Search

検索したいワードを入力してください

暗殺された歴代のアメリカ大統領・周期・呪い・ジンクス

Author nopic icontanzaburo333
カテゴリ:社会問題

初回公開日:2017年12月27日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2017年12月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

暗殺された歴代のアメリカ大統領・周期・呪い・ジンクス

アメリカ大統領の暗殺の周期

アメリカ大統領は、世界での権力をもつ人物であるとよくいわれます。しかし、その世界の王はしばしば暗殺にあってきました。そして、そこには不思議な周期が存在します。

20年ごとにアメリカ大統領が死ぬ!?

西暦アメリカ大統領理由
1840年ウィリアム・ハリソン就任後1ヵ月目に急死
1860年エイブラハム・リンカーン暗殺
1880年ジェイムズ・ガーフイールド暗殺
1900年ウィリアム・マッキンリー暗殺
1920年ウォーレン・ハーディング心臓発作で急死
1940年フランクリン・ルーズベルト脳出血で急死
1960年ジョン・F・ケネディ暗殺

アメリカ大統領の暗殺の呪い

恐るべき規則性で受難に会っているアメリカ大統領ですが、この原因を「テカムセの呪い」と呼ぶ人達がいます。

「テカムセ」とは、強いカリスマ性と統率力を持ち、史上初めてアメリカ大陸の諸部族を統一したショーニー族の酋長テカムセのことです。当然ながら、白人の植民地政策と徹底的に戦い、インディアンのシンボル的存在でした。しかし、その願いは届かず、インディアンたちは白人たちに支配されることとなりました。

この恨みが呪いとなり、アメリカ大統領を襲っているというのが「テカムセの呪い」です。テセムカは1813年に亡くなっており、死後200年を経て、ようやくその呪術も衰えてきたのでしょうか。はたまた、来るべき日を待っているのでしょうか。

アメリカ大統領の暗殺のジンクス

「テカムセの呪い」とともに恐れられているジンクスが存在します。それは、第○○代大統領と書くとき、その一の位が「0」または「5」、または在職期間の一の位が「0」または「5」の大統領は不慮の死を遂げる、または命の危険にさらされる言われています。以下がそのリストです。

第16代(第19期、第20期):エイブラハム・リンカーン大統領(暗殺)

第20代(第24期):ジェームズ・ガーフィールド大統領(暗殺)

第25代(第28期、第29期):ウイリアム・マッキンリー大統領(暗殺)

第32代(第37期、第38期、第39期、第40期):フランクリン・ルーズベルト大統領(第40期で病死)

第35代(第44期):ジョン・F・ケネディ大統領(暗殺)

第40代(第49期、第50期):ロナルド・レーガン大統領(暗殺未遂)

暗殺された歴代のアメリカ大統領一覧

暗殺された歴代のアメリカ大統領をご紹介します。

エイブラハム・リンカーン

「国民の国民による国民のための政治」という演説はあまりに有名です。奴隷解放、南北戦争によるアメリカ国家分断を防いだなどの功績で、「アメリカ大統領史上最も偉大」と評価されています。

1865年、フォード劇場で観劇中にウィルクス・ブースから至近距離で後頭部左耳後5cmを1発撃たれました。リンカーンはしばらくの昏睡の後、死亡が確認されています。ウィルクス・ブースの暗殺動機は、南北戦争の元凶はリンカーンという理由でした。

なお、この暗殺の1年前もホワイトハウスに向かう途中に狙撃され、帽子を打たれています。これがきっかけで、現在のアメリカ大統領警護である、シークレット・サービスが組織化されていましたが、暗殺を防ぐことはできませんでした。

ジェームズ・ガーフィールド

法曹界出身の共和党員ガーフィールドがアメリカ大統領となれたのは、政治的な状況と、彼の立ち位置がぴったりと合っていたためといわれており、妥協の産物とも評されています。また、はじめての左利きのアメリカ大統領としても知られています。

1881年に首都ワシントンの駅において、チャールズ・ギトーから銃撃を受け暗殺されました。犯行の動機は、共和党員から工作資金をもらい、賄賂など、裏の選挙活動をしたにもかかわらず、見返りをもらえないことに腹を立てたと言われています。しかし、ギトーは精神病歴もあり、神がアメリカ大統領を殺せと命じたからで、ガーフィールドには恨みがないなどとも語っています。

ちなみに、銃弾を取り出そうと消毒していない手で大統領の腹をまさぐったあげく、針で肝臓を傷つけるなどした医者の失態がなければ、命は助かったであろうと言われています。

ウィリアム・マッキンリー

ウィリアム・マッキンリーは、20世紀はじめてのアメリカ大統領として、また金本位制の導入者として知られています。

1901年、ナイアガラの滝の見学を終えて博覧会に戻ったマッキンリーは、無政府主義者レオン・フランク・チョルゴッシュからの銃撃を受けて暗殺されました。銃弾をうけたマッキンリーは妻がショックを受けないように事件を伝えてくれと頼んだり、怒りに燃えた群衆がチョルゴッシュを殺そうとしたのを制したと伝えられます。

ちなみに、マッキンリーも医者に恵まれませんでした。博覧会には銃弾を摘出するために役立つX線検査機があったにもかかわらず、使い方を知らない医者は銃弾を放置することに決めました。

また、マッキンリーを眠らせるためにエーテルを使ってしまったため、手術は暗闇のなかで行われ、日光を鍋に反射させてなんとか行うという有様でした。なんとか持ち直したものの、その後容体が急変し死亡しました。

ジョン・F・ケネディ大統領

わずか43歳でアメリカ大統領に選出され、選挙で選ばれたアメリカ大統領のなかでは最も若いことで知られます。さまざまな世界規模の政治的問題に直面しましたが、特にソ連との全面核戦争になるとも言われた危機的な状況を救ったといわれる、キューバ危機の対応は評価されています。一方、マフィアとの癒着、モンローとの不倫などで批判を受ける面もあります。

ジョン・F・ケネディの暗殺は、映像として生々しく記録されてあり、暗殺の映像を見た方も多いでしょう。1963年、オープンカーでパレード中、何者かに狙撃され死亡しました。犯人は当初リー・ハーヴェイ・オズワルドとされましたが、現在では否定する意見が多く、国家的な陰謀があったのではないかと推測されています。

暗殺未遂された歴代のアメリカ大統領

運よく命は助かったものの、暗殺未遂となったケースもあります。1835年、第7代アメリカ大統領アンドリュー・ジャクソンが、1981年には第40代アメリカ大統領ロナルド・レーガンが暗殺未遂となっています。また、ジョージ・W・ブッシュも2005年にグルジアで演説中に手投げ弾を投げ込まれました。しかし、運よく不発だったため難を逃れました。

これらは、細かい事件を除いています。例えば、最近でもトランプ大統領の目にレーザーポインタがあたっていたため、シークレットサービスが大統領を退避させましたが、その後のアナウンスが全くないため暗殺未遂だったのかどうかも分かりません。

アメリカ大統領の暗殺に関する映画