Search

検索したいワードを入力してください

【立場別】お金の管理方法|アプリ/夫婦/旅行

Small 854ed70a aa24 47fb b259 825535d527ebmonos-i-
カテゴリ:節約

初回公開日:2018年01月31日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年01月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【立場別】お金の管理方法|アプリ/夫婦/旅行

お金を管理する重要性

お金は、人が生きる上で切っても切れない関係です。お金を正しく管理することで、自身の生活を営み自立を促す大切なものです。社会人になって毎月給料をもらいながら、きちんとしたお金の管理をすることが大人の常識として必要なスキルです。

給料をもらっているのになぜか貯金ができない、今のお金の所持金額に不満があるという方は、この機会にお金の管理を正しく理解してください。

お金の管理方法

現代では、スマートフォンやインターネットの普及によって、誰でも簡単にお金の管理を行えるようになりました。今までは、ノートやメモ帳などにお金を使ったら、その都度書き込んでいたという人も多いでしょう。

ここでは、それぞれの管理方法別に使い方を紹介します。

アプリ

お金の管理を行う方法としてもっともなのが、アプリを使った管理です。現在では、無料のものや有料のものを含め、幅広いお金管理のアプリが開発されています。最近では、月500円程度のお金を支払うだけで、専門家によるアドバイスを受けたり、資産管理の手法を学べるものもあります。

また、アプリの中には、レシートを撮影するだけで自動的に支出金を読み取ってくれる機能が付いているものもあります。普段仕事で頻繁にお金の管理をすることが難しいというサラリーマンやOLの方に最適な方法です。

ノート

アプリだと、入力するのをついつい忘れてしまうという方も多いでしょう。こうした方は、ノートに直接収入や支出を記入することをします。直接ノートに記入することで、普段からお金の管理を行うクセを身につけることができます。また、自分がわかりやすいように記入することで、お金の流れを分かりやすくするというメリットもあります。

さまざまな種類が販売されているノートですが、中にはお金管理用に作成されたノートも販売されていますので、購入してみてはいかがでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

まだ、描き途中ですが、書くことが簡単で続けられそうです、、、。

手帳

コンビニやスーパーでささっと買い物をした時に、細かい金額を記入するのにぴったりなのが手帳です。ジュース1本や小さな金額のものを購入した時に、すぐにその場で記入できるというメリットがあります。手帳サイズなら、ポケットなどに入れておくことができますので、出先でお金の管理を忘れるという心配もなくなります。

手帳にも、お金の管理に適したものが幾つか販売されています。また、レシートを貼り付けるだけでもお金の管理になりますので、知っておくと良いでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

すごく分かりやすかった!!頑張ってるやってみようと思います♪

ファイル

いちいち収入や支出を記入するのは面倒臭いと感じている方は、ファイルでお金の管理をしてみてはいかがでしょうか。ファイルにお金の流れを記入するのではなく、収入を得た場合は通帳のコピー、支出の場合はレシートを貼り付けるだけで管理することができます。

ファイルにある程度レシートなどが溜まってきたら、時間がある時に整理しておくと良いでしょう。その際、1カ月ごとや3カ月ごとなど、日にちを決めて行うとなお良いでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

単行本もあったのですが、敢えてコミック版を購入。
単行本は読んでいませんが、コミックでもクリアファイル家計簿のやり方や注意点は別途記載されているので、
十分役立ちそうです。
気楽に読んで、気楽にやれて、お金貯めたい~な超ズボラにはちょうど良かったです(笑)

ケース

ファイルだとかさばってしまい、部屋の片隅にしまって忘れてしまうという方は、ケースで代用しても良いでしょう。ケースと言っても、あらゆる種類のものが販売されているため、どれを使っても構いません。ケースで管理する場合には、日付順にレシートを入れたり、数カ月ごとにレシートを整理すると良いでしょう。

ケースを選ぶ際には、どこでも持ち運べるコンパクトサイズのものを選ぶと良いでしょう。市販の財布をレシート入れにするという方法もあります。