Search

検索したいワードを入力してください

茨城の方言一覧|しみじみ/け/なして/はー/んだ

Author nopic iconりいちゃま
方言 / 2018年04月10日
茨城の方言一覧|しみじみ/け/なして/はー/んだ

茨城の方言一覧

茨城の方言は、東北地方南部の福島県や栃木県の方言に相通じるものがあります。東京の言葉も入り混じっています。例えば茨城の方言では、「~すっぺ」「~さ行ぐべ」「~そうだっぺ」など、日本人ならばこのような方言を誰しも耳にしたことがあるでしょう。

何と言っても、茨城の方言で一番忘れてはならないのは「いばらぎ」を「いばらき」と発音することです。その由来としては、やはり茨城独特のお国訛りで「いばらぎ」が「いばらき」となったからです。ですから「いばらぎけん」ではなく「いばらきけん」です。

茨城は関東圏ですが、方言のイントネーションが尻上がりです。濁音が多くて「ごしゃがっちゃ」「わがんねー」などと素敵にコミカルに話す場面があります。つられて笑みがこぼれてしまいます。茨城の方言は、やはり土地が南側より北側へ向かうほど色濃くなっていくのですが茨城の方言はやはり人柄の良さがにじみ出ています。

その1・しみじみ

茨城の方言でしみじみは、標準語でしっかり、真剣に、ちゃんとの意味です。あいつしみじみやってねぇなは、あのひとは真剣にやっていないな、という意味になります。例えばですが、茨城の日常会話で学校などではたからひとがみてて「あいつしみじみやってねぇな(あの人は真剣にやっていない)」などと使われています。

余談ですが茨城の方言のしみじみと標準語のしみじみとは、意味と訳がぜんぜん違いますのでご注意ください。ちなみに標準語のしみじみ=染み染みは、心の中に入ってきたものを心底広く深く感じるものを表現するさまを意味します。

その2・~け?

茨城県の方言の「~け?」「~げ?」は、標準語で「~なの?」というような疑問を投げかける言葉なんです。「~け?」は茨城の疑問をなげかける言葉の極みなんです。

会話の例文といたしましては「あした父ちゃんかえってくるのけ?(あしたお父さんかえってくるの?)」「そうけ?(そうなの?)」「そうげ?(そうなの?)」「ほうげ?(そうかなの?)」などという感じでのどかに茨城で話されております。

その3・なしてー?

茨城の方言の「なしてー?」は、標準語に訳すと「なんでー?」「どうしてー?」の意味なんです。

しかしながら、長崎でも「なしてねー?」とか使いますし、こちらの「なしてー?」は割とどこでも使われています。北日本でも北海道でも富山でも九州地方でも使われていますので、こちらの方言は茨城だけの方言ではないです。こちらは、日本全国津々浦々でお話されているメジャーなお言葉でしょう。

その4・はー↑

茨城の方言の「はー↑」は、標準語に訳すと「もう」っていう愛嬌を込めた意味です。茨城県のご近所の福島県でも使われています。

例えば茨城の方言では、「8時の電車いったはー(もう8時の電車いってしまった)」「明日学校さいぐのやんだはー(もう明日学校にいきたくない)」「遠足いってつかちゃはー(遠足へいってもう疲れたよ)」などこんな風に日常会話でお話されています。こちらの方言は、とっても愛嬌があります。

その5・んだ

茨城の方言の「んだ」標準語で「そうだ」「そうだよ」の意味なんです。同意です。「んだ」「んだべ」「ほだ」「んだっぺ「んだべー」なんかも同類です。東北地方の福島県や宮城県の方言でもこちらの「んだ」は使われています。

茨城の日常会話例だと「太郎くん、あした学校が」「んだ」という雰囲気で使われています。

その6・あぐどい

茨城の方言の「あぐどい」標準語に訳すと「甘い」「味が濃い」「個性が強い」「どぎつい」という意味なんです。表現では強い個性なるものを直訳する言葉です。

茨城の日常会話の例ですが「この大福はあぐどい(この大福は甘すぎる)」「この味付けはあぐどいな(この味付けは濃すぎる)」なんて感じで使われています。

その7・あます

茨城の方言の「あます」標準語に訳すと「嘔吐」「残す」「仲間外れ」を意味する言葉です。茨城の日常会話の例ですが「気分悪かったらあましていいよ(気分が悪かったら嘔吐していいよ)」「ごはん多かったらあましてもいいよ(ごはんが多かったら残してもいいよ)」という雰囲気で使われています。

茨城のかわいい方言のご紹介

茨城のかわいい方言はたくさんあります。たくさんある中でも、今回は茨城で特にかわいい方言をご紹介いたします。かわいい茨城の方言は、老若男女問わず癒されること間違いありません。では、見ていきましょう。

1・茨城の可愛い方言 だいじ?

