Search

検索したいワードを入力してください

日本と世界のお札のサイズと金額による違い|封筒/財布

Small 8b9197ff 7428 4d5c a55e 316904b1a361paca
カテゴリ:文化

初回公開日:2018年01月06日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2018年01月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

日本と世界のお札のサイズと金額による違い|封筒/財布

日本のお札のサイズと金額による違い

1万円札

1万円札のサイズは76mm×160mm

現在日本で発行されている1万円札は2004年(平成16年)11月1日から発行されています。お札のサイズは、縦76mm、横160mmです。表には福沢諭吉、裏には平等院鳳凰堂に据えられている鳳凰像が描かれています。

1万円札には多くの色が使われており、表は12色・裏は6色で印刷がされています。また、現在発行されているお札の番号は発行年により2色あり、2004年(平成16年)11月1日発行分からは黒色で、2011年(平成23年)7月19日発行分からは褐色で印刷されています。

目の不自由な方が指で触って識別できるように、深凹版印刷によりざらつきを作っており、1万円札には「かぎ型」と呼ばれるL字型の識別マークがあります。

過去に発行されていた1万円札のサイズは?

初めての1万円札は、1958年(昭和33年)年12月1日から1986年(昭和61年)1月4日まで発行されていました。お札のサイズは縦84mm、横174mmで、現行の1万円札より縦横共に大きい事がわかります。表面には聖徳太子(しょうとくたいし)、裏面には彩紋を描かれていました。

1984年(昭和59年)から発行されていた1つ前の1万円札は、お札のサイズは現行と同じで、表には同じく福沢諭吉が描かれていましたが、裏には2羽のキジが描かれていました。

5千円札

5千円札のサイズは76mm×156mm

現在日本で発行されている5千円札は2004年(平成16年)11月1日から発行されています。お札のサイズは、縦76mm、横156mmです。表には明治時代の小説家・歌人の樋口一葉(ひぐちいちよう)、裏には江戸時代の画家である尾形光琳(おがたこうりん)作の国宝「燕子花図」(かきつばたず)の一部が描かれています。

過去に発行されていた5千円札のサイズは?

初めての5千円札は1957年(昭和32年)年10月1日から1986年(昭和61)年1月4日まで発行されていました。お札のサイズは縦80mm×横169mmで現行の5千円札より大きい事が分かります。表面には聖徳太子(しょうとくたいし)、裏面には日本銀行が描かれていました。

1984年(昭和59年)11月1日から2007年(平成19年)年4月2日まで発行されていた1つ前の5千円札は、お札のサイズは縦76mm、横155mmで、横のサイズが1mm小さくなっています。表面には新渡戸稲造、裏面には富士山が描かれていました。

2千円札のサイズは76mm×154mm

現在日本で発行されている2千円札は、2000年(平成12年)7月19日から発行されています。お札のサイズは縦76mm×横154mmです。表面には、主模様として「世界遺産」にも登録されている沖縄の首里城の守礼門、裏面は「源氏物語絵巻」第38帖中の「鈴虫」の絵図に詞書(ことばがき)を重ねた図柄と共に源氏物語の作者である紫式部(むらさきしきぶ)の肖像を描いています。

2千円札は第26回主要国首脳会議(沖縄サミット)と西暦2000年(ミレニアム)をきっかけに発行されました。沖縄県では自販機でも使える程盛んに使われていますが、全国的に普及には至らず2003年(平成15年)以降は製造されていません。普及していないため日本銀行の倉庫には大量の2千円札が保管されています。

千円札

千円札のサイズは76mm×150mm

現在日本で発行されている千円札は2004年(平成16年)11月1日から発行されています。お札のサイズは縦76mm×横150mmで、日本で現行のお札のサイズとしては最小となっています。表面には、細菌学者の野口英世の肖像、裏面には「世界遺産」に登録された富士山と花である桜を描かれています。

大きさは違えど厚さや重さは変わらない!

現在発行されている銀行券の厚さは、1,000枚で約10cm(1枚で約0.1mm)、重さは1,000枚で約1kg(1枚で約1g)です。これらは、いずれの額面でも大きな差はありません。(湿度の状態や気候条件により、若干異なります。)

昔のお札

1円札のサイズは68mm×124mm

戦後のお札では1円~500円札が存在していました。1円札は1946年(昭和21年)3月19日から1958年(昭和33年)10月1日まで発行されており、表面には江戸時代後期の経世家である二宮尊徳(にのみやそんとく)が描かれていました。お札のサイズは縦68mm×横124mmでした。

5円札のサイズは68mm×132mm

5円札は1946年(昭和21年)3月5日から1955年(昭和30年)4月1日まで発行されていました。表面には彩紋模様が描かれていました。お札のサイズは縦68mm×横132mmです。

10円札のサイズは76mm×140mm

10円札は1946年(昭和21年)2月25日から1955年(昭和30年)4月1日まで発行されており、表面には国会議事堂が描かれていました。お札のサイズは縦76mm×横140mmです。

50円札のサイズは68mm×144mm

50円札は1951年(昭和26年)12月1日から1958年(昭和33年)10月1日まで発行されており、表面には高橋是清(たかはしこれきよ)、裏面には日本銀行を描いていました。お札のサイズは縦68mm×横144mmです。

100円札は発行年によりサイズが大きく変わる!

