Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

Small ebaf512f 9809 46fb a4b7 1fcdb959ff58Mafali
仕事の悩み / 2018年03月15日
【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

男女別ふてぶてしい人の態度の特徴

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

ふてぶてしい人とは具体的にどんな人を思い浮かべるかというと、たいていは「えらそうな人」「不快な人」「威張っている人」を思い浮かべます。ふてぶてしい人の態度の特徴を男女別にご紹介します。

ふてぶてしい男性の態度の特徴は「ずうずうしい」

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

ふてぶてしい男性の態度はデリカシーに欠け、ずうずうしいという傾向にあります。「公共の場でのマナーが悪い」「えらそうにしゃべる」「しょっちゅう怒鳴る」という威圧的な態度をとる男性を見て「あの人、ふてぶてしいな」と感じてしまうのは、それらの態度が不快だからです。

ふてぶてしい男性は腹が立つと暴れたり、目を半開きにして他人を見下したり、腕組みをして足を大きく開いて座ったり、人が話をしている最中に目を閉じて「寝たフリ」をするという「人をバカにした態度」をとることがあります。中には稀に、ふてぶてしさのあまり善悪の判断が鈍ってきてバレバレの嘘をつくようになる人もいます。

ふてぶてしい女性の態度の特徴 姉御目線が「おばさんっぽい」

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

女性がふてぶてしくなるのは「姉御目線」になるときです。「~してあげなきゃ」「わたしが管理してあげるわ」という上から目線で相手を見下ろすときにふてぶてしい態度になります。

女性のふてぶてしい態度には年齢を問わず「おばさん」のような特徴があります。女性は「若い」と思われたくて「可憐」なフリをすることがありますが「姉御」になったときは別にかわいいと思われなくてもよいので一変してふてぶてしくなっていきます。演技をやめて、えらそうな態度になると「おばさん」のような特徴がでてきます。

ふてぶてしい人の心理

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

ふてぶてしい人は「なぜふてぶてしい態度をとるのか」「どうして指摘してもふてぶてしい態度」をやめないのかと疑問に思うことでしょう。ふてぶてしくなってしまう心理は実にさまざまです。

自分がふてぶてしい態度をとっていることに気づいていない

ふてぶてしい態度をとってしまう人は「自分がふてぶてしい態度をとっている」ということに気づいていない可能性があります。デリカシーがないため「自分だったらこれはイヤだな」という基準がありません。このタイプの人は他人にも自分にも寛容で、些細なことは全く気になりません。

人に迷惑をかけても「平気」

「自分は痛くも痒くもないんだから、人に迷惑をかけたって平気」という人がいます。この考え方のベースには「自分さえ良ければいい」という心理があります。ふてぶてしい態度を周囲から指摘されてもやめない人はこの傾向にあります。

人をバカにしている

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

心の中で人をバカにしていると意図せずにふてぶてしい態度をとってしまうことがあります。いくら礼儀に気をつけていても「自分以外はみんなバカだ」と見下しているとそれが態度に現れてしまうことがあります。

「これくらいなら別にいいでしょ」と周囲に甘えている

自分が「ふてぶてしい態度」をしていることに気がついても「別にいいでしょ」と開き直る人がいます。周囲に甘えているため「これくらいなら許してもらえる」と少々わがままになっています。その理由は「わたしがすることは全部かわいい」と思い込んでいるからです。

「私は偉大な人間だ」という思い込みをしている

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

慢心して自己陶酔してしまうと人間は目も当てられない状態になります。自画自賛している人間ほど見苦しいものはありません。「自分は偉大だ」という思い込みをしている人もふてぶてしい態度をとっています。

自信がないから威厳を出そうとしている

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

威厳を出そうと躍起になっている人は「意図的に」ふてぶてしい態度をとります。自信がないと臆病になります。「他人からナメられたくない」と神経が過敏になっていると、わざと威張ったように振舞って、ふてぶてしい態度をとりたくなります。ふてぶてしい態度をとるのは周囲を威圧することで、自分の身を守ると同時に緊張をしずめ、安心しようとするからです。

「楽しいから」嫌がらせ目的

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

「他人の苦しみは蜜の味」というイヤな性格の人は、わざとふてぶてしい態度をとって周囲を不快にさせることを目的としています。その背景には「他人が苦しんでいる様子を見たい」という歪んだ心理があります。

「他人に嫌な思いをさせてやりたい」という攻撃的な人々は最近、居心地の悪い思いをしています。度が過ぎた嫌がらせはセクハラ、モラハラ、パワハラ、などのカテゴリーに分類され、すべて「ハラスメント」として厳しく罰せられるようになったからです。

