Search

検索したいワードを入力してください

メンズメイクのやり方を紹介【メイクで好感度UP!】

Author nopic icon宮田ふみ
メイク・コスメ / 2019年03月11日
メンズメイクのやり方を紹介【メイクで好感度UP!】

メンズメイクとは?

メンズメイクとは男性がお化粧をすることです。

メイクといえば女性だけがするものという流れでしたが、最近では、芸能人だけでなく一般男性でもメイクをする人が増えており、中には女性顔負けのメイク技術でテレビやYouTubeで活躍している人もいます。

しかし、多くの男性にとってメイクはまだまだ未知の分野です。そこで今回は、初心者でも気軽に取り組めるメンズメイクのやり方を紹介していきます。

メンズメイクのやり方【目元編】

眉はメンズメイクの中でもとても重要なパーツです。
眉は目と一緒に人が一番最初に視線を向ける顔のパーツなのでやりすぎメイク避けるようにして下さい。

メンズメイクの眉で、一番ポイントとなるのは、作り過ぎないナチュラルメイクを心掛けることです。
顔の印象を変えたいメンズの方は、眉のメイクポイントをしっかり抑えていきましょう。

メンズメイクのやり方【目元編】①眉を整える

眉毛は下を剃るのがおすすめ。

上の方は太い毛が多いので剃り跡が青く残ってしまいます。また、表情を変えた時に眉毛があまり動かなくて不自然な感じになる場合があります。

理容室で「眉毛の下剃りますか?」と聞かれるのは上を沿ってしまうと上記のようなことが起こる可能性があるからです。

メンズメイクのやり方【目元編】②眉毛を描く

眉毛を描くときは自分の眉の外側に少し眉を付け足すような感じでペンシルを使って眉を描いていくのがおすすめ。

眉山から眉尻にかけてのラインは、角度をつけすぎると不自然な印象になるので眉尻を極端に下げすぎない方がいいです。

指先や眉用のブラシなどで、描いた線の輪郭をぼかすと、ナチュラルな仕上がりになります。

メンズメイクのやり方【目元編】③カラコンを入れる

いつもの自分とは違った印象になりたい時や、外国人のような瞳を手に入れたいときは、思い切ってカラコンを入れてみましょう。単純に黒目を大きくしたい時は、黒いカラコンを使えば好きなサイズに黒目を調節することができます。

カラコンを入れることで日本人離れした雰囲気になるため、ガッツリとメイクを楽しみたいときや中性的な顔立ちを目指すとき、コスプレをしたいときなど、普段とは違う自分になりたいときに使うのがおすすめです。

メンズメイクのやり方【目元編】④二重を作る

二重まぶたを作るための方法は、アイプチや毎晩のマッサージによる二重線の癖つけ、整形など、いくつかあります。

男性は女性よりも皮膚が厚いためアイプチがおすすめです。
いきなりアイプチを購入することに抵抗があるという方は、まずは絆創膏で代用してみましょう。

眉切はさみなどで絆創膏の山型に沿って1mmほどにカットすれば、インスタントアイプチが完成です。アイプチに比べて低コストのため、こちらで何度か練習して綺麗な二重を作れるようになったら、いろいろな種類のアイプチに手を出してみると良いでしょう。

メンズメイクのやり方【目元編】⑤涙袋を作る

セクシーな目元を演出したい場合は、涙袋を強調するメイクがおすすめ。ラメ入りパウダーを肌にのせる方法が定番ですが、ラメに抵抗のある人はハイライトとアイブロウパウダーを併用してみましょう。

やり方は、まず、涙袋を強調したい部分にハイライトをのせていきます。付属のチップがない場合は、綿棒や小指の先で少しずつ涙袋を明るくしていきます。まぶたの色より1トーンほどの明るさに抑えることがポイントです。

その後、アイブロウパウダーをごく少量チップの先につけ、涙袋の真下のラインに沿って線を引きます。この作業を、うっすらと線がついていることがわかるくらいまで繰り返して自然な影ができたら、涙袋の完成です。

