Search

検索したいワードを入力してください

ハードディスクの寿命・寿命かどうか診断するチェック方法

Author nopic iconMAYUHI
ビジネススキル / 2018年03月12日
ハードディスクの寿命・寿命かどうか診断するチェック方法

ハードディスクの寿命ってあるの?

ハードディスクにも寿命があります。寿命が近くなってくると、何らかの不具合が出てきます。

ハードディスクには、パソコン内部にある重要な書類を保存しますし、起動するときに必要となるOSを保存するので、それらができなくなってしまうのは大変困ってしまいます。ハードディスクの寿命が完全にくる前に、新しいものに取り換えることをお勧めします。

半永久的に使えるものであれば、データ保存の心配もありませんが、寿命は必ずあります。使い方次第では、その寿命も早めてしまいます。

トラブルが以前よりも多くなってきたと感じたら、対応を早く考えることがデータの保存に繋がります。

ハードディスクの寿命と時間

ハードディスクの寿命はどのくらいなのでしょうか。仕事の作業内容や、使いう頻度そして使っている機種などにも違いがでますが、だいたい寿命時間は5年と言われています。例えば1日に使う時間が10時間として、これを1年間そして5年間として計算していくと寿命がわかりやすいです。寿命をできるだけ短くしたい場合は、必ずパソコンをその都度シャットダウンしましょう。

そのまま放置して次回使うやり方は、大きな消費をさせてしまいます。毎日使うパソコンでも、使わない時間が長い時は、しっかりシャットダウンすることが大切です。いちいち消すことが面倒だと考えますが、寿命を早めるようなことをするのはやめましょう。確かに電源を落としたりつけたりの行動は面倒な部分もあります。

しかしこうした使い方で、寿命の長さが変わるのであれば手順をしっあり行うことは必要ですし、機器のためにも良いと考えます。

ハードディスクの寿命の診断方法やチェック方法とは

ハードディスクにも寿命があります。いくつかの症状が出てきた場合は寿命が近いと考えた方が良いでしょう。寿命は、4年から5年と言われています。使い方によっても寿命を縮めてしまう場合があります。

寿命を早めてしまうのは、起動させっぱなしやしっかり電源を切らない場合は、寿命を早く縮めてしまいます。さらに、衝撃や熱にも弱いので、丁寧に使うことで伸ばすことができますの、すべて使い方次第ですの頭に入れておきましょう。

寿命があることをしっていることで、使い方も変わりますしデータの保存先も考えるようになります。万が一の時に慌てることのないように、ハードディスクの寿命についてはしっかり把握しておく必要があります。

破損頻度が前よりも多くなった

ハードディスクの寿命が近づいている場合、パソコン内部にあるデータやファイルなどに破損が見られるようになります。破損が多くなってくると、急にデータが消えてしまうこともありますので、注意が必要です。

いくつかの破損や不具合などの原因がハードディスクの寿命が原因となっているわけではありません。いつ壊れてしまうかわかりませんので、その都度大切なデータはバックアップを取るようにしましょう。

データが消えるなどの症状は、必ずハードディスクの寿命が原因とは言い切れませんが、少なくとも実際に不具合が生じる回数が多くなれば、何らかの原因があると考えられるので早めに手を打つ必要があります。

動作の遅れが気になるようになってきた

ハードディスクの寿命が近づいている時に出てくる症状としてあるのは、パソコンを起動したときに以前よりも時間がかかるようになった、インタネット接続がものすごく遅い、またデータの読み込み速度が遅くなったなどです。

パソコンを使っている時に、これらの症状が出てきたらハードディスクの寿命ということです。古くなったハードディスクは、データなどの処理が遅くなります。寿命を疑う時は、それぞれの動作の遅れが一番わかりやすいと考えます。

また、急に画面が動作がフリーズしてしまったり、いつもの手順で行ってもエラーが出てしまう場合もハードディスクの寿命を疑いましょう。ハードディスクの不具合によって出てくる症状ですので、バックアップはしっかりするようにしましょう。

