Search

検索したいワードを入力してください

【季節別】雲の名前の種類・富士山で見れる雲の種類|珍しい

Small 15d1193a a636 49ad a2f5 b0d2e247e20aayu
カテゴリ:雑学

初回公開日:2018年01月21日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年01月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【季節別】雲の名前の種類・富士山で見れる雲の種類|珍しい

「乱層雲」は、一般的に雨雲・雪雲と呼ばれます。厚さや色にムラが少なく暗い灰色をし、この雲が空全体を覆うと太陽は見えなくなります。この雲は、雨や雪を降らせる代表的な種類になります。

「乱層雲」が現れる高度は、約2000m~7000mになりますが、これよりも低くい場所や高い場所にでも連続して発生する場合もあります。

【雲のグループ3】下層雲の種類と名前

層積雲(そうせきうん)

「層積雲」は、一般的にうね雲と呼ばれます。白色、または灰色で、まるで畑の「畝」のように細くロール状の雲が群れをなして存在します。雲の底は暗く見え、曇天を齎しますが雨を降らすことが少ないのが特徴の種類になります。

「層積雲」が現れる高度は、地上付近~約2000mになります。そのため、山間や丘陵地などで湿度のある気流が地形によって層積雲を発生させ、小さな層積雲の大集団を作ることもあります。

積雲(せきうん)

「積雲」は、一般的に綿雲と呼ばれます。晴れた日に発生しやすく、大きな綿菓子のような雲が空に浮かんでいるように見えます。また、雲の中にある雲粒の密度が高いため、日差しが当たった際の明暗がはっきりと出るのが特徴の種類です。

「積雲」が現れる高度は、地上付近~約2000mになります。

層雲(そううん)

【季節別】雲の名前の種類・富士山で見れる雲の種類|珍しい
※画像はイメージです
出典: People in Couch · Free Stock Photo

「層雲」は、一般的に霧雲と呼ばれます。山の山腹、頂上や地上付近に輪郭がぼやけた千切れたような雲です。

「層雲」が現れる高度は、地上付近~約2000mになりますが、最も低い位置に発生する雲の種類といわれています。渓谷などを一面の霧が覆った場合、雲海と呼ばれていますが、これも層雲となります。

積乱雲(せきらんうん)

「積乱雲」は、一般的に入道雲や雷雲と呼ばれます。この雲は強い上昇気流の影響により、積雲から発達し、まるで塔や山のように高く立ち昇った雲の種類になります。

「積乱雲」の雲頂は、まれに成層圏下部にも達することがあり、地上付近~13000mの高さまでと非常に背の高い雲の種類になります。ただし、分類上では下層雲のグループに入ります。

【日本】四季折々の雲

俳人の正岡子規が俳句雑誌「ホトトギス」において、「春雲は綿の如く、夏雲は岩の如く、秋雲は砂の如く、冬雲は鉛の如く」と日本の季節ごとの雲の様子を表現しています。

このように日本には、四季を現す独特の雲を見られます。そこで、春夏秋冬ごとの雲の種類をみていきます。

春の雲

春の雲は、季語にもある朧月夜をつくり出す高層雲になり、霞んだ雲になります。ベールのような薄い層雲を通して景色を見たときに、春霞と呼ばれています。

夏の雲

夏の絵や写真をイメージしたときに、モクモクとした背の高い入道雲を思い描く人も多いでしょう。まさに、「雲の峰」といえば夏の入道雲(積乱雲)のことを指しています。

鉛直に天高く昇った雲で、まるで巨大な塔や山の姿に見えることから、これらの名があります。日差しの強いときに、強い上昇気流によって発生し、夏のゲリラ豪雨や雷電などを引き起こしこともあります。

秋の雲