メンズメイクのやり方【目元編】⑥アイラインを描く

アイライナーにはリキッドアイライナーがありますが、メイク初心者男子には難しいと思う方が多いので、ペンシルがオススメ。

睫毛の生え際のまぶたにアイラインを引きますが、
睫毛のすき間を埋めていくつもりでごく細く描くのがポイントです。

見違えるほど目元がはっきりし、
顔全体が引き締まった印象になりますので、ぜひ試してみてください。

メンズメイクのやり方【ベース編】

ベースメイクの「ベース」とは、肌のことです。
顔の約8割を占める肌を、メイクによってなめらかに仕上げることで、受ける印象は大きく変わってきます。

また、青ヒゲがきになる方は下地クリームやファンデーションで隠すことが可能です。
肌荒れやニキビなどの肌悩みをカバーしたい方には、コンシーラーもおすすめです。

メンズメイクのやり方【ベース編】①ヒゲを処理する

ベースメイクをする上で必須なのが、丁寧なひげの処理です。メイクは素肌が綺麗であるほどうまくいきやすく見栄えも良いため、日頃からひげの手入れをまめにしておく必要があります。剃った後は化粧水や乳液などで入念に肌のケアをしましょう。

ひげ剃り後の青みがかった肌を自然な色味に戻していきます。極端に色白・色黒というわけではない人は、オレンジ系統のコンシーラーを使ってみましょう。初心者の人は比較的使いやすいクリームタイプから入ることをおすすめします。

メンズメイクのやり方【ベース編】②下地クリームとファンデーションを塗る

化粧下地は、この後に塗るファンデーションを肌に密着させて化粧持ちを良くする効果やファンデーションが毛穴に入り込むことを防ぎ、お肌を守る役目もあります。

ファンデーションは、厚塗りせず、少量を皮膚に馴染ませるようにしてのばしていき、色むらがでないように気をつけます。

メンズメイクのやり方【ベース編】③リップを塗る

メンズメイクでリップは絶対必要かというと、なしでも大丈夫です。
しかしメンズでもリップを使うと、

【血色が良くなる】
【顔の印象が明るくなる】
【雰囲気が変わる】

と印象が変わるので唇がくすんでいたり、紫だったりする方はおすすめです。
色選びが大切で、ナチュラルに発色するリップを選びましょう。

メンズメイクの基本道具

ここからはメンズメイクに必要な基本道具を紹介していきます。

揃えておきたいものとして、
スキンケア用品・クレンジング・見やすい鏡・化粧品
がありますが、ここでは化粧品を紹介していきます。

メンズメイクの基本道具①下地クリーム

Blockquote firstBlockquote second

オイリー肌ですぐ化粧崩れしてたけど、夜まで顔がさらさらだった!!ヨレないテカらない!!あぶらとり紙いらずだったリピ決定。

【セザンヌ 皮脂テカリ防止下地】

男性は女性より皮脂が多い傾向があります。
なので選ぶなら皮脂につよい化粧下地がおすすめです。

皮脂テカリ防止の下地で効果もかなり高い「セザンヌ 皮脂テカリ防止下地」がおすすめです。
1番皮脂くずれ防止の効果が高い化粧下地としてプリマヴィスタがありますが3000円と少し高めなので初心者でとりあえず試してみたい、安く抑えたい方におすすめです。

メンズメイクの基本道具②ファンデーション

Blockquote firstBlockquote second

化粧下地はずっとケイトを使用してます。
今回、今まで使用していたミネラルUVの下地が販売終了となりストックもなくなってしまったのでこちらのCCクリームを購入しました。
何度かモデルチェンジ?をしてもミネラルをすごく気に入っていたので無くなり本当にショックです(T_T)
でもケイトの下地はどれも優秀でコスパも良いのでまたケイトにしたいと思いBBと迷いましたがこちらのCCピンクベージュにしました。
使用してみると伸びはミネラルよりやや劣りますがカバー力がすごいなと思いました。
BBではないけれど、ファンデなしコレ1本でも行けそうなくらい使えます!私は顔色が悪い方なので(笑)ピンクベージュのが合っていました(顔にほんのり血色が戻ったね!みたいな仕上がりで良かったです)。ですので暫くはこちらの商品にお世話になりそうです♪

