、どの国の方もアメリカにいるので、必ず身分証明書の提示が義務付けられています。なので、証明するものがないとお酒を買うことができません。販売をしている方も、レジ担当者が21歳以下だと商品をスキャンできない所もあります。

この法律はアメリカ人だけではなく、日本の旅行者は身分証明書をパスポートを使うことがあります。お酒を飲んで行きたい時、近くのスーパーでお酒を購入したいときもパスポートが必要です。日本の方は不便ですが、アメリカの法律で決まっています。

飲み歩きは犯罪なの?

日本ではビールをもって道を歩いていたり、チューハイをもって電車に乗っている方がいます。しかし、アメリカは公共の場での飲酒は犯罪と見られている州もあります。日本も同じ感覚ですが、犯罪にはなっていません。アメリカは以外に、いつでもどこでもお酒を飲んで良い訳ではありません。

食事をするときに、アメリカでは出入り口に「この先飲酒厳禁」のサインがあることもあります。ルールを守らずに外に出てお酒を口にすると、犯罪に当たる可能性があります。アメリカは飲酒運転以外にも、お酒関係は日本の違うので注意が必要です。他にもお酒を買うことが禁止されていて、日曜日にお酒の販売を禁止していたりする州もあります。

刑事法違反

アメリカの飲酒運転は刑事法違反です。日本では交通違反といわれいますが、アメリカで飲酒運転をすると逮捕されてしまいます。飲酒運転は犯罪なので裁判が行われるために弁護士がつきます。まず行われるのは、罰金と免許停止処分です。もちろんアルコール査定をして、dui被害者パネルへの参加をすることを命令されます。

アメリカは飲酒運転にきびしいので、アルコール査定をでアルコール乱用と診断されたら、法廷審問で6ヶ月くらいの期間の治療と禁酒の可能性があります。それだけでは終わらず、アメリカは飲酒運転した方には禁酒しているかの確認をします。決まっている期間ではなく、不定期の呼び出しで受けさせられるそうです。

飲酒したら記録されている

アメリカで禁酒しているかは、尿検査をして飲酒運転していないか確認します。この検査で陰性結果がでたら、また禁酒していることを証明することが可能です。アメリカでは飲酒運転で逮捕時に、撮影した写真と指紋はを国のデータベースに永久保存します。

民局は申請者の逮捕歴を重点的にチェックしていて、労働許可申請やビザの延長や、結婚によるビザとグリーンカードの申請、市民権の申請したい場合にデータベースをチェックします。

しかし、以外に公共交通手段が日本ほど発達していないです。アメリカでは、少し飲酒しても自分で車を運転して帰宅する人がたくさんいます。飲酒運転をしていなくても、相手が飲酒運転をしていてぶつかったらたいへんです。

再入国できなくなる可能性

お酒を飲んだら運転しないのはどの国も同じルールです。しかし、飲酒運転は犯罪になるアメリカでは、飲酒運転で逮捕されてしまったらビザを取り消しされてしまいます。

最悪の場合は、再入国拒否といわれてしまう可能性があります。それほどアメリカは飲酒運転にきびしい国です。アメリカでは「飲酒運転は危害を加えるので犯罪」と考えられていて、その考えの結果がビザの取り消しになっています。

理由は、危害を加えることをする恐れがあるや、身体的か精神的障害で入国拒否に当てはまるからといわれています。過去5年間に1回でも飲酒運転により逮捕された場合は、ビザを発給する前に医師による診断を受けなければいけません。

アメリカの飲酒運転事情

アメリカのセレブで、危ないかしい運転テクニックといわれているのがパリスヒルトンです。ドラマでも危険な運転で有名ですが、プライベートでの運転も自由奔放といわれています。2005年11月には、1800万円のフェラーリを運転していました。このときに地面にこすってしまいました。2006年7月には、1000万円の愛車レンジ・ローバーの車庫で事故が起こります。

相手の車にぶつけたのに、そのまま走り去ったのがニュースになりました。他にも2500万円のベントレーがガス欠になってしまい、交差点で立ち往生した事件があります。そんな自由奔放な運転が、有名になる重大な事件の引き金となってしまうことになりました。

パリスヒルトン飲酒運転

セレブでのパリスヒルトンですが、車で人生を一転させる事件が起きました。前の飲酒運転で、免許停止と保護観察処分を受けていました。今度は無免許で運転していたために、検挙されてしまって禁固45日の実刑判決を受けてしまいました。逮捕がいやな彼女は、パリス流の抵抗を見せてファンの署名を集めます。

他にもカリフォルニア州知事のシュワルツェネッガーに、恩赦を要求するキャンペーンをしました。しかし、パリスのこの作戦は通用せずに失敗に終わりました。入所前に「強くあろうと務めています。とても怖いです。でも、処罰に向き合う準備はできてます」といいました。しかし、その5日に釈放されるなどいざこざがあったそうです。

映画

アメリカ映画を観ていると、お酒を飲んでいるシーンがあります。そのときにお酒を紙で包んでいる場合があります。その理由は、映画でお酒のシーンで紙に包まないと逮捕されてしまうからです。

警察に捕まると罰金こそないですが、没収かこの場でお酒を捨てる事になります。州によって法律が違いますが、基本的にお酒はダメになっていて、アメリカでは基本的に屋外で、お酒を飲む事は禁止されているそうです。

州によってですが、基本的に家の庭でのガーデンパーティーや、レストランのテラス以外は公共の場で飲酒は禁止されています。なのでアメリカ映画やテレビなどは、登場人物がビンや缶のお酒を持ち歩くときに、紙袋で包んで逮捕を防いでいます。

ドラマ

アメリカの映画で飲酒運転がテーマの映画があります。ディラン・ミネットが主演の「13の理由」という映画です。この映画は飲酒運転が引き起こす悲しい連鎖がテーマです。飲酒運転のせいで、死亡事故が起きて飲酒の恐ろしさがわかる映画が描かれています。特に高校生による飲酒運転の場面が、視聴者の胸を打ちて共感をえました。

この映画はパーティの帰りから始まり、友達の家まで送ってもらいます。しかし、酒を飲んだので注意散漫になって「一時停止」の標識を折ってしまいます。「警察に通報しよう」といいましたが静止を振り切られてしまいました。そして他の車に突っ込んでしまいます。そして、ほぼ即死で亡くなってしまいます。