Search

検索したいワードを入力してください

タイヤの寿命の年数・走行距離の目安|夏/冬/チェーン

Small c7484e0d 71d3 4e7c 83f7 6fdb385d203furachan2000
車・バイク / 2018年02月07日
タイヤの寿命の年数・走行距離の目安|夏/冬/チェーン

タイヤの役割とは?

人が乗ったり、動物を運んだり、資材や荷物を載せて運ぶ車両など、実にさまざまな種類の車両があります。そうしたものを円滑に運んだり、移動するために必要不可欠なパーツがタイヤです。車両によっても必要な数が異なりますが、どれも同じ役目を担うとても重要なパーツです。

ゴム製ですので、硬い路面とのクッション性もあり、乗車する人への振動を和らげる働きがあります。中には、デザインが施されたおしゃれな製品があったり、路面にあわせた最適な製品や、季節によっても最適なものがあります。

各メーカーが豊富なラインナップで商品提供をしていますので、車両に適した製品を利用することが1番大事です。

各ホイールに合ったサイズも豊富ですので、車両のイメージチェンジとしても用いられる「多様性をもったアイテム」ということが言えます。

走行性と関係しているの?

ゴム製品はとても収縮性に富み、柔軟性がある素材ですが、経年の中で必ず劣化をして寿命をむかえます。

ですが、各車両はこうしたゴム製のタイヤを使うことで、それぞれがスムーズな走行性を引き出しており、色々な路面状況でも難なく走行することができます。

しっかりと整備されたアスファルトもあれば、砂利道、凹凸が多い道路など、多様な路面状況があります。各路面専用の製品を履くことで、走行性が格段に上がり、速度や燃費まで大きく上昇します。

濡れた路面に最適な製品や、空気が抜けてしまってもしばらく走行できる、という大変優れた製品まで販売されています。好みのメーカーから選択する楽しさもありますし、性能面を重視して選択するという方法もあります。

空気圧の点検が大事なの?

タイヤの寿命には空気と大きな関係性があります。中に専用のチューブを入れて使うことが多く、その空気圧が重要となります。

最近では、チューブレスタイヤを使うことが多くなりましたが、チューブを使う製品もまだ愛用者が数多くいます。

仕組みとしては、二重構造になっていてインナーのチューブへ空気を入れることで適正な空気圧を保ち、快適に走行することができます。

こちらの空気圧は、時間経過で抜けていきますので定期的な空気注入が必須です。がソリンスタンドで簡単に入れることができますので、点検を忘れている方はチェックしてみましょう。

空気が極端に抜けているタイヤですと、バーストしたり、燃費が悪くなりますので、車両にとっては悪い影響しか与えません。毎月1度の点検で、そういった状況はなくなります。

それでは、タイヤの寿命に関する詳しい内容をご紹介して参ります。ぜひ、最後までご覧ください。

タイヤは何年くらい使えるの?

ゴム製品は経年で必ず擦り減ります。重たい車両を支えるタイヤは、摩耗することで前進しているということが言えます。

やはり消耗品ですので、寿命がおとずれます。ですが、適切な交換をすることで、また新たに快適な走行フィーリングを体感することが可能です。車の場合でも寿命が来る前に交換することが最善ですので、交換の目安をご紹介いたします。

約2~3年で交換することをおすすめいたします。「どれくらい走行したか」という使用頻度にもよりますが、おおむねこれくらいのサイクルで交換していれば、走行上問題ありません。

そして「車検時に交換する」という方法もおすすめです。車検は2年に1度ですので、トータルケアをするついでに、こうした消耗品を一掃して交換してしまうととてもスムーズです。寿命が来てから交換するよりも、少し早めのサイクルで交換することが何よりもベストです。

バイクの場合はどうなの?

バイクの場合でもタイヤに寿命がおとずれます。どれくらいの年数で交換すればよいかと言えば、約1~2年程度です。

バイクの場合、2つしか車輪がありません。ですので寿命も早く、擦り減ったままの状態ではスリップなどの危険性があります。

特に小さなバイクですと、タイヤのサイズも小さいので寿命が早まるケースが多いです。また、車検がないバイクの場合、点検することを忘れている車両もあり、5年以上同じタイヤのまま走行している車両もあります。

こうした場合、すでに限界をむかえている可能性が高いですので、特に車検がないバイクの場合は早目のサイクルで交換しましょう。小さなバイクであれば、タイヤの価格もリーズナブルですし、交換する工賃も低額です。

一部分のみが擦り減り、偏摩耗している車両もありますので、快適な走行を継続するには交換することが最善です。

季節が変わるとタイヤの寿命も変わるの?

日本には四季があり、特に夏と冬では気温の差が30℃前後あります。こうした風土ですと、ゴム製品の劣化や寿命も早まることが多いです。

タイヤのゴムはいろいろな路面にマッチした素材で製造されていますが、それでも完璧ということはありません。

経年でヒビ割れたり、硬化してしまい、あまり使用していなくても寿命をむかえることがあります。それでは、季節によって異なる寿命をご紹介して参りましょう。

夏はどうなの?

