Search

検索したいワードを入力してください

【年齢別】丸顔に似合うショート|黒髪/パーマ/前髪

Author nopic iconANJU
カテゴリ:ヘアスタイル

初回公開日:2018年02月22日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年02月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【年齢別】丸顔に似合うショート|黒髪/パーマ/前髪

特徴別丸顔に似合うショートは?

「丸顔だから似合う髪型が決まっていて困る」と考えている人は多くいますが、丸顔というのは意外と何でも似合います。丸顔のヘアスタイルのポイントは、有数にほどよいボリュームを持たせること、サイドをタイトにすること、顔周りを隠すことの3つです。

このポイントを抑えるだけで、コンプレックスでもある丸顔を武器に変えることができるでしょう。ここでは、特徴別に丸顔の人にショートヘアを紹介します。

丸顔の基準

私たちの顔の形は細かく分けると9つや6つの種類となります。一番有名な顔の形の分け方としては、卵型、面長型、三角形型、四角形型、そして丸顔の5つとなっています。自分がどのタイプの形なのかは、顔の縦の長さと横の長さを見て判断します。縦の長さは眉毛から口まで、横の長さは口の高さの横幅を基準としましょう。

丸顔は比率が縦の長さが2で横の長さが3となります。顎に丸みがあり、頬がふっくらしているタイプの人です。卵型の場合は1対1、面長型は3対2、三角形型は2対3、四角形型は1対2となります。

丸顔の印象

丸顔というのは、その名の通り全体的に丸みがかった顔のことを言います。太っているという意味ではなく、顔がふっくらしていて柔らかな印象のことを指します。丸顔は幼く見られることも多く、ベビーフェイスで可愛らしいというイメージを持たれることが多くあるでしょう。クールでかっこいいという印象からは離れていて、優しくて親しみやすいという印象が強くなります。

黒髪の場合

学校や職業の都合などで髪を明るくできない人も多いでしょう。黒髪や暗い髪色でも、毛先の動きやシルエットを工夫すれば十分軽い印象を演出することができます。黒髪でショートヘアは大人っぽい印象となります。黒髪の場合のショートは「大人系グラデーションボブ」がです。

前下がりのボブをベースとしたボブスタイルです。左右アシンメトリーな髪の量のショートに仕上げると髪に動きを出すことができます。カットのみのパーマなしのスタイルが基本となりますが、毛先のみをワンカールつけるのもです。

スタイリングはワックスを揉み込むだけです。フェイスラインに沿った髪が小顔効果があり、黒髪だとシャープな印象となります。

パーマをかける場合

ショートヘアにパーマをかけることでこなれ感を演出し、美人な印象を与えることができます。黒髪のままでもパーマを当てることで、全体的に重くならず、男性にも好印象を持ってもらえるヘアスタイルとなるでしょう。パーマを当てる場合のショートは「エアリーショートヘア」がです。

エアリーの名の通り、空気感を含ませたパーマが女性らしさを出してくれます。有数にボリュームを持たせることで、ふわふわでフェミニンな印象になります。パーマにショートのヘアスタイルは男性からの強い支持があり、丸顔の人にもです。

ストレートの場合

ストレートヘアというのは、視線の誘導を縦にすることができます。前髪は斜めに流し、膨張感を抑えたカラーリング、サイドをストレートにすることがポイントです。ストレートでは美しい髪質をアピールでき、小顔効果もあります。シャープですっきりとした印象を与えることができるでしょう。ストレートのショートは「クラシックボブ」がです。

ボブの中でも定番のスタイルとなるクラシックボブです。オーソドックスな平行ボブスタイルをベースとしたボブスタイルとなっています。顔の輪郭を隠し、前髪は束感が出るような短めのヘアスタイルが丸顔の人にはおすすです。また、レトロな雰囲気を出すこともできます。黒髪の場合は引き締まった、モダンでおしゃれな印象となります。

ボブスタイル

ボブスタイルは顔周りの長さが全体的に丸顔をカバーしてくれる、ショートでは定番のヘアスタイルです。ボブスタイルのポイントは有数にボリュームを出すこと、前髪は狭くし下ろすことの2つです。

前髪が長い場合はセンターパートで小顔に見せましょう。全体的なシルエットをひし形にすることが大切です。丸顔の人には「前下がりボブ」がショートボブスタイルです。

前下がりのボブスタイルは有名芸能人やモデルにものあるヘアスタイルです。前下がりボブとは後ろから前になるほど髪の長さを残したヘアスタイルのことを言います。頭の形を綺麗に見せてくれることと、小顔に見せてくれることが最大のポイントです。

マッシュスタイル

最近ショートの中でもが上昇中なのがマッシュスタイルです。可愛らしい丸いフォルムが顔を包んでくれるため、丸顔の人にヘアスタイルです。長さを変えることで少女っぽくも、大人っぽくも見せることができます。とにかくおしゃれなことも特徴です。丸顔の人には「マッシュショート」がヘアスタイルです。

マッシュショートはまるで海外ドラマに出てくる美少年のようなヘアスタイルです。ダブルカラーやアッシュ系のカラーを選ぶと、さらに外国人風の印象となるでしょう。周りとかぶらない、個性的でもあるヘアスタイルです。少し襟足を長めにカットすることがポイントです。

年齢別丸顔に似合うショートは?

ある程度の大人の年齢になってくると、可愛さがありながらも上品なヘアスタイルが理想と考えている人が多いでしょう。悩みとして、白髪や髪の量が減った、髪にツヤが出ないなどがあります。ヘアカラーは落ち着いたものをチョイスして、清潔感が溢れるヘアスタイルにはまさにショートヘアがです。

ここでは年齢にふさわしい、丸顔の人に素敵なショートヘアのスタイルを紹介します。

40代

40代は髪のボリュームが昔と比べて少なくなってきたと感じる人が多い、ミセス世代の入り口でもあります。ロングヘアのサラサラストレートよりも、スタイリング次第でふんわりとするショートスタイルを選びましょう。40代の丸顔の人には「ワンレン平行ボブ」がショートヘアです。

ワンレン平行ボブはストレートヘアの代表格とも言える、ワンレングスのボブスタイルです。顎上ラインの前下がりボブをベースとし、顎の付け根を隠すことで顔をシャープに見せてくれます。このショートスタイルは明るめのカラーでも、ダーク系のヘアカラーでも美人かつ上品な印象を与えることができます。

デメリットとしては地毛でのストレートの持続が必要になるため、毎日のヘアケアが大切になります。

50代

50代になると白髪などの悩みの他に、「髪が細くなってきた。」「うねりが気になる。」という悩みが増えてきます。髪にハリやコシがなくなってきたという意見もあります。ショートヘアは20代から50代までがある、万能のヘアスタイルです。また、様々な髪の悩みをカバーしてくれるスタイルでもあります。

50代の丸顔の人にショートスタイルは「吉瀬美智子風レイヤーショート」です。

今大とも言われている吉瀬美智子さん風のショートスタイルです。丸顔の人は前下がりにすることがポイントです。黒髪の場合は毛先を軽くすることで重たい印象をなくすことができます。このショートスタイルはカジュアルでありながらも、上品なモード感を演出してくれます。また、美容院でオーダーしやすいこともメリットの1つです。