Search

検索したいワードを入力してください

方言「あーね」の地域別の意味と使い方|福岡/九州/和歌山/埼玉

Author nopic iconkyo5kira2
カテゴリ:方言

初回公開日:2018年02月26日

更新日:2020年02月14日

記載されている内容は2018年02月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

方言「あーね」の地域別の意味と使い方|福岡/九州/和歌山/埼玉

地域別の方言?「あーね」のあらわす意味と使い方とは?

地域によって独特の意味や使いかをする日本語は、時として土地の人でないと理解できないときや、土地の人以外が聞くと誤解してしまうこともあります。

日本語は、世界的にみても綺麗な言葉で、なおかつ難しいと言われる言語です。方言を使われるとさらに難易度が増します。

今回は「あーね」という日本語にしぼって、各地での使われ方や意味などに違いはあるのか、また「あーね」は方言と言えるのかを調べてみました。

福岡の方言なの?「あーね」

福岡と聞いて真っ先に頭に浮かぶのは、博多ではないしょうか。

福岡は東部、西部、南部の3つの地域に分けることができ、それぞれ異なった方言があります。大まかには同じでも、イントネーションが若干違いがあったり、語尾が違ったりしますが、意味としては同じですから、福岡の人には伝わります。

ただし、福岡以外の人が福岡の方言と認識している言葉は、実は博多弁だという説があり、福岡県民全員が使っているわけではないので、福岡県民であっても理解できない言葉もあります。

その1つが「あーね」です。福岡でも博多っ子以外はあまり使わず、意味や使い方を知らない人もいるのですが、博多では当たり前の言葉ですから、博多弁と言えるでしょう。

実は博多弁!「あーね」の意味と使い方

福岡弁というよりも、地域限定の方言「あーね」は、実は博多弁です。同じ福岡県民でも、博多から離れる地域の地元民でも、使わないことが多い言葉です。

博多では当たり前の「あーね」の意味は標準語でいう「そうだね」「なるほどね」という意味です。相槌を打つ時などに使われることがほとんどの言葉です。

博多では2つの意味をもつ「あーね」をどのように聞き分けるのかというと、語尾のイントネーションです。「そうだね」というときは「あーね」↷といった感じで語尾が若干下がります。

「なるほど」と感心したときなどは「あーね」↺という感じで語尾が上がります。この語尾の若干と上がり下がりで、1つの言葉に2つの意味を持たせています。

九州の方言

九州地方は、福岡県・大分県・宮崎県・鹿児島県・熊本県・佐賀県・長崎県の7県からなっています。

同じ九州でも、それぞれの県により方言は異なり、通じないこともあります。そんな中で「あーね」という言葉はちゃんと九州地方の方言であると言えるのでしょうか。

方言という昔ながらの土地の言葉という意味で、九州地方の方言と言えるのか調べてみました。

九州の方言?「あーね」

女子中高生ケータイ流行語大賞にもなったことのある「あーね」は、実は九州の方言なんです。流行語大賞をとるずいぶん前から、九州の若者に使われていた「あーね」は、どんな意味なのでしょう。

九州の方言としての「あーね」は、相槌を打つ時につかわれることが多いのですが、絶対に相槌でなければいけないというわけではありません。

同意や、感心を表す言葉として使われていた九州の方言ですが、若者の間でネットのやり取りが盛んになり、たった2言で同意を表せられ使い方の幅も広い「あーね」は大変便利な言葉として、広がっていきました。

略語が得意な若い子たちだからこそ、受け入れやすかった九州の方言です。多くの若者は方言としての認識なく使っているのも面白いです。

和歌山の方言?「あーね」

和歌山には紀州弁と言われる方言があります。紀州弁は旧紀伊国で昔から使われている方言です。今でも使われている代表的なものは「わい、わえ」や「おまはん」などではないでしょうか。

