Search

検索したいワードを入力してください

おすすめの貯蓄型生命保険ランキングTOP3|掛け捨て/安い

Author nopic iconkurai
各種手続き / 2019年02月19日
おすすめの貯蓄型生命保険ランキングTOP3|掛け捨て/安い

生命保険とは?

社会人になると、生命保険に加入するかどうか考え始めるのではないでしょうか。インターネットで生命保険について検索すると、生命保険についての情報が洪水のように溢れています。たくさんある生命保険の情報の中から、一体どの生命保険を選べばいいのか余計に迷ってしまうのではないでしょうか。

本記事では、生命の保険の中でも「貯蓄型生命保険」にフォーカスを当てて紹介していきます。ぜひこの機会に、「貯蓄型生命保険」について一緒に学んでみませんか。そもそも、生命保険とはどのような商品なのでしょうか。まずは生命保険について、紹介していきます。

特徴別貯蓄型生命保険

生命保険とは契約者が死亡するか一定の年齢に達することを条件に保険金が支払われる商品のことを指すことが分かりました。つづいては、生命保険の種類について説明していきます。生命保険は、「貯蓄型」と「掛け捨て型」の2種類があります。それぞれの生命保険の特徴と違いについて説明します。

貯蓄型

貯蓄型保険とはどういう保険なのかについて、「貯蓄」という言葉の意味や貯蓄型保険の特徴などの情報を織り交ぜて説明していきます。

貯蓄

まずは、貯蓄という言葉の意味について説明します。普段から聞きなじみのある言葉ですが、改めて意味をしっかり確認しておきましょう。

Blockquote firstBlockquote second

①金銭をたくわえること。また、たくわえた金銭。 「老後に備えて-する」

②預金・株券・生命保険などをまとめていう語。

③たくわえること。また、そのもの。 「臣家の稲諸国に-し/続紀 天平九」

貯蓄型保険とは

貯蓄が、「金銭をたくわえること」を意味する言葉だということは分かりました。つづいては、貯蓄型保険とはいったいどのような保険なのかについて説明していきます。貯蓄型保険とは、保険料を積み立てることにより、満期や解約時に積み立てたお金を受け取ることのできる保険のことを指します。

貯蓄型生命保険のほかにも、こども保険や学資保険、年金保険なども貯蓄型保険の一部です。保障と貯蓄の両面で将来に備えるのが貯蓄型保険の特徴です。

掛け捨て型

一方、掛け捨て型保険とはどのような保険なのでしょうか。貯蓄型保険と同じく、「掛け捨て」という言葉の意味や掛け捨て型保険の特徴などについて説明していきます。

掛け捨て

「掛け捨て」という言葉にはどのような意味があるのか説明します。「掛け」と「捨て」が組み合わさった言葉のようですが、一体どのような意味がある言葉なのでしょうか。

Blockquote firstBlockquote second

①保険・無尽などで、中途で掛け金を中止すること。

②保険や共済組合の掛け金を払い込んでも、一定期間内に契約に該当する災害・傷害などに遭わなければ払い戻しを受けられないこと。

掛け捨て型保険

「掛け捨て」には、「契約に該当する災害・傷害などに遭わなければ払い戻しを受けられない」という意味があることが分かりました。掛け捨て型保険とは、保険の契約期間中に契約内容で指定されている状態になった場合のみ保障金が支払われる保険のことを指します。

貯蓄型保険が保険と貯蓄の両面を持つ保険であるのに対し、掛け捨て型保険は保険としての面しか持っていません。これだけでは貯蓄型保険のほうが有利なように思えますが、一般的に掛け捨て型保険のほうが保証金の金額が高額に設定されています。

安い

毎月の支払いと年間の支払いが安い生命保険もありす。これは、インターネット上て新規申し込みができるタイプで、貯蓄型と掛け捨て方のどちらかを選ぶことができます。そのため、支払いを安くしたい方には、ネット保険がおすすめです。

貯蓄型生命保険のメリット

貯蓄型生命保険にはいくつかのメリットが存在します。本記事では、「継続的に貯蓄をすることができる」と「解約返戻金が支払った保険料を上回る可能性がある」という2つのメリットについて紹介します。

継続的に貯蓄をすることができる

貯蓄型生命保険の一番のメリットとして考えられるのが、「継続的に貯蓄をすることができる」という点です。毎月、登録した口座から自動的に保険料が振り込まれることにより、常に貯蓄を意識せずに貯蓄を続けることが可能になります。

また、貯蓄型生命保険で貯蓄したお金は、簡単に引き出すことはできません。引き出すためには、貯蓄型生命保険を解約する必要がありますが、途中で解約してしまうと解約返戻金として戻ってくるお金が、それまでに支払った保険料を下回る可能性があります。

解約返戻金が支払った保険料を上回る可能性がある

「解約返戻金」とは、保険契約を契約者自身が解約した場合や、保険契約を保険会社から解除された場合に契約者に対して払い戻されるお金のことをいいます。

しかし、解約時までに支払った保険料すべてが戻ってくるとは限りません。一般的には、契約から解約までの年数が長ければ長いほど返戻率が上昇します。解約するまでに支払った保険料の累計を上回る可能性もあるため、貯蓄として利用することが可能です。

「解約返戻金」には、「低解約返戻金型」、「従来型」、「無解約返戻金型」の3種類があります。3つのタイプの特徴について説明していきます。

低解約返戻金型

「低解約返戻金型」は保険料払い込み期間中の解約返戻金が少ない特徴があります。一般的に、保険料払い込み期間中の解約返戻金の返戻率は、払い込んだ累計保険料のおおよそ70%程度の水準に設定されています。一方で、保険料を払い終えた後の解約返戻金は払い込んだ累計保険料よりも大きくなることが特徴です。

