Search

検索したいワードを入力してください

かわいい関西弁の言葉・フレーズと告白方法・言い方|男

Author nopic iconsorakaze
カテゴリ:方言

初回公開日:2018年01月30日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年01月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

かわいい関西弁の言葉・フレーズと告白方法・言い方|男

かわいい関西弁の言葉やフレーズって?

かわいい関西弁のフレーズは色々ありますがここでは関西女子がよく使うフレーズを紹介します。関西以外の地域ではなかなか聞くことのできないフレーズです。ドラマやアニメではかなり関西弁はデフォルメされてコミカルに描かれる事が多いですが、ここでは日常的に使われているフレーズを取り上げてみます。

あかん

これは色々なシチュエーションで使われています。「あかん」とは「失敗した」「ダメ」という意味で使われたり「ここに置きっぱなしはあかんやろ」と叱りつける時に使われたりもします。かわいく使うなら「うちみたいなんはあかんやろか」と言えばかわいく聞こえます。ネガティブな「あかん」ではなく遠慮気味に「あかん」を使うと効果的です。

なんで?

「なぜ」の意味で使われます。他に「なんでなん」とも言います。会話の中で「そういう事だから」と言われた時「なんで」と返答する時に使います。他に「なんでやねん」も関西女子はよく使いますがかわいいフレーズとしてはベストではないです。ツッコミ的な意味もありますので同性に使う方が好ましいでしょう。

くれぐれも「なんで」はキツイ口調で言わないように注意するのがコツです。

ほんまに?

どんな場面にもよく使われるフレーズです。驚いた時、例えば「えっ」「うそ」の代わりに使います。例えば会話で「今日雨だから試合中止になったよ」「ほんまに?」という具合に使われます。「ほんま」「ほんまかいな」も同じ意味に使われます。しかし「ほんまに?」の方が柔らかくおっとりとした印象なのでこちらのフレーズがお勧めです。

かわいい関西弁で告白するには

次は告白です。かわいい関西弁で告白というシチュエーションはありです。関西出身女子特権ですがここで使わない手はありません。かわいい関西弁を使った必殺のフレーズをここでは紹介します。うんとかわいく告白して彼を虜にしちゃいましょう。

うちあんたの事好きやねん

まさにテッパンのフレーズで、どストライクの告白です。このフレーズを使う時に注意するのは一気に言うのではなく「うち、あんたの事、好きやねん」と区切りながらかわいく言ってみましょう。ぐっとこない男性はいません。「僕も好きだ」「俺も好きだ」と言ってくれたら告白大成功です。

めっちゃ好きやで

短いフレーズですがこれもお勧めです。「好きです」より数倍インパクトがあります。ただ好きではなく「めっちゃ好き」ここがポイントです。「めちゃくちゃ好きやで」「めっちゃ好きやねん」も同じ意味で使えますのでこれもお勧めです。「めっちゃ」と「好きやで」のダブル関西弁フレーズで彼もいちころです。

好きやから付き合ってくれへん?

「好きや」や「付き合ってくれへん?」もいいのですが「好きやから」と「付き合ってくれへん?」こちらもダブル関西弁でインパクトあります。ただし「付き合ってくれへん」をいう時に「へん?」の所でイントネーションを上げないと「付き合ってくれない」という否定の意味になってしまいますので注意が必要です。

かわいい関西弁で言うには?

かわいい関西弁で話すのは意中の人だけではありません。男性、時には子供、同性の友人と色々使い分けてみてはいかがですか。男性には優しく、子供には柔らかく、友人には穏やかになど場面によって使い分ければ関西弁のスキルはアップします。臨機応変にかわいい関西弁を駆使できたら上級レベルです。

男性には

年上か年下にもよりますが、年上には優しく柔らかく、年下には可愛くかつフランクに話せば関西弁のイメージはアップします。特に年上の男性に話す時は関西の落語家さんを参考にしてはいかがでしょう。お亡くなりになられましたが桂米朝さんのしゃべり方は穏やかで品のいい関西弁なので参考になります。

くれぐれもお笑い芸人の早口で品のないしゃべり方にならないように注意しましょう。

子供には

自分の子供に対しては厳しい口調になるお母さんは多いです。叱る口調が関西弁だと怖いイメージがさらにアップしてしまいます。自分以外の子供に対しては穏やかに優しい口調で話せば関西弁の印象は確実に良くなります。「あかんやろ」や「お母さんの言う事ききや」と優しく穏やかな関西弁をしゃべると子供も安心します。