Search

検索したいワードを入力してください

彼氏・彼女がラブコールをする割合・ラブコールの仕方・時間

Small 8f8c904b ad30 4fd5 b93f 217c04f72c64ちぇりー
カップル / 2018年03月12日
彼氏・彼女がラブコールをする割合・ラブコールの仕方・時間

彼氏がラブコールする割合とは?

彼氏がラブコールする割合とはどうなっているでしょうか。割合で言えば70%ほどの男性がラブコールをしているといえるでしょう。大体のカップルは、彼氏の方がラブコールをするものと考えられています。これには理由がいくつかあります。

彼氏がラブコールをする理由の一つに、男の人はあまり相手の都合を考えません。自分がふと彼女をおもった時、朝起きた時、仕事終わりなど、短く回数多くラブコールをするでしょう。

彼氏がどのような状況に置かれているのかにも関係しますが、自分がちょっとでも時間があれば、相手の都合は関係なくラブコールをするでしょう。

メールが面倒

もう一つの理由に、メールを打つのが男性は面倒とおもっているという事があげられます。メールを打っている時間があれば、ラブコールしてしまうという事になります。メールが嫌いな男性も結構いるということです。

ロマンチストだから

男性の方が案外ロマンチストといえます。日常でふと妄想した時、彼女にラブコールしたくなってしまいます。そこにはもちろん彼女の事が好きだからという理由が一番にあるのですが、そんなラブコールをしている自分に酔っているナルシスト的な要素もあります。

自分がしたいからするというよりも、相手が喜ぶだろうとおもっている節もあります。そんな男性はほんの少数ですが、これはその男性がナルシストであるとともに、サービス精神の表れだといえるでしょう。

彼女がラブコールをする割合とは?

それでは彼女がラブコールをする割合はどうなっているでしょう。彼氏が70%なので、大体30%くらいとおもってよいでしょう。そんなに少ないのかとおもうでしょうけれど、ラブコールというのは、あまり女性発信ではないと考えられます。

女性はラブコールより先に、相手の都合を考えます。学生同士のカップルであれば同じ立場なのでもう少し女性のラブコールの割合は上がる可能性はありますが、それでも女性は遠慮してラブコールをいきなりするというのは避けます。

女性は忙しい

ラブコールが受け身になる理由に、女性は男性と違ってプライベートが結構忙しい事があげられます。朝であればまず出かける前に髪をセットし、お化粧をしなければいけません。彼氏にラブコールをする事さえ頭に浮かばない程時間に余裕がないでしょう。

遠距離恋愛の場合

遠距離恋愛をしているカップルは当然頻繁に顔を合わせる事ができません。そんな時、女性は寂しくなり、とっさに電話をかけてしまいます。遠距離恋愛の場合はなぜか女性のラブコール率があがります。

これは男性よりも女性の方が、寂しい気持ちに耐える事ができないというのが原因といえます。男性は女性と違い、辛抱強いのではないかとおもわれます。こんな時は女性側から遠慮せずラブコールをすることをおすすめします。

じっと寂しい気持ちを我慢するのではなく、男性もそのラブコールを待っているに違いないからです。ここで双方が我慢しあっていると、すれ違いが生じてしまうケースが多いといえます。

ラブコールの仕方・例とは?

はじめて彼氏・彼女ができた人はラブコールってどうすればいいのと、最初は戸惑ってしまうでしょう。本当であれば、カップルならいつかけたらいいか、相手に了解を得ておくのが迷惑をかけないコツでしょう。

男性がラブコールする割合は70%くらいと言いましたが、これはあくまで割合なだけで、ラブコールしても男性は自分の話しだけしたらすぐに切ろうとします。一方女性は違います。とりとめのない話しを長時間できてしまいます。

なので、ラブコールの仕方としては女性を主体に考えてあげるとすんなりいくと考えられます。男性にしてみると少々面倒くさいとおもうでしょうけれど、そこは二人で決めていってはいかがでしょうか。かける側も時間に余裕がある時が良いという事です。

おはよう・おやすみのラブコール

例にとってみましょう。まずおはようかおやすみのラブコールです。この時気を付けなければいけないのは、相手が起きる時間と寝る時間を事前にリサーチしておく事です。朝も夜もとんでもない時間にかけてしまっては、相手に迷惑がかかってしまいます。

男性側が女性側にかける時は、なるべく朝は避ける事です。女性は朝が忙しいからです。あさかけるのであれば、通勤・通学の時間が良いとはおもいますが、これもあまりおすすめではありません。そう考えるとおやすみのラブコールがお互いにゆったりしている時間なので良いといえるでしょう。

仕事・学校が終わった後のラブコール

一日の仕事や学校が終わった後のラブコールは必要な気がします。一日の終わりに今日はこんな事があったなど、報告しあうのもよいのではないでしょうか。ですがこの時のラブコールは短めに済ませる事をおすすめします。

仕事・学校が終わったなどの報告という感覚のラブコールにとどめておいて、帰宅してゆっくりしている時間にまたかけ直せば良いでしょう。

ラブコールかメールかどちらがおすすめ?

それではラブコールとメールではどちらがおすすめでしょう。これは相手の事情によると考えられます。相手がなかなか電話に出られない忙しい状況が多いのであれば、メールがおすすめです。社会人になると、自由に電話できる状況ではないので、難しい所でしょう。

学生であれば、電話代などもかかってしまうので、メールの方が良いのではないでしょうか。ただ、メールは相手とやりとりだけで繋がっているので、寂しくおもう事もあります。そんな時はメールでその気持ちを伝えて、良きタイミングでラブコールしてもらうのがおすすめです。

どちらにしても発信する側が、電話かメールのどちらが好きなのかで偏るでしょう。男性でもメールが好きな人もいます。そうなるとメールのやり取りが多くなるでしょうし、こればかりは好みの問題という事になります。

ラブコールをするおすすめの時間とは?

ラブコールをするおすすめの時間とは一体いつが良いのでしょうか。それはやはり夜がいいと考えます。学校・仕事も終わり、ゆっくりできる夜がおすすめです。朝のラブコールはできればおすすめしません。女性は朝の準備に時間がかかってしまうからです。

夜とは限定せずに、あらかじめ二人で決めた時間でも良いのではないでしょうか。この時間になったらラブコールするよと宣言しておく事です。決めた時間以外に急にラブコールしたくなったら、メールも活用したら良いでしょう。

そもそもラブコールは急にしたくなるものでもあります。したい時にかけてしまってもカップルであれば許されます。ですが電話というのは使い方を間違えると相手に嫌なおもいをさせてしまうものでもあります。

電話が原因でお別れする事になってしまったカップルもたくさんいます。相手があってこその電話なのでひとりよがりではいけません。必ず相手の都合も確認しましょう。

ラブコールは待ち遠しいもの

ラブコールというものは、当然好きな相手からのものなので待ち遠しいです。一日をどう過ごしたか、今日あったできごとなどを話して、リラックスできる時です。それだけではなく、しょっちゅう合う事ができないカップルや、遠距離恋愛をしているカップルなどはその声を聞けば安心し、より愛も深まることでしょう。

お付き合いしている同士のラブコールはとても大事な物です。相手の声を聞き、話しをする事で気持ちの変化も読み取れます。顔が見えないからこそわかる気持ちというものがあります。

電話であれば、直接言いづらい事も言えたりするなんて事もあります。「好き」という言葉も電話だったら言えてしまいます。そう考えるとこのラブコールはカップルにとって特別なものといってよいでしょう。上手に電話を使い、カップルの仲を深めていく事をおすすめします。

関連記事

Related