従来型

「従来型」は、払い込む保険料とともに解約返戻金が増えていきます。保険料の払い込みが終わる頃には、それまでに支払った累計保険料と解約返戻金が同じくらいの金額になります。保険料払い込み終了後は、解約返戻金が大きく増えることはなく、ゆっくりと緩やかに増えていくという特徴があります。

無解約返戻金型

「無解約返戻金型」は、解約返戻金がない、もしくは解約返戻金がとても少ないことが特徴です。解約返戻金がないことにより、保険料を低く設定しているためです。

貯蓄型生命保険のデメリット

次に、貯蓄型の生命保険のデメリットについて、色々ご紹介します。

保険料が高い

「貯蓄型生命保険」は、「掛け捨て型生命保険」と比較すると保険料が高く設定されています。「貯蓄型生命保険」が「掛け捨て型生命保険」よりも保険料が高く設定されている理由は、生命保険としてだけではなく、貯蓄としての役割を持ち、毎月お金を積み立てているためです。

一方、「掛け捨て型生命保険」は「貯蓄型生命保険」より保険料が安く設定されていますが、貯蓄としての役割を持っていないため、別の方法で貯蓄を行う必要があります。

インフレリスクがある

「貯蓄型生命保険」の解約返戻金は、契約を結んだ時点で確定する場合が多いです。そのため、インフレが加速して物価が高騰してしまった場合に、「貯蓄型生命保険」で積み立てた貯蓄の価値が低下してしまう恐れがあります。

インフレリスクに対する対策としては、投資信託や債券、外貨預金など別の金融商品と「貯蓄型生命保険」を組み合わせて資産運用のリスク分散を行うことが効果的です。

貯蓄型生命保険の比較方法

つづいて、貯蓄型生命保険の比較方法について紹介します。少しでも自分にとって有利な保険商品を選びたいのは誰にでも当てはまることでしょう。貯蓄型生命保険を比較する場合に大切なのは、解約返戻金の利率です。つまり、毎月いくら支払いをして、最終的にいくら戻ってくるかについて算出することで貯蓄型生命保険の比較をすることができます。

貯蓄型生命保険の利率

つづいて、貯蓄型生命保険を比較する際に気になる返戻金の利率について紹介していきます。まず、返戻金の利率ですが、「解約返戻金 / 支払い済み保険料の総額 x 100」で算出することができます。返戻金の利率を算出するときに重要な点は、解約時の解約返戻金で計算することです。この値を間違えてしまうと算出される返戻金の利率が正しくなりません。

例えば、支払い済み保険料の総額が600万円、保険料振り込みが完了する60才時点での解約返戻金が約750万円の場合、「750(60才時点での解約返戻金) / 600(支払い済み保険料の総額) x 100」で返戻金の利率が125%であると算出できます。

また、保険商品を比較する際の注意点として「同じ条件」で比較することが挙げられます。保障内容などが違う保険商品を比較しても一概にどちらの保険商品のほうがよいか比較することができなくなります。注意しましょう。

貯蓄型生命保険の控除

生命保険には、生命保険料控除というものが存在します。生命保険料控除とは、1年間に支払った保険料の額によって、所得税や住民税から控除されるという制度です。「貯蓄型生命保険」は、「一般生命保険料控除」という枠で生命保険料控除の対象となっています。

また生命保険料控は、節税効果も期待できます。「一般生命保険料控除」以外にも「介護医療保険料控除」と「個人年金保険料控除」が用意されており、すべての控除枠を最大限に利用すると所得税は12万円、住民税は7万円節税することが可能です。

サラリーマンの場合は、年末控除の際に生命保険控除の申請を行うことができます。それ以外の場合は、確定申告を行う際に生命保険控除の申請を行うことができます。詳細な情報は、厚生労働省のホームページをご確認ください。

おすすめの貯蓄型生命保険TOP3

本記事のまとめとして、おすすめの「貯蓄型生命保険」TOP3を紹介します。ぜひ、「貯蓄型生命保険」を選ぶ際に参考にしてください。それぞれの保険商品に異なった魅力があります。気になる商品が見つかった場合は、ぜひ資料請求などをしてみてください。

オリックス生命「終身保険RISE」

まずおすすめするのは、オリックス生命の「終身保険RISE」です。この商品は、とにかく保険料が安く抑えられることが最大の魅力です。また低解約返戻金を導入しているため、保険料払込期間満了後も継続して加入し続けることで元本以上に解約返戻金を受け取ることが可能です。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「一生のお守り」

次におすすめなのが、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の「一生のお守り」です。この商品は、終身タイプの生命保険なので、一生涯保障を受けることが可能です。また、低解約返戻金の保険なので、毎月の保険料を安く抑えることができます。さらに、低解約返戻金期間満了後の解約返戻金は、無配当終身保険と同水準になるため貯蓄の面でもかなり期待することができます。

AIG富士生命「E-終身」

最後におすすめするのが、AIG富士生命の「E-終身」です。こちらの商品も、終身タイプの生命保険となっています。この「E-終身」は、解約返戻金の額や利率があらかじめ固定されている「積立利率固定型」というタイプの保険になります。そのため、解約時の解約返戻金が分かりやすいのが特徴です。また、低解約返戻金の商品ですので、保険料を低く抑えることができます。

ぜひ貯蓄型生命保険への加入の検討を

ここまで「貯蓄型生命保険」についての情報を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。一見、難しく思われがちな生命保険ですが、しっかりと知識をつければそれほど難しいものではないと感じたのではないでしょうか。

まずは、資料請求をしたり、無料相談所を利用したりして自分に合った保険の情報を手に入れてみてください。