Search

検索したいワードを入力してください

【種類別】スピーカーのノイズの原因・おすすめノイズ対策

Small ba7ad130 f9f9 4de6 b2b3 1e1fc7ed43e6佐賀裕司
ガジェット / 2018年04月25日
【種類別】スピーカーのノイズの原因・おすすめノイズ対策

そもそもノイズとは

【種類別】スピーカーのノイズの原因・おすすめノイズ対策

さまざまな場合にノイズというのは発生します。よく世間で聞かれる「ノイズ」という言葉も、マイクの調子であったり、電磁波を受けての妨害信号によるノイズであったり、また懐かしいカセットテープの録音や再生でも「ノイズ」という言葉が頻繁に聞かれます。

そもそもノイズというのはどういうものを言うのでしょうか。一般的にノイズというのは「信号の乱れ」のことを意味し、本来発信する際に必要な音声以外にも「余計な音声」が入ってくることを「ノイズ」と呼び、多くの場合は「オーディオやステレオに関する機械設計をする際に、そこから流れ出る電波受信が妨害されたことによって起こる音」をノイズと言います。

カセットテープのノイズ

【種類別】スピーカーのノイズの原因・おすすめノイズ対策

昔、オーディオカセットテープレコーダーをよく使っていた人はわかるでしょうが、このカセットテープを録音・再生する際にも「ノイズ」というのは頻繁に入ってしまうことがあります。しかしこの場合は、いわゆる「電波を受信する際に発生する乱線・混線によるノイズの発生」とは違い、テープや機械そのものの不調によって発生する場合がほとんどです。

つまり、外部からの信号や電波の混流によって発生するノイズではなく、目の前にある機械・機材そのものの不具合によって発生するノイズとなるため、この場合のノイズを払拭する際には、その機器類のメンテナンスをすることによってたいていの場合は収まります。

どんな音がノイズなのか

いわゆるノイズというのは「本来その機器類から発声される音とは違った音が発声された場合」によく使われ、「ピー音」や「ガサガサ」といった半ば不快な音を指して言われます。これは騒音にも近い音となり、電話やステレオをはじめ、現代ではスカイプやLineに接続されているビデオ電話などからも頻繁に発声される場合があります。

しかし「ピー」という音や「ジリジリ」という音、また「ガサガサ音」や「バリバリ」という不快音だけを指すのではなく、ノイズというのは「その機器類が本来発声しないすべての音」を指して言うため、上記のような音でなくても「その機器類からは絶対に流れ出ない音がある場合」でもノイズという形で表現されます。

種類別スピーカーのノイズの原因

基本的に「その機器類が高級であればあるほどノイズの発生率は高まる」と言われます。この原因について言えば、たとえば高級なパソコンを購入した場合、そのパソコンには従来のパソコンよりもさらに性能を上回る「多元情報からの受信」が可能になっている場合が多いです。

ウィンドウズ10などはこの「膨大な受信許容量」に加え、さらに機器類そのものの性能もよいため、いわば二重の高性能が認められます。しかしこの「高性能」を賄うためにはそれなりのリスクも背負い込むことになります。

それはたとえば「電波をより広く受信する代わりに、不要な情報もキャッチしてしまう場合」があげられ、この不要な情報源にノイズを発生させる影響力などがあれば、それだけでノイズは簡単に発生することになってしまいます。

PCの場合のスピーカーノイズ発生原因

【種類別】スピーカーのノイズの原因・おすすめノイズ対策

パソコンの場合でもやはり、パソコンに搭載されたスピーカーにノイズがキャッチされて発生させられ、それが表面化する形で「ノイズの発声」が明確にわかるようになります。そもそもスピーカーという機器には、半導体を用いて電気が流れます。そしてこの電気をもって正しい音源を伝えることによって、たとえば電話などの音声が伝えられることになります。

この際に、その半導体に何らかの不具合があった場合、また先述しましたように「何らかの不要な情報によって音源に影響が与えられ、それによって本来なら不要な音声がキャッチされてしまった場合」などにノイズは起こります。

パソコンの場合は特に「電波受信」を駆使して情報が交換されることにより、この膨大な伝播をキャッチする際に「不要な音源がそのまま傍受されてしまうこと」がよくあります。こうした不要な情報・音源というのはいわゆるシールドアプリによって払拭されます。

USBの場合のノイズ発生原因

いわゆるUSBヘッドセットから聞こえるノイズの原因となりますが、このUSBを使用することによって発生するノイズのバイアでも、主に「電波受信によるノイズ」か、「機器類そのものの不具合」によって起こる可能性がほとんどです。

