Search

検索したいワードを入力してください

olにおすすめのストッキングの色・履かないのはありか

Author nopic iconchiakiti
ビジネスファッション / 2018年02月22日
olにおすすめのストッキングの色・履かないのはありか

OLのストッキングにおすすめの色

職場の制服やオフィスカジュアル、またプライベートの私服を着る際にストッキングを着用するOLの方は多いでしょう。これまで、OLが履くストッキングの色と言えばベージュ色が定番でしたが、最近は透け感のある黒色のストッキングを履く方も増えてきています。

今回は、OLにおすすめのストッキングの色や、OLがストッキングを履かないのはありなのかなどをご紹介していきます。OLの方はぜひ参考にしてみてください。

ベージュ色はダサいのか

これまで、OLが履くストッキングといえばベージュ色が定番でしたが、最近ベージュ色のストッキングはダサいといった声をよく耳にします。具体的な意見を見てみると、「おばさんっぽくなる」「海外ではベージュ色がほとんど履かれていない」「ファッションをダサくみせる」といったものがあります。

このような傾向になった理由としては、現在日本に輸入している質の高いストッキングの大半が黒をはじめとする色付きのものが多いのが特徴です。こうして輸入された色付きのストッキングを、流行に敏感な若い女性たちが購入することが増えたため、「ベージュのストッキングは時代遅れ」というイメージがつ定着しつつあると言えます。

ベージュ色ストッキングのメリット

しかし、ベージュ色ストッキングにもメリットはあります。まず、色付きストッキングですと淡い色の洋服に合わせたときに、品が悪く見えるという意見があります。若い女性はあまり気にしない方もいますが、30代以上のOLの方々の中には周囲の目が気になるでしょう。そのような時は、やはりベージュ色のストッキングが無難です。

また、色付きのストッキングで足を隠すよりも、ナチュラルな色で足を綺麗に見せることができるという意見もあります。生足がNGな場面であるときに、自然体できれいな女性らしい足を演出できるのが、ベージュ色のストッキングということになります。ベージュ色は、10代や20代に人気があると言えるでしょう。

色付きストッキング魅力

では、人気上昇傾向にある色付きストッキングのメリットとは何なのでしょうか。多くの女性は、足が細く見えるという理由で好む方が多いです。特に黒ストッキングは、見た目を引き締める効果が期待できます。ベージュ色のストッキングと比べれば、確実に足痩せして見えることでしょう。

その他の意見としては、ムダ毛を隠すことができるというものもあります。足のムダ毛の処理が甘かったときに、色付きのストッキングで隠してしまおうということです。ベージュ色のストッキングだと黒い毛が見えてしまい恥ずかしいですが、応急処置として色付きストッキングを履いてしまうことをおすすめします。

また、黒色ストッキングの場合、さまざまな洋服に合わせやすいというメリットがあります。ベージュ色だとOL風な雰囲気が強いのですが、それを払拭してくれる効果があります。

オフィスに適した色とは

日本においてはベージュ色のナチュラルストッキングが、オフィスやフォーマルなシーンでマナー違反とならないカラーであると言われています。黒のストッキングもフォーマルだと思われますが、より格が高いのはベージュ色ということになります。

仮に、ベージュやストッキングを履くのが嫌で会社に素足にパンプスで出勤したとしましょう。そのようなときに、大事な会食や接待が入ってしまい素足で参加することはマナー違反になります。ですので、ストッキングをいつも履かないというOLの方は、必ず1つはバッグの中に準備しておくと安心です。

OLがストッキングを履かないのはありか

OLのみなさんの中には、ストッキングを履きたくないという方もいるでしょう。ここでは、OLの方がストッキングを履かないといいことはマナー的にありなのかを考えていきます。

