Search

検索したいワードを入力してください

【状況別】おすすめの貯金術・おすすめの本|一人暮らし

Author nopic iconマキ
節約 / 2018年04月09日
【状況別】おすすめの貯金術・おすすめの本|一人暮らし

状況別おすすめの貯金術

ひとえに貯金術と言っても、生活環境は人それぞれなので、万人に共通してぴったりな貯金術はありません。自分の生活にあった貯金術を実行すると、無理なくお金が貯まります。状況別に貯金術のコツをご紹介していきます。

一人暮らし

一人暮らしだと生活に必要な費用を全部自分で賄うため、貯金する余裕などないと嘆いている人も多いでしょう。しかし、一人暮らしでも確実に簡単にお金が貯まる貯金術があります。それは、貯金する金額を決めておくことです。簡単なことですが、とても重要です。例えば手取りが18万円だとして、8万円ずつ貯金することを決めたとします。

給料日が来たら、残りの10万だけでやりくりしていくことを考えます。浪費癖のある人は、お金がなくなるとすぐに引き出す癖があります。しかし、普段から無駄遣いをしないようにすればその必要もなくなります。どうしたら貯金できるのか、ではなく貯金額を最初に決めておきましょう。

主婦

財布を握り、家計のやりくりをしながら貯金をしたいと考えている主婦の人も多いでしょう。主婦の場合は、考え方を改めるだけでもお金が貯まるようになります。お金は使わないものという考えから、「お金はうまく使うもの」に考え方を変えることです。お金をなるべく使わないようにすると、節約に疲れてしまいます。

しかし、お金はうまく使うものだと考えれば、何にお金を使い、どのように無駄な出費を削ればいいのかが考えやすいです。節約とはケチケチすることではなく、無駄を削ることです。そしてその浮いたお金を貯金に充てれば、気付けばたくさんお金が溜まっているでしょう。

シングルマザー

常にお金と向き合い、貯金の事なんて考えたくもないというシングルマザーの人もいるでしょう。しかし、シングルマザーだからこそ活かせる武器があります。母子家庭が対象の補助は必ず受けましょう。地域ごとに受けられる補助は違うので、必ず調べておきましょう。

そしておすすめなのは、学資保険です。月々5,000円ほど払えば、子どもが大学に進学する頃には150万円ほどまで貯まります。解約しない限りは勝手に引き出せないので、確実に貯金ができます。

年代別おすすめの貯金術

自分に合った貯金術だと続きやすいですが、学生、社会人など年代によって収入の状況は違います。そこで、年代別におすすめの貯金術をご紹介していきます。

高校生

高校生になるとアルバイトを始める人もいますが、学校や家の規則でまだできない人も多いです。そして、世の中に多く出回っている貯金術は、主婦や社会人など安定した収入がある人に向けられているので、高校生が実行するのは難しいです。そこでおすすめしたいのが、100円玉貯金術です。

1日の終わりに財布の中に入っている100円玉を貯金するだけです。500円玉貯金よりも負担なく続けられます。と言っても、毎日財布にあるすべての100円を貯金する必要はありません。余裕がある時に入れるくらいの意識で充分です。

大学生

大学生になると制限がなくなり、多くの人がアルバイトをしています。貯金をしたいからと言って1つのアルバイト先のシフトを増やすのは大変な上、バイト漬けになって学業がおろそかになってしまう可能性もあります。そこでおすすめなのが、バイトの掛け持ちです。掛け持ちと言っても、両方のバイトを詰め込むわけではありません。

派遣バイトや期間限定のバイトは時給が高いです。さらにシフトは不定期でも続けられます。そのバイトには1ヶ月に1度だけ入り、そのお給料を貯金に充てるという方法です。そのバイトだけ口座を分けておけば、貯金用の口座もできます。時間がある大学生だからこそできるおすすめの貯金術です。

社会人

安定した収入を得られるようになった社会人は、貯金額を毎月の給料から天引きして別の口座に移し、積立定期預金を利用する貯金術がおすすめです。天引きして貯金用の口座に移しただけだと、自由に引き出せるようになっているので無駄遣いする癖がある人は引き出してしまうでしょう。

しかし、積立貯金なら口座は銀行が管理し、目標の金額に貯まるまで引き出すことはできません。確実にお金が貯まる貯金術です。

簡単なおすすめの貯金術

貯金をするために節約しようと考えたなら、最初は簡単なことから初めてみましょう。無理して節制すると、かえって続かなくなって浪費癖が戻ってしまいます。ダイエットのリバウンドと同じです。

毎月の貯金額を決める

貯金が中々たまらない人の特徴の1つは、必要な固定費や雑費、交際費などを差し引いて余った金額を貯金に充てています。毎月金額が変わる不安定な状態では、確実に貯金ができないだけでなく、浪費癖もついてしまいます。そこで、毎月これだけ貯金する、という金額をあらかじめ決めておきましょう。

適切な貯金額は収入や実家暮らしか1人暮らしかなど、その人の環境によって異なります。どんな人でも無理なく貯金できる金額の目安は、「手取りの1割」です。これからは貯金する金額を固定して、残ったお金でやりくりするようにしましょう。

本当に必要なものだけ買う習慣をつける

無理なく貯金ができている人は、こまごまとしたものはあまり買いません。飲み物はペットボトル飲料を買うのではなく水筒を、昼は外で買わずお弁当は家で作って持ってきます。仕事をする日はコンビニのお弁当とペットボトル飲料を買い、毎日500円ずつ使うとします。そして1年間のうち240日働くとすると、12万円もの出費になります。

