Search

検索したいワードを入力してください

ブレインダンプのやり方・効果・おすすめの本|恋愛/復縁

Author nopic iconkuritch
恋の悩み / 2018年03月26日
ブレインダンプのやり方・効果・おすすめの本|恋愛/復縁

ブレインダンプとは何か

「ブレインダンプ」という言葉を聞いたことがありますか。この言葉を知って以降、実践する人としない人とでは明らかに差が生じると言われています。しかしまだ一般的に知られていないため、多くの人々にとっては皆目見当がつかないことです。

ここではまだまだ未分野とも言えるノウハウ、ブレインダンプの基礎知識を掲載します。人と
おり目を通してなんとなく知っていただければ幸いです。

ブレインダンプの意味

ブレインダンプの意味するところは、「脳(brain)の中にある情報を、ダンプ(dump)する」ことを指します。それはまるで、工事現場にてダンプカーが土砂を出すような、大量にどこからか運んできたものを残さず放出することに似ていることから由来しています。

ブレインダンプとは、脳内にある情報を全て出しつくす作業で、それによる効果が覿面であるとされています。

ブレインダンプをなぜするのか

ブレインダンプを行うと、幾つかのメリットがあります。例えば今抱えている問題点についての最適な解決策が見つかる可能性があること、あるいは新しいアイデアを生み出したい時、何かを企画する時などに、一旦頭の中の情報を整理することができて、発想が閃き易くなります。

ブレインダンプを実践するには、ちょっとしたコツや方法があります。以降、ブレインダンプについてさらに詳しくご紹介していきます。

ブレインダンプのやり方

それでは具体的にブレインダンプの実践方法についてご紹介します。ブレインダンプにはさほど難しいテクニックは要りませんので、その気になってコツが分かってくれば即実践できます。しかも身の回りにある筆記具だけで可能なので、コストパフォーマンスも高いという利点があります。

ただし行った結果から何を見出すのかは、その人のセンスや能力次第な部分もありますので、あらかじめ理解しておいてください。

ブレインダンプのやり方概要

ブレインダンプを行う際最もポピュラーな方法が、「紙に書き出す」というやり方です。用意するものは、「A4以上の大きさの用紙(できれば罫線がない無地が理想です)」「ペン(ボールペンやサインペンなど書き易いもの)」「ストップウォッチ」の3点です。

手順は簡単です。まず何かしらのテーマ決め、タイマーをセット(5〜10分ぐらいの短い時間)します。その時間内にテーマについて頭の中で浮かんできたことをひたすら紙に書くだけです。その際の時間内は手を止めず他所見せず、余計なことは考えないのがルールです。時間いっぱい頭の中に何も浮かばなくなるまで書き続けます。

ストップウォッチがなぜ必要か

ブレインダンプを行う際になぜストップウォッチやタイマーが必要なのか分かりますか。これには意味があります。

思い描いたことを書き出すこと自体、最初はすらすら書けるのですが、徐々にネタ切れになっていきます。そこへ時間制限を設けることで、さらに脳をに負荷を掛けると、何とかしようと機能し始めるからです。ちょっとしたスパルタ式な方法として、時間制限は重要な役目を果たすからです。

潜在意識とブレインダンプの関係性

潜在意識とは普段の生活の中ではなかなか見受けられない能力です。しかし気がついていないだけであって、アイデアやインスピレーションといったものが驚くほど溢れている場所です。

ブレインダンプを行うことで、未知の中に秘められているアイデアを引き出しやすくします。これは、ブレインダンプによって脳に負荷をかけているので、筋トレさせるような現象です。普段使わずサボっている部分が動き出すような感覚です。

引き寄せの法則とブレインダンプ

ちょっと前に引き寄せの法則がブームとなり、その関連性が高い書籍などが本屋に平積みされていた光景を覚えてる方も多いことでしょう。引き寄せの法則の場合、頭の中で強くイメージしたことが実現しやすくなるということが謳われてきました。そのイメージの強さというのは、どうしても個人差もあり漠然としています。

そこでブレインダンプとミックスすることで、より頭の中で起こっていることが分かりやすくなります。つまり「紙に書き出し」ていくわけなので、可視化できる内容も多くなるということです。ブレインダンプによって吐き出されたキーワードをもう一度見直してみましょう。そこには、新たな引き寄せのヒントが隠されている可能性が高いと言えます。

ブレインダンプとブレインストーミングの違い

類似した「ブレインストーミング」という言葉があります。これも、アイデアをひたすら書く行動として同じ働きをします。しかし決定的な違いがあるとすれば、ブレインストーミングとは、同じ場所に集ったチームやグループによって、同じテーマや目的に向かって行うものですが、ブレインダンプは、独りで自分のために行うことという点です。

つまりブレインダンプとブレインストーミングとは同じ仲間であり兄弟のような解釈としても良いでしょう。重要なのは、どちらにせよ実践して味わってみることで、自分のものにしていくかどうかです。

ブレインダンプの効果

まだまだ世の中は、自分の能力を疑っている人、自分に限界を課している人が多いと言えます。自分を労わりつつも、どこかで自信をなくしかけている、そんな心の状態の日もあります。そのような時にこそ、ブレインダンプを一度行ってください。

