Search

検索したいワードを入力してください

【特徴別】ヤマト運輸のクレームの窓口・つけ方|24時間/電話

Small 86674fe0 bd89 42eb ad49 7384eca15002よしぞー
郵便 / 2018年02月22日
【特徴別】ヤマト運輸のクレームの窓口・つけ方|24時間/電話

ヤマト運輸へのクレームはどうすれば良いの?

【特徴別】ヤマト運輸のクレームの窓口・つけ方|24時間/電話

ヤマト運輸と言えば誰もが一度は利用したことのある運輸会社でしょう。多くの場合、特に問題もなく品物を送ったり送られたりしてもらえます。しかし中には不快な気持ちになったことがある人も居るのではないでしょうか?

配達員、受け付け対応の態度、言動、郵送された品物の破損などなど。特に品物の破損は、気持ちの問題だけではなく、金銭的な問題にも発展します。そしてクレームと続くのですが、初めてならば、何処に何をすれば良いか分からないのもしかたありません。

ヤマト運輸へのクレームで効果的な方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

ヤマト運輸へのクレーム窓口は何処?

ヤマト運輸にクレームをしたいならまず窓口へ相談するのが一般的です。ヤマト運輸に限らず、あらゆる企業で、問い合わせをするなら窓口が設置されています。ただ、窓口と言っても方法は細かく分けられています。

電話

【特徴別】ヤマト運輸のクレームの窓口・つけ方|24時間/電話

ヤマト運輸へのクレームでは、選択肢として電話窓口があります。一般的には、この電話窓口へ電話をかける人が多いのではないでしょうか?自分の口でクレームや意見を言いたい人、メールやパソコンの操作になれていない人におすすめです。

また、メールなどで文章を書くより、口で言った方が手っ取り早いという人にも向いています。人間の声が対応をしてくれるので「メールなどで送っても読まれないかも?」という人もこちらの電話窓口へかける方が良いでしょう。

メール

【特徴別】ヤマト運輸のクレームの窓口・つけ方|24時間/電話

ヤマト運輸へのクレームなら、メールも一つの選択肢に入ります。電話の場合、あくまで相手は電話受付の人でしかありません。また、電話をかける場所は支店や、支社ですと、問題はそこで終わってしまう可能性があります。

他にもメールの場合、ヤマト運輸がメールで返したらその文章が証拠になるのもメリットがあるでしょう。ただ、メールでクレームをした場合、話の内容次第では、電話などで返信が来る場合もあります。その点も考えておいた方が良いでしょう。

ヤマト運輸の何処へクレームをすれば良い?

【特徴別】ヤマト運輸のクレームの窓口・つけ方|24時間/電話

ヤマト運輸へクレームを出す時、どんな方法を取るのかも大切ですが、何処へするのかも無視できません。ヤマト運輸は日本を代表する運輸会社の一つです。そのため本社だけではなく支社もたくさんあります。

ただ、クレームを行う場所は支社や支店だけではなく本社にした方が良いケースもあるのは忘れてはいけないでしょう。

営業所や支店など

ヤマト運輸へクレームを行う時、とにかく文句を言いたいだけでしたら、営業所や支店にクレームを入れるだけでも良いでしょう。しかし営業所や支店だけでしたら、あまり効果は期待できない可能性もあります。

その場限りで謝罪をしてそれで終わり。またスタッフに問題があるのでしたら、ちょっと注意して終わるだけの可能性があります。そのため同じトラブルが起きる場合もあるでしょう。それでも鬱憤を晴らしたいだけでしたら、支店や営業所にクレームを入れるのは悪い方法ではありません。

本社

【特徴別】ヤマト運輸のクレームの窓口・つけ方|24時間/電話

ヤマト運輸の、特に支店や営業所はまさに現場です。そのため毎日、忙しいためクレームをしても「いつものこと」と言った感じできちんとした対応をしてもらえない可能性もあります。

