Search

検索したいワードを入力してください

【地域別】土日に新札に両替できるのか・両替できる場所

Small b75a1c59 6562 4c53 b43f 6f034baa888akogota
郵便 / 2018年02月23日
【地域別】土日に新札に両替できるのか・両替できる場所

地域別土日に新札を両替できる場所は文具売り場

一般的に銀行の閉まっている曜日や時間帯に新札を入手したい場合、一つの手段としてデパートや百貨店の文具売り場で祝儀袋を購入し、同時に新札への両替を依頼する方法があります。祝儀袋に新札を入れるのはビジネスだけではなく、プライベートにおいても主流なので快く応じてもらえることが多いですが、マナーは守りましょう。

大阪の文具売り場で祝儀袋を用意しよう

JR大阪駅や阪急梅田駅の周辺には、阪急百貨店や阪神百貨店などのデパートの本店、大丸梅田店やタカシマヤ大阪店などがあります。

あべのハルカス近鉄本店やHoopは阿倍野、京阪百貨店は京阪沿線に集結しています。タカシマヤは堺や守口市にも阪急百貨店は千里中央にも、西武百貨店や松坂屋は高槻市に店舗を構えています。

土日は基本的に営業しているので前もって連絡を入れておけば新札の交換に応じてもらえる可能性はあります。文具売り場で祝儀袋を購入する際はビジネス人として恥ずかしくない振る舞いを心掛けてお店の人の迷惑とならない心配りをするのがマナーです。デパートや百貨店の場所は分散していますが、新札を効率良く得られるように努力してみましょう。

新宿の文具売り場で祝儀袋を用意しよう

東京都庁舎のある新宿区には伊勢丹新宿店、小田急百貨店新宿店、京王百貨店新宿店、タカシマヤ新宿店などのデパートや百貨店が立ち並びます。土日は大抵営業しているのでオフィスの近い人は事前に電話で確認を取ってみる価値はあります。祝儀袋の購入はさておき、新札への両替は完全なるサービスなので断られることはあらかじめ、覚悟しておきましょう。

ところで慶事には祝儀袋が要り、慶事では新札を弔事では古札を金封に包むこととなります。金封は札を包んで渡す袋のようなものを意味して祝儀でも不祝儀でも使います。

金封の使い分けには明確な定義が存在し、折り方は地域によっても異なります。例えば東京折は長方形で大阪折は斜め折りです。

京都の文具売り場で祝儀袋を用意しよう

京都のデパートや百貨店は四条烏丸~河原町に集まっています。大丸京都店、タカシマヤ京都店、藤井大丸などです。ジェイアール京都伊勢丹と大丸やましな店はいずれも、駅のそばに位置し、京都の南の方にはタカシマヤ洛西店があります。土日は大抵が営業してますが、ビジネスマナーにのっとって出向く際には電話での確認が必須です。

ちなみに京都の四条烏丸~河原町には大手の銀行が肩を並べています。三井住友銀行京都支店、三菱UFJ銀行京都支店、みずほ銀行京都支店、あおぞら銀行・京都支店、京都銀行、みずほ信託銀行株式会社京都支店などです。土日に文具売り場で祝儀袋を買う片手間に両替を試みてみるのを最後の切り札するにしても、場所は四条か京都駅周辺となるでしょう。

福岡県の文具売り場で祝儀袋を用意しよう

博多駅や福岡(天神)駅の辺りに百貨店やデパートがたくさんあります。福岡三越、大丸 福岡天神店、岩田屋、博多阪急などです。福岡に限られた話ではありませんが、土日に営業していても、早めに閉まってしまうことがあるので注意が必要です。新札の両替を願い出る前に電話でビジネス人らしく、確認を取るなどマナーを弁えて振る舞うように心掛けましょう。

デパートや百貨店の文具売り場以外では結婚式場などでは常備してある可能性はあります。それから、灯台下暗しと言います。電話で尋ねてみる前にまずは会社の経理部に聞いてみましょう。経理部が管理している紙幣は新札でも古札でも、相違ないので万が一を考えて新札を補充していることも考えられます。

広島県の文具売り場で祝儀袋を用意しよう

広島県では広島駅や八丁堀の辺りにデパートや百貨店が並んでいます。広島三越や福屋八丁堀本店や福屋広島駅前店などです。土日でも、営業している店舗ばかりなのでビジネス人らしく、マナーを守って連絡後の訪問を行えば両替を受け付けてくれる可能性はあります。少しでも、気分良く両替してもらえるような対応を心掛けましょう。

