Search

検索したいワードを入力してください

【職業別】生産管理の仕事内容・やりがいを感じるとき|工場

Author nopic iconharuchika
転職・就職 / 2018年03月07日
【職業別】生産管理の仕事内容・やりがいを感じるとき|工場

職業別生産管理の仕事内容

生産管理の仕事は、とても多くあります。職種によって仕事内容が大きく変わるのが特徴です。代表的な生産管理の仕事内容をご紹介します。

工場

工場の仕事内容はケーキやパンを作ったり、車の部品を作ったり実にさまざまです。生産管理の過程に携わることができ、普段使用しているものが、どのようにして生産管理されているのか見ることができます。

工場の仕事内容はライン作業が多く、ベルトコンベアから流れてくる商品を組み立てたり、同じ食品を入れたりするのが主な仕事です。給料はあまり高額ではありませんが、短期間で覚えられるのが魅力です。

応募できる年代も、バイトや契約社員など幅広い募集があります。繁忙期だけの短期間で契約もできることから、学生も働きやすいでしょう。工場の生産管理で働くとやりがいを感る人が多くいます。内部を知ることで安全確認ができたり、幅広い人が集まることから社会勉強もできます。

アパレル

ファッションに興味のある人が憧れる、アパレルの仕事。ファッション業界の生産管理は、販売計画を基に、人や設備などから生産能力を計算して製品の製造までを管理するのが仕事内容です。

注文する工場に対して、品質や原価、納期などの計画を伝えて指示します。どのような商品が顧客に求められているかキャッチし製造工程を調整します。アパレルの生産管理は、企業の経営を左右する重要なポジションであり、ファッションが好きだけでは難しいでしょう。

生産管理に関わることで専門知識が身につき、先を見越して物事を計画する力や企画力習得でき、より深くファッション業界の事がわかるでしょう。生地の生産者や原料の仕入れなど、外部との商談で交渉力も磨ける仕事内容です。

とてもレベルの高い仕事内容ですが、アシスタントからスタートして実務経験を積んで学びながら働ける仕事内容でしょう。

食品

食品の生産管理は、注文を受けて生産をし、決められた期日に納品するスタイルです。決められた計画に沿って食品が出荷できるように、体制を管理するのが主な仕事です。

仕事内容は、実際に食品をつくる製造部門と食品を売る営業部門の調整を行います。食品が製造されてから市場に出回るまで総合的に管理する内容です。まず、販売計画を立てて原材料の仕入れや価格交渉を行い、作業員の割り当てなどを行います。在庫状況など生産管理をトータルに考え柔軟に対応します。

食品は賞味期限がありますから、徹底した在庫管理が必要になります。無駄なく不足することなく生産するのが難しい仕事内容でしょう。

製造

製造の生産管理は、経営の根本になる重要な管理要素です。ものを製造する時は、材料や部品の調達から始まり作業場所や設備の確保、作業員の配置などが必要です。生産計画に応じて製造をコントロールしなければなりません。

大手製造業になるほど管理が複雑になります。一般的に製造業には、生産管理部門があり生産管理業務全般を行います。需要と供給のバランスを考えながら、最大限に利益を確保する必要があります。複雑な作業を管理することが主な仕事内容です。

メーカー

自動車や家電など大手メーカーの生産管理は、さまざまな仕事内容があります。自動車部品メーカーですと、あらかじめ計画されたスケジュールを基に、各部署の作業が進んでいるかなどスケジュール管理を任される内容もあります。

業務は基本的にパソコンを使用して行いますが、難しい知識は不要なケースが多いでしょう。現場で働きながら経験を積む仕事内容でしょう。

生産管理の仕事内容でやりがいを感じるとき

アルバイトでも正社員でも、生産管理に関わった人はやりがいがあると感じます。これは、販売計画に基づいて原価管理から出荷までを考え、滞りなく製品が流通するように管理することで、達成感を感じるからでしょう。これだけ長期間に渡り製品と関わり、最後まで見届ける仕事は他にはないでしょう。

高いスキルが求められる職種ですから、未経験者の募集は少なめです。未経験でスタートするなら、製造の仕事を経験してからチャレンジすると良いでしょう。スポーツチームの監督になった気分で、全体の把握と適切な指示を出す能力が求められます。

