Search

検索したいワードを入力してください

惨めな自分を変える方法・惨めな人生の特徴|恋愛/結婚できない

Small d90cc038 a244 4a1d 8f1b 91ab04e4c489w-m
カテゴリ:自分磨き

初回公開日:2018年03月08日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年03月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

惨めな自分を変える方法・惨めな人生の特徴|恋愛/結婚できない

惨めな自分を変える方法

人生はよいこともあればそうでないときもあり、ふと惨めだなと感じることはありませんか。急に気分が沈んで惨めに感じることもあるという方は、すぐに気分を変えて楽しい方向に進みましょう。惨めだなと感じたときにそこから抜け出す方法をご紹介しますのでぜひともご参考にしていただけましたら幸いです。

惨めとは自分で感じることであり、状況が変わらなくても気分や感情を変えることはいくらでも可能です。自分の考え方や捉え方、ものの見方で惨めと感じたことが全く違ったように感じることができます。

前向きになる

とにかく気分をかえたいときは前向きに考えることが大切です。惨めと感じることがあっても前向きに明るく明日に向っていけばいつのまにか惨めな気持ちもなくなっていることがあります。

惨めと感じているときは何かで気分が落ちたり沈んでいたりするときです。気分はときには周囲の環境で変化することがありますが、大人になると自分自身でコントロールできるようになります。うまくよい方向に惨めな気持ちをコントロールして楽しい環境作りをしましょう。

自分の考え方と反対のことを考える

惨めに感じるときは気分が暗くなり考え方も感じ方も悪い方向に考えがちです。そういうときには、今感じることの反対のことを考えるようにしましょう。悪いことの反対はよいことになるので単純に反対のことを考えるだけで惨めな気分をとっぱらえることができます。

惨めと感じるということは今の状況に満足していないことが理由の1つです。満足感を得るためには今のマイナスな考えを変える必要があります。

新しいことに挑戦する

惨めな自分を変える方法・惨めな人生の特徴|恋愛/結婚できない
※画像はイメージです
出典: Try - Free pictures on Pixabay

惨めと感じるということは今の状況に不満を感じているケースがほとんどです。その状態から脱出するためにもとにかく新しいことに挑戦して新鮮な空気を取り入れましょう。

そうすれば考え方や新しい出会いなどが増え、惨めな状況から這い出すことができるきっかけとなります。

たくさん時間がありすぎ、時間を持て余していると悪いことを考えてしまうことがあります。新しい趣味などに挑戦することによって惨めと考える時間もなくなります。

目標を持つ

仕事や趣味など何でもよいですが目標を持って取り組むことはとても充実した環境を作りやすいです。惨めと感じるときは何もやる気がおきずただ日常生活を送っているだけというときが多いので、まずは小さいことでも目標を作りましょう。目標は少しがんばれば達成できるぐらいのものが調度良いです。

あまり目標を大きく設定しすぎると達成することが難しく、できない自分を再度惨めに感じることがあります。しかし、努力することに意義があるのでできないときも惨めに感じる必要はありません。

惨めな人生の特徴

惨めと感じるときは同じ状況や環境などを歩んでいる傾向が強いです。では惨めな人生と感じる方の特徴をご紹介します。惨めと感じることは特にまわりと比べて感じることが多く、例えば結婚適齢期を過ぎて結婚していない場合に惨めに感じることがあります。

また、結婚している人は結婚していない方を惨めという目線を送ることがあります。お互いに無いものねだりが発生するので人と比べることをやりだすときりがありません。

恋愛

恋愛は相手があって初めて成立します。例えばクリスマスやバレンタインなどカップルで過ごすイベントシーズンに、周囲は恋人と楽しいデートをしている中、自分だけ1人で過ごすクリスマスを惨めと感じることがあります。

相手がいない、恋人がなかなかできないとだんだんと恋愛に対しても臆病になり、さらに恋愛から遠のいてしまうことがあります。恋愛はご縁の問題なので、たまたま自分にご縁がないときを惨めと感じる必要はありません。

結婚できない

日本の社会は少子化が進み、結婚をする人も少なくなってきています。その理由として結婚ができないと感じている方が多いです。結婚はできないのではなくしないという考えの人も多く、結婚をしていない方でも全く惨めに感じていない方もたくさんいます。

しかし、結婚を望んでいるがしていない人は結婚ができないと感じ、惨めに感じることがあります。特に、40代、50代になると惨めな上に寂しさも感じることがあります。

離婚

離婚は結婚以上に体力が必要といいます。恋愛も一緒で出会うときは幸せいっぱいでお付き合いが始まり絶好調ですが、別れるときは1人になる辛さが一気に押し寄せてきます。孤独や惨めという悪い感情が湧き出す特徴があります。

離婚をしたばかりで新たな人生を明るく前向きに歩みだす方もいますが、離婚する年齢や経済状況によってはとても辛い環境になることもあり惨めと感じることがあります。

お金がない

ある程度の年齢になると金銭にも余裕がでてきて、旅行にいったりおいしいものを食べに行ったり高級なものをお買い物することで欲は満たされることがあります。しかし、お金がないとしたくても何もできず惨めなおもいをすることがあります。

毎日ハードワーキングをこなしても満足におもえるほどの金銭を稼ぐことができずたまにの贅沢もできないとなると何のために働いているのかわからなくなることがあります。車や家の購入など大きなものを持つことはおろか、お金がないと何もできません。