他人に嫌がらせができなくなると、せいぜい「ふてぶてしい態度をとること」しか選択肢にはありません。そのため、他人に不快感を与える目的でわざとふてぶてしい態度をとる人がいます。

ふてぶてしい人に多い血液型

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

「ふてぶてしい人=何型」と安易に決めつけられるものではありません。「同じ血液型同士の二人の性格は全く同じである」ということはありえないからです。しかし、一般的に「おおらかなO型」は他の血液型と比べると、どちらかというと「ふてぶてしい性格をしている」といわれてしまう傾向にあります。それはなぜでしょう。

O型 普通にしていると「ふてぶてしい」と非難される

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

O型はアメリカ人に多い血液型です。一方日本人に一番多い血液型はA型です。一般的にA型は「控えめでおとなしく、礼儀正しい」といわれており、O型は「自己主張が得意で、明るく、おおらかな性格」といわれています。

O型のおおらかな性格が「おおざっぱな性格」とマイナスにとられてしまうと「デリカシーがない」「ふてぶてしい」と批判されてしまうことがあります。また、一般的に「O型の人は自分勝手」とか「目上の人や年上の人に対しての礼儀作法があまり得意ではない」と指摘されている傾向にあります。

なぜか「ふてぶてしい」といわれてしまうO型

A型をはじめとする他の血液型の人々の目には、なぜかO型の人は「ふてぶてしい」というふうに映ってしまう傾向にあります。

しかし、O型には「なぜ自分は周囲からふてぶてしいと非難されてしまうのか」が理解できません。O型の中には礼儀正しい人もいるからです。彼らは「ふてぶてしい」という偏見から解放されるために周囲の人に気を使って礼儀正しくしています。A型の「気配り上手」には及びませんが「自分なりのベストをつくしているつもりだ」と彼らは言います。

多数派である「A型の価値基準」と対立するO型の価値基準

O型の根本にる考え方は多数派であるA型の考え方とは異なります。そのため、O型の態度は「多数派であるA型の基準」からすると、どうしても「鼻についた態度」に見えてしまうのでしょう。O型にとっては「普通の態度」も、多数派であるA型の目には「ふてぶてしい態度」と映ってしまうため、一般的に「O型はふてぶてしい」といわれてしまうのだと考えられます。

もし、O型が多数派であれば、一般的な価値基準ははO型寄りになり、他の血液型の態度のほうが「おかしい」とか「ふてぶてしい」と非難されてしまっていただろうという可能性も考えられます。

A型「目下の人」に対してのみ「ふてぶてしい態度」をとってしまう

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

もし「A型も実はふてぶてしい性格をしている」という情報を聞いたら、多くの人は「ウソだ」と驚きます。それほど「A型=礼儀正しく几帳面」という認識が根強いからです。

実際に多くのA型の性格は謙虚です。A型はとても爽やかで礼儀正しく、相手のことを考えて行動することができる思いやりがあります。海外から来た観光客が日本人の良いところを褒めることがありますが、あれはA型の良いところと似ています。

しかし、そんな謙虚なA型の態度が突然豹変してあっというまに「ふてぶてしい人」に変身してしまうときがあります。それは「目下の人と会話をするとき」です。

B型 個性的な行動が理解されず「ふてぶてしい」と思われてしまう

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

B型はどちらかというと少数派です。「謙虚で礼儀正しいこと」が理想である一般的な人々からすると自由奔放なB型の態度は「わがまま」「ふてぶてしい」と取られてしまう傾向にあります。あまり自己主張をしないA型に比べてB型は個性的すぎるため「謙虚さが足りない」とみなされてしまうことがあります。

AB型 名誉を勝ち取った後、理性のネジが飛んでふてぶてしくなる

AB型はとても頭が良い血液型だといわれています。AB型は器用で、カリスマ性があります。天才肌といわれるAB型は普段はとても理性的で自分の能力を鼻にかけることはありません。普通に生活していて、威張ったり自慢したりすることはそうないからです。AB型は、努力しているうちは理性が働いているため、とても謙虚です。

しかし多くの人から過剰に褒められたり、巨万の富や名声、高い地位を勝ち取ったときに、AB型の理性のネジはとび、一変して傲慢になります。最大の名誉を勝ち取った後に、思わず慢心して、これまでのひたむきな姿勢とは一変してとたんに「高飛車でふてぶてしい態度」になってしまうことがあります。

ふてぶてしい人の顔の特徴

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

どういう顔の人がふてぶてしい人か見分けられるようになったらとても便利です。しかし、多くの場合、見分ける必要はありません。「この人の表情や言動が不快だな」と感じたらその時点で「この人は、なんてふてぶてしい人だろう」と考えているからです。

