Search

検索したいワードを入力してください

【年齢別】女性に手に職の資格・専門学校|海外

Author nopic iconLight1
カテゴリ:資格・検定

初回公開日:2018年02月02日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年02月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【年齢別】女性に手に職の資格・専門学校|海外

【年齢別】女性に手に職の資格・専門学校|海外

20代女性に資格

20代の女性の資格といってもさまざまありますが、ここでは特に就職や転職に有利な資格を中心に紹介します。

就職に有利な福祉・医療系の資格

確実な求人を見込んで資格取得を考えているのなら、福祉や医療関係の資格です。病院や介護施設などは全国にあるので、ライフスタイルの変化に応じた引越しや結婚の後にも、再就職をしやすいからです。場所を選ばずに仕事を探せるという意味で、重宝する資格といえるでしょう。

介護に関わりたいのならば、「介護福祉士初任者研修」の資格。介護のプロフェッショナルとして活躍したければ、「介護福祉士」や「ケアマネージャー」は手に職をつけるための注目の資格です。

手に職なら、宅建と日商簿記

事務職系の資格で、手に職をつけるのなら、通称「宅建」と呼ばれる「宅地建物取引士」や「日商簿記3級・2級」がなのは、両資格とも必置資格なので、求人が多いからです。

「宅地建物取引士」は、法律をコンパクトに勉強できて、年齢問わず長く仕事を続けられるのが魅力です。

「日商簿記3級・2級」なら、事務経験を積めば、会計事務所や税理士事務所から、経営コンサルト業務の会社にまで、その知識を役立てることができます。

30代女性に資格

30代の女性であれば、まずは、自己分析をすることからはじめましょう。ご自身のキャリアを整理して、何を始めたいのかを明確にします。自分の強みと弱みを知って、弱みを補強するための資格選びです。

ここでは新しく何かを始めたい30代の女性に資格をご紹介します。

医療事務は女性にの職業

「医療事務」「調剤薬局事務」「介護事務」などの仕事は、未経験でも挑戦しやすい仕事です。これらの仕事に関わる資格は民間資格ですので、民間団体やスクールで資格を取ります。

高齢社会の現代、介護や医療の現場は人手不足が深刻な問題となっていますので、手に職をつけたい方にとって、今こそチャンスといえる資格です。

かわいい子供たちと一緒にいられる保育士

保育士の活躍の場は、保育所に限らず、福祉施設や企業内での保育所、それからベビーシッターと幅広くあります。また保育士不足の現状から、保育士の資格は取って損のない資格といえるでしょう。

保育士資格は60パーセントの正解率で合格できる取りやすさも、手に職をつけたい女性へ一押しの資格です。

40代女性に資格

【年齢別】女性に手に職の資格・専門学校|海外
※画像はイメージです
出典: Free stock photos of typing · Pexels

30代の女性同様、40代女性も、自分のキャリアとご自身の人生設計、将来への展望を踏まえたときに、ステップアップとして資格を取得することを考えられる方も多いはずです。

そんな前向きな女性に資格を紹介します。

経営関連なら、「中小企業診断士」

経営関連の資格というと、「中小企業診断士」や「簿記検定」、そして「社会保険労務士」があげられますが、こうした資格を取得しておくと、次の転職に有利ですし、研修講師や経営コンサルタントといった専門職を視野に入れることもできます。

その中でも、30代から40代の受験者が多くなっているのが、「中小企業診断士」です。企業経営や財務、会計、また経営法務など経営関連など、多種多様な職種でその知識を役立たせることができます。

40代からでも遅くない!憧れのファイナンシャルプランナー

お金のプロフェッショナル、ファイナンシャルプランナーは、手に職をつけたい女性に勧めたい資格です。

3級、そして2級とステップアップできれば、ファイナンシャルプランナーとして働き始める準備ができたといっていいでしょう。手に職をつけて、将来独立を目指そうという固い決意のある女性には、実用性の高い資格です。

50代以上の女性に資格

【年齢別】女性に手に職の資格・専門学校|海外
※画像はイメージです
出典: Positive - Free pictures on Pixabay