Search

検索したいワードを入力してください

後悔していることの例・名言・人生で後悔していること

Author nopic iconaki.
カテゴリ:名言・格言

初回公開日:2018年03月06日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年03月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

後悔していることの例・名言・人生で後悔していること

後悔していることの例

後悔とは字の如く、後になって悔いることです。「あぁ、なんであの時あんな風にしちゃったんだろう」「もっとあの時ああしておけば良かった」など、誰にでも後悔することがあるでしょうが、それはごく自然なことです。

人は後悔する生き物です。したがって後悔する自分を責めたり、弱い人間だと卑下する必要は全くありません。

ただし後悔も行き過ぎると、生きるのが辛くなり、自暴自棄になったり精神を病んでしまうことも無きにしもあらずです。常に「あの時、あの時」と過去に生きることになり、現在や未来を見ることができなくなってしまいます。

「後悔先に立たず」という言葉があります。これは「終わってしまったことを悔やんでも仕方ない」という意味です。できるだけ後悔せずに生きるにはどうすれば良いのでしょうか。それには、他人がどのようなことに後悔しているかを知ることも重要です。

まずは後悔していることの例をご紹介します。

高校中退

高校を途中で辞めたことを後悔している人は少なくありません。高校を中退するに至った理由はさまざまで、

・勉強についていけなくなったから
・高校に通う意味を見いだせなかったから
・遊んでいたかったから
・つまらなかったから
・経済的な理由から
・いじめにあったから

などがあります。確かに高校は義務教育でないため辞めても問題ありません。親は「高校くらい出ておけ」と諭すでしょうが、聞く耳持たず中退してしまう人も多いのが現状です。

しかしながら高校中退者はその後「就職に不利」という最大の現実問題に向き合わなければならなくなります。大卒者でも就職が難しい現代日本において、率先して中卒者を雇用しようとする企業は皆無だと言っても良いでしょう。

高校に通うことが全てではありませんが、経済的なことやいじめなどの理由以外で高校を辞めるのはできません。必ず後悔することになるでしょう。

勉強

「もっと勉強しておけば良かった」と後悔する人は多いです。学生時代は時間に余裕があります。テレビを観たり漫画を読んでいても、一日のうちで勉強する時間はたっぷりとあったでしょう。

社会人になると勉強時間を確保するのは至難の業です。睡眠時間を削ったり、たまの休日に机にかじりついたとしても、十分な勉強時間には程遠いでしょう。

また社会人になってから勉強するにはお金が要ります。もちろん学生時代も授業料を払ってきましたが、ほとんどの人が親に負担してもらっていたはずです。決して安くはない授業料を払ってもらっているにも関わらず授業中ずっと寝ていた人や、講義をさぼっていた人は、自分がお金を払って勉強する立場になって初めて、後悔することになるでしょう。

40代で出産

40代で出産したことを後悔している人も少なからず存在しています。不妊治療や遅い結婚によって40代で出産した人よりも、仕事に明け暮れた結果40代で出産した人や、夫婦の時間を大切にしたいという理由で40代まで出産を控えていた人の方が後悔しやすい傾向にあります。つまり「自らの意志で高齢出産を選んだ人」の多くが、後悔しているということです。

40代での出産を後悔する理由の主なものが、体力の不足です。20代のママと40代のママを比べえみれば体力の違いは歴然ですが、同じだけの育児をこなさなければなりません。40代で出産した多くの女性が「育児がこんなにもハードだったとは知らなかった」と口をそろえて言います。

出産の計画は、体力面のことも考慮して立てるべきです。もちろん子供は授かりものですので計画どおりに必ず行くわけではありませんが、後悔にないようにしましょう。

後悔していることに関する名言

後悔に関する名言をご紹介します。名言の意味を深く読み解き心に留めておけば、後悔の少ない人生を送れる可能性が高まります。

小池百合子氏

「やらずに後悔するよりはまずやってみてほしい。ダメならダメで次にがんばる土台だと思えば良い。やらずして後で悔いるのはもったいない」

現東京都知事の小池百合子氏による名言です。人はできなかった時のことを考え、なかなか物事に着手することができません。「失敗したらどうしよう」「できなかったら格好悪い」などと考え、結局は手つかずになってしまい、後々後悔する羽目になりがちです。

小池氏は「ダメならダメで次に頑張る土台だと思えば良い」と言っています。確かに失敗を失敗と捉えて落ち込むよりは、成功への土台、足がかりだと捉える方が前向きで、後悔することは少なくなるでしょう。

自分の可能性を信じて、何事にも前向きに着手することが、実りある人生を生きる上で重要になってきます。

後悔の類語

「後悔」という言葉の類義語をご紹介します。後悔の類語には、

・無念がる
・口惜しがる
・怨む
・思い置く
・残念がる
・惜しむ
・思い残す

などがあります。この期に覚えて、適切に使えるようにしておきましょう。

後悔させる別れ方

恋人と別れるのは辛いことです。一番近い距離にいた人が一番遠い存在となってしまう、この喪失感は筆舌に尽くしがたいと言っても良いでしょう。その一方で「どうせ別れるなら相手に後悔させてやりたい」と思うことも少なくありません。何とも複雑な心境ですが、復讐心のような気持ちと、相手から復縁を持ちかけられたいという切実な願いが混ざっている状態です。

相手に後悔させる別れ方をご紹介します。

相手に別れを後悔させる方法

恋人がなんとなく別れたがっている、そう感じたらあなたから別れを告げましょう。先手必勝です。ボヤボヤしていてはいけません。相手に喪失感を与えることで、あなたに対する恋慕の情を煽ります。

別れのシーンでは最も良い自分を意識的に演じて下さい。言いたいことや不満はグッと抑え、感謝の言葉を連ねましょう。「こんなにも幸せだった、ありがとう」と微笑んで、それでも二人の明るい未来のために別れるのを決意ことを伝えて下さい。

別れた後は、相手への連絡を一切断ちます。その間に自分磨きに精を出しましょう。内面、外見ともに磨く必要があります。共通の知人がいる場合は、それとなく元恋人にあなたの情報を流してもらのもです。活き活きと暮らしている様子を知れば、あなたと別れたことを後悔し始めるでしょう。

自分から連絡をを取る場合