Search

検索したいワードを入力してください

40歳の貯金の割合|独身/セミリタイア/シングルマザー

Author nopic iconライム
節約 / 2018年04月27日
40歳の貯金の割合|独身/セミリタイア/シングルマザー

40歳の人の貯金している割合とは

非正規雇用も増えて、税金や車を維持する事も難しくなっています。会社経営しているキャリアウーマンでさえも60代で貯金が2000万円ほどです。40代だと子育て世代で、マイホームのローンや車のローンなどでなかなか貯金できない人も多いです。40歳は何かと他の世代よりも生活費にお金がかかるでしょう。

40歳の貯金額は人それぞれです。仕事により貯金がある人とない人に分かれる事もあり、仕事でのストレスや付き合いなどがあれば、そちらへお金がかかるのでなかなか思い通りの貯金ができていません。

40歳はいわゆるバブル世代とは違うので、お金を使う事に美徳を感じる人は少なく、貯金している人も仕事によりますが、40歳で見ると6割ほどです。また、貯金額も違ってきます。

貯金がなくゼロの場合

40歳の4割は貯金がない状態です。子育てや毎日の生活で手一杯で、なかなか貯金には手が回らない状態の人が多いと言えます。老後のことや、親の介護を考えて貯金している人もいますが、なかなか思い通りの貯金額にはならないでしょう。

貯金がない人はその日暮らしの生活を送っており、毎日の仕事を続ける事で精一杯の人が多く、なかなか将来の人生設計を考える事は難しいと言えます。

40歳で貯金がない人のほとんどは、非正規雇用の人です。40歳で働く世代の子供がいる場合は、その子供も非正規雇用の場合があり、負の連鎖が続いている場合もあります。40歳で貯金がないことはそんなに珍しくはありません。

1000万円貯金がある場合

公務員や大手の会社の役職に就いていないと、なかなか1000万円の貯金はできないです。貯金は仕事のアフター5をどう過ごすかにも関わってくるので、なかなか本人の意思と目標としている貯金額にならない事も多いです。

1000万円貯金があるという40歳は、もともと物を買うことに興味がなかったり、趣味が少なかったりとお金が貯まる事に直結する事がないと、なかなか40歳で1000万円という額は貯まらないです。

貯金がある40歳でも300万円から400万円あれば、御の字といえます。お金を貯金できる世代は団塊の世代で、40歳の時点ではなかなか貯金ができていない状態の人が多いでしょう。

2000万円貯金がある場合

大手の役職に就いていても2000万円という貯金はなかなかできないです。公務員でも難しいでしょう。それこそじぶんで会社を立ち上げて、成功した人や親の遺産が入ったりした場合しか、2000万円という貯金額はなかなか達成できません。

2000万円の貯金がある人はデザイナーをしながら投資をしている人や、芸能関係に勤めている人や、大学教授などは40歳でも2000万円の貯金があることもあります。

仕事次第で貯金額は大きく変わってきます。安定しない仕事でいくら頑張っても、大きな貯金をする事は不可能と言えます。

3000万円貯金がある場合

40歳で貯金がある人でも3000万円という貯金がある人は、割合で見ても少ないです。40歳で貯金がない世代が4割もいることから見ると、なかなか3000万円という貯金額を達成している人は少ないです。

親の遺産があったり、土地をたくさん持っていたりしなければ、3000万円の貯金は難しいです。アパート経営や外為などをしている人でも、なかなか3000万円の貯金をしている人は少ないです。

40歳でもお金に普段からどう向き合っているかでも、貯金額は変わってきます。それこそ貯金をすることが趣味で、もともとケチな性格ならば、3000万円の貯金も夢ではないでしょう。

4000万円貯金がある場合

2000万円から上の貯金額になると、考え方はほとんど変わりません。1000万円貯められなかった人は、2000万円から上の額を貯める事は不可能です。

もともと持っている才能や能力にも貯金額は左右されますが、数千万円の貯金を貯めるにはそれなりの覚悟がないと無理でしょう。例えば、30代後半で大きな病気をしたので、考え方を改めて、体のために貯金を始めたとか、宝くじが当たったり、生命保険の保険料が入ってくる事がないととても4000万円の貯金は無理です。

4000万円の貯金している割合は1割いるかいないかです。

7000万円貯金がある場合

普通に仕事をしていても7000万円という貯金はできません。割合で見てもほとんどいないと言えます。40歳の段階では7000万円という額は難しいです。退職金が入っても、なかなか7000万円と言う額は60代でも難しいと言えます。

1000万円貯める事ができなければ、それ以上を貯められません。所得が多い人は所得に合わせた生活をして来ているので、なかなかお金が貯めにくくなっています。20代30代で仕事に成功しても考え方がまだ若いので、なかなか1000万円の貯金はできないです。

自然災害や震災の事を考えながら生活している人もいるので、ある程度の貯金をしている人もいますが、万が一のことを考えて貯蓄していても、なかなか7000万円という額は貯まらないでしょう。

40歳独身の貯金額はどれぐらいか

この場合も40歳独身で親元で暮らしているのか、また一人暮らしかでも貯金額は変わってきます。今は晩婚化が進んで来ており、なかなか結婚をして子供を持つことに意味を見いだせない人も増えています。

独身で親元にいる場合は、貯金額は200万円ほどです。それも課長クラスの役職でそれくらいです。なぜなら、親元にいて自由にお金が使えるので、なかなか貯金へ回せないのでそれぐらいの額になっています。

