Search

検索したいワードを入力してください

ケンカする夢を見た時の意味・ケンカ別れしたときの仲直り方法

Small 7aaa5c49 526a 446b b552 7b964cdfb039西原広大
夢占い / 2018年03月06日
ケンカする夢を見た時の意味・ケンカ別れしたときの仲直り方法

けんかする夢を見た時の夢占いの意味は?

けんかにおける夢占いの意味は大きく三つであり、問題が好転する兆し、対人関係によるストレス、人間関係です。けんかの夢占いでは、誰とどのようにけんかしていたかが重要であり、けんかの相手や激しさなどによって意味合いは違ってきます。恋愛関係にある人とのけんかの夢であれば、さらに距離が縮まることを表す吉夢になります。

昔の恋人とのけんかであれば、過去との決別を示しますので、人間関係におけるトラブルが解決する兆しだと言えます。基本的には吉夢であることが多いですが、けんかに勝つ夢などは警告夢である可能性が高いので注意が必要です。けんかに勝つ場合はその相手との関係がこじれることを意味していますので注意しましょう。

けんか別れしたときの対処法は?

生きている以上誰かと関わらなければなりませんので、人間関係は良好に保てるに越したことはありません。しかしどれだけ仲良くしようと考えていても、けんかをしてしまうことはありますし、必ずしも良好な人間関係が築けるとは限りません。けんかをしてしまった場合は仲直りをすればいいですが、これがけんか別れとなれば話は別です。

けんか別れをしてしまった場合は、相手とはそれっきりになってしまいますし、場合によってはその後の人生で再会することがないこともあります。けんか別れをしてしまうとお互いにもやもやしてしまいますし、いい気持になることはありません。けんか別れをしてしまった場合はどのように対処すればいいかを知り、良好な人間関係を取り戻していきましょう。

すぐに謝る

けんか別れをしてしまった場合は、一刻も早く謝ることが大切です。謝るまでの期間が延びてしまえばしまうほどに気まずくなりますし、謝っても溝が埋まらない場合もあります。

時間の経過とともにけんかした事実も風化していきますが、完全になくなることはありません。数十年後経てばお互いにすっかり忘れてしまい、仲直りができる場合もありますが、それはまれなケースであり、放っておくとその人との関係はそのままになってしまうことがほとんどです。

けんか別れで大切なつながりをなくしてしまうのは勿体ないですし、後悔が残る場合も多いです。自分から謝るのは勇気がいりますし、気まずくもなりますが、少しでも早く謝って関係を修復するようにしましょう。

けんかから仲直りする方法は?

人と付き合っている以上何かで意見の相違が生まれることもありますし、けんかをしてしまうこともあります。人はそれぞれ違った考え、趣味、思考などを持っていますし、すべてを合わせることはできません。どれだけ親しい間柄であってもそれは不可能なことですし、けんかをしてしまうのは仕方のないことでもあります。

しかしけんかをすること自体は仕方のないことですので、問題はありませんが、大切なのはその後にどうやって仲直りをするかです。けんかをすれば仲直りをすることが大切であり、仲直りをしなければそのままけんか別れとなってしまうことも少なくありません。

仲直りの方法次第ではけんか前よりも仲良くなれる場合もありますので、どのように仲直りをすればいいかを知っておきましょう。

彼女

彼女とのけんかから仲直りをするためには、まずは自分から謝ることが大切です。けんかはどちらかが折れなければ終わりませんし、仲直りをすることもできません。仲直りを切り出すのは難しいですし、勇気もいりますが、きっかけさえあればそこからはそれほど難しくない場合も多いです。

しかしここで注意が必要なのが、何も反省していないにも関わらず、言葉だけで謝罪の気持ちを述べてしまうことです。けんかを早く収めたいと考え、謝罪の言葉を口にする人は多いですが、気持ちがこもっていなければ逆効果になってしまいます。漠然と謝るのではなく、何に対しての謝罪なのかをしっかりと明確にして、謝るようにしましょう。

けんかしたことない人の特徴は?

人と関わる以上意見が違ってしまうことは避けられませんし、けんかが起こるのは必然のことでもあります。人生の中でけんかを経験している人は多いですし、頻度の差こそあれば、誰しも一度はけんかをしています。しかしほとんどの人がけんかを経験している中で、これまで一度もけんかをしたことがないという人も、稀にですがいます。

また一度や二度程度はしたことがあるものの、後はほとんどのけんかをしたことがないという人もいます。けんかの回数は人によって違い、個人によって回数の違いは非常に多いです。けんかをしたことがない人、ほとんどけんかをしたことがない人はどのような特徴があるのかを知り、そこからけんかをしないで済む秘訣を探っていきましょう。

事なかれ主義

けんかをしたことがない人の特徴としては、事なかれ主義であることが挙げられます。けんかはどちらか一方が怒ったとしても起きるものではなく、けんかをするにも相手が必要です。片一方が激怒していたとしても、もう一方がそれに取り合わなければけんかは起こりません。事なかれ主義の人は平和主義者でもありますし、争いが起きるのを嫌います。

