Search

検索したいワードを入力してください

セイバーのような髪型の名前と再現方法・結い方・やり方

Small a315f440 d6a4 48eb 8ee5 26e95e681a9cSyalna*
カテゴリ:ヘアスタイル

初回公開日:2018年01月05日

更新日:2020年02月27日

記載されている内容は2018年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

セイバーのような髪型の名前と再現方法・結い方・やり方

セイバーのような髪型の名前

セイバーのような髪型と言われると、あの特徴的なお団子ヘアを思い浮かべる人が一定数いるでしょう。セイバーと言えば、人気ゲームシリーズの「Fate」のキャラクター、アルトリア・ペンドラゴンです。
 
他にもセイバーと呼ばれる人はたくさんいるのですが、今回はこのアルトリア・ペンドラゴンの髪型について、その作り方と、アルトリアの髪型を作るために必要なものを紹介します。ぜひ参考にして、アルトリア風のヘアアレンジを楽しんでください。

セイバーの髪型

セイバーのアルトリア・ペンドラゴン。こちらのキャラクターの髪型を紹介していきます。まずはアルトリアの髪型を調べて雰囲気を掴んでみることをおすすめします。

雰囲気さえ掴んでしまえばあとは簡単です。あまり難しく考えずに、いまから紹介するセイバーの髪型の作り方を参考にしてヘアアレンジしてみてください。

シニヨン

基本的に、アルトリアの髪型は女性にも人気の髪型「シニヨン」の変形です。シニヨン自体はパーティーシーンや普段の髪型として、どんなシチュエーションにでも使える髪型としてとても人気です。
 
ただ、セイバーの髪型はシニヨンとは少し違った作り方をするので、ちょっと難しいと感じる部分もあるでしょう。ですが、一度やってみると案外簡単なので、ぜひとも一度はチャレンジしてみてください。

三つ編み

セイバーの髪型は、シニヨンと三つ編みの組み合わせでできています。不器用な人でも三つ編みとシニヨンなら難易度も高くないので簡単にチャレンジできるので、セイバーの髪型はそんなに難しくないと言えます。

セイバーのような髪型の再現方法・結い方・作り方・やり方

セイバー、アルトリアの髪型ですが、基本的にヘアアレンジとして使う技術はシニヨンと三つ編みの2つです。ヘアアレンジの方法のなかでは難易度が低いアレンジ方法の組み合わせでできるので、不器用だから無理かも、と考えてしまった人も、諦めずに何度か挑戦してみてください。何度もやってみる事で、だんだんととても綺麗なヘアアレンジができるようになっていきます。

必要な髪の長さ

セイバーの髪型は基本的に、ねじったり三つ編みにしたりとある程度の髪の長さを必要とする髪型になっています。三つ編みにいたっては、最後の段階で作ったシニヨンにぐるりと巻きつける事になるので、セイバーの髪型を作る時は最低でも肩より下のミディアムからロングヘアの髪の長さがないと難しいでしょう。
 
ただし、セイバーの髪型の中でもアレンジは可能です。完全再現でなくても綺麗に見せる方法はありますので、ぜひともぴったりのアレンジ方法を見つけてください。

セイバーの髪型に必要なもの

ヘアゴム

セイバーの髪型に必要なもの、まずはヘアゴムです。ただ、ヘアゴムは一つだけでヘアアレンジできるので、普段使っているヘアゴムがあるのならそれで問題なく髪型を作れます。
 
ヘアゴムの色が派手な場合でも、結果的には髪の中に隠れてしまうのであまり気にしなくてもOKです。ただし、リボンやビジューなどの大きな装飾のついたものは綺麗に仕上がらなくなってしまうのでやめておきましょう。

ピン

ヘアピンは何かと必要で、作ったシニヨン(お団子)に三つ編みを巻きつける時に必要になるのであったほうが便利です。基本的には仕上げに使うものなので、少し小さめのヘアピンを用意しておくのがいいでしょう。あまり大きすぎると仕上げの時に目立ってしまい、あまりいい仕上がりになりません。

リボン

セイバーの髪型と言えば、やはり同じように青いリボンをつけたいと思うものですが、リボンを選ぶ際に注意してほしい点があります。実はセイバーの髪型についているリボンは、シニヨンの下についていて、一般的にリボンをつける場所とは少し違った部分につける事になっています。
 
もし、完全にセイバーと同じ髪型にしたいと考えている場合は、リボンを下側につけられるような物を選ぶようにしてください。

セイバーの髪型のやり方

それでは、セイバーの髪型の作り方を詳しく紹介していきます。ヘアゴムやヘアピンなど、すぐに使えるようにある程度セットしてからヘアアレンジをしていくといいでしょう。もしあるなら、一番最初に髪にスタイリング剤などをふっておくと仕上がりが綺麗になります。
 
ワックスなども活躍しますが、あまりつけすぎるとカッチリとかたまり過ぎるので、少し固い印象になってしまいます。

髪の毛を分ける

まずは髪を分けていきます。両方の耳の横の髪をまずはとり、ピンなどでとめてブロッキングしておきます。これを最後、三つ編みしてシニョンにまきつける事になるので、あまり太くなりすぎないように注意してください。

一つにまとめてくくる