Search

検索したいワードを入力してください

【年代別】楽しく生きる方法|仕事/人生/毎日/シングルマザー

Author nopic iconblue
カテゴリ:自己啓発

初回公開日:2018年03月03日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年03月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【年代別】楽しく生きる方法|仕事/人生/毎日/シングルマザー

楽しく生きる方法

一度しかない人生だからこそ、毎日を楽しく生きることは大切です。毎日が少しでもハッピーになるように、楽しく生きるための方法をシチュエーション別にご紹介します。

仕事を楽しむためのコツ

仕事がうまくいかないときでも、考え方ひとつで楽しく生きることができます。仕事が少しだけ楽しくなるようなヒントをご紹介します。

小さな目標を立ててクリアしていく

毎日同じ仕事ばかりだったり、努力しても報われなかったり、仕事をしていると士気が上がらないことがあります。自分の仕事を誰かに評価してもらえない、頑張りが報われないこともたくさんあります。しかし、その状態をいつまでもそのままにしておくと状況は変わりません。

納得のいかない仕事をしていても、楽しく生きるコツは自分でその状況を少しでも楽しむことです。そのためには小さな目標を立てるのがポイントです。小さな目標を少しずつクリアしていくたびに自分で自分を褒めてあげましょう。大きな目標にすると達成できないときに落ち込むので、小さな目標にするのがです。

小さな目標を常に持ち続けること、達成していく自分を褒めてあげることが大切です。始めはくだらなく感じても、少しずつ「自分でもこんなことができた。」「このように考えることもできた。」と前向きになれるでしょう。

頑張った自分にご褒美を

小さな目標を達成するたびに、小さなご褒美を準備しましょう。いつもよりちょっと贅沢なビールを飲む、普段我慢しているケーキを食べるなど少額で済むもので構いません。頑張ったら報われる、ちょっとだけハッピーな気持ちになれると脳と身体に覚えさせるのがポイントです。

楽しく生きるためには、成功体験や幸福感を味わうことが肝心です。誰に評価されなくても、まずは自分自身が自分を褒めることが大切です。小さな成功体験や幸福感を積み重ねると、自ずとハッピー体質になれます。

人生を楽しむためのコツ

キラキラした人を見ると、自分の人生なんて大したものじゃないなと感じてしまうことがあります。しかし、人生を楽しく生きる人にも人には言えない悩みがあったり、困っていたりします。充実しているように見える人でも、虚栄を張りすぎて疲れていたりお金に苦しんでいたりすることがあるからです。

健康な身体を持ち、毎日暖かい部屋で眠ることがどんなに十分なことかを考えると、そのほかのものはおまけのようなものだと割り切ってしまうことも大切です。自分には今後、どんなおまけがふりそそぐかと想像するだけで、楽しく生きることができるでしょう。

たまにご飯に付き合ってくれる友人、くだらないことで笑ってくれるパートナー、余計な心配をしてくれる親などはいませんか。その人たちがいるだけで十分だと考えると、案外楽しく暮らせていると思えるでしょう。

毎日を楽しむためのコツ

毎日を楽しく生きるには、ハッピー探しの名人になることです。人はワクワクしたり、ほっこりしたりすると思わず笑顔になったり、ストレスが解消されます。自分がどのようにしたら心地よいと感じるか、何を考えたらワクワクするかに気付くことが大切です。

ハッピーと思える気持ちが多いほど楽しく生きることができるでしょう。人に自慢できるような大それたことでなくても良いので、自分がワクワクすることを探しましょう。肌触りの良い毛布で眠る、好きなマンがを読んでゴロゴロする、ふわふわの靴下を履く、お気に入りのコーヒーを飲むなど小さいことでも、人は十分ハッピーになれます。

家に帰ると楽しいことが待っている、楽しみな時間を満喫できると思えるだけでも毎日楽しく過ごすことができます。

年代別楽しく生きる方法

人は年代によって楽しいと感じることや大切なことが違います。楽しく生きるために、ヒントを年代別にご紹介します。小さなことばかりですが、積み重ねることによって楽しく生きることができるでしょう。

10代

歳を取ると経験によって危ないことを避けたり、楽しく生きるための近道を探すことができますが、10代は経験が少ないことからいろいろな失敗をすることでしょう。しかし、失敗の経験が後に楽しく生きるためのヒントになることもあります。

10代の頃はできるだけ多くの人に出会い、たくさん話すことが大切です。また、多くの本を読み、自分が主人公ならどうするか、自分が作家だったらどのような結末にするかなど、あらゆることに想像を巡らせるのも良いでしょう。

ほかの年代に比べて自由な時間がある10代こそ、いろいろな場所でさまざまな人に会い、たくさんの本を読むことができます。人に会って多くの経験を積んだり、本で疑似体験することが将来楽しく生きるための糧になります。

20代

20代にしたいのは旅に出ることです。30代になると、仕事、結婚、出産、育児が重なって自由な時間が持てなくなります。自分ひとりで自由に歩ける20代のうちに、できるだけ多くの場所を訪れると視野が広がり、将来楽しく生きることができるでしょう。

海外旅行に行ったり、他県に行ったり、遠くに行けば行くほど自分の知らない世界をみることができます。しかし、同じ町内であったとしても全く足を踏み入れたことがない場所に行くと、新たな発見や違う視点でものを考えられることもあります。

時間がないときは近所のプチ旅を、時間があるときは可能な限り遠くの場所まで行ってみましょう。案外自分の生きている場所が狭く、普段のこだわりがちっぽけなことに感じられることがあります。広い視点でものを考えることができる人こそ、将来楽しく生きることができるでしょう。