Search

検索したいワードを入力してください

一人暮らしの節約方法・おすすめの本・貯金方法|料理/高熱費

Author nopic iconまお
節約 / 2018年04月17日
一人暮らしの節約方法・おすすめの本・貯金方法|料理/高熱費

料理での一人暮らしの節約方法

料理での一人暮らしの節約方法について解説していきましょう。

食費

一人暮らしで節約をする上で食費は絶対的に欠かせない存在です。食費はピンキリで、外食をすればとても高くつくし、自分で料理を作っても、食材費が高くなってしまうことがあります。

自分で料理をする場合に、気をつけておきたいことがあります。自分で料理をする場合に、食費が高くなると感じる人がとても多くいます。その原因は、自分で自炊をした場合、1階の料理で作れる量と言うのは複数人分です。それを1回で食べきってしまうと言う男性は多く、だからこそ男性は食費は高いと認識しています。

しかしそれはタッパーなどに移して、何回にも分けて食べるような量であって、1回で食べきれる量ではありません。だからこそ一人暮らしでの節約のために自炊はとても大切なことと言われます。それを勘違いして1回の量を食べきってしまうと、全く節約にはならずむしろ浪費となってしまいます。

スーパーでの買い物の仕方

一人暮らしにで食費を節約したければ、やはり買い物の時からがポイントになります。買い物の時に安い食材を買ってこそやはり節約と言えるでしょう。もしレシピ通りに作りたくて、レシピの材料を買ってくる人ならば、そのやり方を変えた方が良いでしょう。

なぜなら、その材料の分量がジャストで買えるわけでは無いからです。絶対にその食材はレシピの分量よりは余ってしまいます。

だから、スーパーで買い物する際には、逆転の発想をします。値引きしてあるものや値下がりしているものだけを買います。その買った食材で、料理を作ると言うことが大切です。そうすれば自分の頭で考えて安い食費で料理を作ることができむす。わざわざレシピのために高い食材を買っているうちは愚かです。安い食材でどうやりくりするかということが求められてきます。

無駄な買い物をしない

スーパーでものを買うときは、あれも安いこれも安いと上やたらに買物かごに食材を入れて行きたくなります。その結果、食材が使いきれず、腐らせるなどして捨ててしまう事がある人も多いです。そんな時に、せっかく安く買ったとしても結局そのお金と言うのはドブに捨てたことになります。だから、もともと使う予定のないものは買わないほうが良いでしょう。

例えばもやしで言うと19円だから安いとは言っても、足が速いのですぐ腐ってしまいます。だから使うタイミングが近い日であれば買ってもいいですが、いつ使うかわからないので買わないほうがいいです。

だから、目安としては買い物かごの3分の2の高さまでの食材ならば3日のうちに使い切ることができます。初心者ならばかごの3分の1の高さまでとしましょう。

値段の相場を知ろう

一人暮らしで料理初心者の方は、野菜など基本的な値段の相場を知りません。値段の相場を知らないと、値引きされていると言っても結局は高いものを買っていると言うことがあります。

例えば有機野菜というブランドで単価が高いのに、値引きされているからといって安い気になってしまうということです。だから、野菜の値段の相場と言うのは知っておいた方が良いです。だから足しげくスーパーに通い、節約するために価格の相場の勉強をしましょう。

これはちょっと高い、旬だから安いと言う感覚を身に付けましょう。そのためには、どの魚や野菜が旬のものであるかということがわかっていなければなりません。旬のものは大量に取ることができるので安いことが多いです。しかも旬のものはとてもおいしいので安くておいしいと言う最高の食材となります。

一人暮らしで節約して貯金する方法

一人暮らしで節約して貯金する方法について考えていきましょう。

飲み物代を減らす

一人暮らしで節約して貯金する方法はたくさんありますが、まずは食費を減らしましょう。外食にばっかり頼っている人は食費を減らすと途端に貯金がたまります。それから、飲み物の工夫もしましょう。

例えば毎日ペットボトル1本買っている人は、毎日150円の損失となります。それが30日間続けば、150 × 30で4,500円の出費となってしまいます。もし、お茶葉を買えば、150円位で30袋のお茶パックを買うことができます。それを毎日水筒で持っていけば、4,500円かかっていた飲み物代が月々150円強で済んでしまいます。

嗜好品を減らす

また、一人暮らしで節約するためにはあまり嗜好品を買わない方が良いでしょう。アイスなど甘いものを買っている人はもちろんそれを減らすことで、大きな節約になります。どうしても食べたいとなったら1週間に一個と決めて買いましょう。

嗜好品は字の通り、生活の中で食べ物として必要でなく、好みで買うものです。嗜好品がなくても生きていけるので、なるべく嗜好品を買う頻度を大ましょう。

外食を極力減らす

外食は、普通1,000円位が相場です。一人暮らしならばあまり料理をしないと言う形は外食が多くなってしまいますが、外食は値段がピンキリです。例えばお昼のランチタイムで考えれば、安ければ500円で食べれて、高く見積もると2,000円位で食べることができます。

しかし、安くて500円と言うのは高いです。だから一人暮らしとは言えど、自炊をたくさんして節約をした方がお金は貯まります。

しかも外食は脂肪や糖質が多い食べ物が多いので、例えばダイエットを気にしている女性ならダイエット用具をさらに買い足すと言うお金の使い方をしてしまうので、実質さらにお金がかかってしまうこととなります。必要ないものを食べてしまう機会が多くなってしまうので、やはり外食は一人暮らしの節約の敵となってしまいます。

