Search

検索したいワードを入力してください

一人暮らしの節約方法・本・貯金方法|料理/高熱費

Author nopic iconまお
カテゴリ:節約

初回公開日:2018年04月17日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年04月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

一人暮らしの節約方法・本・貯金方法|料理/高熱費

料理での一人暮らしの節約方法

料理での一人暮らしの節約方法について解説していきましょう。

食費

一人暮らしで節約をする上で食費は絶対的に欠かせない存在です。食費はピンキリで、外食をすればとても高くつくし、自分で料理を作っても、食材費が高くなってしまうことがあります。

自分で料理をする場合に、気をつけておきたいことがあります。自分で料理をする場合に、食費が高くなると感じる人がとても多くいます。その原因は、自分で自炊をした場合、1階の料理で作れる量と言うのは複数人分です。それを1回で食べきってしまうと言う男性は多く、だからこそ男性は食費は高いと認識しています。

しかしそれはタッパーなどに移して、何回にも分けて食べるような量であって、1回で食べきれる量ではありません。だからこそ一人暮らしでの節約のために自炊はとても大切なことと言われます。それを勘違いして1回の量を食べきってしまうと、全く節約にはならずむしろ浪費となってしまいます。

スーパーでの買い物の仕方

一人暮らしにで食費を節約したければ、やはり買い物の時からがポイントになります。買い物の時に安い食材を買ってこそやはり節約と言えるでしょう。もしレシピ通りに作りたくて、レシピの材料を買ってくる人ならば、そのやり方を変えた方が良いでしょう。

なぜなら、その材料の分量がジャストで買えるわけでは無いからです。絶対にその食材はレシピの分量よりは余ってしまいます。

だから、スーパーで買い物する際には、逆転の発想をします。値引きしてあるものや値下がりしているものだけを買います。その買った食材で、料理を作ると言うことが大切です。そうすれば自分の頭で考えて安い食費で料理を作ることができむす。わざわざレシピのために高い食材を買っているうちは愚かです。安い食材でどうやりくりするかということが求められてきます。

無駄な買い物をしない

スーパーでものを買うときは、あれも安いこれも安いと上やたらに買物かごに食材を入れて行きたくなります。その結果、食材が使いきれず、腐らせるなどして捨ててしまう事がある人も多いです。そんな時に、せっかく安く買ったとしても結局そのお金と言うのはドブに捨てたことになります。だから、もともと使う予定のないものは買わないほうが良いでしょう。

例えばもやしで言うと19円だから安いとは言っても、足が速いのですぐ腐ってしまいます。だから使うタイミングが近い日であれば買ってもいいですが、いつ使うかわからないので買わないほうがいいです。

だから、目安としては買い物かごの3分の2の高さまでの食材ならば3日のうちに使い切ることができます。初心者ならばかごの3分の1の高さまでとしましょう。

値段の相場を知ろう

一人暮らしで料理初心者の方は、野菜など基本的な値段の相場を知りません。値段の相場を知らないと、値引きされていると言っても結局は高いものを買っていると言うことがあります。

例えば有機野菜というブランドで単価が高いのに、値引きされているからといって安い気になってしまうということです。だから、野菜の値段の相場と言うのは知っておいた方が良いです。だから足しげくスーパーに通い、節約するために価格の相場の勉強をしましょう。

これはちょっと高い、旬だから安いと言う感覚を身に付けましょう。そのためには、どの魚や野菜が旬のものであるかということがわかっていなければなりません。旬のものは大量に取ることができるので安いことが多いです。しかも旬のものはとてもおいしいので安くておいしいと言う最高の食材となります。

一人暮らしで節約して貯金する方法

一人暮らしで節約して貯金する方法について考えていきましょう。

飲み物代を減らす

一人暮らしで節約して貯金する方法はたくさんありますが、まずは食費を減らしましょう。外食にばっかり頼っている人は食費を減らすと途端に貯金がたまります。それから、飲み物の工夫もしましょう。

例えば毎日ペットボトル1本買っている人は、毎日150円の損失となります。それが30日間続けば、150 × 30で4,500円の出費となってしまいます。もし、お茶葉を買えば、150円位で30袋のお茶パックを買うことができます。それを毎日水筒で持っていけば、4,500円かかっていた飲み物代が月々150円強で済んでしまいます。

嗜好品を減らす

また、一人暮らしで節約するためにはあまり嗜好品を買わない方が良いでしょう。アイスなど甘いものを買っている人はもちろんそれを減らすことで、大きな節約になります。どうしても食べたいとなったら1週間に一個と決めて買いましょう。

嗜好品は字の通り、生活の中で食べ物として必要でなく、好みで買うものです。嗜好品がなくても生きていけるので、なるべく嗜好品を買う頻度を大ましょう。

外食を極力減らす

外食は、普通1,000円位が相場です。一人暮らしならばあまり料理をしないと言う形は外食が多くなってしまいますが、外食は値段がピンキリです。例えばお昼のランチタイムで考えれば、安ければ500円で食べれて、高く見積もると2,000円位で食べることができます。

しかし、安くて500円と言うのは高いです。だから一人暮らしとは言えど、自炊をたくさんして節約をした方がお金は貯まります。

しかも外食は脂肪や糖質が多い食べ物が多いので、例えばダイエットを気にしている女性ならダイエット用具をさらに買い足すと言うお金の使い方をしてしまうので、実質さらにお金がかかってしまうこととなります。必要ないものを食べてしまう機会が多くなってしまうので、やはり外食は一人暮らしの節約の敵となってしまいます。

買い物袋を買うことをやめる

最近では買い物袋が昔より有料になるところが多くなります。一人暮らしで節約したければ、その買い物袋の3円や5円を節約することも視野に入れた方が良いでしょう。

例えばマイバックをもっていくとか、お店にある段ボールに詰めて持ち帰ると言う方法があります。しかももしゴミ袋が有料の地域であれば、買い物袋をもらうと言う事は無駄なことになってしまうので、ゴミ袋のかさを減らすためにも買い物袋を買うことはやめましょう。

一人暮らしにおいて3円や5円の買い物袋も塵も積もれば山となるで年間2,000円相当の損失になると計算されています。2,000円あれば高級な外食のランチを一色食べることができます。3円や5円だと言って侮ってはいけません。

ポイント制度を活用する

一人暮らしの節約の味方となるのはポイント制度です。ドラッグストアやスーパーでは、その店固有のポイントカードがあります。ポイントカードのポイントがたまれば、割引券や値引きの券がもらえます。それを使わない手はありません。だから、5倍デーや10倍デーの日を狙って買い物にいきましょう。

さらに女性ならば、高額な化粧品をポイントのつく日に買うととてもお得です。化粧品は単価が高いので、すぐにポイントがたまることになります。

一人暮らしならばやはりそういうポイントを利用して節約して自分の好きなものにお金を使うのが賢い生き方です。

一人暮らしにお勧めの節約レシピ

一人暮らしにお勧めの節約レシピを紹介していきましょう。

鶏胸肉ともやしの甘酢炒め