熱が出てきた、臭いもしてきた場合

ハードディスクが劣化してくると、変なにおいがしてきますし熱をもってしまいます。異常と思える熱が出てきた場合は、かなり寿命が近いと判断した方が良いと考えます。パソコンの内部が焦げのようなにおいがする場合は、かなり状況として悪いものですので、取り換えを強く勧めます。

こうした状態の場合は、新しくパソコンを買い替えること、さらにハードディスクのデータを別のデバイスにすぐにうつしておきましょう。ハードディスクが完全に壊れてしまってからのデータ移行はかなり難しいと考えられます。あらかじめ、いくつかの症状が出てきた時点で、新しいものと交換するかパソコンを買い替えるなどして対処することが大切です。

ハードディスクの寿命確認には診断ソフトを使う

パソコン内部にあるハードディスクの寿命を知るには、ハードディスクの寿命を診断してくれるソフトがあります。このハードディスク診断ソフトを使うことで、動作の速さや、発生するエラーなどを調べることができます。

ソフトにはフリー診断があり、このソフトを使うことでハードディスクに異常があれば把握することが可能です。診断した結果、パソコンに不具合はあるものの、ハードディスクの寿命自体は大丈夫という場合もありますし、異常と診断された場合は、ハードディスクの寿命が近いことを把握できます。

ハードディスク診断ソフトを使って、何らかの異常が発覚した場合には、すぐ行うのはデータのバックアップです。バックアップをあらかじめしていれば、買い替えなどした場合にまた新しいパソコンにすべてのデータを入れることが可能です。フリーソフトは、ネット上からダウンロードすることができます。

パソコン寿命診断ソフトについて

パソコンの寿命をソフトで診断することが可能です。お勧めのソフトは「CrystalDiskInfo」です。

使い方も、診断する項目もとてもシンプルなので、扱いやすいソフトです。ここで診断された情報が正確に寿命の日にちを表しているというわけではなく、診断で出たデータを参考にして寿命を知ることができます。

目安となる診断となりますので、まったくしないというよりは、方法の一つとして知っておくのも良いでしょう。寿命を知らずして、そのまま使い続けてしまえば、多くの不具合や症状が出てきますし、最悪な場合はデータごと一気に消去されてしまいます。大切なデータは早いうちから他のものに保存しなおすようにすると、さらに安心できます。

テレビのハードディスクの寿命の平均はどのくらい?

テレビにもハードディスクは搭載されているのが主流です。昔はテレビそしてレコーダーが一般的でしたが、ハードディスクを加えることで、またこのハードディスクにも寿命があります。寿命を長くするために行って欲しい事は、電源を切るときはテレビの電源を切るようにしましょう。電源を常につけていることは、あまり好ましくはありません。

ハードディスクの寿命と録画について

録画をするときだけハードディスクに負担がかかるのではありません。録画やDVDを再生する時にもハードディスクに負担がかかっています。テレビに搭載されているハードディスクの寿命は約10年と言われていますが、この年数は日に5~6時間の使用で出されている数字です。

一般的には10年というのは、目安で10年以上使うことができることがほとんどです。録画を毎日頻繁に行い、再生してみることで寿命が短くなります。あまり録画や再生しない場合は、ハードディスクの寿命も長くなります。

バッファローの外付けハードディスクの寿命はどのくらい?

ハードディスクが外付けされている場合があります。例えばバッファローの外付けハードディスクの寿命はどのくらいなのでしょう。外付けの場合は、各メーカーによって寿命に違いがでます。

しかし搭載型と比べれば寿命が短いと言われていますので、できればハードディスクに保存するものは、大切なものだけにしておくなど使用回数も考えた使い方をすることです。テレビのハードディスクにバックアップもできますので、使い方次第では寿命を長くできます。

ハードディスクの寿命を考えれば、毎日数時間の使用を繰り返すことは、寿命を短くしてしまうので、できるだけ頻度を減らすようにしましょう。

ハードディスクの寿命がくるとどんな症状がでるのか

ハードディスクの寿命が近いと、さまざまな症状が頻繁に出てきます。電源が入らないこともありますし、以前よりも画面の明るさが暗くなることもあります。画面に異常が出てくるのが一番多い症状です。

