Search

検索したいワードを入力してください

【男女・年齢別】同窓会で格差を感じること|中学生/小学生

Author nopic iconair.ryo
カテゴリ:人間関係

初回公開日:2018年02月06日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年02月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女・年齢別】同窓会で格差を感じること|中学生/小学生

男女別同窓会で格差を感じること

同窓会、それは昔を懐かしむことができる大人の時間です。忘れていた思い出であってもその人に会い雰囲気を感じることで思い出が喚起されて、思い出すこともあるでしょう。

同窓会ラブという言葉もあるように、恋愛に発展する人がいないわけではありません。そんな甘い時間が流れる楽しい同窓会ですが、実は楽しい言葉あk理ではありません。それが、同窓会に参加するような年齢ならではの、格差です。

昔を懐かしむために集まる同窓会ですが、現在何をしているのか、恋人や結婚しているのかなど今の話題にも話は及びます。そういった話を通して格差を感じてしまう人もいるでしょう。また敢えて相手にひけらかすようにする人がいるのも事実です。

同窓会の年代ごとに、どんなことに格差を感じるのか紹介しましょう。

小学生

まずは小学生時代の同級生との同窓会です。小学生時代はお互いに子供だったため、恥ずかしいことや、馬鹿なこともしていたでしょう。気の置けない友人になりやすいのも小学生時代に出会った人ということが多いです。

そんな小学生時代の同窓会で格差を感じるのは、小学生の頃の夢をかなえているときです。小学生の頃は将来の夢を語り合ったり、宣言している人は多いです。しかし、年齢を重ねるにつれ現実を知り、障害に出会い夢をあきらめることは多いです。

自分はあきらめたのに同級生は夢をかなえていると格差を感じます。

女性あるある

外見の変化についての格差は女性の方特有です。男性は頭が薄くなっていても笑いに変えることができたりします。しかし、女性の場合、特に小学生の頃の同窓会では第二次成長期などでの変わりように驚く人もいるでしょう。、

昔は少し下に見ていた人がきれいになったり、きれいだった人がその美しさを保っていると格差を感じます。

中学生

中学生の同級生との同窓会で格差を感じることとして多いのは、恋愛においてでしょう。中学生になると思春期に突入し、恋愛感情を抱き、実際に恋愛関係に発展する人もいるでしょう。

そのため同窓会になると当時の恋愛を振り返った流れで、現在の恋愛状況に話が及びやすいです。結婚している人、子供がいる人、結婚を考えている人、未婚の人、そもそも恋愛経験がない人など様々ではあります。しかし共通認識として結婚して子供がいる人が幸せそうという先入観があるでしょう。

そのため結婚していない人や子供がいない人は、子供がいる人に対して格差を感じやすいです。逆に結婚し家庭に入った人は働いている人に格差を感じますが、それはお互いに表現しないためこうした格差の感じ合いが生じます。

高校生

高校生の同級生との同窓会で一番感じやすいのは、仕事などまじめな方面での格差です。それは高校時代にすでに大学受験という大きな岐路を迎えているからです。大学や知名度で格差を感じているでしょう。

それ以降も高校の同窓会では高校以前に話がさかのぼることがほとんどなく、自然と話は大学以降になります。大学での体験談や、就職した後の話など格差を感じやすい話題が豊富です。

同窓会で格差を感じる年収

同窓会に参加する年代によって格差を感じる年収は変わってくるでしょう。例えば新卒などが多い20代半ばほどであれば400万も仮性でいれば十分相手に格差を感じさせることができたりします。

逆に30代から40代に至ると400万円ほどが平均といわれていますから、そのあたりから大きく外れている場合は格差を感じさせる、もしくは格差を感じる年収で賞。最もわかり屋いのは年収が三桁を超えている場合です。

これは明らかに稼いでいる人の部類に入りますから多くの人が格差を感じます。同窓会ではお金の話をしがちですが、言う側も言われる側も楽しいものであることは少ないですから、年収の話は同窓会では避けるのが無難でしょう。

年齢別同窓会で格差を感じること

同窓会の状況によって格差を感じる内容は変わりますが、同年代に参加する人の年代によって何に格差を感じるかも変化します。年代ごとに見ていきましょう。

30代

まずは、30代の感じやすい格差です。これは仕事の勤め先や、給料であることが多いでしょう。30代では働き始めて10年前後の場合が多いです。転職を考える人、今の職場に不満を感じる人もいます。

そんな時に気になるのが会社のブランドや年収の額です。

40代

40代が同窓会で感じやすい格差としては、恋愛関連でしょう。結婚しているのが一般的で子供の話題も自然と増えてくる頃です。

そのため独身者は肩身の狭いをもいをして格差を感じるでしょう。また、結婚相手の勤め先や年収はここでも格差を感じる対象に入ってきます。結婚している人にしかわからない話が出てくると格差を感じます。仕事の話は一度も就職せずに家庭を持った人以外は経験しますし、パートナーから聞くこともあります。

50代

50代で格差を感じるのは、子供のことや、普段の生活ぶりです。子供が通っているのが私立なのか公立なのか、また偏差値はどのくらいあるのか、スポーツが得意なのかなど、ほかの子供と比べられてしまう点は多々あります。

普段交流を持つのは同じような層の人ですが、同窓会になるとバラバラです。唯一の共通点は同級生ということくらいで賞。そのため実に様々な話を聞くことになります。結果として隣の芝生は青く見えるではないですが、格差を感じるでしょう。

公務員が同窓会で格差を感じること

また、公務員という職種は少し特殊な職業です。そのため格差というか疎外感を感じることはあります。それはサラリーマンとは違うため仕方ないとも言えることです。

例えば、公務員にはよほどのことがない限り、解雇はありません。また国家公務員でもなければ出世競争もあまりないでしょう。また公務員というイメージだけが先行して、公務員だから、公務員は、といった枕詞をつけられてしまうことはあります。

また、公務員はサラリーマンのように一気に年収が跳ね上がることは少ないです。企業をして成功を収めた人、そして家庭に入った人、彼らには彼らのストーリーがあり、輝いて見えてしまうことがあるでしょう。