Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】上着の種類・名前|生地/襟/スーツ/着物/ニット

Author nopic iconhal
カテゴリ:手入れ

初回公開日:2018年01月04日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年01月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】上着の種類・名前|生地/襟/スーツ/着物/ニット

上着にいろいろな種類があるように、襟にも種類があります。まず、襟のないものは「ノーカラー」と言い、大人っぽい印象を与えます。シャツなどで使われる、一般的な襟の形は「スタンダードカラー」と言います。襟が立ちあがったものを途中で折り返し、前が低くなった襟を「ステンカラー」と言い、今年流行の形です。

ジャケットなどに使用される、襟が上下2つあって下の襟が下がった形のものを「ノッチド・ラペル・カラー」と言います。襟の形が丸くなると「クローバー・リーフ・カラー」と言います。下の襟が上になると「ピークド・ラペル・カラー」と言われ、似たような形でも種類が異なります。

襟が立っている形のものは「スタンドカラー」と言い、中でも顎を隠すほど高さがある襟を「チン・カラー」と言い、防寒には最適です。襟にもたくさんの種類があるので、お店で探してみてください。

上着の生地 種類と特徴

上着の生地にもたくさんの種類がありますが、「ウール」「アンゴラ」「ポリエステル」「カシミア」「ツイード」「レザー」「デニム」の7種類がよく使われています。ウールは、羊毛を織った布のことで、暖かくて保湿に優れていて、シワになりにくい特徴があります。コートに良く使われる生地です。

アンゴラは、アンゴラうさぎの毛を使用しており、ウールよりも暖かく軽さがあります。傷みやすいので注意が必要です。カシミアは、カシミヤヤギの毛を織った布で、暖かくて軽く、肌触りが良いのが特徴です。

ツイードは、毛織物の一種で手で紡いだ太い糸を使って織り、模様が浮き上がります。生地の厚さもあり、暖かく耐久性があります。レザーは、皮を使ったもので、風を通さず使い続けることで味が出てきます。デニムも、色落ちやダメージが味となるので、使っていく経過が楽しめる上着と言えます。

スーツの上着としてなのは?

スーツの上着は、シンプルなデザインのものが良いでしょう。男性なら、カラーはネイビーかグレイ。女性は、ベージュなど明るめの色を用意すると良いです。丈は、短めの方が動きやすいですが、スーツが上着から見えてしまわないように気を付けましょう。

スーツに合わせるもので、男性に上着は「ステンカラーコート」と「チェスターコート」です。両方とも落ち着いた印象を与えるデザインで、ビジネスシーンには最適です。また。シンプルで飽きがこない形なので、使い続けることができます。

女性は、スーツの上着としてが高いのは「トレンチコート」ですが、薄手のものが多いので冬場は寒いと感じるはずです。そんなときは、「ダウンコート」がです。最近では、細身のデザインでフォーマルでも着られる薄手のものが出てきていますので、スーツの上に着ても違和感はありません。

たくさんの種類の中から、自分に合った上着を

【男女別】上着の種類・名前|生地/襟/スーツ/着物/ニット
※画像はイメージです
出典: People in Couch · Free Stock Photo

たくさんの種類の上着を紹介しました。形や素材によって、防水効果があったり防寒できたりと特徴が異なります。上着によって人に与える印象も変わってきます。用途に合わせて、自分に合った上着を選びましょう。

上着を買うのは決して安い買い物ではありません。流行を取り入れつつも、飽きの来ないシンプルなデザインの上着を選べば、長く着ることができます。チェックなどの柄付きも可愛らしいですが、無地の生地を選べば間違いありません。また、車に乗ることを考えると、ロング丈より腰くらいの丈のものが使いやすいです。

インナーも重要です。上着が暗めのカラーであれば、明るめの服や柄のあるデザインを着ると目を引きます。明るいカラーであれば、ボトムスを暗めの色を選ぶと目線を上にあげることができ、スタイルアップできます。おしゃれに上着を着こなしましょう。