USBヘッドセットというのは基本的に「パソコン周辺機器」としてあり、いわゆるヘッドホンと同じ役目を果たす機材と理解してもらってかまいません。この場合、「ブーン」というノイズや「キーン」という高音のノイズが発生する場合が多く、耳をつんざくような不快音が発生する場合もあります。

このUSBヘッドセットのノイズの場合は、上記の「機器類の不調」によって発生する場合が多く、「ブーン」という比較的重低音のノイズの場合であれば「USBポートが設定されたパソコン本体の不具合」が多いです。「キーン」という高音のノイズであれば「ヘッドセットの端子の不具合」を疑う必要があります。

車の場合のスピーカーノイズ発生原因

【種類別】スピーカーのノイズの原因・おすすめノイズ対策

基本的に車にはさまざまな機器類が同室に設置されてあるため、たとえばオーディオのスピーカーから流れる音声にノイズが混流することも非常に多くあります。この場合も「電波の乱流」が目立ってあり、主にトランジスタが音を処理しきれずにそのまま「ノイズ」の形で流してしまう場合がほとんどです。

またこの電波磁気などによるノイズ発生に加える形で、スピーカー機材の設置状態によってもノイズが生まれ、たとえば回線が正しく配線されていなかったり、正しく配線されていても他の機材のとの接触によってノイズが発生する場合もよく見られます。

また電波の混線によってノイズが発生することも非常に多く、GPSなどの衛星電波をはじめ、Line電話やカーテレビなどによる外部からの電波流入によってもノイズが簡単に発生してしまう場合もあります。

スピーカーのおすすめノイズ対策

【種類別】スピーカーのノイズの原因・おすすめノイズ対策

ノイズというのはたとえば「そのスピーカーが高級品であっても安価な物であっても、関係なく発生する」という基本条件によって認識されます。多くの場合のノイズは「熱雑音・ヒートノイズ」と呼ばれるもので、混線や電波の乱れによって情報処理が間に合わず、そのまま傍受している機器類が熱をもってノイズを発生させるという現象が起こります。

この「ヒートノイズ」が起こる原因として、主に「高級なスピーカーやパソコンを使用していることによって、さらにノイズの発生を高まらせている」という傾向もあり、先述しましたように「高性能の機材によってさらに受信できる情報量が増え、加えて情報処理を高速でしようとする性能があるため、それだけでヒートノイズの発生原因となる」場合があります。

PCのスピーカーノイズの治し方

【種類別】スピーカーのノイズの原因・おすすめノイズ対策

先述でご紹介しました「ヒートノイズ」の知識を念頭に置き、まずは「機器類のメンテナンスを行なうこと」が重要になり、それまでに搭載していた情報処理に際する機器類本来の機能の設定をデフォルト(初期化)することも視野に入れておくことが必要になります。

つまり「ヒートノイズ」の原因は、「コンピューターが情報処理に急ぐあまりに通常以上の性能を発揮させて熱を上げるため、かえって本来できていた作業ができなくなってしまう場合」にあるため、この「不要な働き・必要以上の処理労働を、まずパソコンにさせないようにすること」が大切になります。

修理が必要なスピーカーのノイズの音

ノイズ音にはいろいろと種類があり、先述しました「ヒートノイズ」にはじまり、電波過多によって発生するさまざまな音色によって「そのノイズがどういうノイズか」を判断することもできます。

確実に判断できるというのではないため、どうしても故障が直らない場合・ノイズが消えない場合であれば、当然修理の必要が出てくるのでその辺りにも留意しておきましょう。またこの「ノイズ音の種類」というのは主に「スピーカーから出るノイズの音色」となるため、パソコンでも車でもステレオでも、だいたいすべての場合に同じく言えます。

スピーカーからの「ブツブツ」というノイズ

【種類別】スピーカーのノイズの原因・おすすめノイズ対策

ノイズ音に「ブツブツ」という音声が入っている場合であれば、それは機械の不具合か、あるいは埃や配線コードの接触不良が原因とされます。そのため、配線コードの確認をまず行ない、その上で配線プラグの接触具合がどんな感じかを確認しましょう。

それでもノイズが消えない場合は、主に配線コードの中身に問題があることが多く、配線コードの買い替えを検討するか、接触部分のプラグをエアダスターなどでクリーニングするか、いずれかの方法を試みてもよいでしょう。

スピーカーからの「ジー」というノイズ

【種類別】スピーカーのノイズの原因・おすすめノイズ対策

スピーカーから「ジー」や「ブブ―」などというノイズが聞こえる場合は、これは主に音声ストリーミングに問題があることが多く、基本的にその発生原因は「傍受している電波信号の乱れ」にあります。

