Search

検索したいワードを入力してください

スーツの寿命の目安・寿命の判断方法|テカリ/営業/女性

Small e1445c96 0c92 4e2d b039 ffef81e84e45花梨
カテゴリ:ビジネススキル

初回公開日:2018年01月17日

更新日:2020年09月26日

記載されている内容は2018年01月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

スーツの寿命の目安・寿命の判断方法|テカリ/営業/女性

ここまで主に男性のスーツについてご紹介してきましたが、女性のスーツの寿命はどうでしょう。本来、週に1、2度着用していれば、3年ほど寿命がもちます。

テカリやほつれなど、傷みが出てくるサインは男性と一緒です。それだけでなく、デザインが古臭く感じるようになったら買い替えのサインです。自身のスタイルを良く見せてくれるスーツを選びましょう。

テカリがでたらスーツの寿命?

上の項目で、テカリは寿命がきたサインであるとご紹介しました。では、テカリができたら絶対に買い替えなくてはいけないのでしょうか。

テカリができる原因は、生地の繊維がつぶれた状態になっているからです。寿命が来ていなければ、ブラッシングなどで元に戻すことができます。テカリがでたら寿命、というわけではありません。

しかし、着ていくにつれ、つぶれた繊維の中に汚れがたまっていきます。汚れがたまると、処置をしてもテカリがとれなくなります。白っぽくテカるようになったら、それはスーツの寿命です。擦れやすい肘や膝や太ももなどがテカっていないか、こまめにチェックしましょう。

テカリは寿命のサインです。しかし改善する方法はあるので、まずはブラッシングや蒸気など水分を与えて様子を見てみましょう。

営業の人のスーツの寿命はどのくらい?

通常、週に1、2回着ていれば寿命は3年ほどもちます。では営業の人のスーツはどうでしょうか。営業の人は移動がとても多いです。車や電車を乗り降りするなど、動きを繰り返すことで傷んでいきます。歩くことも増えるので、デスクワークをしている人と同列には語れません。

週に2、3着のスーツを着まわすことで、スーツを適度に休ませることができます。そうすることで寿命を延ばすことが可能です。営業ならば、何着スーツを持っていても困ることはないでしょう。

それでも傷みは早くなります。通常3年ほどの寿命ですが、それより短くなります。丁寧に手入れをし、長くスーツを着られるようにしましょう。

お気に入りのスーツを長く着よう!

ここまでスーツの寿命についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。何年か着たらテカリがでたりほつれたりすると感じていた方も、具体的な年数を知ることができたのではないでしょうか。

スーツの寿命は、手入れをすることによって延ばすことができます。テカリがでたからとすぐに捨ててしまう前に、ブラッシングするなどしてみてはいかがでしょうか。しかし、そのような処置をしても改善されない場合は、買い替えを検討しましょう。長く着用してきたスーツに愛着はありますが、長い間お疲れ様という気持ちを込めて処分しましょう。

スーツは高いものなので、なかなか捨てにくい衣類です。そういった時はこの記事を参考に、まだ着続けるのか処分するのかを決める目安となれば幸いです。かっこいいスーツを着こなして、日々の仕事を頑張っていきましょう。