ふてぶてしい人の生まれ持った顔の特徴は実にさまざまです。「老け顔だから、強面だからふてぶてしい」とは限りません。「ふてぶてしい人」かどうかを判断するには表情の特徴を見るのが一番です。

ブスっとした無表情

ふてぶてしい人の顔はたいていブスっとしていて無表情です。彼らがえらそうに見えてしまうのは愛想笑いをしないからです。

「いつも余裕」な笑みを浮かべている

無表情でない人は絶えず自慢げな微笑を浮かべています。人を見下したような表情とも読み取れてしまうため、それを見た人は「不快」な気分になってしまいます。

「かわいい」とは言い難い表情をしている

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

「グチを言っているときの顔は美しくない」というように、人を見下したりさげすんだり、自分がえらいと思い込んでいたりしたら、それが表情に表われることがあります。

口角が下がり、口元が歪んでいる

ふてぶてしい人は「不満げ」に見えます。それは真顔の時、口角が下がり口元がわずかに歪んでいるからです。

眉間にしわを寄せた「小難しい表情」

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

威厳を出すためにわざと眉間にしわを寄せているとふてぶてしい顔になります。小難しい表情を作ることで自身のなさをカバーしているだけでも周囲から見ると「威張っている」と思われてしまいます。

ふてぶてしい人の性格の特徴

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

ふてぶてしい人のほとんどは、横柄で無神経に見えます。ふてぶてしい人の性格は決して良いとはいえません。ふてぶてしい人の性格の特徴について詳しく見ていきましょう。

横柄

ふてぶてしい人の性格は横柄です。しかし、本人は「自分が横柄だ」とは認めようとはしません。ふてぶてしい人は「自分は普通だ」と思っていますが、一般的な基準からするとかなり横柄な性格をしています。

ストレスをためやすい

ふてぶてしい人はいつもブスっとしています。挨拶をされても無視したり、返したとしても笑顔を作りません。ふてぶてしい人はお世辞や笑顔という社交辞令が苦手です。

いつも怒った顔をして、イライラ、キリキリしているのはストレスが溜まっているからです。ストレスが溜まってしまうのは普通の人が気にならないことを気にするからだといえます。自分は礼儀正しくないくせに、他人の無礼さには少しも我慢できずに、すぐに怒るところがあります。

実は小心者

ふてぶてしい人が威張るのは小心者だからです。自信がないという自分、本当は弱くて力がない自分を隠すために虚勢を張っています。ふてぶてしい人は小心者で、やや見栄張りな傾向にあります。

デリカシーがない

ふてぶてしい人が横柄で愛想がなく、人を不快にさせる言動をするのはデリカシーがないからです。悪気がない人の場合、自分でまずいことをしているのに気づかない人もいます。

自己中心的

ふてぶてしい人が平気で人をナメたような大きな態度をとるのはデリカシーがないだけでなく、自己中心的で他人の気持ちに鈍感だからです。

自分の立場からしか物事を見ることができずに、他人の目線から物事を見ないで行動するため、自分が図々しく見えているということに気づいていない場合があります。

素直に謝れない

ふてぶてしい人は素直に謝ることが苦手です。負けず嫌いで「負けた」というシチュエーションが嫌いなので「ごめんなさい」がなかなかいえません。中には、謝罪をしないという理由で「あの人、ふてぶてしい」といわれていることにも気づかない人もいます。

ふてぶてしい人かどうか診断してみよう!

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

1.「えらそう」と言われたことがある
2.他人の気持ちをあまり考えない
3.ストレスが溜まるとつい威張り散らしてしまう
4.人と会話しているとたまに相手が「嫌な顔」をすることがある
5.「ずうずうしい」と言われたことがある
6.電車やバスなどの公共の場所へ行くと、周囲の人から煙たがられる
7.「老けて見える」と言われたことがある
8.「礼儀知らず」と怒られたことがある
9.「威厳がある」と思われたい
10.常にみんなから尊敬されたい
11.自分は本当にスゴイと思う
12.自分さえ良ければいいと思っている
13.世の中の人間はみんなバカだと思っている
14.嘘をつくこと悪いことをすることに罪悪感を感じない

ふてぶてしい人の改善策

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

上司やお客様、自分よりも年上の人には礼儀正しくできるのに、それ以外の人々の前では横柄な態度をとってしまう人がいます。日本に来る外国人は「礼儀正しいのが日本人の良いところです」といいますが、横柄でふてぶてしい態度の日本人を見かけると「あなたは本当に日本人ですか」と目を疑います。

