Search

検索したいワードを入力してください

【状況別】騒音の苦情を言う方法・どこに言えばいいのか

Author nopic icon細谷
カテゴリ:社会問題

初回公開日:2018年02月21日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年02月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【状況別】騒音の苦情を言う方法・どこに言えばいいのか

苦情代行をしている会社に、苦情を入れてもらうことを依頼します。その際に、どういった内容の苦情なのかを細かに説明します。苦情代行会社との間で、苦情を入れる人の年代や性別、苦情をきつめに言うのかやんわりと言うのかなど、詳細を打ち合わせます。

その内容で問題なければ苦情を入れてもらいます。多くの会社では、入れた苦情の電話であれ対面であれ録音したデータをきちんと納品してもらえるので、本当に苦情を入れてくれたのかを確認できる仕組みになっています。

ただ料金はかなり高く、数万円はかかると考えてください。

騒音問題は難しい

騒音を感じる音の大きさは、人によって異なります。他の人が平気でも自分にはとんでもない騒音になったりします。また、音の種類によっても騒音だと感じるか否かが人によって違います。神経質な人であればちょっとした音が騒音に感じるけれど、鈍感な人はかなり大きな音でも全く気にならない可能性もあります。

しかし、他人が騒音じゃないと言えば騒音じゃないと考える必要もありません。自分にとって苦痛であればそれは騒音であり、苦痛です。喧嘩しに行く必要はないですが、ちょっと音を静かにしてもらうお願いをしたり、少しの文句くらいを言っても問題ありません。それは健やかな生活を送るための権利です。

騒音で悩んでいる方は、我慢しすぎたり悩みすぎたりせずに、少しでも楽な生活を取り戻すため解決できるように、関係者に苦情を入れたり、相談をしてみてください。