Search

検索したいワードを入力してください

取り柄がない人におすすめの仕事・就職方法・悩み解決方法

Author nopic iconタカギ333
転職・就職 / 2018年03月08日
取り柄がない人におすすめの仕事・就職方法・悩み解決方法

取り柄がない人におすすめの仕事

みなさんは今の仕事に満足していますか?今自分がやっている仕事に意味を見出せず悩んでいる人も多いのではないでしょうか。みなさんは自分の取り柄をハッキリと口にできますか?今回は自分は取り柄がないと感じている方に特に読んでいただきたい記事です。一緒に取り柄がないという悩みを解決していきましょう。

取り柄がない悩みの解決方法

ではまず取り柄がないというのは、一体何を指すのでしょうか。取り柄の意味を正しく理解しましょう。取り柄とはとりたてて良いところ、役立つところ、長所とあります。どんな人であっても長所のない人などいません。自分の長所を探すところからはじめてみましょう。

取り柄がなくて辛い人

取り柄がないと悩んでいる人は、自分の長所を探します。しかし自分の長所を探すのもなかなか難しいところです。そこで簡単に自分の長所を探す方法をご紹介します。それにはまず自分の短所をノートに書き出してください。短所ならすぐに出てくるという人もいます。何個も浮かぶ人は箇条書きにしてみてください。

そして書き出した短所をポジティブな言葉に言い換えます。通常取り柄がないと悩んでいる人は、この作業が苦手です。そう、全てはとらえ方次第なので、自分で考え方を前向きに変換する訓練をしていきます。

この方法の肝心なところは、自分で考えて言い換えるという作業です。取り柄がないと悩んでいる人は、自己評価が低い傾向にあります。自己評価というのは、文字どおり自分が自分にくだす評価のことです。これは自分が考えてなおしていく必要があります。

人からいくら褒められても自己評価の低い人がいます。自分に自信がないことがそのまま取り柄がないという考えにつながっています。自分の価値は自分で探す訓練を行う。これこそが取り柄がない辛さから抜け出す近道です。

生きる意味が持てない人はどうすればいい?

先ほどの短所を長所に言い換える訓練でつまづく方もいます。いくら考えても悪い言葉しか出てこなくなった時に一体どうすればいいのでしょうか。答えは読書や映画鑑賞、ドラマを見る、引っ越し、転職などです。つまり自分に違う価値観を新しく植え付ける作業です。

毎日同じ環境で同じ仲間と過ごしていると段々と思想が固まってきてしまいます。考え方に偏りが出ると他の考え方を受け入れること自体しづらくなっていきます。頭を柔らかくするためにも環境の変化は大切です。

付き合う人も選ぼう

そして人というのは、周りの意見に左右されます。どんなに前向きな人でも、もし自分で取り柄がないと悩んでいるときに周りから改めて「君って取り柄がないね」と言われてしまうと、それが事実かのように感じてしまいます。なので、付き合う人を選ぶというのはとても大切です。

どうせならポジティブな人と友達になるように心がけてください。それが難しいなら、ポジティブな内容の本を読むなど、自分の周りにプラスになる環境を整えてみましょう。朱に交われば赤くなると言います。環境を整えることはことのほか重要です。

取り柄がない人におすすめの就職や転職方法

短所を長所に言い換える訓練もした。環境もできるだけ整えた。しかしまだ自分に取り柄がないと感じてしまうという人は、もっと大きく環境を変えてみるのもひとつの手です。例えば今いる職場がどんなに工夫しても自分に合っていないと考える場合、それはあなたに取り柄がないのではなく、職場を変えることが解決策になる可能性があります。

転職や就職に一番必要なこと。それは自分の能力を客観的に判断することです。自分で判断する良い方法があります。

まず今からやる作業はどんな作業に分類されるのかを考えます。例えば会議なら他人と関わることが多いので「対人」「作戦」、書類作成なら「コツコツ」「一人仕事」など、ネーミングは何でもいいです。その作業の特徴を掴み書き出していきます。その分類を自分が好きなものでまとめると自分の得意とする仕事の傾向が見えてくることでしょう。

例えば接客業の中でもレジ打ちだけではなく、商品陳列や清掃、お客様との会話など色々な作業があり、必要な能力はまるで違います。接客が苦手という人でも商品陳列は好きというパターンもあります。なので、もし接客つまづいている人は「会話」が苦手なのであって「整理整頓」は得意かも知れません。

この考え方をしていくと取り柄がないという悩みも少し解決できるのではないでしょうか。

自分の傾向が分かったらそれを就職転職活動に生かそう

就職、転職活動の際に避けてはとおれない道があります。それが面接です。面接では能力ももちろん選考対象ですが、それ以上に人柄を重視しています。しかし人柄なんてどうやって判断しているのでしょうか。

これは難しく考える必要はありません。自分が面接官の立場なら、自分を採用したいかどうかがわかりやすい判断基準です。自分には取り柄がないと感じていることは面接官にも態度で伝わってしまいます。取り柄がないと思い込んでいると自己アピールもできません。面接は自分を売り込む場所なので、自信を持って挑みたいと思いませんか。