【ケイト 化粧下地 シークレットスキンCCベースゼロ EX-1】

肌をの凹凸を埋めたり質感をよくして美肌に見せるのにファンデーションやBBクリーム・CC・クリームを使います。

BBクリーム:日焼け止め+化粧下地+ファンデーション
CCクリーム:(日焼け止め+)化粧下地+カラーコントロール

BBクリームやCCクリームだと下地クリームが不要なので、初心者の方や、下地とファンデーションと分けて塗るのが面倒な方にはおすすめです。

メンズメイクの基本道具③ カラコン

Blockquote firstBlockquote second

これはお出かけ用に使用しています。
普段や仕事には、別の色なしのワンデーを使っています。
カラコンの方が粗悪な造りだと思ってましたが、こちらの商品の方が目が疲れないし乾きません。
驚きです。長時間や夜中まで付けてても視界が曇ったり乾いたりもしないので本当にいいです。

チャーミングブラウンですが、カラコンしてるって絶対ばれると思いますので仕事には無理かと。
確かにかわいい色ですが、ある程度の年齢以上になるとちょっと盛りすぎ感があります。
使い心地はとてもいいので他の色も使ってみたいなあと思います。

【カラコン ナチュラリ ワンデー チャーミングブラウン 1箱30枚入り】

黒目を大きくしたのであれば、ベージュやブラウンのカラコンを選ぶのがおすすめ。

また「目を大きく見せたいけどバレたくない」という方には、着色部分が大きすぎないカラコンやドット系の柄のカラコンを選ぶといいです。
ドット柄は自然に目になじみやすくなっているためおすすめです。

メンズメイクの基本道具④アイライナー

Blockquote firstBlockquote second

今までペンシルのアイライナーはどれを使ってもとれて下まぶたが黒くなりましたが、こちらは大丈夫でした!
インラインを書くときに重宝しています。

【デジャヴュ ラスティンファインS ペンシル3 ダークブラウン】

目蓋にアイラインを引く道具であるアイライナーは
リキッドタイプとペンシルタイプがあります。
ペンシルタイプの方が使いやすいため初心者にはおすすめです。

色はは肌の色と馴染みやすいダークブラウンかブラウンがおすすめ。
慣れてきたら色々な色にチャレンジして、自分に合う色を選んでいきましょう。

メンズメイクの基本道具⑤アイシャドウ

Blockquote firstBlockquote second

粉の質もとても扱いやすくて発色もちょうどよく
使いやすくて満足です
赤みがないので外で見たら赤くてびっくり!ということもなく便利

【エクセル スキニーリッチシャドウ SR01 ベージュブラウン】

初心者メンズメイクにオススメなのはブラウン系。ナチュラルに仕上げることができます。
目に近づくに連れて濃い色にしていくと綺麗なグラデーションができます。

アイシャドウを下瞼に使って涙袋も作れるので必需品です。
目が大きく見えたり、目元が優しい印象になる効果があります。
涙袋をやりすぎるとクマのように見えてしまったりするので注意しましょう。

メンズメイクの基本道具⑥リップ

Blockquote firstBlockquote second

フレンチピンクを気に入っておりましたが、それを上回る仕上がりでした。
自宅で赤リップを塗り、外出先でこちらを塗り足し続けます。
ほどよくツヤも出ます。
紫外線予防効果もあり、荒れないし、最高すぎる。

【ニベア リッチケア&カラーリップ シアーレッド 2g】

ナチュラルに仕上げたいのなら、口紅ではなく、色付きリップがおすすめ。
唇に血色感がつき、唇も潤うので一石二鳥になります。
血色があるだけで、顔色がよく見えて、印象が変わります。

おすすめの色はオレンジとピンクの中間のような色がおすすめ。

メンズメイクでなりたい自分に!

いかがでしたか?
ここまで、メンズメイクのやり方や必要な道具などについて紹介してきました。基本的には、女性がメイクをする手順にならって構いませんが、色味やラインの引き方などには微調整が必要です。

メイクは、自分に合ったやり方を見つければ大きな武器になります。男性だからと遠慮をせずに、身だしなみの一つのような感覚で男メイクを身に着けて、なりたい自分を目指しましょう。

関連記事

Related