夏の時期ですと、やはり高温多湿な気候です。ゴム製品には適度な温度が必要です。それにより柔軟性が増し、どういった路面でもクッションをしてくれるため、走行性が格段に上がります。

ですが、日光の影響があるため「玉にきず」です。なぜなら、直射日光の力はとても強く、柔軟性があるゴム製品はこれにより、硬化してしまいます。

ゴムが硬化すると柔軟性が失われ、激しい凹凸がある路面ではクッションの役割を果たしにくい状態となってしまいます。

そのため夏に乗車する場合は、春のような「やわらかい日差しと気候の季節」よりも劣化が激しくなるということが言えます。

車両の保管をする場所にも検討が必要です。タイヤに直射日光が当たってしまわないように、工夫して駐車することをおすすめいたします。

冬はどうなの?

冬の場合では気温が10℃以下の日が多いですが、タイヤの寿命とはどういった関係があるか、ご紹介して参ります。

やはり、気温がゴムへ与える影響は大きいです。高すぎても低すぎてもゴム製品へ良い影響がありません。

冬は気温が低く、寒すぎるため、夏の日差しとは異なる硬化をします。この場合は、ゴムの収縮という硬化です。そのため、どうしても寿命が早まる季節です。

冷間期は多量の積雪のため、車両に乗らないという地域もあります。この場合、暖かくなるまで車両を保管しますが、このままでもタイヤの寿命を早めることがあります。

それは、ひび割れです。長期間同じ状態のまま車両を保管していると、低気温の影響もあり、硬化してしまい、車両の重さも相まってひび割れを引き起こします。

ひび割れしたタイヤは寿命であるケースが多いですので、割れ具合をチェックして春に備えて、新しい製品を準備しておきましょう。

どれくらい走行するとタイヤの寿命なの?

寿命は「走行距離を目安」に判断することができます。一般的な車両で使う場合では、約10,000㎞を目安として交換することが望ましいです。

どういった車両でも、約10,000㎞の走行をすると大抵がかなり摩耗している状態となります。それ以上走行できる場合もありますが、やはり安全・快適な走行を目的としていますので、早目の交換をしておきましょう。

スリップサインって何?

タイヤは交換時期が近付くと知らせてくれる「スリップサイン」という目印があります。これは溝の一部にあり、「目印まで擦り減った場合は寿命である」ということを知らせてくれます。

使用年数や走行距離と併せて、こうしたサインを目安にできますので、とても判断しやすいです。やはり新品タイヤは、しっかりとした深い溝があり、それにより路面上の水はけの役目をしたり、凹凸があれば、弾力性により吸収してくれます。

スリップサインが出ている状態では、そうした路面状況をスムーズに走行できない状態と言えますので、早目に交換することをおすすめいたします。

ひび割れってどういう状態なの?

先にもご紹介した「ひび割れ」ですが、これはゴム製品の宿命ということが言えます。寿命にも大きな影響を及ぼしますが、まだ、ひび割れがはじまったばかりでは、緊急を要する状態ではありません。

ひびはタイヤの両側面に小さく入り、時間と共に割れが大きくなっていきます。仮にそのまま走行するとバーストと言って、タイヤが「破裂する危険性」が格段に上がってしまいます。

日常的に乗車している車両ではあまり起こりにくい現象ですが、長期間駐車していた車両には起きている可能性があります。

安全面を鑑みると小さなひびが入った時点で、速やかに新しいものと交換することが最善です。長期保管している車両がある場合、ぜひ1度チェックしてみてください。

硬化ってどういう状態なの?

長期保管をしていた車両で、ひび割れがない場合でも「硬化」という劣化を生じていることがあります。

ゴム製品全般に言えることですが、硬化したゴムは「伸縮性が失脚」しています。ですので路面の凹凸を吸収することができません。長期間保管していた中で、こうしたゴムとしての性能が失われ、寿命がおとずれているケースがあります。

または、側面に記載されている「製造年」で判断することも可能です。製造年から多数年経過している場合、すでに硬化していることがあります。

他にも「指で押して確認」することもできますが、もしわからなければショップに依頼をして判別してもらいましょう。

前輪と後輪では寿命が違うの?

四駆ではない車の場合、前後でタイヤの寿命が異なります。それは、駆動型式により違いがあるための違いです。

エンジンの駆動力がどのタイヤに直接通じているかによって、各タイヤに与えるダメージが異なってきますので、そうした状態が起こります。

そのため、4つのタイヤの擦り減り方が異なりますので、それぞれの寿命も異なってきます。ですが、いずれにしても「経年劣化している」ということに違いはありませんので、交換する際は4つ全て交換することが最善です。

バイクは後輪が摩耗しやすいの?

