Search

検索したいワードを入力してください

集中できないときの対処法・原因|家で集中できない/仕事

Author nopic iconUn
仕事の悩み / 2018年03月10日
集中できないときの対処法・原因|家で集中できない/仕事

集中できない時どうしたらいい?

「仕事を早く終わらせたい。それなのに集中できないから、なかなか終わらない。」「大事な話をしている最中なのに、集中力できない。話が途中から頭に入ってこない。」「説明を聞いている最中、集中が途切れて大切な情報を聞き逃してしまって困った。」このような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

長時間の作業や会議となると、その間中ずっと集中していようと頑張っても、ついついボーッとしてしまったり、他のことを考えてしまうことは、多くの方が経験したことがあるでしょう。何かに集中できないことは、毎日の生活の中で不利になる状況を作り出してしまう原因になることがあります。

集中力がつくといいことが増える!

集中することで作業の効率が上がったり、大事なことを忘れずに済んだり、大事な情報を逃さなくて済みます。そうなれば、今までよりも早く仕事を終えて自由な時間を持つことができるようになり、毎日の中で楽しむための時間が増えます。

また、集中するコツさえつかむことができれば、時間の管理もうまくできるようになりますし、以前よりもより多くのことを同じ時間で済ませられるようになります。日常の生活が豊かなものになることが期待できます。

では、何かに集中できない時、どう対処すればいいのでしょうか。シチュエーション別に、対処法をご紹介します。

仕事に集中したい!

仕事に集中できるようにするためには、集中して取り組むのに適切な環境が整っていることがとても大切な要素になります。人によって、何かに集中する時に最適な環境は異なります。

例えば、周囲がどれだけ騒がしかったり、近くにスマートフォンなどの集中を妨げる要因となり得るものがあったとしても、それらを全く気にせずに作業に集中することができる人もいれば、静かな場所でないと集中ができなかったり、つい他ごとに途中で気をとられていて、気が付いた時には完全に元の作業から離れてしまっていることが多いという人もいます。

後半のタイプに当てはまる人は、その集中を妨げる要因となっているものをできるだけ排除することができれば、集中力をアップできます。そのための方法をいくつかご紹介します。

仕事をする場所を変えてみる

たくさんの社員がいるオフィスなどは、話し声や他の社員の作業の音、移動の音、電話対応の声や電話のベルなどの音が常に聞こえてきてしまいます。また、他の社員などから話しかけられる可能性もあるでしょう。そのため、静かな場所でないと作業に集中しにくいタイプの人にとっては、集中できない要因がたくさんあるため、オフィス内は仕事をするのに最適な環境とは言えないこともあります。

もし、仕事をする場所がオフィス内など決められた場所以外でも問題ないのであれば、働き先の場所の中でより静かな場所や人の少ない場所に移動をして作業をすることをお勧めします。

例えば、大学などでスタッフとして勤めている人などは、図書館に行けば静かな環境を手に入れられるので集中して仕事を進めることができるでしょう。またそのような場所であれば、他の人から話しかけられることも少ないと考えられます。

集中力がある時に一気に作業を進める

中には、集中できる時と集中できない時の波があるという人もいます。その場合は、「今なら集中が続きそうだ」というタイミングを利用して、その間に一気に仕事を進められれば、その後しばらくして集中が途切れたとしても、ある程度すでに仕事を進めた後なので、スッキリとした気持ちで休憩に入ることができるでしょう。そうなれば、頭のオン・オフがはっきりするので、作業の効率も高くなります。

また、この場合は集中できないタイミングを利用して思いっきり休めば、その後集中の波がきた時にはしっかり集中できるので、時間を有効に使うことが可能でしょう。

時間を区切る

集中できないときの対処法・原因|家で集中できない/仕事

人によって、どのくらいの時間なら集中力が続くのかは異なります。一時間という人もいれば、15分という人もいるでしょう。無理に長時間続けて集中しようとしても、結果的には途中で気がそれてしまったり、なんとか一度は長時間集中できたけれどその後休憩に入った後再び仕事に戻ろうとすると完全に疲れてしまってその後の仕事に集中できない、など、失敗してしまいます。

継続的に、仕事→休憩→仕事の循環を維持したい場合は、自分が無理なく集中できる時間を知り、その時間中は集中して仕事を、それが一旦終われば休憩をとり、その後また同じ時間集中して仕事、を繰り返すと効率が良いでしょう。

この際、休憩する時間についても、何分休憩したらもう一度仕事に戻るのかを決めておかないと、気が付いたら休憩時間が長くなりすぎていたり、再度仕事に戻りにくくなってしまう可能性があります。

やることリストを書き出して一つずつ行う

何をしなければならないか、自分でノートやメモ帳などに箇条書きなどでリスト化して書き出すと、目に見えてやるべきことが見えるので、頭の中が整理しやすくなります。頭の中をきちんと整理した状態で仕事に取り組めば、そうでない状態よりも集中しやすくなります。

そのリストに書き出したことを実行する際には、一つずつ行うことで着実に一つ一つの仕事を丁寧にこなすことができるでしょう。逆に、同時に複数の物事をこなそうとすると、かえって効率が悪くなってしまったり、一つの仕事に十分に集中できないため、それぞれの仕事内容の質の低下につながる可能性があります。

集中できない要因のものをできるだけ避ける

集中を妨げてしまう要因として、スマートフォンなどが挙げられます。それらは手の届く場所や目につく場所などにおいておくと、つい気にしてしまうため、集中できない要因になります。そのため、仕事をする際にはできるだけ集中できない要因となるものは近くに置かない、視界に入る場所に置かないなどの工夫をすると、集中できる環境に近づけることができます。

人の話に集中したい!