なぜ上司や年上には礼儀正しく接することができるのに、部下や年下がいる前では、それとは対照的にふてぶてしい態度をとってしまうのでしょう。「大人げない態度をとっていたら嫌われてしまう」とわかっているのにやめられない人のための改善策を紹介します。

我慢するから八つ当たりしてしまう

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

ある人にはこびへつらい、別の人には威圧的に接していると、へつらっているときに溜まったストレスや怒りが抑えきれなくなり、無意識に下の立場の人にぶつけてしまうことがあります。

極端な例を挙げると、上司からどんなひどいことを言われても「笑顔で我慢」してしまうと溜まりにたまった鬱積がドロドロと体の中を駆け巡り、どこかで発散しなければ生きていけないような状態になってしまいます。そんな時に自分よりも「下」の立場である部下が目の前に現れると「ムキーッ」と八つ当たりをしてしまうことがあります。

「ふてぶてしい態度をやめたいのに、やめられない」「部下や同僚にも優しく接したいのになぜか、八つ当たりをしたり、ふてぶてしい態度で見下したりしてしまう」という人は我慢のしすぎです。

「ふてぶてしい人」は変な目でみられる

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

上からぶつけられたストレスを下に向かって投げつけるということを繰り返していると下の立場の人から「ふてぶてしい先輩だ」と思われてしまうだけでなく、周囲の関係のない人々からも「怖い人」「信用できない人」「人によって態度を変える裏表のある人」というふうに見られてしまいます。

理不尽さを我慢しない

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

「礼儀のためにはなんでも我慢しなければならない」という思い込みは間違いです。立場や年齢、役職の上下によって言葉遣いの丁寧さに「差」をつけることは日本人の美徳ですが、このような上下関係をストレスをぶつけるために悪用してはいけません。

相手によって言葉遣いを丁寧にしたり、逆にフランクにしたりと「差」をつけることは形式上仕方のないことです。しかし、それは言葉遣いや「形式上の礼儀作法」をきちんとしなければならないというだけであって「部下でいる限り、奴隷のごとく上司の怒鳴り声や理不尽な嫌がらせに黙って耐えなければならない」という決まりではないはずです。

もしもそんなおかしな決まりがあったとすれば、それは「法の下の平等」に反しています。まっとうな法治国家では、法の下の平等に違反する人権侵害行為は違法です。すぐに「パワハラ」として訴えることができます。

人によって態度を変えるのをやめる

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

人によって態度を変えるのをやめましょう。自分よりも「上だから、下だから」「強いから、弱いから」といった色眼鏡で人を差別しているとろくなことがありません。人間は法の下に平等です。儀礼的な上下関係は立派な日本文化ですが、それを「いやがらせ目的」で悪用しようとたくらんでいる人の餌食になってはいけません。

そのためには「わたしは人によって態度を変えません」という姿勢を貫きましょう。「すべての人に対して礼儀正しく謙虚にふるまう人」と「相手によって態度を変える人」のうちどちらのほうが好感が持てるかは考えなくてもわかります。

すべての人に礼儀正しくするには

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

すべての人に対して礼儀正しく接することができるようになるためには上の立場の人に対しても「嫌なことはイヤ」「理不尽はお断り」と主張することです。いちいち我慢するから、怒りがたまっていき、別の場面で「ふてぶてしい態度」になってしまうのですから、無駄な我慢をしなければ「いつもいい気分」でいることができます。

相手にストレスをぶつけられた時点で「No」と拒絶し、理不尽には抗議することでその場でストレスをやっつけてしまうと、心が穏やかになり、人にやさしく接する余裕が生まれます。

卑屈さを捨て、他人を見下すのをやめる

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

卑屈な人は自信がありません。自信がないと「威張らないとナメられてしまうかも」と不安になります。他人を見下す人ほど自分に自信がない傾向にあります。そう考えると、ふてぶてしい態度は「作られた態度」なのではないかということが見えてきます。

卑屈さを捨てれば、自信がつき、人を見下すことがなくなります。人を見下さなくなれば態度も自然と改善していきます。

ふてぶてしい人は好かれない

【男女別】ふてぶてしい人の特徴・心理・改善策|態度/顔

「ふてぶてしい人」「横柄な人」は人から嫌われます。威圧されたり、バカにされたり、見下されたりして「うれしい気分」になる人はどこにもいません。

「もしかして自分はふてぶてしい人かもしれない」と思い当たる人は意識的に改善することをおすすめします。卑屈さを捨て、自分に自信をもつことで、ふてぶてしさから解放されます。また「ストレスのたまりすぎ」でふてぶてしくなってしまう人にはストレスを溜めないことをおすすめします。

関連記事

Related