Search

検索したいワードを入力してください

スタッドレスタイヤの寿命・寿命の見分け方・比較|溝

Small d2954382 5a75 4a34 9695 9c5d3abdd540Ryutaレーシング
カテゴリ:ビジネススキル

初回公開日:2018年01月11日

更新日:2020年09月26日

記載されている内容は2018年01月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

スタッドレスタイヤの寿命・寿命の見分け方・比較|溝

スタッドレスタイヤの寿命について

今回は「自動車のスタッドレスタイヤについて」ご紹介していき、寿命の見分け方や溝での寿命の判断などについても解説していきます。

スタッドレスタイヤとは「冬の季節に使用するタイヤであり、雪道や凍った道」などでも走行を可能としたタイヤでありますが、問題なく夏用タイヤの代わりとしても使用することができるので、通年にかけてスタッドレスタイヤを利用する方もおられるでしょう。

スタッドレスタイヤを夏に使用した場合の寿命についてや、スタッドレスタイヤの平均寿命などにも触れていきますので、スタッドレスタイヤを通年使用している方には、とても参考になるでしょう。

他にも、スタッドレスタイヤを「オークションや中古にて購入する場合の寿命の見分け方」などもご紹介していきますので、中古のスタッドレスタイヤを求めている方にも参考となるでしょう。

年数はおおよそ3年が寿命

多くの自動車タイヤメーカーはスタッドレスタイヤの寿命を3年程度としております。これはスタッドレスタイヤの使用環境によっては多少変わりますので、全てのスタッドレスタイヤが3年とは限りません。

例えばタイヤの重要な溝は「走行距離によって左右され」スタッドレスタイヤのゴムの柔らかさも「タイヤの保管状況などによって」変化していきます。

タイヤは紫外線を受けることによってゴムが硬化していきますが、溝の深さは紫外線を受けても減ったりすることはありません。ですので、走行しないスタッドレスタイヤであれば「寿命は大きく伸ばすことができるとも言えます」。

通常の環境において使用した場合は3年ほどで「タイヤの溝が減り、ゴムが硬化していくことによってグリップ力や雪道でのグリップ力が減っていく」のでおおよそ3年と規定がされております。

5年

スタッドレスタイヤを日常的に使用している場合、5年ほどで溝が大きく減っていると言えるでしょう。

しかし、使用していないスタッドレスタイヤがあったり、あまり使用していなくて溝が残っているスタッドレスタイヤであれば、特に問題なく使用することはできます。

スタッドレスタイヤに設けられている「プラットホーム」よりも溝があれば使用することができますが、一点注意したい項目があり「年月が過ぎるほどタイヤの質悪くなっていく」という点です。

主に5年ほどの月日が経った場合は保管状況によって大きく変わります。倉庫にてしっかりと紫外線などから保護できる環境であった場合ほど、スタッドレスタイヤのゴム質は良いと言えるでしょう。しかし、新品と比べると「滑りやすい、ブレーキが効きにくい、乗り心地に影響」などをもたらします。

10年

スタッドレスタイヤを冬場に使用している場合は「10年ほどで溝はなくなっていることが多いでしょう」。

オークションなどで「10年以上前のスタッドレスタイヤを販売していることが多く」あり、車検において「タイヤの製造年数に規定」はありませんので使用することができます。

寿命に関して解説していくと、10年経つと保管状況によって限らずに「スタッドレスタイヤのゴム質が硬く」なります。

スタッドレスタイヤのゴム質が硬くなることによって、デメリットが発生し「雪道などでのグリップ力低下や乗り心地の低下、雪道でのブレーキに影響、曲がりにくくなる」などの多くのデメリットが発生します。

ですので保管状況によって溝は残っていても、このようなデメリットがあることを覚えておきましょう。

スタッドレスタイヤの寿命の見分け方について

次はスタッドレスタイヤの寿命の見分け方について解説していきます。

スタッドレスタイヤの寿命の見分け方で大切なポイントをご紹介していき、オークションや中古タイヤ販売店などで、スタッドレスタイヤ購入する方であればとても参考になるでしょう。

スタッドレスタイヤの寿命に着目すると「溝と製造年数」が一番のキーポイントともなりますが他にも知っておくと「タメになる」情報なども記載していきますので、一緒に見ていきましょう。

溝に注目

最初にノーマルタイヤは溝がすり減っていても「通常の走行にはほとんど問題がありません」がスタッドレスタイヤは溝が減るほど「雪道でのグリップ力が格段に低下していきます」。

スタッドレスタイヤは雪道を問題なく走行できるタイヤですが、溝が無くなるほど「スリップしやすくなり、運転操作が難しくなっていきます」ので、溝と寿命の関係性はとても密接にあります。

スタッドレスタイヤを「通常の道路にて使用する場合はある程度に溝が減っても、走行可能ですが」雪道で使用する場合は「極端に滑りやすくなったりすることが多く、スタックする可能性も高まります」ので、道路の環境で寿命は変化すると言ってもいいでしょう。

ですので、スタッドレスタイヤを購入するときは「製造年数よりも溝に着目すること」がとても重要です。

溝がなければ「雪道を走行することができません」ので、古くても溝があるタイヤがです。

プラットホームが雪道走行の限度

スタッドレスタイヤのギリギリの使用範囲が「プラットホーム」であり、溝の部分のスリップサインよりも手前に配置されている「スタッドレスタイヤの雪道走行の限度」を表す表示があります。

スタッドレスタイヤの一周につき4つ配置されており、スタッドレスタイヤの新品は「約10mm」の溝の深さがありますが「プラットホームは約5mm」ほどの位置に表示されています。

わかりやすく言うと、スタッドレスタイヤは半分の溝が磨耗すると「雪道では使用できなくなってしまう」と言えます。

雪道でなければスリップサインまで使用は可能ですが、雪道を想定して使用する場合は「スタッドレスタイヤは半分ほどの溝が減ると雪道で使用できなくなること」を覚えておきノーマルタイヤのようにスリップサインまでの寿命は無いことを覚えておきましょう。

ゴムの柔らかさはとても重要

スタッドレスタイヤの氷道や雪道でのグリップを得られている要因は「ゴムの柔らかさによる摩擦性能の向上」です。

スタッドレスタイヤは一般的なノーマルタイヤに比べて「ゴム質が柔らかく、紫外線を受けても硬化しにくい成分」で製造されておりますが、やはり製造年数の経ってしまったスタッドレスタイヤはタイヤ自体が硬くなります。

「安心した雪道走行を想定した寿命」で見ていくと「製造年数も関係」を深く関係してきます。

ゴム質が硬くなれば、タイヤと路面の摩擦が減り全体的なグリップ力の低下を招きます。

ですので、安心した雪道走行ができる寿命は「約3年以内のスタッドレスタイヤで、溝がプラットホームよりもあるものを選択」することが、一番な見分け方です。

スタッドレスタイヤの寿命の比較

次にタイヤメーカーの中でも「スタッドレスタイヤの長持ちするメーカー」をご紹介していき寿命を比較していきます。

主に「国産メーカーよりも海外メーカーのタイヤの方が」ゴム質が硬いためにロングライフが期待できます。

もし、寿命でスタッドレスタイヤを選択する場合は「海外メーカーのスタッドレスタイヤ」がです。寿命の長い海外タイヤメーカーは、ゴム質が硬いために「グリップ力が低下するデメリット」もあります。

国産メーカーはグリップ力を向上させるために、ゴム質が柔らかいため「タイヤの溝が磨耗しやすいデメリット」があります。

各タイヤメーカーの寿命と魅力について、ご紹介していきますので一緒に見ていきましょう。

ブリジストン