Search

検索したいワードを入力してください

自転車のタイヤの寿命年数・走行距離|チューブ/クロスバイク

Author nopic iconライム
カテゴリ:車・バイク

初回公開日:2018年02月24日

更新日:2020年09月26日

記載されている内容は2018年02月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

自転車のタイヤの寿命年数・走行距離|チューブ/クロスバイク

自転車のタイヤの寿命はどれくらい持つの?

都会では車とバイクと同じように自転車は重宝します。クロスバイクやマウンテンバイクなどはちょっとした移動にはもってこいだからです。自転車も100万円を超える商品が発売されており、自転車を愛好している人も多いので、タイヤの寿命はほとんどの愛好家が知っています。

タイヤの寿命は1年から3年持ちます。タイヤの交換の時にブレーキやチューブなども痛んでいたら取り替えましょう。主に2,000キロから3,000キロ走ったらタイヤを取り替える時期だと見ておいた方がよいでしょう。

自転車も車やバイクのように普段の整備をしておかなければ、大きな事故を招きます。なるべく整備をしておき、乗りやすいようにしておくことが必要になります。

パーツ別に見た自転車のタイヤの寿命はどれくらい?

自転車もパーツごとに寿命が違ってきます。タイヤの寿命やチューブの寿命、チェーンやブレーキの寿命も違ってきます。

タイヤやチェーンの交換の時は他のパーツの点検もしておきましょう。パーツごとにメーカーが違う場合もあるので、交換時期を覚えておきタイヤの寿命を普段から知っておく事も必要になります。

チューブはどれくらい持つか?

タイヤと違って地面に直に触れて走行しないので、タイヤのチューブの寿命は4,000キロから5,000キロです。買った時のチューブの状態でも寿命が変わってきます。自転車を製造してしばらく経っている場合や、外で自転車を保管していた場合はタイヤとチューブの寿命は減ります。

ゴムの特性上どのような保存状態であったかもタイヤやチューブの寿命は決まってきます。通勤や通学で毎日乗る自転車ならば、5,000キロに満たなくてもチューブの交換はしておくべきでしょう。

主なタイヤの寿命と走行距離の関係

走り方や自転車の種類にもよりますが、主に2年から3年もしくは3,000キロ走行した場合は、タイヤの交換の時期だと考えておきましょう。

乗っている人の安全、走行中の安全などを考慮してタイヤの交換をしていかないと、大きな事故に繋がります。普段から自転車の点検をしておき、自転車のそれぞれのパーツの状態を知っておく事が重要です。

約何キロメートル走れば寿命なのか?

タイヤの寿命は3,000キロでチューブの寿命は5,000キロです。また雨の日に良く乗る場合や、悪路を走った場合は寿命が縮まります。

タイヤの溝が減って来たらタイヤの交換の時期です。3000キロ走ったら、チューブもタイヤも点検をしてみて交換するかどうかを決めましょう。またライトやブレーキ、チェーンなども痛んでないかをチェックする必要があります。

自転車は車と同じように車両とみなされます。事故が起きたら責任を負うことになるので保険には加入しておきましょう。またブレーキのない自転車には乗る事をやめておきましょう。

自転車別に見たタイヤの寿命はどれくらいなのか?

タイヤの寿命も乗る人によって変わってきます。悪路を好んで走ったり、クロスバイクやマウンテンバイクで岩や石の上に乗ったり、ジャンプしたりした場合はタイヤとチューブの寿命が縮まります。

自転車は構造が単純に見えますが、一番重要な箇所はタイヤです。タイヤがダメになってしまえば、自転車は使えません。常日頃からタイヤをチェックしておきましょう。

クロスバイクでもママチャリでもロードバイクでも、タイヤが重要になります。乗っている人の走り方一つで自転車の寿命が決まってきます。

種類別にタイヤの寿命を見てみても、乗る人で変わってきます。自転車をいかに大切に乗っているのかで自転車のすべてのパーツの寿命が決まってきます。

クロスバイクの場合のタイヤの寿命は

クロスバイクの場合、マウンテンバイクのように悪路を走る事を前提にタイヤも作られているので寿命はママチャリやロードバイクよりは寿命が持ちます。それでも3,000キロ走れば、点検と交換を考えておきましょう。

タイヤの寿命はもともとのタイヤのメーカーでも違ってきます。どのメーカーのタイヤとチューブを使うかでも寿命が違ってくるので、高いメーカーのタイヤを使用して、チューブなども保存状態の良い物を使うようにしましょう。

道具は使う人次第で寿命伸びて、自転車自体を効率的に使えます。自転車の特性を知る事が必要になります。

自転車のタイヤの寿命をチェックする場所はどこなのか?

タイヤにひび割れが起きていないか、またはガラスや尖った釘が刺さっていないかをチェックします。溝の減り具合もチェックしましょう。タイヤの寿命は悪路をどれだけ走っているのかやどれだけ長く走行しているのかで交換の時期なのかが分かります。

交換の時期の3,000キロを超えていない場合でも、タイヤのチェックは日頃からしておくようにしましょう。

走行途中で自転車がパンクしてしまったら、すぐにパンクを直せるようにしておく技術をつけておくことも必要になります。長距離をよく走る場合はパンクの修理はしておけるようにしておくことも必要です。

タイヤのサイズで寿命は違ってくるのか?

26インチ27インチのタイヤの寿命は3,000キロです。小さなタイヤになるとそれだけ回転するので寿命が縮まります。バイクでも車でも小さいタイヤでは寿命が縮まるので、それだけ交換の時期が早まるという事になります。

タイヤのサイズで交換の時期が早まることは自転車に詳しい人でないと理解できません。どうしてタイヤが小さいと寿命が縮まるのかを考えて乗っている人が少ないからです。パンクをして始めてタイヤに負担がかかっていると知る人がほとんどなので、タイヤは使った分だけ早く寿命がくることを知っておくべきです。

20インチの場合だと寿命はどれくらい

26インチや27インチのタイヤよりも20インチのタイヤの方が寿命が短いです。20インチのタイヤの場合、寿命は1,500キロ走行すれば交換の時期がやってきます。さまざまな自転車の種類があるのでタイヤが小さい自転車で走行距離が伸びれば、タイヤの寿命が短くなります。

タイヤを長持ちさせたければ、20インチのタイヤを使用する自転車を選ばない事です。26インチなどのタイヤを装着している自転車を選び、無理な走行をしなければタイヤの交換時期は早くはやってこないでしょう。