もし、どうしても、土日で手に入りそうになければ奥の手として比較的キレイめなお札にアイロンをかけてしまうこともできます。方法は霧吹きで水を吹きかけ、ハンカチで包んで燃やさないように低温で軽くホログラム部分を避けながらアイロンがけするのみです。ビジネスに限らず、「祝儀を心待ちにしていた」気持ちを伝えるのがマナーです。

神奈川県の横浜で祝儀袋を用意してみよう

神奈川県の横浜にはタカシマヤ横浜店、そごう横浜店、タカシマヤ港南台店、京急百貨店、東急百貨店たまープラザ店、東戸塚西武、日吉東急アベニュー、モザイクモール港北 都築阪急などがあります。土日に営業している店舗がほとんどでしっかりと確認を怠らなければ運が良ければ新札の獲得は大いにあり得ます。

百貨店やデパートには実は外商部門と言う外商顧客を特別に接客する部門があるのだそうです。外商顧客とは要するにお金持ちなお客様のことでドセレブだったりします。彼や彼女らが果たして現金で買い物するかは謎ですが、新札がなければご立腹されそうです。そして、東京セレブにも負けてない横浜マダムの庭には土日もなさそうです。

土日にタダで新札を両替できるのか

銀行や郵便局の窓口および両替機では少額ならば手数料なしでの両替が可能なケースが大抵です。ですが、土日でも変わりないでしょうか。祝儀袋は既に準備してあり、なおかつ手数料をなしで土日に両替を試みる価値があるか否かを考えます。

銀行の両替機の土日の利用は難しい?

新札の入手を考える際、真っ先に頭に浮かぶのが銀行での両替ではないでしょうか。お札の発券元ですし、両替商なので断る理由が無いからです。

コンビニやスーパーでは両替お断りの文字を見掛ける機会も少なくないですが、銀行ではサービスの一環です。コンビニと言えばコンビニに設置してある銀行のatmには新札が多く含まれているという噂です。

主要な銀行の店舗には両替機が設置されていることがほとんどです。祝儀程度の少額ならば窓口で用紙に記入すれば対応してくれます。ただし、平日開いている窓口でも、土日は住宅ローンの相談窓口などに早変わりしてしまうことは少なくありません。一方の両替機は、機械上のトラブルが多発するので銀行員のいない時間帯は難しいらしいです。

基本的には郵便局は新札があれば両替してくれる

郵便局の業務時間は基本的には平日の昼間です。けれども、近年は土日祝や夜間に窓口の開いている郵便局の数は全国にたくさん存在します。今のところ、郵便局で両替お断りの貼り紙を目にしたことはありません。貯金窓口の郵便窓口どちらで対応が行われるかが、定かでないですが、どちらでも可能と言う説が有力です。

とはいえ、単なるサービスに過ぎないので断られても文句は言えませんし、常に新札が用意されているわけではないでしょう。望み薄ではありますが、土日であることが理由で新札への両替を受け付けてもらえないわけではなさそうです。郵便局で両替を依頼する際はあらかじめ連絡を入れ、両替内訳書へと正確に記入し、手を煩わせないように注意しましょう。

土日で新札に両替できるATMがあるってホント?

土日に両替できるATMがあると噂なのが、みずほ銀行の渋谷中央支店です。ATMの土日の営業時間は土曜日が0:00~22:00、日曜日が8:00~21:00です。ただし、第1と第4土曜日の3:00~5:00はATMが使えません。5千円札には対応していませんが、千円札や一万円札ならば土日でも新札に両替することができるとのことです。

また、支店名は不明ですが、みずほ銀行の窓口で両替を申し出たところ、〇番目のATMからは全て新札が出てくると銀行員から聞き、試してみたら本当だったと言う話を聞きます。もしかするとみずほ銀行には同じように新札ばかりのATMが多数存在するのでしょうか。であれば、土日に利用可能なみずほ銀行のATMでは両替が可能と言うことになるのでしょうか。

新札への両替は余裕を持って行おう

土日に新札が必要と言うからには土日に仕事の会社なのでしょうが、まずは自分を含む手短な人間や経理部への確認から、目ぼしい場所には電話で問い合わせることから始めます。慶事などのおめでたい席では、些細なことでも、失礼に値する可能性大です。相手方への祝福の気持ちを絶対に忘れないように気を付けましょう。

包むお札の新古もそうですが、慶弔の金封には細かいルールがあります。例えば祝儀で包む金額は一万、三万、五万、など奇数ばかりです。これには割り切れる偶数を避けるという意味が込められています。ビジネスにおいては特に急な慶事で準備が間に合わなかったでは済まされません。仕事中に携帯をマナーモードにしておくのと同じくらい当然のことです。