Search

検索したいワードを入力してください

アメリカの共和党と民主党の違い・歴代の大統領・シンボル

Author nopic iconたんたん
カテゴリ:社会問題

初回公開日:2018年01月05日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アメリカの共和党と民主党の違い・歴代の大統領・シンボル

アメリカ政治!共和党と民主党の違いは?

アメリカの共和党と民主党の大きな違いは、大きな政府か小さな政府かです。共和党は小さな政府に対し、民主党は大きな政府のスタンスです。

大きな政府である民主党は、税金を高くしてサポート体制を強化する政策が特徴です。サポート体制が強化されると、所得が低い人や病気を患っている人は手厚い保護が受けられます。ただし税金をかなり使うので、経済的に苦しくなります。

小さな政府である共和党は逆で、税金を安くしてサポートを極力押さえ込みます。税金が安くなると、生活が安定します。ただしサポートが充実していないので、所得が低い人や病気を患っている人には不利になります。

共和党と民主党の経済政策の違いは?

アメリカの共和党と民主党の経済政策の違いは、民主党が個人で共和党は団体にあります。2つの政党の違いが経済政策がハッキリ出たのが、医療改革法案でした。

民主党のオバマ前大統領は、国民が平等に医療が受けられるように、「オバマケア」を作りました。アメリカには医療保険がなく、所得が低い人は治療を受けることができません。そこで誰でも治療が受けられるように制定されたのが、オバマケアでした。

しかし共和党は、オバマケアに強く反対しました。オバマケアは、保険に入っていない人にとっては素晴らしい制度です。でも従業員の保険料を今まで支払ってきた企業にとっては、大損確実の制度です。

共和党から選出された現アメリカ大統領ドナルド・トランプは、オバマケアの廃止を強く訴えました。そして代替案も提示しましたが、議会の承認は得られず先送りになっている状態です。

アメリカの共和党の大統領と民主党の大統領は?

初代のジョージ・ワシントンから数えて、これまで44人の大統領が誕生しました。内共和党から輩出された大統領は、19人になります。ちなみに初代共和党大統領は、16代大統領エイブラハム・リンカーンでした。

アメリカ大統領は、世界で最も強い権限を持っています。アメリカの行政に関わることを1人で決めることもでき、大統領令を出して政府機関を動かすことも可能です。

大統領令が話題になった最近のニュースは、トランプ大統領の「テロリストの入国からアメリカを守る大統領令」でした。中東や、北アフリカからの来た人を対象にアメリカ入国を拒否しました。

しかし入国拒否は批判を招き、連邦裁判所は違憲判断を下します。例え大統領であっても、裁判所から「NO」をつきつければ、大統領令が発令することはできません。

ドナルド・トランプ大統領はどんな人?

ドナルド・トランプ大統領は、アメリカ大統領初の民間人出身の大統領です。政治経験がない大統領としては他に、34代大統領ドワイト・D・アイゼンハワーがいます。しかしハワード大統領は軍人の経歴があり、民間人ではありません。完全に民間人からの大統領としてなら、トランプ大統領が初です。

トランプ大統領を語る上で外せないのが、「アメリカファースト」でしょう。アメリカ第一主義の政策を次々と掲げており、アメリカに被害を及ぼす国を強く牽制しました。ただあまりにも強く出過ぎたために、諸外国から反発の声が上がっています。

アメリカ民主党の大統領はどんな人だった?

トランプ大統領の前任大統領は、民主党選出の44代大統領バラク・オバマでした。2009年から2017年まで、アメリカ大統領を二期務めてきた。アメリカ史初のアフリカ系出身の大統領であり、年齢も若い大統領でした。大統領現職中には、ノーベル平和賞を授与しています。

現大統領であるトランプ大統領と大統領選で一騎打ちになったのが、民主党のヒラリー・クリントンです。ヒラリー・クリントンの夫が、42代大統領ビル・クリントンでした。クリントン元大統領は、これまでの公的予算の使い方を見直し、ボロボロになっていたアメリカ経済を立て直しました。一方でスキャンダルに事欠かない大統領で、度々ワイドショーのネタにされていたこともありました。

アメリカの共和党のシンボルは象

アメリカの共和党と民主党の違い・歴代の大統領・シンボル
※画像はイメージです
出典: Republican - Free pictures on Pixabay

アメリカ共和党のシンボルは、象(Republican Elephant )です。共和党のシンボルが象になったきっかけが、現在も刊行されている雑誌「Harper’s magazine」に描かれた風刺画でした。

コミックアーティストは共和党を象、他の党を別の動物に見立てて、共和党である象が追い出している風刺画を描きました。当然当時の共和党は面白いはずがなく、良い顔をしなかったのは言う間でもありません。

しかし当初痛烈批判のつもりで描いた象でしたが、いつの間か共和党を指し示すシンボルとなりました。今は選挙運動の際に、共和党支持者は象のぬいぐるみを持って応援しているほどです。

アメリカ民主党のシンボルはロバ

アメリカ共和党のシンボルが象に対し、民主党のシンボルはロバです。民主党のシンボルがロバになったきっかけも、共和党と同じく風刺画でした。

共和党は、当時の7代大統領アンドリュー・ジャクソンを「Jackass(バカ・まぬけ)」とバカにしたことがありました。でもjackassはロバという意味もあり、これを逆手にとってマスコットとしました。今ではロバが民主党のシンボルとして、お馴染みとなっています。

アメリカの共和党の支持率は?

共和党の支持率は、2017年12月時点では34%となっています。対する民主党の支持率は、46%です。支持率に関しては、民主党の方が上回っています。

支持率の差が浮き彫りになったのが、2017年12月12日に開催されたアラバマ州の上院補欠選挙でした。アラバマ州は共和党支持者が多い所で、25年に渡り共和党が実験を握っていた場所でもあります。

アラバマ州は本来であれば、民主党にとって圧倒的不利な状況です。ただ共和党候補者にわいせつ疑惑が浮上していたこともあり、民主党に追い風が吹いていたことも関係はしています。でも結果的には共和党と民主党の支持率の差が、はっきり出た選挙となりました。

共和党の支持率は回復する可能性はある?

共和党の支持率低迷を覆すとされているのが、米税制改革法案の成立です。大幅減税により景気が活気づけば、共和党の支持率も上がるでしょう。しかし一方で、「米税制改革法案は金持ち優遇法案」という声も上がっています。得をするのは富裕層か企業のみで、個人での恩恵は受けられないということです。

ただ米税制改革法案は、2017年12月に成立したばかりです。成果が出るのは短く見積もっても、数カ月はかかるでしょう。

アメリカの共和党の特徴は?