茨城の可愛い方言に「だいじ?」があります。「だいじ?」を標準語にすると「だいじょうぶかな?」という意味になります。茨城の日常会話では、顔色が悪そうな人に心配そうに駆け寄ってって「だいじ?」なんて感じで使われます。

余談ですが、標準語の「大事」と茨城の方言の「だいじ?」は全く違います。標準語の大事は、重大な事柄、などという意味です。

2・茨城の可愛い方言 すっかい

茨城の可愛い方言に「すっかい」があります。「すっけー」もまた同じ意味ですが、口に入れたものが酸っぱすぎたときに声高らかに「すっけー」と興奮気味に声高らかに言います。これは標準語にしますと「酸っぱい」の意味です。

茨城の日常会話の例ですと「今年のみかんはすっけー(ことしのみかんは酸っぱい)」「このはっさくすっかい(このはっさくは酸っぱい)」っていう雰囲気で使われています。

3・茨城の可愛い方言 けつめど

茨城の可愛い方言に「けつめど」があります。茨城弁のけつめどという方言ですが、標準語でけつはお尻のことで、茨城弁で穴や溝という意味のめどがつきまして、見事にけつめどと茨城の無名の先人様が命名されました。意味はたいへん申し上げにくいのですが、肛門のことです。

高齢者が「けつめど痒い(肛門痒い)」「けつめどらへんなんだがムズムズする(肛門のあたりがなんかムズムズする)」という感じで話をされております。茨城県の今どきのひとも方言の「けつめど」は密かに水面下で使っています。

4・茨城の可愛い方言 ごしゃっぺ

茨城の可愛い方言に「ごしゃっぺ」があります。こちらの代表的な茨城の方言「ごしゃっぺ」なんですが、標準語に訳しますと非常に申し上げにくいのですが、バカ、いい加減、どじ、間抜けなどの意味なんです。ここでご注意いただきたいのが、くれぐれも「ごちゃっぺ」じゃなく「ごしゃっぺ」です。

茨城の日常会話の例文ですが「おめあんまりごしゃっぺなごどばっかぬかしてんじゃあねえよ(おまえはあんまりいいかげんなことばっかりいうんじゃないよ)」という感じでで使われています。

5・茨城の可愛い方言 なんつってだの?

茨城の可愛い方言に「なんつってだの?」があります。こちらの方言を標準語に訳しますと「なんて言っていたの?」となります。つってたは釣ってたとは違いますからどうかご注意ください。

茨城の日常会話の例文ですが「さっきよびだされでだげど先生なんつってだの?(さっき呼び出されてたけど先生なんて言ってたの?)」なんて感じで方言が使われています。

6・茨城の可愛い方言 たがらもん

茨城の可愛い方言に「たがらもん」があります。こちらの方言を標準語に訳しますと「このばか息子」となります

日常会話で親が子供に対して親しみや愛をこめて、このバカ野郎やもうお前はどうしようもないなというニュアンスを言うときに「このたがらもん」なんて言っています。そのざまをはたから見ていますとと、親子愛さえ感じさせられます。いつ聞いても素晴らしい方言なんです。

茨城の方言で好きを伝える告白のセリフ

茨城の方言で好きと伝える告白のセリフは聞いたことがありますか。英語では「アイ・ラブユー」です。標準語は「あなたが好きです」です。では、茨城の告白のセリフを見ていきましょう。

その1・あいづよりおめの方ぜったいかわいいど!

こちらの茨城の方言を標準語にいたしますと、あの娘よりあなたのほうが絶対に可愛いよ、という意味です。男性が女性に素直な好意を思い切って伝えています。そんなこと突然言われたら女の子は嬉しいです。こちらは、女性の心理をついた好意の伝え方でしょう。鋭いです。

語尾の断定を茨城の方言では「~ど」とこのように使われる場合もたくさんあります。「ごはんうめーど(ごはんおいしい)」「んだど(そうだよ)」「んだよ(そうだよ)」などの方言も日常会話でぼちぼち聞かれます。

その2・おめのこと おめのか好きになっちたっぺよ

こちらの茨城の方言を標準語に訳しますと、あなたのことをびっくりするぐらいすごく好きになってしまいました、の意味です。方言の「おめのか」は標準語で思いのほかを意味します。方言の「~っぺよ」も茨城では日常茶飯事に使われている愛嬌あるお言葉です。

3・おめのごど好きだっぺよ

こちらの茨城の方言ですが、標準語に訳しますとあなたのことを好きだよです

やはりなんといっても、茨城県の愛の告白の王道はこちらの「おめのごどすぎだっぺよ」でしょう。回りくどくない爽やかなストレートな愛の告白です。潔くて気持ちが方言いいです。スタンダードに昔から使われてきたお言葉です。いつの時代も、駆け引きせずに好きな人に素直な気持ちを伝えるのが、恋のお相手に一番伝わりやすいんです。こちらは成功率高いでしょう。

番外編・今週の日曜日ごっつぉーかせっから、やーべ

こちらの茨城の方言の意味ですが、今週の日曜日ごちそうするから行こうよです。

茨城の方言の「ごっつぉー」は標準語でご馳走を意味します。茨城の方言の「かせっから」は標準語で食べさせるからを意味します。茨城の方言の「やーべ」は標準語で行こうよを意味します。

こちらの愛の告白の説明ですが、例えば男性が好きな人に何か美味しいものをご馳走したいとか、なにかと理由をつけて二人きりになりたい時にも使います。わかりにくい好意の伝え方です。きっと男性は控えめに、脈があるのかないのかお相手の様子をうかがっているのでしょう。ここから恋のチャンスにつながるといいです。

茨城の方言の例文

茨城にはたくさんの方言があります。茨城の方言の例文をまとめてみました。まとめる時に何にしようか迷ったぐらいたくさんありました。こちらの方言は、ほんの一例です。

茨城の方言の例文その1

A君・「今からろっこく沿いのラーメン屋にいがねー?」
意味・今から国道6号線沿いのラーメン屋にいかない?

