Search

検索したいワードを入力してください

ツーブロックのセットの方法とワックス|簡単/女性

Author nopic icon橘ケイ
カテゴリ:ヘアスタイル

初回公開日:2018年02月15日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年02月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ツーブロックのセットの方法とワックス|簡単/女性

ツーブロックのセットの方法

今回は男性だけでなく女性にまでとなって来た髪型「ツーブロック」についての記事です。今回は、特にその「ツーブロック」の髪型の「セット」の方法についてご紹介していきます。「ツーブロック」は上手にセットしないと寝癖でくしゃついてしまったり、髪が浮いてしまったり、悩みが尽きません。

「ツーブロック」のセットに必要なのは、まずはドライヤー、ワックスです。ワックスも一種類ではなく、仕上げたい髪型やセットしたい髪型によって混ぜたり、組み合わせたりして使います。

ドライヤーでブローしたり、根元から立ち上げたら冷風に切り替えて一気に冷やして固定させましょう。そしてワックスを小量手に取って良く手のひらに馴染ませましょう。付け過ぎは重たい印象になってしまいます。軽やかな印象に持って行きましょう。

短髪

短髪のツーブロックは、セットがしやすいです。ドライヤーであたためながら、しっかりと根元から髪を立ち上げていきます。そして、立ち上がったらドライヤーを冷風に切り替えて冷まします。十分に冷えたら、ジェルタイプ、もしくはグリースタイプのワックスを馴染ませます。

立ち上がりをよくしたい、キープ力重視の人は、クリームタイプと混ぜてセットします。このとき、手は、髪を握るような形にして、ゆっくりと上に持ち上げるといいでしょう。これを繰り返して好きな立ち上がり方になったら完成です。

ベリーショート

髪の根元までスプレーで水分を与えます。しっかりと濡らしたら、タオルで軽くドライしていきます。したたるような水分がとれたら、お次ぎはドライヤーの出番です。

ドライヤーで放射線状に順番に乾かしていきます。このときドライヤーも軽く振りながら乾かすと、髪に当たる温風が減り、髪が痛みにくくなります。乾かせたら、最後に前髪の分け目を付けることが必要です。分け目をキチンと作って、温風をドライヤーを振りながらあてます。

しばらくして分け目がついたら、冷風に切り替えてしっかりと冷ましていってください。これによって分け目がしっかりと形づくられます。それができたらほぼ完成です。

ハードワックスを10円玉2つ分ほど取り出し、全体を立ち上げるようなじませていきます。ワックスは、しっかりと手のひらになじませましょう。少しずつ、軽い印象に塗っていくのが大切です。

ウルフカット

セットする前に、髪を根元まで全体を濡らし、ドライヤーでしっかりと乾かしていきます。このとき、ドライヤーで軽く空気を含ませるような乾かし方をすると、最後のワックスセットのときに軽やかな印象をあたえることができます。

ハードワックスをしっかりと手のひらに伸ばして、指先を使って、髪の中間から毛先にかけてを立ち上げてセットしていきます。一度立たせた髪を落ち着かせるようにボリュームダウンさせて、全体のバランスを見ます。

バランスが見れて、良かったら、ハードスプレーを根元から全体に薄くかかるように、軽い感じで全体にかけていきます。

ソフトモヒカン

この髪型は、ドライヤーにくわえ、ヘアアイロンを使うとセットしやすいツーブロックの髪型です。ツーブロックでソフトモヒカンと聞くと荒っぽい髪型におもえますが、ツーブロックが入る事によって清潔感が感じられるようになります。

まず、全体をしっかりと濡らします。ドライヤーの温風でしっかりと乾かしていきます。ここでヘアアイロンの登場です。前髪の立ち上がりをしっかりとつくっていきます。また、サイドの髪は中央に向けて流れるように巻いていき、トッップの髪の毛はアルファベットのCを描くようなカールを付けます。