「わい、わえ」は「俺、僕」など主に男性の自分を指す言葉として使われ、「おまはん」は「あなた」という相手を指す言葉として使われます。

しかし、紀州弁をどれだけ調べても、「あーね」はありません。和歌山弁としての「あーね」も見つかりません。

では、和歌山の人はどのように「あーね」を使っているのでしょうか。調べてみました。

実は方言じゃない!「あーね」の意味と使い方

和歌山県民がみんな「あーね」を使っているのかというと、そうではありません。都市部から少し離れた、新宮神社で有名な新宮地域の女子が多く使っている言い回しです。

和歌山県の方言とは違うため、和歌山県民であっても知らない人もおり、どちらかというと略語やネット特有の言い回しに似た位置づけとなります。

新宮女子の中では当たり前に使われている「あーね」という言葉の意味は、共感を表しています。相手の話に同意したり、共感したりすると「あーね」と使い「そうよね」と共感を示します。

埼玉の方言?「あーね」

埼玉といえば、地図上では東京の上に位置する県で、県民思考的にもダサい方言を話していない、埼玉県には方言なんてないという意識が若者中心にあります。

実際は埼玉県にも方言はありますし、若者も方言を話しています。そして、埼玉の方言には、ときめいてしまうほど、愛らしい言葉もありますから、何も恥じる必要はありません。

そんな埼玉の方言の中でも「あーね」が存在します。「あーね」の発祥は九州という説が強い中、実は埼玉が発祥だという説もあるほど、埼玉では頻繁に使われる方言の1つが「あーね」です。

埼玉県民がどのように「あーね」を使うのか調べてみました。

埼玉発祥?!「あーね」の意味と使い方

埼玉県民は温厚で情けにあつい人が多いと言われています。ですから口調も優し気でおっとりした感じに話す方が多いと言われる県です。

そんな温厚な埼玉県民が使う「あーね」は「あー、そうだね」という同意を意味しています。逆に、同意できないときは「あんし」と言います。

聞きなれい人が聞いても、埼玉県民のおっとり口調で発せられる「あーね」は、とてもかわいらしく聞こえます。

しかし、口調を間違えると喧嘩腰に聞こえるため、言い方に注意が必要な方言でもあります。聞きなれない人がきくと、遠慮がない言い方に聞こえることもあり、誤解を招く恐れもありますが、基本は同意を示してくれている言葉ですから、嫌がらずに聞きましょう。

栃木の方言?「あーね」

栃木県の方言はきつく聞こえたり、ぶっきらぼうに聞こえることがあり、他府県民からすると怖く感じる人もいます。

実は栃木県民からしたら、怒っているわけでもあしらっているわけでもないので、なれたら怖くもないというのが、方言の良さです。

きつく聞こえてしまう原因といしては、ガ行破裂音が多いためだと考えられています。栃木の方言もたくさんいい言葉がありますが、若者言葉として知られている「あーね」も栃木の方言でしょうか。調べてみました。

栃木の方言とは言えない「あーね」

栃木弁はいろいろありますが、「あーね」という方言はありません。SNSやlineなどを通し、若者の間で広まった言葉として認識がされています。

栃木の若者が「あーね」を使うときは、主に同意を示すときに使います。しかし、「それな」などの同意を表す言葉とは若干ニュアンスが違いますので、気を付けましょう。

栃木には同意を表す方言として「そうだんべ」という言葉がありますので、地元の方の多くはこちらを使うことが多いです。

方言ではありませんが、栃木の若者の間では1つの同意を表す言葉として確立されていますので、きっと栃木に訪れた際には耳にする機会もあるでしょう。

群馬の方言?「あーね」

昔は上州と言われていた群馬県は、上州弁が話されています。群馬の方言は愛らしいものが多く、特徴としては語尾に「さ」がつくことが多いです。

また、有名な群馬の方言と言えば「~だんべ」でしょう。テレビなどでも群馬県民を演じる方が作中で話すのをよく耳にします。

そんな愛らしい群馬の方言の中に、「あーね」があります。一般的に九州発祥と言われている方言の1つですが、群馬県民は発祥は群馬だという声もあります。どこが発祥かは定かではありませんが、群馬県で「あーね」という方言があるのは確かです。