Search

検索したいワードを入力してください

【特徴別】女性用のおすすめのリクルートスーツ・使い道

Author nopic iconkaokee
ビジネスファッション / 2019年01月11日
【特徴別】女性用のおすすめのリクルートスーツ・使い道

特徴別女性用のおすすめのリクルートスーツ

近年では、リクルートスーツを着用している女性を多くみかけます。おそらくこれまでの時代、スーツという服は男性が着用するものだという固定概念が根付いていたでしょう。しかし、女性でも当たり前に社会進出している現代、女性のスーツ姿はごく普通となっています。

また、着用シーンはさまざまです。職場や冠婚葬祭、そして就職活動においてもリクルートスーツは欠かせません。では、そのリクルートスーツにはどういった種類があるのでしょうか。

女性はスカートタイプや、パンツスタイルなどいろいろなパターンがあるので、どれが良いのか選ぶのも簡単ではありません。ここでは、そんなリクルートスーツについてみていきましょう。

パンツスタイル

パンツスタイルは格好良く、大人っぽく決めるにはもってこいのスタイルです。動きやすいですし、足下だけのストッキングを履く場合もありますが、通常のタイプのストッキングは履く必要がないので楽です。

しかし、結婚式に着用する際はパンツスタイルでも良いのですが、女性らしくかわいらしいスカートで参加した方が華やかで良いでしょう。

また、パンツスタイルは活発さが感じられ、実際にも動きやすいので職場に着用するのをおすすめします。「動きやすさ重視でパンツを選びたいけど、女性らしさも外したくない」という人は、トップスを変えましょう。襟元や胸元に少しでもレース素材があると、かわいらしく着こなせます。

パンツスタイルの注意点

パンツスタイルを選ぶ場合には注意も必要です。それは、スカートと違いサイズ選びを間違ってしまうと身体のラインがでるという点です。サイズが小さいと太ももやヒップあたりが狭くてパツパツになってしまいます。

それでは動きやすさを求めたはずが、逆に動きにくくなってしまいます。リクルートスーツはプライベート用の服ではなくきちんとした場で着用するものなので、身体のラインがでてしまうのは、女性では避けたいものです。なので、購入する際にはしっかりと試着をして自分のサイズに合ったものを選びましょう。

スカート

スカートはパンツと比べると動きやすさには欠けますが、女性らしく着こなすことができます。しかし、生足というわけにはいかないので、ストッキングやタイツを履かないといけません。そのため、伝線した場合は少し面倒くさい部分があります。ストッキングの伝線は女性ならではの悩みです。

また、ストッキングは蒸れやすいので足の臭い対策も必要です。スカートは足下がよく見えるので、足下まできちんと着こなしましょう。

安い

リクルートスーツを就職活動時期のみにしか着用しないという人は、安いスーツでも十分活躍できるでしょう。今ではファストファッションでも男性用、女性用のリクルートスーツがを販売しているので、お手頃に購入することができます。

また、カバンや靴を含んだスーツ一式も販売されている場合があるので、その時に揃えるのも良いでしょう。

ちなみにファストファッションとは、最新の流行を取り入れつつも格安の衣料品を短い期間で世界的に生産するブランドのことを指します。

喪服兼用

まず、リクルートスーツと喪服は違います。同じ黒色にみえても違いはあります。喪服の多くは深い黒色で光沢などはありません。逆にリクルートスーツは、喪服と比べると少し薄い黒色になっており、種類によっては光沢やデザイン性もある場合があります。

学生はリクルートスーツで葬儀に参列しても違和感はないですが、やはりちゃんと喪服用を常備しておくことが理想的です。そして、社会人となれば必ず喪服で参列しましょう。しかし、突然の葬儀で手元に喪服がないという時は、黒のリクルートスーツに限り着用することができます。