ハードワックスを全体に散らすように軽く塗っていきます。毛束をつまんで毛量やバランスを調整していきます。完成したときのシルエットをここで創り上げます。できたら、ハードスプレーを、重くかけすぎないようにして全体に撒き、乾かします。

スパイラルパーマ

全体を濡らして、水分が垂れて来ないように、全体をしっかりとタオルドライします。ドライヤーをかけますが、このとき最後の2割程、濡らしたままにしておくのがパーマヘアの特徴とコツです。

ワックスを両手のひらにしっかりと伸ばして、全体にもみこむようにつけていきます。ウェーブが出てくるまで繰り返します。ウェーブが出て来たら、前髪の流す方へねじりながらセットしていきます。束感を出したいときは、毛束と毛束をねじって一体感をだします。

最後に重くならないようにふわっとスプレーでキープさせれば完成です。

ショート

全体を水で濡らします。タオルドライをかけたあとは、ツーブロックの部分を手で押さえてあたため、ふくらみを防止します。そのあとは冷風で冷やし、ツーブロックの部分をブローしておきます。

有数の毛を握りながら、根元にドライヤーをあてて、しっかりと立てていきます。少し水分を含んだ状態のままで、ワックスを付けていきます。毛の中心から有数にかけて丁寧に、軽くつけていきましょう。

束感が出て来たら、束を掴んで遠目からドライヤーを当てていきます。最後に毛束をまとめるようにして薄くしっかりとハードスプレーをかけて固定していきます。

ツーブロックのセットにワックス

ツーブロックのセットにワックスですが、今はさまざまな種類のワックスが出ています。

「ミューヴル ドライハードワックス7」はドライワックスの中でもが高く、軟毛の人から剛毛の人まで、付けているか分からないような軽い付け心地で髪型をセットしてくれます。ツーブロックの人はセットの際にツーブロックでない部分とツーブロックの部分としっかりと分けてセットしなくてはいけないので、とても便利な使い心地です。

「Ocean Tokyo オーシャントリコ AIR」2016年に発売されたばかりの期待の新人ワックスです。ツーブロックの人も安心して使用できる、セット力と操作性に優れているワックスです。

簡単なツーブロックのセット方法

簡単なツーブロックのセット方法をご紹介します。ツーブロックはお手入れやセットがなかなか難しいとおもわれがちな髪型ですが、じつはそんなことありません。簡単なセット方法があるのでそちらをご紹介していきます。

七三

七三のツーブロックの髪型のセット方法です。まず髪全体を濡らします。タオルドライして、水がしたたらないようにします。髪が8割ほど乾くまで、しっかりと乾かします。そこまで乾いたら、クシを入れて七三にキレイに整えます。

分け目にドライヤーをあてて、ブローしていきます。ワックスを両手に伸ばして、髪をすくように撫で付けるようにセットしたら完了です。浮き毛が気になる人が居たら、遠目からハードスプレーをかけて表面を細めのクシでなでつけましょう。

長め

長めのツーブロックはセットに時間がかかるとおもわれがちですが、そうではありません。ワックスさえあれば出きる、無造作スタイルが、オシャレでいい味をだしてくれます。

全体を濡らさず、スプレーで軽く湿らせます。クシを通したらミドルの位置でひとつに髪をまとめて、ツーブロックが見えるようにします。このとき、手のひらにワックスをなじませてまとめると、きれにまとまり、結んだあともキープ力が持つのでです。結んでまとめた毛先にもワックスをもみこんで、流れを出したら清潔感もありツーブロックの目立つセットの完成です。

女性のツーブロックのセット方法

最近は女性にもツーブロックがです。サイドのボリュームが出やすい場所を削ることによって、横顔のボリュームを抑えることができるので、小顔効果が期待できるからです。

セット方法は男性と変わりません。全体を濡らしてタオルドライをし、ドライヤーで好きな髪型になるようにセットします。ワックスはやはり付けすぎないようにするのがマストでしょう。