電波が混線している場合をはじめ、パソコンのスピーカー設定に問題があることも多く、外部の信号を受信する際に何らかの事情によって接続不良を起こしている場合がほとんどです。そのためスピーカーから「ジー」や「ブブー」というノイズが聞こえた場合は、まず一度電源を切って10分後ほどしてから電源を入れるか、パソコン内の設定をし直し、できるだけ初期の状態に近くメンテナンスし直す必要もあります。

スピーカーからの「ピー」というノイズ

【種類別】スピーカーのノイズの原因・おすすめノイズ対策

「ピー」という音はノイズのうちでも比較的多く、これは「他の機材の電波信号と混線を起こしている」かあるいは「オーディオ・スピーカーそのものに不具合・接続不良があるか」のどちらかの場合がほとんどです。

電波受信に際する「接続不良」というのは、多くの場合「その電波を受信している場所が適当ではないこと・Wi-Fiモデムなどをはじめとする何らかの外部受信機器による影響」などが考えられ、パソコンの設置場所を変えるか、または他の電波受信する機材をオフにすることなどが対策となります。

スピーカーからの「ジリジリ」というノイズ

【種類別】スピーカーのノイズの原因・おすすめノイズ対策

ノイズ音で「ジリジリ」という音が出ることは滅多にありませんが、稀にこの「ジリジリ」という「何かが焼け焦げるような音」が発生する場合があります。この場合も慌てることなく、まずはパソコンと配線コードの接続状態を確認しておき、さらにパソコン内のオーディオ設定がどんな状態になっているかを確認しましょう。

パソコン内のオーディオ設定というのは、基本的に手もと操作によってまったく違った設定にアレンジできてしまうため、そのパソコンを購入したときに設定されている状態とは「かなり違った状態」になっている場合も多くあります。この「自分で設定したオーディオの状態」によって、外部電波を受信するのに不都合な設定がされていることもよくあります。

スピーカーからの「サー」というノイズ

【種類別】スピーカーのノイズの原因・おすすめノイズ対策

「サー」というノイズは、スピーカーから出るノイズとしては最も多いノイズの一つになります。これは「スピーカー設定のところで音声多重にしたり、音量を格段に上げていたりしていた場合」によく聞かれるノイズであるため、まずオーディオ設定から「音量設定」を確認しておきましょう。

それでもスピーカーから「サー」というノイズが聞こえてくる場合は、それまで設定していた大音量による音声キャッチが残った状態であることが多く、一度電源をシャットダウンしてプログラムを更新する必要があります。

スピーカーとノイズの関係

先述しましたように、スピーカーとノイズの関係というのは「そのオーディオ・スピーカーを搭載している機器類と、その機器類が電波を受信する際の性能」によって表れ、特に「ヒートノイズ」が発生する際に見られる「高性能品質の電波受信によって、情報処理が追い付かない場合」によくノイズが発生することになります。

こんなスピーカーがおすすめ

【種類別】スピーカーのノイズの原因・おすすめノイズ対策

できるだけノイズを少なくしようとする場合、その際に選ぶスピーカーとしては「なるべく実益を兼ねた、標準品質の物」を選ぶとよいでしょう。この場合、まず「高品質のスピーカーだけに注目すること」はよくなく、先述でお伝えしましたように「高品質のスピーカーならではの電波混線によるノイズ」が発生する場合も多くあります。

そして「おすすめするスピーカー」としては、まず「自分が使用しているパソコンの機種」や「自分が乗っている車の車種」などを確認しておき、その上で両者の環境設定にも配慮しながら、どの種類のスピーカーが効率よいかを考える必要があります。

そのため、どんな環境においても、またどんなタイプのパソコン・車によっても比較的ノイズが少ないスピーカーとしておすすめできるのは、AVANTEKの「ホワイトノイズマシン 20種サウンド 30段階音量幅」でしょうか。これは標準タイプのスピーカーとなります。

パソコンのスピーカーの設定

【種類別】スピーカーのノイズの原因・おすすめノイズ対策

最近のパソコンにはすべてスピーカーが設定されてあり、これはウィンドウズ7・8・10のどの場合でも「パソコン本体の内部設定」から調節できます。特にスピーカー設定というのは「オーディオ設定」と同じで、お知らせが届く際の着信音やアイコンのクリック音をはじめ、パソコンから出る音のすべてを処理するスピーカーになります。

まずパソコンを立ち上げ、「スタート」から「コントロールパネル」をクリックし、そこで「ハードウェアとサウンド」の中にある「システム音量の調整」をクリックします。そこで「パソコンの基本的な音量調節」をすることができます。