仕事などの作業に集中できないのとは別に、誰かの話を聞いている最中に、話に集中できないこともあります。話といっても、友人との会話などの気軽なものから、仕事に関する大事な会議や打ち合わせ、もしくは何かの説明会など、色々なシチュエーションがあります。対処法としては、大きく一つの方法が挙げられます。

話の内容に興味を持つ

話の内容に興味がない、またはその内容があまり自分にとって重要でないと感じてしまうと、話を聞いていてもつまらないと感じるようになるでしょう。そうなってしまうと、ますます集中力が落ちて、結果的に話の内容に集中できないことがあります。

雑談程度の話であれば多少集中できないまま話していても問題になることは少ないでしょうが、もしその話の内容が仕事に関わることである場合は、集中していないと大切な情報を聞き逃してしまって後から何かしらの問題が出てくる可能性があります。

比較的固い内容の話となると、興味を持って話をきくというのは難しくなりますが、その話の内容から何か自分にとって有益な情報・必要になりそうな情報がないか、気にしながら話をきくようにすることで、自然と話に集中できるようになるでしょう。

集中できない原因は?

そもそも、集中できない原因はどこにあるのでしょうか。ここでは、主な3つの原因について見ていきます。

他のことを考えてしまう

何かの作業中でも、誰かの話を聞いている最中でも、集中できないとつい他のことを考えてしまう人は多いのではないでしょうか。一旦他のことを考え出してしまうと、意識がそちらに傾いてしまい、気が付いた時にはかなりの時間が経っていた、という経験をしたことがある人もいるでしょう。

特に、何か気にかかるような悩み事があったりすると、今やっていることに集中しようとしてもなかなか集中できないでしょう。気になってしまって他のことを考える余裕がなくなってしまいます。

心配事や悩みとは逆に、嬉しいことや余韻に浸るようなことがあった時も、そのことを思い出して思考が止まってしまうので、今の作業や話に集中できないことがあります。今の仕事や話に集中できるように、切り替えることも大切です。

ストレス

集中できないときの対処法・原因|家で集中できない/仕事

寝不足の時や疲れている時、また嫌なことがあってイライラしている時などは、ストレスが溜まった状態なので、落ち着いて冷静な判断をとりにくく、今の仕事や話に集中できないでしょう。

また、ストレスで集中できないまま無理矢理仕事に臨むとミスをしたりトラブルになる可能性があります。同じように、ストレスを抱えたまま話を聞いても、話の内容を悪い方向に捉えてしまったり正しく理解できない可能性が高いでしょう。

仕事や話にきちんと冷静になって向き合うためには、ストレスを抱えた状態のままでは集中できないので、ストレスを解消する方法をできるだけ早く見つけ、落ち着いて今の物事に集中できるようにすることが大切です。

話し声

会社内の他の社員の作業音だけでなく、話し声が耳に入ってきてしまい、つい気になって自分の仕事に集中できないことも考えられます。話し声の場合、他の物音などと違うのは、内容によっては気になって意識がそちらに逸らされてしまうことがありうるということです。

「誰のことかはわからないけれど、自分のことだったらどうしよう」などと気がかりでつい他の人の会話でも聞き入ってしまったり、自分の気になるような情報についての話だったりすると、なおさら気になってしまうでしょう。その結果、自分の仕事に集中できないので効率が悪くなってしまいます。

あまり気にしないように努力するか、可能であれば前述したように場所を変えて仕事に取り掛かるといいでしょう。

家で集中できないのはなぜ?

集中できないときの対処法・原因|家で集中できない/仕事

自分の自宅なら、他に多くの人がいるわけでもないし、慣れている環境なので集中しやすいかと思いきや、実際は自宅ではなかなか作業に集中できないことがあります。なぜでしょうか。

自宅の場合、仕事場と違って、さらに集中できない要因となるものが多くあります。テレビ、本、雑誌などです。これらのものは、作業途中に視界に入る場所にあると、気になって見初めてしまい、作業に集中できない原因となります。

集中できない子供を集中させるには!?

集中できないときの対処法・原因|家で集中できない/仕事

子供に勉強しなさいと注意して勉強を始めさせても、いつのまにかやめ、他のことをしていることがあるでしょう。集中できない子供に集中させる方法をご紹介します。

時間を決める

「この時間まで勉強したら遊んでいいよ」など、あらかじめ時間を制限することで、子供はやる気を出して取り組みやすくなるでしょう。また、長時間に設定してしまうとかえってダラダラと取り組んでしまう原因になるので、必要な勉強量に合わせて時間を調節してあげると良いでしょう。

集中できる音楽を聴かせる

Youtubeなどで検索をすると、集中するのに役に立つ音楽があります。それらを活用してみると、より集中して勉強などに取り組んでくれることが期待できるでしょう。

そのうちの一つがこちらの動画です。

できるだけ見える範囲にいる

子供は、親が近くにいると、叱られたくないためよそ事をしにくいでしょう。逆に一人にさせた状態で放っておくと、すぐに他のことに気をそらして、やるべきことから離れやすくなります。なので、できるだけ子供が見える場所にいることは、子供がやるべきことに集中するのに役立つでしょう。

ベストな解決策を見つけよう!

集中できないときの対処法・原因|家で集中できない/仕事

仕事や話に集中できない原因、また集中するための最適な環境・条件は、人によって異なります。集中するための一番ベストな方法やコツを見つけることができれば、仕事も話も今まで以上に集中して取り組んだり聞いたりできるようになるでしょう。ここでご紹介した方法以外にも解決策は十分にあると考えられます。色々な方法を試し、ぜひ解決策とコツをつかんでください。

関連記事

Related