ストッキングを履かない割合

そもそも、OLの方々でストッキングを履かない割合はどのくらいなのでしょうか。

まず、ストッキングを履かない理由の1つに、夏は暑くて蒸れてしまうという意見があります。ある30代のOLで、プライベートでもオフィスでもストッキングを履いていないという方もいます。パンプスを履く場合はフットカバーを着用、生足を目立たせないようにパンツスタイルにするといった工夫をしています。

また、20代後半のOLの方は、オフィスでは薄手のストッキングを履くといった暑さ対策をしています。ストッキングを履かない割合としては、決して少なくないと言えるでしょう。ただし、OLの方ですとオフィスでの生足に抵抗があるという意見もありますので、プライベートでは履かないという方が多いでしょう。

履かない時はどうするか

ストッキングを履かないOLの方は、パンプスを履く時などはどのようにしているのでしょうか。素足で履くのは衛生的に良くないですので、先述したように、パンプスから見えないように作られているフットカバーの着用をおすすめします。

また、スカート着用が定められていない場合はパンツスタイルにすると、見える生足の部分が少なくなりますので生足を出すことに抵抗がある方におすすめです。また、スカートを履く際は足の見える部分のケアをしっかり行うことが大切です。

OLにおすすめのストッキング

最後にOLの方におすすめのストッキングをいくつかご紹介します。ストッキングにもさまざまな種類や違いがあります。ぜひ、参考にしてみてください。

伝線しにくいタイプ

ATSUGI STOCKING しっかり丈夫で、美しい。

まず、伝線しにくい・丈夫なストッキングで「ATSUGI STOCKING しっかり丈夫で、美しい。」をおすすめします。こちらは、3足組2セットで1900円くらいで販売されています。ストッキングを購入する際は、消耗品であるからといってあまり安すぎるものを買わない方がいいでしょう。

質や作りにこだわった商品の方が、破れにくいので結果長く履き続けることができます。洗濯しても型崩れしにくいです。またこの商品は、サイズ展開が3種類、カラー展開が8種類と豊富なのが特徴です。そして丈夫なだけでなく、足を引き締めて美脚に見せてくれたり消臭効果のある繊維が折り込まれているので、OLのみなさんに重宝されるストッキングといえるでしょう。

足をきれいに見せてくれるタイプ

Tuche(トゥシェ) 脚を細く見せる

次に、美脚に見せてくれるストッキングでおすすめなのが「Tuche 脚を細く見せる 」です。価格は3足組で1620円です。ベージュ色のストッキングのメリットの中に、足をきれいに見せることができるという意見がありましたが、こちらの商品はその効果をより高めてくれます。

ふくらはぎ部分が軽く引き締られる構造になっているのが特徴です。また、パンティ部がヒップドライメッシュになったいるので通気性に優れていること、つま先部分の切替がないのでパンプスを脱ぐ場面でもキレイにみせることができるのでおすすめです。

素肌感がつよいタイプ

GUNZE SABRINA ナチュラルフィット 伝線しにくい SB300

こちらは、よりストッキングを履いていない感覚でいたい方におすすめの商品です。「GUNZE SABRINA」のストッキングは、ソフトなストッキングを好む方に向けた、素肌の自然な美しさを引き出す肌なじみがよいのが特徴です。

天然成分を配合したり柔軟剤で仕上げたことにより実現されました。そのなめらかなはき心地にリピーターになる方が増えています。また、柔らかいのに伝線しにくく、つま先部分はシアー補強されています。そして、UV対策や静電気防止、消臭効果といった女性に嬉しい性能もあります。オフィスで長時間履き続けるOLのみなさんにおすすめの商品です。

ストッキングを履かないOLもいる

いかがでしたか。ストッキングを履かないOLの方も、少なくないということが分かりました。しかし、場面によってはそれがマナー違反となることもありますので、履かない場合にも準備しておくことをおすすめします。また、色付きのストッキングの需要も高まってきていますが、こちらも仕事とプライベートで使い分けた方がとマナー違反にならずに済みます。ぜひ、参考にしてみてください。

関連記事

Related