Search

検索したいワードを入力してください

北朝鮮のミサイルの種類・射程距離・性能・値段|北海道

Author nopic iconネオンテトラ
カテゴリ:社会問題

初回公開日:2018年01月14日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年01月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

北朝鮮のミサイルの種類・射程距離・性能・値段|北海道

ミサイルの性能についても、近年の北朝鮮のミサイルはかなり技術的にも進んできています。アメリカに届くほどの長距離ミサイルは、まだ開発途中の段階なので精度的にも完成されていないものと思われます。

しかし、日本や韓国が圏内のスカッド系の種類のミサイルなどは、再三の発射実験によって技術的にも進んでいます。目標物に対しての精密性、発射の時の機動性、さらに迎撃を困難にするミサイルの軌道など、より実践的になっています。

過去に成功した北朝鮮のミサイルの種類

北朝鮮が、ミサイルの発射実験を行うと、決まって「発射に成功した」と発表されます。その意味で言うと、今公開されているミサイルの種類はすべて成功しているということになります。

発射に成功しても、その後ミサイルがどこに飛んでいったか分からないというのでは意味がありません。受け手としては、最悪のことを考えるので、飛んで行った先の飛距離で射程圏内に入ったという受け止めをします。

アメリカの本土にまで届くミサイルは、まだ技術的に成功しているとはいえないはずです。しかし、それ以前のミサイル、少なくても本を射程におさめているミサイルの種類は、成功していると認識しておくべきでしょう。

対話による解決もあきらめない

北朝鮮のミサイル技術は、特にこの数年の間にすごい勢いで進歩しています。一説には、ロシアやウクライナの企業からロケットのエンジン部分を輸入して、それをもとに開発を進めたという話もあります。最先端兵器兵器作りの、プロだった企業からの技術援助があったとすると、この進歩の過程も納得できます。

覚悟を決めた独裁国家が暴走するのを、なんとか対話で解決できれば素晴らしいことです。関係しているすべての国も、さらには世界中のどの国も、そういう解決の仕方が一番望ましいということを分かっているのが救いです。