Search

検索したいワードを入力してください

サンタクロースへの手紙の書き方・例文|親から子/カナダ

Small c4e097db 5edd 40af 81d1 769c5924a8daろく
カテゴリ:文化

初回公開日:2018年04月25日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年04月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

サンタクロースへの手紙の書き方・例文|親から子/カナダ

サンタクロースへの手紙を書きませんか

あなたは子供の頃サンタクロースを信じていましたか。子供の頃の気持ちを少しだけ思い出してサンタクロースに手紙を書いてみませんか。子供はもちろん、大人でもサンタクロースに手紙を書くことができます。お子さんがいる方は一緒にサンタクロースに手紙を書いてみるのも素敵ですし、大切な人へのプレゼントにするのもロマンチックです。

今回は、サンタクロースへの手紙の書き方をご紹介します。夢のつまったサンタクロースに癒されましょう。

サンタクロースへの手紙の書き方

メールやオンラインチャットでのやり取りが当たり前になった今、手紙を書く機会は減っています。今の若者の中には手紙を書く必要性を感じない人もいるでしょう。

生まれたときからスマホやメールが当たり前にある今の子供達は手書きで手紙を書いたことがない子もいるでしょう。そんな現代の子供たちでもサンタさんに手紙を書くのは喜びますし、良い経験として記憶に残ります。

手紙には便箋や封筒を選んだりイラストを添えたりなど手紙ならではの楽しみがあります。手紙ならではの返事を待つ間のわくわく感や実際に返事が届いた時の喜びを体験させてあげましょう。

まずは手紙の書き方をご紹介します。

英語で書くのか日本語でも良いのか

もともと海外の文化であるクリスマスですから、私達日本人の持つサンタクロースのイメージは「白い髭の外国人のおじさん」ではないでしょうか。そのサンタクロースに手紙を書くのは英語の方が雰囲気が出ますので、英語が堪能な方はもちろん英語で、苦手な方も英語にチャレンジしてみましょう。

小さな子供で英会話を習っている子も多くなっていますので、英語の勉強にもうってつけです。

しかし絶対に英語でないといけないわけではありません。後ほどご紹介しますが、カナダのサンタクロースは世界各国の言葉に対応してお返事をくれます。

サンタクロースからの手紙を送ってくれる会社の中にはお子さんの年齢に合わせてひらがな・カタカナ・漢字を使い分けてくれるところもあります。

便箋が良いのか

「手紙」と言うと便箋と封筒を想像しますが、長い手紙である必要はありませんので絵葉書などでも良いでしょう。

もちろん手紙でクリスマスの思い出や今年のクリスマスの過ごし方などを書いても良いですし、サンタクロースにお願い事を書いてみるのも良いでしょう。

絵葉書でも便箋でもよく、内容も選ばないとなるとサンタクロースへの手紙はぐっと敷居が低くなりませんか。お好きなことを書いて良いですが、サンタクロースは子供の学校のことやイラストだと喜ぶと言う設定が作られています。

「メリークリスマス」だけは忘れずに書き込みましょう。

国別サンタクロースへの手紙の出し方

サンタクロースへの手紙はどこ宛てに出せば良いのでしょうか。

サンタクロースは雪深い自然豊かな場所に住んでいるイメージですが、やはりその想像通り冬には雪が降り自然にあふれる国にサンタクロースの住所はあります。子供たちには内緒の、サンタクロースにまつわる大人のお話です。ご紹介しましょう。

カナダ

サンタクロースへの手紙はカナダの郵便局「Canada Post」に送ると言うのが有名です。このCanada Post、日本からの手紙の送料のみでサンタクロースからの返事が届きます。返事はクリスマスにはとても嬉しい手書きのメッセージが添えられていることもあります。

返信してくれるのは郵便局員の方々です。しかも世界30カ国の言葉に対応してお返事をくれるのですから、その努力は計り知れません。

クリスマスに返事が欲しい方は11月中に送るのが良いとされています。ちょうど日本ではクリスマスのイルミネーションなどが開始される時期でしょう。

しかし忙しいサンタクロースですから、返事がクリスマスに間に合わないこともあります。その場合、「北極に帰ってきたら手紙が届いていた、遅れてごめんね」と言う設定のもとお返事が来ます。どこまでも夢を持たせてくれる素敵な企画です。

フィンランド

サンタクロースの本場といえばフィンランドです。フィンランドにはサンタクロースから手紙が届くサービスを行っている会社がいくつかありますが、その中でも有名なものをご紹介します。

フィンランド、ロバニエミ市にある「サンタクロース村」から届く手紙です。この村には一年中フィンランド政府公認のサンタクロースが住んでいるので手紙を書くのはクリスマス時期でなくてもかまいません。

サンタクロースから返事を貰うのは申込みが必要となり有料ですが、インターネットから日本語で申し込むこともできますし、文面やかわいいイラストは毎年新しく作られます。また、フィンランドの国際切手が貼られサンタクロース村の消印が押されるのでリアリティが増します。

フィンランドのサンタクロース村の写真を見ながら、いい子にしていたらいつかサンタさんに会いに行こうと子供と約束するのも素敵です。

日本

日本にもサンタクロースからの手紙サービスがあるのをご存知でしょうか。日本国内で日本語で申し込むことができると不安も少ないでしょう。なんとお近くの郵便局から申し込むことができます。

郵便局が行っているこのサービスは申し込むとその年のクリスマスシーズンにフィンランドから手紙が届きます。その手紙に返信用はがきが入っているので、そこにサンタクロースへの手紙を書き返信すると、次の年の夏にはサマーカードが届きます。

一度きりではなく、サンタクロースと手紙のやり取りができるのが特徴です。ちゃんとフィンランドから届くのも嬉しいポイントです。

サンタクロースへの手紙の例文