悪質な場合ですと、重大な問題に関するクレームがあったとしても、大きなことにしないよう支店内で処理される可能性も否定できません。また、口だけで「すいません」と謝罪の言葉があるならともかく、それさえない場合もあります。

そのためヤマト本社に直接、クレームをつけるのも一つの方法です。本社は世間の目や声を無視できません。今ではインターネットもあり、その影響も考える立場と言えるでしょう。だからどうしても許せないクレームがあるなら、本社に直接言えば、支店への指導が入る可能性もあります。

ヤマト運輸のクレームを24時間受付している窓口

【特徴別】ヤマト運輸のクレームの窓口・つけ方|24時間/電話

ヤマト運輸にはクレームを24時間受付している窓口があります。ただ、クレーム専門という訳ではなく、お問い合わせ窓口という形です。そのためクレーム以外にも、ヤマト運輸の事業内容に関すること、株主関係の窓口にもなっています。

電話をするよりもメールやメッセージの方が良いという方はこちらを利用して、クレームを入れても良いでしょう。ただし24時間いつでも対応している訳ではありません。24時間受け付けていますが、内容のチェックは午前8~午後7時になっています(2018/02/17日現在)その点も考慮した方が良いでしょう。

ヤマト運輸への効果的なクレームのつけ方

ヤマト運輸へ効果的なクレームをしたいなら、コツを理解しなければなりません。そのコツを理解しなければ、話が何も通じないということもありえるからです。また、問題を何度も繰り返してほしくない場合も、効果的なクレームは有効となります。ではどんなクレームの付け方をすれば良いのでしょうか?

まず基本中の基本は、モンスタークレーマーにならないことです。ただ、怒鳴るだけ、脅すだけでは意味がありません。変なお客だというだけで処理されるだけでしょう。ヤマト運輸に限らず、一番イヤなクレームは理路整然として正論を淡々と並べることです。そのことをまずは意識してください。

【特徴別】ヤマト運輸への効果的なクレーム方法

ではヤマト運輸へ効果的なクレームをする場合に、どんな方法を取れば良いのかについて解説します。ただ、ヤマト運輸に限らず、さまざまな場面でも応用できる方法ですので理解しておいた方が良いでしょう。

基本はクールに

基本はクールに語ることです。感情的になってはいけません。どんなに怒りが溜まったとしても、大声を出すのは絶対にいけません。早口でまくしたてるようなクレームの付け方は何も意味がないです。

クレームをつけるという所まで感情が高ぶったのでしたら、何かしら怒りたくなる原因があったのでしょう。しかし暴走してはいけません。相手も「いい加減にしてくれよ」とうんざりするだけです。問題解決にはつながらない可能性があります。だから、基本的にはクールな対応をすることが肝心です。

配達員・態度

ヤマト運輸の配達員の態度が悪かった場合、どう言ったクレームをすれば良いのでしょうか?基本はクールに振る舞うことであり、絶対にぶれないようにしてください。ただ、イヤだと感じた内容について、淡々と述べることです。

失礼な態度を取られたなら、具体的に、どんな態度や言動だったのかを述べましょう。具体的であればあるほど相手としては問題の深刻さに気づいてくれる可能性もあります。

事実としてこのようなイヤなことがあり、今後、このようにしてほしいという要望を語りましょう。これならばヤマト運輸の担当者の方も、その話が正当なものであるなら誠実に対応をしてくれる可能性があります。

破損など

送られた品物が破損していたという場合はなかなかむずかしくなります。まず証拠がなければ、発送した時点で壊れていたのか、それとも、配送中に破損が起きたのかは判断が難しくなるからです。

ただ発送者、あるいは、ヤマト運輸が配送した時点で破損が起きたにしても、まずは客観的に整理していくことが大切です。損害額はどれぐらいかなども数字として出しておいた方が良いでしょう。