そのため自分が損をするとしても折れて相手に従うことも多く、けんかに発展することはありません。またすべて相手の意見に従うだけではなく、けんかが起きないように全員が納得できる状況に上手く誘導している人もいます。事なかれ主義といっても必ずしも損をしているとは限らず、誰も傷つかないようにその場を上手にコントロールしている人もいます。

優しい

けんかをしたことがない人の特徴としては、優しいことが挙げられます。優しい人は何でも許してしまいますし、受け入れてしまうためけんかに発展することはありません。相手が何も言い返してこないことをいいことに、無理な要求をしたり、相手を罵倒するという人もいますが、優しい人は困惑するだけでそれすらも受け止めてしまいます。

誰かが傷つくよりは、自分がすべて受け止めてしまった方がいいと考えている場合も多く、平和主義者であることも多いです。また優しい人は優しい雰囲気を発していますし、それが周囲に伝わって殺伐とした空気にならない場合もあります。その場にいる全員が優しい気持ちになり、けんかに発展しないということも少なくありません。

けんかの仲裁方法は?

けんかは自分がしてしまうこともありますが、それだけではなく他人がしているのを見ているという場合もあります。全くの赤の他人がけんかをしているのであれば、余計なトラブルに巻き込まれないように避けてとおる人は多いですが、知っている人同士でけんかをしている場合は仲裁に入るという人は多いです。

けんかをして仲直りをするのは難しいですが、人のけんかをとめ、上手に仲裁するというのも非常に難しいです。仲裁に失敗すればとばっちりを受けてしまう可能性もありますし、さらにけんかに油を注いでしまう事態にもなりかねません。上手な仲裁方法を知り、けんかを上手に止められるようにしましょう。

両者の意見を聞く

けんかの仲裁をする際には、どちらか一方を特別扱いしないことが大切です。明らかに一方が悪く見える場合でも、両者の話をしっかりと聞き、その上で判断するということが大切です。片一方を特別扱いしてしまうと、それが原因でけんかが激化してしまう可能性もあります。

両者の意見をしっかりと聞くことで、お互いに落ち着くことができますし、状況を整理するためにも、必ず両者から話を聞くようにしましょう。

喧嘩両成敗

けんかの仲裁で最も大切なのは、どちらか一方を正しい、もう一方を間違っていると勝ち負けをつけないことです。けんかの勝ち負けをつけてしまうと、その場において負けた方が不利になってしまいますし、数の力で責められている気分になってしまいます。

けんかはどちらが悪いというものではなく、基本的にはしている時点で両方が悪いと考えなければなりません。けんかは両成敗が基本ですので、どちらかを悪いと決めつけるのではなく、それぞれの悪い点を洗い出し、両者ともに反省させるようにしましょう。

けんかを売られた時のかわし方は?

相手からけんかを売られれば買ってしまいたくもなりますが、ここでけんかを買ってしまえば自分も悪いことになってしまいます。けんかはしている時点で両方が悪くなってしまいますし、負い目を作らないためにはけんかはしないことが大切です。

けんかを売られてもすぐに買ってしまうのではなく、上手にかわすことが大切です。かわし方を知って、余計なトラブルに巻き込まれないようにしましょう。

無視

けんかを売られたときには、基本的には無視をすることが大切です。相手に反応してしまえばけんかを買ったとみなされる可能性もありますし、そもそもけんかをする意思さえ見せなければ、相手が何をしていようとけんかに発展することはありません。

けんかをするには相手が必要であり、相手が応じなければけんかにはなりません。しつこい場合でもしっかりと耐えて、反応を示さないことが大切です。けんかに関しては逃げるが勝ちですので、無視の姿勢を一貫して取るようにしましょう。

熱くならない

相手があまりにもしつこい場合は受け答えをしなければならないこともありますが、このときに熱くなってはいけません。熱くなってしまうとけんかを買ったものと見なされる可能性がありますので、相手に応対するときには常に冷静な気持ちでいることが大切です。

けんか口調になってしまうと気持ちも熱くなりやすいので気をつけ、普段を変わらない口調で冷静に対応するようにしましょう。実際に腹が立っていたとしても態度や表情には見せず、一貫してクレバーに対応することが大切です。

けんかのコツは?

けんかのコツとしては、相手の弱点を知ることが大切です。相手の弱点を瞬時に見極め、常に相手が嫌がることをできる人がけんかに勝ちます。けんかに勝つためには腕っぷしや口が達者というだけではなく、鋭い洞察力が必要であることも覚えておきましょう。

けんかをしてもしっかり仲直りすることが大切

けんかする夢を見た時の意味やけんか別れしたときの仲直り方法を紹介しましたが、けんかをしても仲直りをすることが大切です。けんかをしてしまうのは仕方がないことですが、終わればきちんと仲直りすることが大切ですので、上手に仲直りをして、けんか前よりもさらに絆を深めていきましょう。

関連記事

Related

Line@