Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】ボーナスの使い道ランキングTOP3|家族/主婦

Author nopic iconNaNa
タロット / 2018年03月04日
【男女別】ボーナスの使い道ランキングTOP3|家族/主婦

ボーナスの使い道ランキングTOP3

ボーナスが出ると、それまで頑張ってきたことが評価されたことが実感できとても嬉しいに違いありません。ボーナスはご褒美のようなものですから、何に使おうかとワクワクしながら考える人も多いのではないでしょうか。

ワクワクしながら使い道を考えすぎて、何に使うべきか迷ってしまうという場合もあるでしょう。世間では、どのようにボーナスが使われているのでしょうか。ボーナスの使い道に迷っている人のために、ボーナスの使い道ランキングについてお話しします。

第三位 衣服

第三位の使い道には衣服がランクインしました。社会人になったからには、上質なものを身につけたいと考える人も多いはずです。しかし月々の給料で、10万円を超えるような高価な衣服を買うのはなかなか気がひけるに違いありません。

ですから、ボーナスが入った時に、ずっと買いたいと考えていた高価な衣服を買うというケースが多いのでしょう。上質なものを身につけることは、仕事へのモチベーションにも繋がります。ボーナスというご褒美を、衣服というご褒美に変えるというのも、頷ける使い道でしょう。

第二位 旅行

第二位には旅行がランクインしました。会社勤めを始めると、なかなか長期の休みが取りづらく、旅行に行くのも難しくなってしまいます。だからこそ、休みが取れる時はより良い旅行がしたいと考え、少し高くても素敵な旅行先を選びがちです。

素敵な旅行をするためにボーナスを充てるというのも、とても良いご褒美でしょう。旅行というご褒美をボーナスを使って充実させるのは、リフレッシュするためにも良い使い道と言えるでしょう。

第一位 貯金

第一位にランクインしたのは貯金でした。ご褒美のボーナスとはいえ、堅実派は大胆に使ったりはしません。堅実派はボーナスを貯金にまわすことで、将来のために備えます。

月々の給料からも貯金はできるとはいえ、ボーナスほどに貯金を大きく増やすチャンスはありません。ですからボーナスを貯金を増やす機会と考えて、自分の未来を充実させるためにできるだけお金を残そうとするのでしょう。

男女別!ボーナスの使い道は?

男性と女性では、ボーナスの使い道も異なるはずです。次は男女別にボーナスの使い道についてお話しします。

女性のボーナスの使い道

女性の場合、自分磨きに使うというケースも多いでしょう。ボーナスを使って、普段は行けないような高級エステに行ったり、脱毛を始めたりという場合も多いと言えます。また、美容家電を買うという声も多くありました。脱毛器や美顔器、マッサージャーといった美容家電を購入し、自分のご褒美にします。

また、習い事を始めるという人も多いでしょう。ボーナスを機に英会話や料理教室といった習い事を始めることで、自分のスキルアップを目指します。

男性のボーナスの使い道

男性の場合は、高級スーツや靴、時計などを購入することが多いでしょう。特に時計はとても高価なものが多く一生使えるものもありますから、自分へのご褒美として良いボーナスの使い道だと言えるでしょう。

また、パソコンなどの購入に充てるケースも多いでしょう。パソコンの価格はピンキリですが、ノートパソコンでも10万円以上の予算がなければ高性能なものを購入するのは難しいと言えます。デスクトップは50万円ほどするものもありますから、ボーナスが出た時に買いたいと考えてしまうのも頷けます。

主婦のボーナスの使い道は?

主婦の場合、ボーナスの使い道はどのようなものでしょうか。主婦であっても、パートをしている場合、パート先からボーナスが出る場合もあるでしょう。ですが正社員とは異なり、パートで得られるボーナスはそれほど高額ではありません。

ですから、いつもより少し高級な食材を買って食卓をいつもより華やかにしてみたり、外食に充てるというケースが多いと言えます。

高額のボーナスではなかったとしても、自分が頑張った証として得ることができるものですから、とても嬉しいことには違いありません。

家族がいる人のボーナスの使い道

家族がいる場合は、ボーナスの使い道も少し変わってきます。家族がいる場合は、家族で楽しめることにボーナスを使う傾向が強いでしょう。家族で外食したり、旅行に使ったりします。しかしそれらにボーナス全額を使うのではなく、ボーナスの一部を使って家族で楽しんだあとは貯金にまわすという家庭も多いと言えます。

また、子供がいる場合は学費の支払いをボーナスの使い道とするケースも多いです。学費は高額な場合がほとんどですから、ボーナスを使わずにはいられないとも言えます。

年齢別!ボーナスの使い道は?