買い物袋を買うことをやめる

最近では買い物袋が昔より有料になるところが多くなります。一人暮らしで節約したければ、その買い物袋の3円や5円を節約することも視野に入れた方が良いでしょう。

例えばマイバックをもっていくとか、お店にある段ボールに詰めて持ち帰ると言う方法があります。しかももしゴミ袋が有料の地域であれば、買い物袋をもらうと言う事は無駄なことになってしまうので、ゴミ袋のかさを減らすためにも買い物袋を買うことはやめましょう。

一人暮らしにおいて3円や5円の買い物袋も塵も積もれば山となるで年間2,000円相当の損失になると計算されています。2,000円あれば高級な外食のランチを一色食べることができます。3円や5円だと言って侮ってはいけません。

ポイント制度を活用する

一人暮らしの節約の味方となるのはポイント制度です。ドラッグストアやスーパーでは、その店固有のポイントカードがあります。ポイントカードのポイントがたまれば、割引券や値引きの券がもらえます。それを使わない手はありません。だから、5倍デーや10倍デーの日を狙って買い物にいきましょう。

さらに女性ならば、高額な化粧品をポイントのつく日に買うととてもお得です。化粧品は単価が高いので、すぐにポイントがたまることになります。

一人暮らしならばやはりそういうポイントを利用して節約して自分の好きなものにお金を使うのが賢い生き方です。

一人暮らしにお勧めの節約レシピ

一人暮らしにお勧めの節約レシピを紹介していきましょう。

鶏胸肉ともやしの甘酢炒め

一人暮らしの節約の上でとても欠かせない食材として、もやしと胸肉があります。もやしは野菜の中で1番安いといっても過言ではないほどの価格です。安いものだと19円と言うことがあります。

足が早いのですぐに腐ってしまいますが、早く使い切れば節約の味方となってくれること間違いなしです。そして鶏胸肉は鶏モモ肉よりも安いです。やはりプリプリ度は鶏もも肉の方が凄いですが、やはり節約を考えてると鶏胸肉を買った方が安いです。そんなもやしと鶏胸肉を使った簡単でおいしいレシピです。

一人暮らしの節約のコツ

一人暮らしの節約のコツについて解説していきましょう。

裏技

実は安いと思われているスーパーがそれほど安くはないと言うことがあります。一人暮らしで節約をしたければスーパーが絶対的に安いと言う考えを捨てましょう。そして、コンビニのものは高いと言う認識がありますが案外そうでない食材もあります。

例えば、コンビニの独自のブランドの牛乳は安い傾向にあります。1リットルの牛乳パックを買うときに、地元のブランドの牛乳よりもはるかに安いことが多いです。また、裏技としてはローソンの独自ブランドだと食パンがとても安いです。普通の食パンは140円台であるのに対して、ローソンの独自ブランドの食パンは100円だからです。

そして、コンビニに入荷されている野菜が提携の関係でスーパーよりも安いことがあるので要チェックです。コンビニは高いと言うイメージを持ちがちですが、一人暮らしで節約する人の味方になる面もあります。一人暮らしの節約でコンビニを味方につけていきましょう。

光熱費での一人暮らしの節約方法

光熱費での一人暮らしの節約方法について解説していきます。

風呂

一人暮らしの節約で光熱費を減らしたいのであれば、お風呂沸かす頻度減らしましょう。お風呂と言うのは家族で入っていた時は外お風呂をためる水量で 3から5人の湯船を保証できていましたが、一人暮らしであれば1人のために4人分の水量を確保しなければなりません。そうすると水道料金が定額ない場合、やはり湯船を貯めると言う事はとてもお金のかかることです。

ただし、冬の時など寒いときにはやはり湯船を貯めてゆっくりとリラックスして疲れをとる時間が大切なので、少しは自分を許しましょう。夏は一人暮らしならばあまり入らなくても済むのでシャワーだけにする日を多くしてもいいです。

シャワー

一人暮らしでお風呂代を節約したければ、やはり自分でよく食べるよりシャワーを用いた方が良い事は明確です。ただし、湯船につからないからといってシャワーを出しっぱなしにして髪を洗ったりするのはやめましょう。結果的に湯船を貯めたと同じような水道料金になってしまいます。

水道料金と言うのは下水代も含まれているので2倍かさむと言うことなので、一人暮らしにおいてやはり水道料金はしっかりと下げるような方向にもっていくのが良いです。

一人暮らしの節約方法に関するお勧めの本

一人暮らしの節約方法に関するお勧めの本について書いていきます。

ひとり分の和食

一人暮らしにおける節約術としてやはり1人分をいかに安くするかと言うことが課題として挙げられます。この1人分の和食と言う本はとてもそのテーマに合った素晴らしい本です。しかも料理の味も断然美味しくその料理を延々と作ってしまうほどの魔力を持っています。

Blockquote firstBlockquote second

ためしに作ったひと品がめちゃくちゃ簡単すぐ出来てとても美味しく、驚いたのでその後、
かたっぱしから作って・・・しばらくこの本に載ってた料理ばっかり食べてました(笑)

一人暮らしで節約をしてお金を貯めよう

一人暮らしにおける節約と言うのは難しいです。ただでさえ一人暮らしというのは大変なものなのにお金を節約するとなると頭を使わなければなりません。しかし一人暮らしで頭を使った経験はとても将来に生かされます。

一人暮らしをしなかった人はやはり一人暮らしをしている人に比べると生活力で劣る部分があります。食費や光熱費を浮かせて節約をしていく過程で生きていく知恵をつけることができるからです。節約をすればたくさんのお金が貯まり、自分の好きなことに使えます。いい頭の使い方をしてお金を貯めていきましょう。

ぜひ紹介した節約術やレシピを参考にしていってください。