自分を客観的に見る方法

ではどうやって自分に自信をつけたらいいのでしょうか。取り柄がないまま面接にどうしても行かなくてはならない時に使える技があります。それは自分を動画で撮影することです。

動画で自撮りなんてどれだけナルシストなのかと感じる方もいますが、それとこれとは別物です。よくスポーツ選手が自分のフォームをチェックするために、自分をビデオ撮影するのと同じことです。誤解されるかも知れませんが、面接も結局のところパフォーマンスが大切です。

同じ能力を持った人でも表現の仕方が違うと採用不採用に道が別れていきます。自分が他人にどう見えているか案外人はわかりません。確認するときに写真のように静止画だけだと情報が足りません。人間は生き物です。姿勢や目線の動きも判断基準になるので動画がおすすめです。

男女別取り柄がない人が今すぐやるべきことは

今までそのままの自分を肯定するやり方で取り柄のない人の悩みを考えてきましたが、この章は少し努力して自分に自信をつけましょう。男女別でご紹介します。

男性編

まず男性は社会的に何を求められているのかを考えてください。自信というのは他人から評価されることでつく場合と、自己肯定感からつく場合があります。現代では女性も社会進出がめざましいですが、まだまだ社会において男性の役割は重要です。他人から評価を得たい場合、他人の求めるものをまず把握していきましょう。

そしてこれは男女共に共通する項目ですが、体を動かすことも効果的です。スタイルが良くなることが直接の取り柄になると言っているのではありません。運動することでストレス解消され、前向きな思考になることは実証済みです。成長ホルモンにも影響しているので無理をしない程度に体は動かしてください。

女性編

女性も現代は生き方が多様化してきているので、選択肢が増えた分迷いも増えます。他人と比較して自分は取り柄がないのではと悩む人も多いでしょう。その中で自分に取り柄がない悩みを解決する方法は、身近な人から必要とされている実感を持つことです。

身近な人というのは、まずは家族です。旦那様やお子さんに愛情を注ぐ事からはじめてみてください。結婚していない人もご自身の親や兄弟姉妹、いとこなど、肉親にあたる人と交流を深めてはいかがでしょうか。人と比べてしまう悩みの解決策を、外に向かって考え出すとキリがありません。

自分は自分でよい。この生き方で正しいと思えることが、取り柄がないという悩みの解決策です。

親の立場で取り柄がない子供にさせるべきことはあるか

ではご自身が親である場合、自分には取り柄がないと悩んでいる子供にできることはあるのでしょうか。考えてみましょう。

中学生

中学生はちょうど思春期真っただ中の子供たちが多く、自分には取り柄がないと悩んでいても親には相談しにくいでしょう。そのため自分の中に悩みをためこんでしまい、つらい思いをしている子も多くいます。しかし親がしてあげられることもあります。それは子供に「自分の好きなもの」を意識させることです。

取り柄探しとは長所を探すことと同じことです。まずは子供の良いところを伸ばしてあげます。それには自分の好きなものを自覚させる必要があります。好きこそものの上手なれという言葉があるように、好きなものは大抵それを嫌いな人より上手にできます。好きなことを若いうちに意識していると、上達するスピードも速くなり自信につながります。

高校生

高校生の場合は、そろそろ進路を考えてなければならない歳です。就職か進学か選択する際に、一体自分には何ができるのか、自分には取り柄がないのではないかと感じる子供も確実にいます。

そこで親ができることは、自分がどういう経緯で自分の仕事を選んだか経験談を話すことです。やはり親子は得意な分野も遺伝しやすいので、親の体験を話すことにより子供も何か参考にできることがあります。親はつい自分ができなかったことを子供に押し付けがちですが、自分ができたことも語れるようになるとプラスに働きます。

取り柄がない人の彼氏や彼女ができる魅力の作り方

では、自分の彼氏や彼女が取り柄がないと悩んでいたらどうしてあげればいいのでしょう。取り柄というのは自信と密接に関係しているので、自信をつけてあげるのが最適です。一番簡単な方法はしっかりと彼氏彼女を褒めてあげることです。

むやみやたらに褒めるとなんだか噓くさいのですが、彼氏や彼女の些細な良いところを大げさに褒めてあげましょう。そして、彼氏や彼女と付き合おうと決心した理由も改めて伝えてください。改めて言葉にするなんて恥ずかしいという方も多いでしょうが、他の人より良いところがあったから付き合うことを決めたはずです。

あなたに選ばれたという事実が一番の自信となります。

そんなに悩まなくても大丈夫だった

今まで取り柄がないと悩んでいる人の話を聞くと、みなさん自分に課すハードルを高く設定し過ぎています。理想と現実との間に落差があるから自分には取り柄がないと感じます。ハードルをもともと低く設定してしまえば、その落差に悩むこともありません。

一般的に自分には取り柄がないと悩んでいる人は、他の人に意見を聞くと有能な方が多い傾向にあります。努力家で勤勉な人ほど自分のハードルを上げてしまい、取り柄がないと悩んでいいます。これを聞くと取り柄がないというのは自分の思い込みで、他人から見るととりとめのない悩みのように感じます。

あまり深く考えこまないで、前向きに人生を楽しみましょう。

関連記事

Related