タイヤを2つ使っているバイクの場合でも同じことが言えます。バイクは全て後輪駆動ですので、エンジンのパワーが全て後輪へ伝えられます。

そのため、後輪へ与えるダメージが顕著ですので、前輪よりも劣化が早いです。つまり、バイクの場合は、後輪のみ交換するケースが主です。前輪と後輪を比較すると、約2倍の寿命があるのが前輪です。そのため、交換サイクルもそれぞれ異なります。

ですので、バイクのタイヤの寿命を確認する場合、前輪と後輪では時系列が異なりますので、そうした形式であることを把握しておくと、リーズナブルにタイヤ交換をすることが可能となります。

スタッドレスタイヤの寿命の判断方法とは?

滑りにくい走行が可能となるのがスタッドレスタイヤですが、こちらにも寿命があります。溝の深さが半分以下になってしまうと、スタッドレスとしての効果はなくなります。

一般的に、スタッドレスの寿命は約3年間と言われていますが、溝の深さが擦り減れば1年間の走行でも寿命となります。

滑りにくい性質をもった製品ですので、走行フィーリングが豊かで楽しい走行ができるため、この時期はいつもより長距離を走行してしまう方も多いことでしょう。

走行距離やスリップサインとも併せて、摩耗チェックをしておくことで、早目に寿命に気が付きます。スタッドレスを使用している方は、愛車の点検を行ってみましょう。

チェーンの寿命の判断方法とは?

バイクの場合は「後輪へパワーを伝えるため」にチェーンが使われています。耐久性が良く、しなやかに動く小さなコマが多数繋ぎ合わさった金属製のパーツです。

こちらは、通常の走行をしていれば寿命がとても長く、走行距離で言えば、約20,000㎞使用することができます。

ですが消耗品ですので、定期的な点検や交換が必要となるパーツです。経年でサビてしまえば、円滑な動きができなくなりますので、3~4年で交換することがおすすめです。

チェーンもメンテナンスを必要とする箇所ですので、専用のオイルやグリスを定期的に塗布しましょう。これにより寿命が格段に伸びます。

さらに、走行フィーリングも格段に上がり、一石二鳥ですのでおすすめです。久しくメンテナンスしていないチェーンがあれば、注油しておきましょう。

チェーンはゆるんでくるの?

チェーンは金属製ですが、経年使用で必ず伸びます。これは、チェーンの各コマが擦れ合うため、金属摩耗により徐々に伸びてしまいます。

そのため、放っておくとチェーンが余計にたるんでしまいます。チェーンのたるみがあると、後輪へ十分なエンジンパワーを伝達できなくなったり、最悪の状態としては「スプロケットから外れてしまう」という弊害が起こります。

停車している状態で指でチェーンを押し上げ、その幅が約1~2㎝の間であれば問題ありません。ただ、これが5㎝やそれ以上だったり、反対にきつすぎて張り過ぎている場合は調整が必要です。

調整は簡単に行えますので、この機会にぜひチャレンジしてみてください。そうすれば、さらにチェーンの寿命が延び、経済的にも助かることでしょう。

ベルトは利便性が高いの?

現行の新しい車種ですと、駆動系にベルトを使用している車両があります。こちらは、ゴムでできているもので、チェーンのように伸びることが少なく、とても利便性の高いアイテムです。

金属のようにサビることもなく、注油する必要もありませんので、メンテンスは特に必要なく、経年で切れてしまい寿命をむかえるまで快適に走行することができます。

ですが、異物が混入することで切れてしまうというトラブルが発生します。そうしたトラブルがない限り、寿命が来るまで快適な走行を継続することができますので「メンテナンスを極力減らしたい」という運転者にはおすすめの駆動系アイテムです。

ランフラットタイヤの寿命はどれくらいなの?

ランフラットタイヤがありますが、こちらは仮にパンクしてしまい空気が抜けてしまった状態でも、約80kmほど走ることのできる優れたタイヤです。

利便性の高いタイヤですが、走行性能や寿命は一般のタイヤと同じです。そのため、今回ご紹介して参りました内容を参考にしていただくことで、簡単に寿命が判断できます。

やはり、誰もがわかりやすい確認方法がスリップサインでの確認です。タイヤの溝が1.6㎜以下になり、スリップサインが出てきたら交換しましょう。ちなみに、車検時にはタイヤの溝を検査する項目があり、残りの溝が1.6㎜以上なければ車検に合格できません。

ですので、車検を控えている車両がある場合、タイヤの残りの溝を計測してみましょう。これで、車検前のタイヤ交換もスムーズに行うことができますので、ぜひチェックしてみてください。

早目の交換が安全走行を継続させる!

今回は、車両に使われるタイヤについての「寿命の判断方法」を述べて参りました。これからの冷間期は寿命が早まるシーズンでもあります。

定期的な点検をしていることで、寿命がおとずれる前に「早目の交換」ができます。そうした車両で走行することはとても気持ち良く、なおかつ安全ということが言えます。ですので、チェーンを含めたメンテナンスを行ってみましょう。

そうすることで、今までよりも自分の車両への愛着が増し、さらにメンテナンスをすることが楽しくなってくることでしょう。ぜひ、この機会に愛車点検を実践してみましょう。