年代別女性用のおすすめのリクルートスーツ

【特徴別】女性用のおすすめのリクルートスーツ・使い道

リクルートスーツにも年代に合った着こなしがあります。実際に選んでいる時に「これは少し若すぎるな」「これは少し地味で自分の年齢に合わないな」などと感じた人はいるのではないでしょうか。自分の年齢と社会的立場などを踏まえて選ぶことをおすすめします。

20代

20代はとにかく若いです。社会人として新生活をスタートしたばかり。職場ではフレッシュさと、先輩や上司よりも先に回る動きの速さも重要です。覚えないといけない仕事を、あちらこちら回ってメモにとめる光景もよくあります。そのためには、女性らしさのあるデザイン重視より動きやすさ重視で選びましょう。

スーツの色も目立つ色というよりは、控えめのグレーや黒といったものを選ぶと良いでしょう。先輩より目立ってしまう色は着用しないようにしましょう。スーツだけでなく、時計やピアスといったアクセサリーも控えめにして、あくまで新人さんというスタイルを忘れないことが大切です。

30代

30代は後輩が増えてきたり、私生活においても女性は結婚や出産などと、人それぞれ変化が現れるときでしょう。つまり社会人としても女性としても落ち着きがでてくる頃ということです。リクルートスーツの着こなしにも慣れているので、色味があるものを選ぶのも良いでしょう。

トップスのインナーも、白ではなくブルーや、控えめな柄物のあるもので落ち着き感かつ大人な女性を意識し、新人の頃のかっちりとしたイメージは無くしましょう。

40代

40代は職場において、女性でも上司になる立場の頃です。同僚の後輩という枠から、部下という存在になる人もいるでしょう。これまで培ってきた経験から、貫禄を与えるような着こなしをするのが良いです。

貫禄といっても、ずっしりと男性のように構えるというわけではありません。仕事において何でもできる頼りがいのある上司でありつつ、部下が相談しやすいような、女性らしい柔らかな印象をつくりだすことを心がけましょう。

そのためには、スーツの色も黒ではなくベージュなどの軽やかな色味を着用することをおすすめします。

女性用のリクルートスーツの使い道

【特徴別】女性用のおすすめのリクルートスーツ・使い道

リクルートスーツは就職活動や職場でけでなく、冠婚葬祭でも使用することができます。しかし、なるべく避けたほうが良い場合もあります。どういった点があるのかみていきます。

葬式

先ほどの「喪服兼用」でも述べたように、リクルートスーツと喪服は別物です。なぜなら、喪服は礼服だからです。しかし、学生がリクルートスーツで葬儀に参列しても特にダメ出しはされないでしょう。

大人になった社会人としては、きちんと礼服である喪服で参列するのが常識です。けれども人生なにがあるかわかりません。しかも、葬儀に関しては突然のことでもあります。

「引っ越したばかりで今喪服が手元にない」「クリーニングに出している最中」といった非常事態のときには、リクルートスーツを使用するのも手段の1つです。

結婚式

結婚式でもリクルートスーツは正装として着用できます。結婚式は、めでたいお祝いの席なのでリクルートスーツも女性らしく華やかに着こなしましょう。色は黒ではなく、グレーといった軽めがおすすめです。インナーのブラウスもフリルなどのデザインがあるものが女性にはおすすめです。また、アクセサリーも華やかなもので合わせるのが良いです。

しかし、あまりに派手すぎるとマナーがなっていないと思われてしまうので、注意が必要です。

女性らしくリクルートスーツを着こなそう

【特徴別】女性用のおすすめのリクルートスーツ・使い道

これまでみてきたように、リクルートスーツにはさまざまな着用場面があります。女性の場合は、パンツやスカートスタイルもあるので着こなし方もさまざまです。しかしリクルートスーツで難しい点は、少しでも着け方を間違えてしまうとマナー違反になってしまうという点です。

そのため着こなすためには、葬儀や結婚式といった改まった場所での正しい着用方法を把握しておくことが大切です。正しい着こなしで、女性の自分に合ったスタイルをみつけましょう。

関連記事

Related