スカイプのスピーカーとノイズ

【種類別】スピーカーのノイズの原因・おすすめノイズ対策

スカイプでのスピーカー設定については、スカイプをまずインストールしてから始まります。そのスカイプのアプリケーション内にある「オーディオ」を選択し、そこでパソコンと同じく音量調節ができます。このスカイプの場合は主にビデオ電話機能となるため、ビデオ設定と同時に音量設定を行なうことになります。

このスカイプでも「スピーカーから聞こえるノイズ」は発生するもので、スカイプの場合は主に「外部電波との混線」によってノイズが発生します。スカイプは基本的にビデオ電話を使用するため、動画と音声の両方を処理することになり、そのぶん「ヒートノイズ」の発生率が高くなります。

スカイプ利用時にノイズが発生した場合は、「かけ直す」か「シャットダウンしてもう一度かけ直す」かし、それでもノイズが聞こえてくる場合は、パソコン本体の配線コードの接触状態を確認するか、スカイプのオーディオ設定を確認しましょう。

携帯電話のスピーカーとノイズ

【種類別】スピーカーのノイズの原因・おすすめノイズ対策

皆さんが普段使用されているスマートフォンやiPhone、タブレットや固定電話などでも、先述してきましたスピーカーというのは搭載されています。「外部電波によって音声を届ける」というのが基本的なスピーカーの役目であるため、音声を伝える際にはどの場合でもスピーカーが利用されています。

携帯電話でノイズが聞こえる場合のほとんどは、「電波受信がしづらい場所で電話をかけている場合」か、あるいは「相手と自分の電話機種が違っていて、対応する場合に不具合が起きているか」、さらには「何らかの電波トラブルが発生しており、その影響によってすべての利用者が電話しづらくなっているか」の3パターンです。

Lineのスピーカーとノイズ

スカイプと同じく、SNSサービスでも有名なLineでも「Line電話」というツールがあり、このLine電話でもビデオ電話が可能な設定になっています。スカイプは主にビデオ電話を専門にしているため、国際間でビデオ電話する場合でも比較的ノイズが発生したり、混線したりすることがありません。

しかしLine電話の場合は主に「メッセージを送ること」に主力が置かれているため、ビデオ電話をする場合はスカイプよりもノイズの発生や、また混線して接続不良が多くなる場合があります。特に「接続不良の状態です」や「相手との回線がつながりにくい状態になっています」などのサインが出て、そのまま動画が静止する場合も増えてきます。

周囲の電波とガチンコしてノイズが発生

【種類別】スピーカーのノイズの原因・おすすめノイズ対策

Line電話の場合もスカイプの場合でも同じですが、ノイズが発生したり何らかの不具合が他に起きる場合というのは、「周囲の電波と混線し、電波同士がガチンコしている場合」が最も多い原因となります。

ガチンコというのは「通常以上の電波が飛び交ったり、あるいは通常のデータ処理以上の働きをパソコンなどの機器類にさせることにより、熱電量が遥かに大きくなって発生する情報と処理との衝突」を意味します。

つまり「普段のコンピューターの働きを上回る作業をずっと継続することにより、機器類(端子)が熱を持つことになり、従来のプログラム作業ができなくなってしまうこと」が普通にあるため、混線による「コンピューターの働かせ過ぎ」という状態を回避する必要が出てきます。

スピーカー用おすすめノイズフィルター

【種類別】スピーカーのノイズの原因・おすすめノイズ対策

ノイズフィルターというのは、一般的に「電子回路やコンピューターに本来備わっている機能を保護することで、電波混線や何らかの不調によってスピーカーから発生するノイズを取り除く装置」のことを言います。

・オーディオテクニカ(audio-technica)ラインノイズフィルター AT-NF200
・Lovoski 3.5mm AUX オーディオ ノイズフィルタ
・AUKEY グランドループアイソレーター ノイズフィルタ

上記のようにノイズフィルターはいろいろな用途に分けられて市販されており、それぞれのユーザーの状況や、そのスピーカーを使用する機器類の環境に合わせた形で用意されています。

スピーカーノイズの原因を正確に把握しましょう

いかがでしたか。今回は「【種類別】スピーカーのノイズの原因・おすすめノイズ対策」と題して、「【種類別】スピーカーのノイズの原因」についての詳細情報をご紹介するとともに、その原因や、おすすめのノイズ対策についてお伝えしました。

現代に市販されているパソコンのほぼすべてに、スピーカーやオーディオが設定されてあります。このスピーカーから出るノイズの種類もいろいろあり、それぞれの音色によって発生原因が違ったり、またそのノイズの取り除き方の違いなども認められます。

パソコンにしても車にしても高級品ですので、ぜひ「正確なスピーカーノイズの取り除き方」をマスターしておき、いざと言うときのために備えておきましょう。

関連記事

Related