例えば画面上にいつもは表れない線が出てくることもありますし、色自体が変な感じになります。さらに音声に異常が出てくることもあります。画面上の明るさが下がってくると、寿命と関連付けた方が良いです。

またあまり手入れをしない場合には、焦げ臭いにおいがすることもありますし、症状が進めば煙も出てきます。理由として長く使っていることで、内部に多くのホコリが溜まり、寿命で劣化したことによって放電してしまうからです。とても危険ですので、画面の異常や音声の異常など軽い症状が出た時に早めの対応をしましょう。

USBのハードディスクの寿命について

USBのハードディスクの寿命についてですが、年数ではなく使った回数が寿命を延ばすか短くするかとなります。作業などで毎日頻繁に使う場合は、寿命も短くなります。

使う回数というのは、書き込みの回数ということになりますので、読み込むだけではなく書き込みをすることで、劣化が早まります。また、最初に何かを書き込みしてから、その後は読み込みだけを行う作業でしたらUSBは半永久的に使うことができると言われています。

大事なものを書き込みしてあるものについては、劣化がいつはじまるのか把握できるものではありませんので、一つのUSBに保存しておくのではなく、何個かに保存しておくことをお勧めします。中のデータが急に消えてしまうこともありますし、失われたデータは復元するのに難しいです。

USBに保存したデータが認識しない

USBのハードディスクの寿命の症状には、認識しなくなってしまうことも突然起こります。もちろん、他の原因も考えられますが高い確率で寿命が原因と考えて良いでしょう。認識はするが、アクセスが全くできない状態になったりすることもあります。このような場合は、寿命の他には、内部の劣化が考えられます。

長年書き込みなどを繰り返し行うことで、寿命が短くなることは仕方がないことです。突然認識しなくなり、困ったと言うことの内容に他の保存先も確保しておきましょう。また、USBは持ち運びが便利です。乱雑に扱うことのないように、できればいつも決まった場所に保管すると良いです。

ブロックされて作業できなくなった

頻繁に書き込みを行うことで、寿命を縮めてしまうUSBですが、ある日突然ブロックされて作業ができなくなってしまう場合があります。新しいものでブロックされてしまうことについては、寿命ではなく他の理由が考えられますが何年も長く使っているものでしたら、ブロックの原因は寿命と考えるのが通常です。

何度も何度も書き込みを行うことで、内部の寿命が短くなっていくのは、使う人にとっては認識できていると考えますので早めの対応をしましょう。内部の温度が高いとなれば、それだけハードディスクに大きな負担がかかってることになりますし、寿命を短くしてしまう原因となります。熱がこもらないように、専用のファンを取り付けるなどして対応することもお勧めです。

書き込みができないこともある

寿命が近くなってくると、書き込みができなくなることがあります。寿命が近づいてくると、書き込みができなくなるほか、ブロックされてしまうなどいくつか症状がでてきてしまいますので、急にデータが扱えなくなることがあります。できるだけ他のUSBにもデータの保存は一つにしないで、他にもしておくようにしましょう。

いくつかUSBを用意しておき、書き込みをしたデータが頻繁に使うものではない場合は、保存用として使い、書き込み用のものを専用にもっているとさらに寿命を長くすることができます。使い方はいろいろありますので、大切なデータが消えてしまわないように保存や保管をするようにしましょう。

ハードディスクにも寿命がある

今では一般的に耳にするハードディスクですが、さまざまな機器に内蔵されています。

このハードディスクにも悲しいことですが、寿命があります。頻繁に使うことで、その寿命を短くしてしまうものですが、データを他のものにコピーしておくことで失われる確率を低くできます。

ハードディスクもメーカーによって寿命の長さは異なりますし、使い方でも違いが大きくでますので、自分がどのように使う頻度を設定していくかなどで寿命は長くできますし、短くなる場合もあります。機器の扱い方などもしっかりすることで、大幅に寿命を長くすることができますので、できるだけ扱いにも気を使いましょう。