年齢によって、ライフスタイルがかなり異なりますから、ボーナスの使い道も異なるはずです、次は、年齢別のボーナスの使い道についてお話しします。

20代

20代はまだ結婚していない場合も多いため、ボーナスを自分のために使うという傾向が強いでしょう。主な使い道としては、旅行、衣服購入といった、自分へのご褒美に充てることが多いです。

また、社会人になりたてであれば、ボーナスを使って両親に何かプレゼントをすることで今までのお礼を伝えるというのも使い道の一つでしょう。

30代

30代になると、結婚して子供を持つ人も多くなります。ですが30代はまだ子供が小さい場合が多いため、子供の学費に充てるというよりは家族で楽しめることをボーナスの使い道とすることが多いと言えます。

家族旅行に行って、子供に色々な経験をさせたい、そういった考えを持つ人も多いはずです。ですから30代のボーナスの使い道には、家族での思い出作りが多いと言えます。

また家族を持ったことで、家の購入などを目標とし始めるケースも30代には多く、よってボーナスは貯金にまわすというのも使い道として多いでしょう。子供が小さく、まだ子供にそれほどお金がかからない時期だからこそ貯めるべきという意識があるのでしょう。

40代

40代では、家を購入するといった一大イベントをすでに終え、安定した生活を送っている人も多いでしょう。その分、40代では家のローンを抱えている人が多いと言えます。ですから、ローン返済がボーナスの使い道になる場合も多いでしょう。

また、40代になるとそれなりに子供も大きくなりますので、子供の学費に充てるのも40代のボーナスの使い道の一つと言えます。特に大学では学費が高額になりがちですから、ボーナスを学費に充てるのは必須になるケースも多いはずです。

40代になると、両親が年老いてくる頃でもあります。両親の介護にまとまったお金が必要なケースも少なくありません。このように、ローン返済、子供の学費、両親の介護費用、および貯金、この四点が主なボーナスの使い道となります。

50代

50代でも依然として家のローンを抱えているケースもありますから、ボーナスの使い道の一つにまずは40代と同じくローン返済が挙げられるでしょう。

また、50代は、自分の老後が少々心配になってくる時期でもあります。ですから、老後の生活資金としてほとんどを貯金にまわすというケースもとても多く見られます。

会社員であれば、働くことのできる期間が残り10年程度という計算になりますので、自分がリタイアする前に老後資金をできるだけ増やしておきたいと考えるのも当然のことでしょう。

夫婦のボーナスの使い道は?

夫婦のボーナスの使い道は、今後の家族計画や、共働きかどうかなどで大きく変わると言えます。次は夫婦のボーナスの使い道についてお話しします。

共働き、子供を持たない場合

最近では子供を持たず、お互いにキャリアを追求するという夫婦も多いでしょう。そういった場合はお互いにとても忙しいので、なかなか二人の時間を取るのが難しいはずです。ですから、二人の時間を充実させることをボーナスの使い道とします。二人で海外旅行に行ったり、二人でリフレッシュできることにボーナスを使います。

共働きで子供を持つ予定がない場合は、経済的にある程度余裕がありますので、「今」を充実させるためにボーナスを使う傾向があると言えるでしょう。

共働き、子供がいる場合

共働きで子供がいる場合は、便利家電の購入にボーナスを充てるというケースも多いです。共働きで二人とも忙しいうえに家事育児までこなさなければならず、目が回りそうな状態であることは容易に想像できるでしょう。ですから少しでも自分たちの苦労を減らすために、ルンバのような掃除用ロボットや、洗濯乾燥機、食洗機の購入にボーナスを充てます。

また、普段自分達が働いている時に自分たちの両親に子供を預けている場合は、日頃の感謝を込めてボーナスで両親にお礼を贈るということもあるでしょう。

専業主婦(主夫)、子供がいない場合

専業主婦(主夫)で子供がいない場合は、ボーナスを大胆には使いすぎないものの、二人で楽しめることにボーナスを充てます。お互いが欲しいと考えていたものを購入したり、温泉旅行に行くといったケースが多いでしょう。

また、今は子供がいないとしても、今後子供ができた時のためにボーナスの多くを貯金にまわします。共働きほど経済的にとても余裕があるわけではないので、ささやかなご褒美にボーナスを使ったあとは将来のためにきちんと貯金する傾向があると言えます。

専業主婦(主夫)、子供がいる場合

子供がいる場合は、ボーナスのメインの使い道は貯金と言えるでしょう。子供が大きくなればなるほどお金がかかりますから、早いうちからその時期に向けて備えると言えます。

また、第二子第三子を持つことを考えている場合もありますので、とにかく将来のために貯金します。今すぐにご褒美としてボーナスを使うことが難しい場合もありますが、それによって今後の家族生活を充実させることができるので、貯金が増えて行くことは喜ばしいことに違いありません。

将来設計に合わせた使い方を!

いかがでしたでしょうか。今回はボーナスの使い道についてお話ししました。年齢やライフスタイルによって、ボーナスの使い道が大きく異なることがお分かりいただけたでしょう。

自分が働いたご褒美がボーナスなのですから、ボーナスを使って今の自分にご褒美をあげるのも良いでしょう。しかし将来に叶えたい計画のために、コツコツと貯めて行くこともとても大切です。

あまり切り詰めすぎては生活が楽しくなくなってしまいますから、適度にボーナスで自分にご褒美をあげつつも貯金もきちんとするということが一番良い方法と言えます。もう一度自分の将来設計を見直して、ボーナスを有効に利用する方法を考えてみましょう。

関連記事

Related

Line@