B君・「あすこがー?あすこの店のスーランタン酸っけーどなー?」
意味・あそこー?あそこの店のスーランタン酸っぱいよねー?

A君・「そーけ。味噌ラーメンはうめーど。」
意味・ああそうか。味噌ラーメンはおいしいよ。

B君・「おら、今から東京さ遊びさいぐ。さんちかんもかがっから、今度にすっぺよ。」
意味・おれ、今から東京へ遊びにいくの。3時間もかかるから今度にしようよ。

Aさん・「わがった。んじゃいづにすっぺ?」
意味・わかった。ではいつにするかな?

Bさん・「わがんねーげど、まだそのうち電話すっから。さいな。」
意味・まだわかんないけど、またそのうち電話するから。さようなら。

茨城の例文その2

母・「わっぱりきねーどさみーな。んだがらるすいしてでな。」
意味・上着を着ないと寒いな。だから、留守番しててな。

子・「わがった。どこ行くの?」
意味・わかった。どこに行くの?

母・「みどへ行ってくる」
意味・水戸へ行ってくる。

子・「はーみど?なんちかんかがんの?」
意味・はー水戸?なんじかんかかるの?

母・「買い物してさんちかんぐらいかかる。るすいでぎっか?」
意味・かいものして3時間ぐらいかかるよ。留守番できる?

子・「はー、だいだー」
意味・はー、だめ。

母・「そうだっぺ。このたがらもん。はやぐわっぱりきて車さ乗れー」
意味・そうだろう。このバカ息子め。早く上着を来て車に乗りなさい。

茨城の例文その3

Aさん・「このみかんすっかいな」
意味・このミカンは酸っぱいなあ。

Bさん・「んだな。ほんとすっけーどごろのさわぎでねえよ。」
意味・そうだな。本当に酸っぱいどころでは済まないぐらい酸っぱい。

Aさん・「なんだがけづめどあだりムズムズしてきたー」
意味・なんだか肛門あたりがムズムズしてきた。

Bさん・「きのうおらもけづめど痒がったんだー」
意味・昨日、俺も肛門痒かったなあ。

Aさん・「うー、痛い」
意味・うー、痛い。

Bさん・「だいじ?」
意味・大丈夫?

Aさん・「病院さいぐーうー。」
意味・病院に行く。うー。

Bさん・「いいどーいってつける。」
意味・いいよ。一緒に行く。

茨城の方言の語尾の特徴

茨城の方言の語尾は、とっても早口で尻上がりです。感情が入ってしまうと、本気で方言がエキサイトしてます。

茨城の方言は、関東の伝統方言といわれています。だけど実は、お隣のご近所さんの東北地方の福島県のいわき市周辺でお話されている方言とのかかわりも深く強いです。福島の言葉と共通のところもあります。茨城の方言は独特の言葉遣いなので、周りの県から茨城県に来た人は、早口で尻上がりがまるで怒って興奮しているように聞こえるということでした。

そのように聞こえても心配いりません。茨城の人はぜんぜん怒っていません。

茨城の方言のイントネーション

茨城の方言のイントネーションとして挙げられるのは、なんといっても文末が少し持ち上がる尻上がり言葉が特徴です。テンポの良い調子で尻上がりで話す茨城の方言は、なんといってもお人柄の良さや素朴さを感じさせられます。

同じ関東地方の中でも、標準語と茨城の方言は異なるイントネーションです。茨城の方言は、農村部よりも水戸などの都市部のほうが標準語に近く訛りやイントネーションが少ないです。だけど、茨城の方言のイントネーションを聞くとホッとします。

茨城へ方言を聞きに行こう!

今ブームの連続テレビ小説「ひよっこ」は、茨城県北部を舞台にしたドラマとなってますのは皆様ご存知のとおりです。茨城県は自然がとても素晴らしいです。ひよっこの町は、清流に育まれた豊かな田園風景が広がってます。

茨城の方言ですが、ひよっこに出演されてる女優さんが茨城弁は大変だとおっしゃってました。茨城の方言の魅力の秘密は、語尾の上げ下げもポイントです。ひよっこの女優さんはセリフでは、イントネーションが一番大変だそうです。茨城弁は全国的に有名ですが、ひよっこでさらに知名度が高いものになりました。

茨城は、東京から約3時間です。観光地もひよっこの放送と共に少し賑わいを見せています。茨城で方言を聞いたり、自然をみたりすれば、あなたの心は潤いだすでしょう。茨城は、日本人が心を和ませる方言です。茨城で、疲れた心を癒してみましょう。