ただ、この場合、どちらが原因だったのかは分からないことも多いです。そのためヤマト運輸だけではなく発送者にもどういった対応をしてもらえるのか連絡をしておくことが大切でしょう。また、補償に入っているかどうかも改めて確認する必要があります。

ヤマト運輸へクレームを入れるなら落とし所が大事

【特徴別】ヤマト運輸のクレームの窓口・つけ方|24時間/電話

ヤマト運輸へクレームを入れるなら、落とし所をきちんと最初から決めておく必要があります。ヤマト運輸に限らずどんな業者でも嫌なのは、結局何を求めているのかということです。

落とし所がなく、ただ感情的に喚き散らしていても、鬱憤は晴れる可能性はありますがそれで終わりです。落とし所として、自分はこうして欲しい事柄を、ヤマト運輸の担当者に伝えることが重要です。

落とし所への意識がなければ、喚き散らしている内に自分でも何を言っているのか分からなくなる可能性もあります。ヤマト運輸の担当者としても、モンスタークレイマーだなと感じるだけで終わるでしょう。そうならないように、冷静になって落とし所を決めることが大切です。

感情的なクレームがダメな理由

まず感情的になってヤマト運輸へクレームを行っても、話はまったく前に進まないでしょう。ヤマト運輸のクレーム担当者としても、状況をきちんと説明してもらわなければ何も分からないからです。分からないから対応ができません。

それに対して余計、怒りが湧いてまた感情的になり、話はストップすることは何も生まれないです。また、怒りに任せて感情的になった人は、話を盛ることがあります。しかしクレームでは正確な情報が求められるのを忘れてはいけません。

話を盛ってしまうと事実関係が無茶苦茶になります。もしそのことが分かれば、話全体の信憑性に影響して来るでしょう。それではクレームをしていることが何の意味もなくなってしまいます。

クレームを入れる前に考えたいこと

まず自分が何に対して起こっているのか冷静に整理することが大切です。なぜ、「モンスタークレイマー」という言葉が生まれたのかを考える必要があります。まずお客と企業の立場、つまり、サービスを受ける側と、提供する側なのは間違いないでしょう。

ただお客だから暴言を言っても良い、難癖をつけても良い、八つ当たりにちょうど良いなどと考えてはいけません。ヤマト運輸の人たちも人間ですし、大切なお客さまだと理解していても、めちゃくちゃな理屈や大声、暴言でクレームを無条件に受け入れてくれる訳でもないでしょう。

もちろん、クレームを入れたいと感じたのは、何かしらの理由があるのは間違いありません。しかしそれは本当に許せないことなのか?ただの難癖になっていないか、冷静に立ち止まって考える必要があります。その上で明らかに問題があると感じたら、クレームを入れて、業務改善の期待しましょう。

「ただのクレームだった」では許されないケースも

クレームと言っても、限度があります。例えば店内で暴れたり、大声で怒鳴ったりして業務を妨害すれば、威力業務妨害などに抵触する可能性があるので注意してください。

また、クレームではなく、ヤマト運輸などに関する嘘の情報をネットなどで書き込んだ場合、下手をすれば偽計業務妨害にも抵触する可能性があります。さらに脅すようなことをすれば、脅迫罪に抵触します。ただのクレームを言っただけでは通用しない場合もあるのでくれぐれも気をつけましょう。

ヤマト運輸がより良くなることを願ってクレームを

ヤマト運輸に限らず、クレームを言いたくなることはあります。配送ドライバーの態度や言動にカチンと来ることもあるでしょう。また、配送中に品物が破損したら、弁償もしてもらいたくなるのもしかたありません。

しかし感情的にならず、冷静に事実を並べることが大切です。感情的になり怒鳴ったりすれば大きなトラブルに発展する可能性もあります。クレームを入れる理由を考えてみてください。クレームはサービスがより良く向上することを期待し、大人の態度で入れるようにしましょう。

関連記事

Related