Search

検索したいワードを入力してください

【相手別】手切れ金の相場・念書の書き方・請求方法|恋人

Author nopic iconひらいまゆみ
マナー / 2018年03月16日
【相手別】手切れ金の相場・念書の書き方・請求方法|恋人

「手切れ金」の意味と使い方

【相手別】手切れ金の相場・念書の書き方・請求方法|恋人

手切れ金は、男女が今までの関係を解消する代償として、相手に支払う金銭のことを言います。通常は、男女関係の中で別れを切り出しても、金銭の請求が発生することはありません。しかし、相手が別れに納得せず、精神的苦痛を受けた場合、金銭で気持ちの整理をしてもらうために支払うのが手切れ金です。

精神的苦痛に対して支払うという意味で、慰謝料がありますが、慰謝料は婚約をしているか、内縁関係にある場合のみ適応されるもので、不倫関係の場合には慰謝料とは呼びません。手切れ金という呼び方は、聞こえが良くありませんが、お互いが一番納得できる別れ方とも言えます。

手切れ金を支払うメリットは、後のトラブルなく関係を終わらせられることにあります。トラブルの長期化によるストレスや、家庭や職場を失う可能性を考えれば、手切れ金で終わらせるのも悪くはありません。

関係性別手切れ金の相場は?

【相手別】手切れ金の相場・念書の書き方・請求方法|恋人

手切れ金を支払う側も受け取る側も、手切れ金の相場は気になります。手切れ金には、明確な決まりがありませんので、状況や立場ごとの平均的な相場を知ることが大切です。

相手が妊娠や中絶をしている場合

女性にとって妊娠や中絶は、精神面だけでなく肉体的にも大きな負担になります。この場合の手切れ金は、50万円〜100万円が妥当でしょう。男女の別れの代償として、最も大きな手切れ金を支払わなければならない事例です。

数年付き合った彼女の場合

不倫関係でもなく、普通にお付き合いをしていた彼女への手切れ金は、支払う義務はありません。しかし、同棲をしていたり結婚を前提に付き合っていた場合、トラブルなく終わらせるために、引っ越し費用相当の金額を支払っても良いでしょう。相場としては、10万円くらいが妥当と言えます。

不倫相手が会社の部下や同僚の場合

社内での不倫関係は、解消後もお互い会社で顔を合わせる可能性もあり、きちんとした別れ方をしないと、嫌がらせを受けることもあります。出世や評判にも関わりますので、誠意のある対応が必要です。相手によっては高額な請求をしてくる場合もありますが、10万円〜50万円が妥当でしょう。

手切れ金の念書の書き方

【相手別】手切れ金の相場・念書の書き方・請求方法|恋人

手切れ金を支払う場合、示談書や念書、合意書といった書類を作成しておいた方が良いでしょう。特に、家族や会社に話すと脅迫されている場合や、嫌がらせを受けている場合は、書類に残すことをおすすめします。

この書類にサインをしてもらうことで、お互いの合意により関係を終わらせたという証明になり、手切れ金を受け取った証拠にもなります。

念書には、関係を解消した確認と金銭を受け取ったことの確認、今後の接触や嫌がらせをしないなどの約束事項をしっかりと記載し、万が一、約束を破った場合の対処も書いておくと良いでしょう。手切れ金を支払った後のトラブル回避になりますので、必ず念書は作っておきましょう。

必ず記載しておきたい念書の内容

・この念書のサインと手切れ金の支払いをもって、お互いの関係を完全に解消すること
・手切れ金の金額、支払い時期、支払い方法について
・これまでの両者の関係を第三者に口外しないこと
・相手の自宅や会社を訪問するなどの嫌がらせを行なわないこと
・写真や個人情報をWeb上にアップしないこと
・追加の金銭要求をしないこと

こうした念書を残しておけば、その後の付きまといや嫌がらせを受けたときに、警察へ訴えることができ、そういった行動を起こさせない予防にもなります。念書を取ることは自分の身を守ることになりますので、必ず行いましょう。

手切れ金の請求方法

【相手別】手切れ金の相場・念書の書き方・請求方法|恋人

手切れ金は、法律的に支払いの義務はなく、請求することは難しいと言えます。しかし、女性の立場として相手に金銭的な要求をせずに、別れることは考えられないという人も多く、弁護士事務所への相談も数多くあります。

法律上の根拠がない男女関係のため、訴訟によって手切れ金を請求することはできません。その反面、手切れ金は法律に関係なく、当事者間で自由に金額を決めることができます。不倫関係にあった期間や相手の財力などを考え、話し合いによって手切れ金の額が決まります。不倫関係の解消には、お互いが納得のいく話し合いが不可欠でしょう。

手切れ金に関する法律

【相手別】手切れ金の相場・念書の書き方・請求方法|恋人

不倫関係は法律上、不貞をはたらいているとみなし、保護を受けられる対象ではありません。つまり、不倫関係の解消はいつでも行えることになります。

しかし、関係が長く続いた場合、解消するときに一方から相手に、手切れ金が支払われることがあります。不倫解消の手切れ金には法律上の決まりがないため、話し合いによって穏便に解決することが大切です。

逆に不倫している男女は、不倫をされた配偶者に対して損害賠償責任が発生しますので、注意が必要です。

不倫関係でも法律上の請求ができる場合

法律上で、不倫関係は正当な男女関係と認められていないため、慰謝料の請求をすることはできませんが、場合によっては、請求できることもあります。

例えば、結婚していることを隠して性的関係を持った場合、貞操権の侵害にあたり慰謝料を請求することができます。しかし、騙していたことを認める人は少なく、請求をしても逃げられてしまう場合が多いでしょう。

慰謝料請求をして争うよりも、話し合いで少しでもで手切れ金をもらう方が得策でしょう。

手切れ金500万円は高いのか安いのか?