独身で一人暮らしの場合は、仕事がしっかりしている事もあるので、400万円から800万円ほど貯金がある人も多いです。また、仕事や雇用形態でも貯金額は変わってきます。

40歳既婚者の場合の貯金額

40歳既婚者の場合の貯金額は、そんなに多くはないでしょう。子育てや住宅ローンもあり、車も維持していかなくてはいけないので、なかなか貯金へお金を回す事は難しいです。

既婚していても夫婦で共稼ぎで多く稼いで、将来の事をよく考えている家庭ならば、老後や子供の将来を考えて貯金していることもあります。40歳の貯金額は生活に密着したものとなっており、今まで育って来た環境や考え方にも左右される事があります。

貯金額が多いからといってとんでもない職業に就いたり、なかなか就けない職業に就いているとは限らないです。お金に対するその人の考え方などで決まります。

セミリタイヤした人の貯金額はどうなっているか

セミリタイヤというのは、ネットカフェ難民や体を壊して、なかなか普通の仕事ができない人のことを指します。または、今までの仕事にうんざりして農業の仕事に就いたり、自給自足の生活をしたりとセミリタイヤの場合もさまざまな例があります。

セミリタイヤという生活は、お金に価値を見いださない生活です。体の健康や人間らしく生活する事を基本に生活していくので、貯金は最低限の場合もあり、また収入が少ないのでほとんどの人が貯金できていない状態です。

またセミリタイヤして、40歳でYouTuberや投資家になった場合は、また貯金額が変わってきますが、セミリタイヤした場合はお金に重きを置かずに生活や健康を考えて生活するので、貯金がほとんどなくあってもそんなに多くはないでしょう。

40歳の貯金額の平均とはいくらか

40歳の平均の貯金額は250万円から500万円ほどです。それも貯金がある人の中でです。40歳は親の介護や子供の教育費、住宅ローンなどがかかるので、なかなか貯める事が難しいです。当面は、現在の生活を維持するような生活をしていくようになっているので、なかなか貯金がしにくい人もいます。

平均よりも貯金額が少ないからといって焦る事はありません。定年後までに貯める覚悟で仕事をしていけば、それなりに貯まっていくでしょう。団塊の世代よりも仕事が厳しく、給料ももらえないので、なかなか思い通りの貯金ができていない人が多いのが現実です。

40歳のシングルマザーの貯金額とは

40歳のシングルマザーが貯金できるほど豊かならば、その人は良い仕事に就けたと言ってもいいでしょう。子育をしながら仕事を探し、仕事で評価されて貯金ができるほどになれば、理想的な仕事に就けた事になります。

貯金があれば子供の将来も考えやすく、また仕事でのステップアップも可能になります。もし、シングルマザーで貯金している人がいれば、300万円から400万円でしょう。シングルマザーで貯金する事の難しさは男性でも分かっていますが、やりがいのある仕事に就けた場合はそれだけの貯金をしている人がいます。

また、親元で子育てをしている40歳のシングルマザーは、1000万円の貯金をしている人もいます。シングルマザーは、常に子供の事を考えて貯金しているので、体が弱い人程、多く貯金している事が多いです。

非正規雇用が増えた背景が貯蓄額に関係している

請負、規制緩和、派遣業務などで貯金額が変わって来ています。今は社会保障なども削られて来ているので、なかなか普通の生活をすることが難しくなっています。

非正規雇用で仕事でしている人は、なかなか貯金ができていないでしょう。日々の生活費にも困っている人も多いので、過労死や裁量制の働き方などの制度も見直す必要があります。

非正規雇用で仕事をしている人は、老後も仕事をしていかなくてはならず、なかなか生活が楽になりません。貯金をする事はもちろん、車を持つ事や住宅ローンも組めないので、貯金はとてもできる状態でないので、非正規雇用の増加を抑えるような働き方を増やしていかないと、なかなか貯金をすることは難しいでしょう。

仕事が上手くいっている人とそうでない人の違いとは

仕事が上手くいっていれば、長く仕事を続ける事ができるので将来の事も考えやすく、貯金をしようと考えます。また、仕事が上手くいってない場合は貯金ができないので、将来のことも考えにくいでしょう。

仕事で貯金できる余裕がある人のほとんどは、仕事が上手くいっている人で、長く続けることのできる仕事に就いている場合のみです。じぶんに合った仕事を見つければ、例え収入が少なくても貯金をする事は可能です。

既婚者か独身かでも貯金額は変わってくる

先ほど紹介した40歳の独身と既婚者の貯金額でもそうですが、親元にいるのか一人暮らしかでも貯金額が変わってきます。その中でも、既婚者か独身かで大きく変わる事になります。

仕事をして人生観が変わっていき、結婚する事で仕事にも前向きになり、良い仕事ができて多くの収入を得るようなことをしていくので、独身よりも貯金額が多い事もあります。

40歳でも、60歳でも、置かれている立場や境遇により、貯金額は変わってくると言ってもよいでしょう。

他人の貯金が気になったら貯金をしておこう!

40歳は独身か、既婚者か、雇用形態が非正規雇用でも貯金額は変わります。また、親元にいるのかでも変わってくるので、人それぞれの価値観などで貯金額が変わってくるでしょう。

晩婚化が進んで価値観が多様化していけば、貯金をする人かしない人かに分かれやすいです。じぶんがどれだけ今の時点で貯金があるのかが気になれば、貯金を始めましょう。不透明感がどんどん増している世の中になっているので、貯金をして損をする事はないでしょう。今日からでも貯金を始めてみましょう。