ブレインダンプを行うことでどのような効果があり、どんなメリットが訪れるのかについてご紹介します。まずは理屈ではなく実践です。何はともあれ試してみることが第一優先です。

ブレインダンプによる主なメリット

まずは大まかに、ブレインダンプによって起り得るメリットをご紹介します。「脳内の断捨離」を行う作業ともいえるブレインダンプによって、「気分が爽快になる」「やりたいことの明確化」「やるべきことの優先順位化」「メッセージの明確化」「情報の視覚化」といった効果が期待できます。

アイデアとは他の複数の既存のものとの組み合わせです。ブレインダンプをして書き出したキーワードをよく見直しておくといいでしょう。そこには今まで自分が気にもしていなかった傾向が出ている可能性が高いからです。

脳内のカオスをクリアにする

常に脳は情報にさらされています。それは生きている限り止めることは不可能です。メディアでのニュース、SNSだけに限らず、リアルな人付き合いなども含め、情報は善し悪し問わずに入ってきます。

カオス(混沌)とした頭の中から、必要な情報を引き出す意味でブレインダンプは効果的です。カオスと化した脳内にあるものを一旦放出て広げることで、何かと何かが連鎖反応を起こして新しいアイデアになる可能性も考えられます。忘れ去られた情報も掘り起こされることもあります。

恋愛にも効果的なブレインダンプ

恋愛事情は対人関係でもあるため、とても一人では解決できないことや、一人で抱えてしまう悩みも付き物です。そこで、恋愛に関する悩みや問題についてもブレインダンプを利用してみることをおすすめします。

相手に対する思い込みが、紙に書いていくにつれて、実際は自分自身の中にある嫌な部分だったりします。ようはそんな自分の本当の思いに気づくことが、恋愛関係を円滑にすることに繋がるからです。

復縁の足がかりになることもある

ちょっと特殊ではありますが、ブレインダンプによって復縁するという事例もあります。理由はどうあれ、既に別れてしまった人のことを、一度すべてブレインダンプしてみると、そこには自分も忘れかけていた事象が思わず書きなぐってあったということもあり得ます。そこからヒントとなって、再び復縁へのヒントになるという可能性が秘められていると言います。

当然、相手ありきなことですから100%実現するとは断言できませんが、少なくとも自分自身の思いを清算する意味でも、一度試してみる価値はあります。

ブレインダンプに関するおすすめの本

ブレインダンプについての関連本をご紹介します。脳内の整理についてを体系化している書籍が多い中で、ブレインダンプについてはこれからの明るい分野と見なせます。

ブレインダンプ―必ず成果が出る驚異の思考法

最もブレインダンプに関してを解説している本としておすすめできます。もし今の現状で悩みや、もう一歩工夫がほしいけど何をしたらいいのか分からないという方は、ブレインダンプを習慣化してみてはいかがでしょうか。そのためには、まず概要をしっかり理解しておくことがポイントです。そのためのおすすめな一冊です。

Blockquote firstBlockquote second

ブレインダンプは読んだだけでは意味がなく、実行すると驚愕するスキルです。やらないと意味がないですが、やると効果は絶大。これからもやり続けると思います。

新版 ザ・マインドマップ(R)

直接的にブレインダンプとは関連はないのですが、頭の中のイメージを書面化するという意味では、マインドマップは同じ機能を持っています。認知度の高さはこちらのほうがあるので、実践している人も多いノウハウです。この本は本家による最も詳しい解説書です。まずは実践してさらに理解を深める時に再読すると、この本の良さが分かりおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

マインドマップの可能性や自分に必要な部分といったものが見えてくる気がして、折に触れて読み返したくなる。迷った時とかに必読かな。

ブレインダンプに関するアプリ

ブレインダンプは手書きで紙に書くことで効果があるノウハウなので、ブレインダンプそのもののアプリケーションは存在しません。しかしブレインダンプのように、頭の中のイメージをアウトプットさせるという意味では「マインドマップ」の概念とも類似しています。

もしアプリとして脳内のアウトプットを試みたいという方には、マインドマップ系列のアプリを実践することをおすすめします。

ブレインダンプのセミナーの選び方

ブレインダンプに関するセミナーや講座は、まだ比較的に少ないのが現状です。時折注意して検索すれば数件でてきますが、しっかりと体系化して講座として教えるというまでにはまだ至っていないこともあり、注目度がまだ薄い分野とも言えます。

しかしマインドマップが日常化したり、潜在意識についての提唱をするセミナーも増えていることから、今後は展開次第で可能性が広がります。何よりも参加者がワーク形式で行えるのがブレインダンプの利点です。もしそのような機会があればワークショップ感覚で参加することをおすすめします。

ブレインダンプを生活に取り入れよう

ブレインダンプによって問題の解決に役立つという声も聞きます。ネット上でもかなりの数でブレインダンプの魅力を語っている人も見受けられるようになりました。しかしまだあまり浸透はしておらず、恒常的に続けることに着目している人が少ないのも課題です。

しかしブレインダンプの方法を取り入れて何か新しいアイデアを得ている人は確実に増えています。アメリカの某有名コピーライターは日課として行い成果をあげているという、ブレインダンプは、今後注目されることでしょう。

関連記事

Related