【相手別】手切れ金の相場・念書の書き方・請求方法|恋人

不倫をされた配偶者からの慰謝料請求で、500万円はあっても、不倫相手への手切れ金に500万円は高額すぎると考える方が多いでしょう。しかし、相手が「家族や会社に話す」と言ってきたり、「SNSに交際していたときの写真をアップする」と嫌がらせをしてきた場合、お金で縁が切れるならと、考える人もいます。

社会的な立場や経済的状況によって、500万円が高いか安いかの感じ方は違いますが、最終的に家族や社会的地位をすべて失わないように、注意して不倫関係を解消することが大事です。

手切れ金の支払い方で分割はありか?

通常は一括での支払となりますが、手持ちのお金が少ない場合や相手との話し合いにより、分割で支払うこともできます。その場合は手切れ金の総額、支払う期間、月々の支払額、支払方法などを取り決め、支払い期間が長期になる場合には、公正証書を作ることをおすすめします。

また、手切れ金の支払い方は、現金での手渡しよりも、銀行振込が良いでしょう。問題が起きないように証拠を残すことが大切です。

上手な不倫関係の解消方法は?

【相手別】手切れ金の相場・念書の書き方・請求方法|恋人

最初は軽い気持ちで始めた不倫関係も、気がつくと深みにはまっていることがあります。関係が深ければ深いほど、簡単に関係を解消することができません。ここでは、不倫関係の上手な解消方法を紹介します。

不倫を解消しようと考えた理由は?

・妻や夫など配偶者にばれそうになった。
・相手の嫌な部分が見えてきた。
・ホテル代や食事代など、金銭的に厳しくなった。
・時間を作ってアリバイ工作をするのが面倒になった。
・相手が離婚するのを待ったが離婚してくれない。
・引っ越しや転勤などで会うのが難しくなった。
・相手への気持ちがさめた。

最初は盛り上がっていた気持ちも、時間が経つと冷めるのが恋愛です。まして障害の多い不倫関係は、精神的に負担が大きく疲れます。別れの理由は人によって違いますが、別れたくなるとすぐにでも解消したいと考える人は多いでしょう。

上手な解消の仕方

上手な解消の仕方をご紹介します。

少しずつ離れる

急に別れを切り出されると逆上したり、ショックも大きいため、気持ちが冷めてきたことを少しずつ感じる言動をとりましょう。電話やメールの回数を減らし、合う時間を短くして泊まらず帰るなど、素っ気ない態度をとると「別れたいのでは」と感じ、相手から別れを申し出てくることもあります。

女性の場合、プライドや体裁を気にする傾向があるため、そんな心理を利用するのも良いでしょう。

作り話をする

もめずに不倫関係を解消するために嘘をつくことも大切です。正直に「嫌いになった」「気持ちが冷めた」と告げても、相手を怒らせることになります。そうなれば話し合いは上手くいかず、修羅場になることもあります。

「配偶者にばれた」「親が病気で実家に帰る」「転勤になった」など、二度と合わなくてすむ嘘を考えてみましょう。大切なのは、相手を傷つけずに清算することです。

第三者に入ってもらう

どうしても相手が納得しない場合、二人で話し合っていても冷静に聞いてもらえず、話しが前に進みません。そんなときは、第三者が間に入ってもらうことで、感情的になっていた相手も、落ち着いて話し合いに応じてくれるでしょう。また、第三者に証人になってもらうことで、手切れ金の有無や金額などで後から問題が起きることも少なくなります。

大事なことは、口が堅く信頼できる人に間に入ってもらうことです。相談した相手から逆に脅されることもありますので気をつけましょう。

強い意志を持つ

最も大切なのは、「別れる」という強い意志を持って不倫解消に望むことです。情にほだされ関係を続けてしまうと別れられなくなります。意思の弱い人は、いつまでに別れるか期限を決めて話し合うと良いでしょう。

別れ話を切り出した方が言ってはいけない言葉は?

【相手別】手切れ金の相場・念書の書き方・請求方法|恋人

「不倫なんかしなければよかった」「時間の無駄だった」「どうせ不倫だから」「そちらも楽しんだでしょ」「もう、面倒だ」こんな言葉を言われたら、誰でも反発したくなります。

上手に関係を解消するために、今までの関係を否定する言葉や相手をバカにする言葉は、使わない方が良いでしょう。

別れ話を切り出された方が言ってはいけない言葉は?

「死んでやる」「奥さんにばらす」「会社の人に言いふらしてやる」「悪いところは直します」「別れたくない」と泣く。これらの言動は、相手の気持ちを引かせ、別れたい気持ちが強くなります。

相手にすがる言動や感情的な言葉は、相手を警戒させ、気持ちを遠ざけてしまうのでやめましょう。不倫関係の清算は、長引かせない方が自分のためにもなります。

不倫関係の代償の先に

【相手別】手切れ金の相場・念書の書き方・請求方法|恋人

不倫関係は軽い気持ちで始まり、悪いことだとわかっていても抜け出せなくなる人も多くいます。互いに割り切った関係なら、別れを切り出しても簡単に解消できますが、どちらかが本気の場合は上手に別れを切り出さないと話がこじれることになります。

一度は恋愛感情を持ち、楽しく付き合ってきた関係なので、別れのときに「醜い争いは避けたい」と誰もが考えることです。別れ話にどうしても納得してもらえないときは、手切れ金を支払うことで相手の気持ちも収まり、上手に関係の解消ができることがあります。お互いに納得のできる話し合いをして、新たな生活へ向けて前に進んでいきましょう。

関連記事

Related