最初に発行された100円札は1946年(昭和21年)2月25日から1956年(昭和31年)6月5日まで発行されており、表面には聖徳太子(しょうとくたいし)が描かれていました。お札のサイズは縦93mm×横162mmです。

次に発行された100円札は1953年(昭和28年)12月1日から1974年(昭和49年)8月1日まで発行されており、表面には板垣退助(いたがきたいすけ)、裏面には国会議事堂を描いていました。お札のサイズは縦76mm×横148mmです。

500円札は発行年によりサイズが異なりますが、柄は同じ

最初に発行された500円札は1951年(昭和26年)4月2日から1971年(昭和46年)1月4日まで発行されており、表面には岩倉具視(いわくらともみ)、裏面には富士山を描いていました。お札のサイズは縦76mm×横156mmです。

次に発行された500円札は1969年(昭和44年)11月1日から1994年(平成6年)まで発行されていました。図柄は同じですがお札のサイズは縦72mm×横159mmです。

世界のお札のサイズ

ドルは同じサイズ!

米ドルのお札のサイズは1ドルから100ドル札まで大きさは全て同じで縦66mm×横156mmです。日本のお札よりも少し小さいサイズです。

韓国ウォンのサイズは?

韓国ウォンのサイズは以下のとおりになっています。

紙幣の種類発行開始お札のサイズ
1,000ウォン札2007年1月136mm×68mm
5,000ウォン札2006年1月142mm×68mm
10,000ウォン札2007年1月148mm×68mm
50,000ウォン札2009年6月154mm×68mm

50,000ウォン札は発行当時、高額紙幣として話題となりました。

シンガポールドルはプラスチック製

シンガポールドルのお札のサイズは以下のとおりです。

紙幣の種類発行開始お札のサイズ
2ドル2006年1月126mm×63mm
5ドル2007年5月133mm×66mm
10ドル2004年5月141mm×69mm
50ドル1999年9月156mm×74mm
100ドル1999年9月162mm×77mm
1,000ドル1999年9月170mm×83mm
10,000ドル1999年9月180mm×90mm

シンガポールのお札は、かつては日本と同様に紙製でしたが、現在はポリマー(プラスチック)で作られています。これはシンガポールの湿度が高い気候に合わせたためとされています。

タイバーツは2018年に新紙幣を発行予定

タイバーツのお札のサイズは以下のとおりです。

紙幣の種類発行開始お札のサイズ
20バーツ2017年9月137mm×72mm
50バーツ2017年9月144mm×72mm
100バーツ2017年9月150mm×72mm
500バーツ2017年9月156mm×72mm
1,000バーツ2017年9月162mm×72mm

現在は全紙幣に先代の国王であるプミポンが描かれていますが、2018年からタイの新国王であるワチラーロンコーンを肖像とするお札を発行予定です。

中国元

中国元のお札のサイズは以下のとおりです。

紙幣の種類発行開始お札のサイズ
1元2004年7月130mm×63mm
5元2005年8月135mm×63mm
10元2005年8月140mm×70mm
20元2005年8月146mm×70mm
50元2005年8月151mm×70mm
100元2015年11月156mm×77mm

中国元はすべての紙幣に毛沢東が描かれています。偽札の流通が問題になっていて、中国のATMでは偽札が出てくる場合もあります。

アイテム別お札を入れる場合のおすすめのサイズ

封筒は長形40号を選ぼう!

お札を入れる封筒のおすすめサイズは長形40号です。封筒のサイズは90mm×225mmで定形郵便のサイズです。A4の用紙は四つ折りで入ります。

ファイル・a6

JIS規格で定められているA6サイズは105mm×148mmです。お札のサイズにわずかに及ばないので、お札を折らずに収納したい際にはB6サイズ(128mm×182mm)以上のファイルを使用するようにしましょう。

財布など

財布を選ぶときには最も長い一万円札のサイズ(76mm×160mm)を基準に選ぶようにしましょう。海外ブランドの財布は自国の紙幣を基準に製造している場合があるので十分に注意しましょう。

神社のお札のサイズは神社によって異なる!

神社のお札のサイズは神社によって異なります。伊勢神宮を例に挙げると最も大きいお札の大角祓のサイズは305mm×105mmです。厚さは9mmあり、神棚に入らないので多くの家庭では神棚の横に立てかけて祀っています。

何気なく使っているお札もよく見てみると新たな発見がある!

普段何気なく使っているお札ですが、それぞれ長さが違います。いまお財布に入っているお札の長さを比べてみると新たな発見があるでしょう。海外旅行に行った際にはお札のサイズにも注目してみると、また違った角度で旅行を楽しめます。