12万円もあればいろいろなことができます。ちょっとした旅行にだって行けます。それよりは、夕飯の残り物を使ったり、水筒にお茶を入れてくる方が断然経済的です。貯金ができている人はこのような細かい出費がありません。出費が多い人はさっそくお弁当と水筒を持っていくようにしてみましょう。

いらないものは売る

節約をしてもそもそもお給料が少ない場合は、貯金をするのが苦しくなってしまいます。苦しい状態で貯金をしようとすると、かえって貯金が続かなくなってしまいます。そこで、手元にあるお金を増やして無理なく貯金を続ける方法があります。それは、読み終わった本やもう着ない服など、不要なものを売ることです。

メルカリやヤフオクなどのオークションサイトやフリマなどで、不要なものを出品します。自分のいらないものが誰かが探しているものだった、ということはよくあります。いらないものを売るだけで1ヶ月に数万円のお金を作っている人もいます。部屋も片付いて一石二鳥です。

貯金術に関するおすすめの本

上手いお金の使い方や貯金術がわからないのであれば、本を参考にすると良いでしょう。誰でも無理なく続けられるおすすめの貯金術の本をご紹介していきます。参考にしてみましょう。

『隠すだけ!貯金術』

貯金はしておかないとまずいのはわかっていても、続くか不安、苦しくなってしまうのではないかと心配してしまう人もいるでしょう。そこでおすすめしたいのが、「隠すだけ」の無理なく続けられる貯金術です。お金は貯めようと思うから貯められない、ならば貯めたいお金は隠せば良い、という考え方の新しい貯金術です。

隠すだけという簡単な方法ですが、どうすればお金を貯めやすくなるかのコツが漫画で描かれています。難しいことは何もなく、おすすめの貯金術です。

Blockquote firstBlockquote second

シンプルな内容だけど、こういう時はどうしたら?という家計管理に関する疑問が解決しました。
無理なく無駄な手間もないのでやる気になりました。

『年収200万円からの貯金生活宣言』

収入が少ないと貯金なんてできないと嘆いていたら、それは大間違いです。消費、浪費、投資の3つを意識して、お金を使えば誰でも無理なく貯金ができます。3800人の貯金ゼロ家計を再生させてきた、凄腕コンサルタントによる90日のプログラムが掲載されています。

たった90日で貯金術を自分のものにすることができます。節約やお金の流れの基本的なことが書いてあるので、貯金術だけでなく、普段見落としがちだったお金の使い方を学べる本です。

Blockquote firstBlockquote second

書かれている内容は特に目新しいものではありませんが、具体的な実践方法などをとても分かりやすく説明してくれています。
月収20万円の後輩が、「全然貯金ができない。どうやったらもっと収入を増やせるのでしょうか?」と悩んでいたので、「支出を引き締めるほうがずっと簡単でずっと効率的だよ」とアドバイスするとともに、この本をプレゼントしました。とても喜んでもらえました。

『お金が貯まるダイエット』

タイトルを見て、貯金術とダイエットにどう関係があるのか不思議に感じた人もいるでしょう。5000人以上の食事指導をしてきたダイエットのカリスマと、20代でマンションを購入した貯金のエキスパートがこれまでの経験からわかった貯金術を本に綴りました。今まで無自覚だったお金の流れを把握するだけです。

食事制限も運動もなし、続ければ続けるほどお金が貯まって同時に痩せるという夢のような方法です。お金の流れを見直しながら痩せたいという人にとてもおすすめの貯金術です。

Blockquote firstBlockquote second

これまで、ダイエットを始めようとするとまず何かしら買い物をしていたのですが、
それらはすべてムダだったんですね( ;∀;)
ダイエットサプリや低カロリーの食品など、特別なものを買わないというだけじゃなく、
一切お金を使わないでも痩せられるというのが、金欠の私にピッタリでした!
使わなかった分を貯金にまわすとこんなにお金がたまるという発想が最高です。

男女別おすすめの貯金術

同じ貯金術でも、男女で生活環境やお金の使い道が違うので、それぞれに適した貯金術があります。男女別におすすめの節約・貯金術をご紹介していきます。

男性におすすめの貯金術

男性の場合は掃除用品やキッチン用品などの消耗品を100均でそろえるようにして節約し、貯金する方法がおすすめです。最初は消耗品を100均のものにすると、段々100均の便利さに気づきます。

そして、日用品全てを100均にすると、かなりお金が浮きます。その浮いたお金を貯金に充てると良いでしょう。100均だからと侮ってはいけません。コストパフォーマンス高く機能的な日用品がたくさんそろっています。

女性におすすめの貯金術

今、コツコツ貯金をする「富女子」と呼ばれる女性たちが話題になっています。5年間で1,000万円貯める、1年で100万円貯めるなど、貯金額は違うものの、生活費を節約し貯金をする女性はとても多いです。そんな彼女達が実行している節約術が、「ユニクロ・GU活用術」です。

服は1枚買うだけでもお金がかかってしまいますが、ユニクロやGUを活用すれば、節約しながらオシャレもできます。少し時間が経って安くなってから購入するのですが、モノトーン・紺・ベージュの3色を選ぶのがポイントです。普段着ている洋服と合わせやすいからです。服にお金がかかっている女性におすすめの貯金術です。

無理はしないこと

貯金を始めるにあたって、いろいろな方法があります。貯金する金額を決めて毎月天引きしたり、無駄遣いを減らして貯金に充てたりなど、方法はたくさんあります。どの貯金術でも最も大切なのは、「続けること」です。

無理やり生活を切り詰めると苦しいだけで続きません。少しずつで構わないので、とにかく続けることが大切です。試行錯誤して、自分に合った貯金術を見つけましょう。