情報を基に予測し、過剰生産にならないようにコントロールします。予期せぬ出来事が起こっても冷静に対応し、製品の最初から最後まで携われるやりがいのある仕事です。

生産管理システムに携わる仕事内容

生産管理の仕事内容は、経営計画や販売計画に沿った製造の生産計画を立てます。その計画から必要な製品を過不足なく、間に合うように計画を進めます。在庫や商品管理は、生産された商品や資材や原料の在庫量を確認して、適正在庫を確保する必要があります。

製品を作る上で必要なものを調達する手配業務もあり、扱っている商品によってどのような形で準備するのか考えます。取り扱うものは原料や資材だけではなく、チケットや人材確保など多岐に渡る場合もあります。

具体的な仕事内容は、各部署の資料作成、財務、事務作業などがあります。細かい仕事を苦にせず取り組める姿勢が必要でしょう。

生産管理資格がある人とない人の仕事内容の違い

生産管理の資格は、生産マイスター検定やビジネスキャリア検定試験などがありますが、資格を取得したからと言って仕事内容に大きく変化はしないでしょう。しかし、一般的な常識が身に付きますから、会社の方針と比べて弱点などを発見するきっかけになります。

生産管理業務では原価計算をするので、お金の計算力が必要になります。会計の知識を身に付けておくとキャリアアップにもなり、力をつける事ができるでしょう。生産管理に関する資格は多くありますから、職種によって必要な資格を取得すると仕事内容が深く理解でき、結果として有利になるでしょう。

生産管理の仕事内容できついと感じるとき

生産管理の仕事は多岐に渡り、幅広い知識を求められます。全てが上手くいって当たり前の世界ですから、失敗した時は会社内だけでなくお客様にも迷惑をかけてしまいます。そのような事から、常にプレッシャーがかかりとても気の遣う仕事です。

生産があがらがない時や、収益が目標を達成しなければ工場のトップから叱責を受けることもあるでしょう。ある程度経験を積めば細かな事まで把握しますが、現場と会社の間に入って板挟み状態になることもあります。

精神的にきつい所も多いですが、中小企業では残業の多い会社もあるので体力面でもきつく感じられるでしょう。きつい部分は企業によって違いますが、仕事する上で感じる喜びを原動力に変えて続けていくと良いでしょう。

生産管理の仕事内容に関するおすすめの本

生産管理の仕事を理解するには、わかりやすい本を読むことです。これから生産管理の仕事に就きたい人におすすめする本をご紹介します。

生産管理の基本としくみ

生産管理の基礎を学べる本です。最新のトレンドや手法も網羅した解りやすい図解入り、生産管理ってどんな仕事かが良くわかる内容です。右ページに図解、左ページに解説とわかりやすい内容で、初めて生産管理を学ぶ人に理解しやすい内容です。入門書として買うならおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

生産管理のキーワードについて、図解などを用いてわかりやすくまとめられています。

マンガでやさしくわかる生産管理

ある日、生産管理を担当することになった主人公、多くの壁にぶつかりながら人材、材料、設備など無駄なく活用する方法を身に付けていく、主人公の成長ぶりが漫画で解説されています。読み終わったら、生産管理の基礎が学べている本でしょう。

生産管理の基本が面白いほどわかる本

ロングセラー「生産管理の基礎知識が面白いほどわかる本」をリニューアルした本です。最新の3Dプリンターやビッグデータ、サプライチェーンマネジメントの内容にも対応した生産管理の本です。生産管理とはどのような仕事内容か、会社が求めることにどのようにして答えればよいかを1冊に凝縮しています。

生産管理の必要な知識と、ものづくりの全体像が見える、わかりやすい解説本です。生産管理について全く知らない人でも内容を理解できる、幅広い人が読める入門書です。

Blockquote firstBlockquote second

製造業に携わる人にはもちろん、製造業以外の人にも有益な本であると実感いたしました。

生産管理は奥が深い

生産管理について詳しくわかりました。とても幅の広い仕事内容で、厳しい所もありますがやりがいの感じる仕事でした。生産の現場に興味のある人は、基礎知識を身に付けてチャレンジしてみましょう。

関連記事

Related