Search

検索したいワードを入力してください

音漏れしないおすすめのヘッドホンやイヤホン・対策・確認方法

Author nopic icon佐藤S
ガジェット / 2018年03月27日
音漏れしないおすすめのヘッドホンやイヤホン・対策・確認方法

音漏れしないおすすめのヘッドホンやイヤホン

完全に音漏れしないヘッドホンやイヤホンなど存在するのでしょうか。音漏れしないヘッドホンが1つあればバスや電車での通勤、通学に便利です。しかし、実際に車内で音漏れさせずに聴こうとしても「もしかしたら、音漏れしてるんじゃ」という気持ちがあり容易に聴く事はできないでしょう。また、人の大勢乗っている車内で大音量なんてもっての外です。

これから、おすすめの音漏れしないヘッドホンとイヤホンを紹介していきます。さらに、音漏れ対策や音漏れの確認方法とさまざまな原因まで見ていきます。

イヤホンやヘッドホンの音漏れ対策方法

近年では、スマートフォンの普及によって誰でも気軽に音楽を楽しめる時代になりました。スマホはネットから好きな曲をダウンロードすることができるので非常に手軽で簡単でしょう。さらに、Bluetooth対応のヘッドホン、スマホがあればワイヤレスで曲を聴くこともできます。

もちろんバスや電車、カフェで聴く事もできますが、周囲の迷惑にならないように気をつけなければなりません。では、どのような音漏れ対策方法があるのでしょうか。そこで今回は、テンションの上がる対策方法やオシャレな対策方法、人からモテる対策方法などを紹介します。

開放型ヘッドホンのテンションの上がる対策方法

開放型ヘッドホンは室内で聞く人が多いヘッドホンの種類です。室内ならスピーカーという選択肢もありですが、近隣に音漏れしてしまいます。特に低音は壁から響き渡ります。そこで、開放型ヘッドホンで音漏れ対策としての室内使用がおすすめです。

スピーカーほど設備に掛ける予算も必要ありませんし、何よりヘッドホンだけにお金を掛けることができます。そして、ピュアでナチュラルな音質で臨場感溢れるサウンドを楽しむことができるでしょう。これでテンション上がりっぱなし音楽生活のスタートを切ることができます。

耳掛けならオシャレに対策しよう

コンパクトでオシャレな耳賭けできるヘッドホンが合ったら自分のファッションに合わせて選びましょう。ただ、音漏れが気になるけどオシャレなヘッドホンを身に着けたいという人におすすめなのが耳に乗せるタイプのヘッドホンでしょう。このタイプは音漏れが密閉型より少なく遮音性に優れており、さらにオシャレなラインナップも多くあります。

耳に乗せるタイプの超スタイリッシュでオシャレなコンパクトヘッドホンで毎日の通勤、通学は決まりでしょう。ワイヤレスならコードが無く服の邪魔にならないのでオシャレに最適です。そこで、「JBL DUET BT Bluetoothヘッドホン」は普段使いにちょうど良くてオシャレでおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

静かな場所で聴くには、低音強めの音質だが電車の中や歩きの移動では丁度良い音質。新宿辺りで聴きながら歩いていると、かなりノイズが乗ったり音が切れるケースがある。

使い勝手は申し分なく、すぐに慣れてしまうので良い商品だと思う。

密閉型でモテる音漏れ対策をするには?

密閉型のヘッドホンは意外と音漏れし易いので注意が必要ですが、外出時にも活躍し家でのリスニングでも高音質で聴ける密閉型ヘッドホンはおすすめです。ネコ科のホワイトタイガーってご存知でしょうか。実は泳ぎもうまいことで知られています。密閉型は木登りも泳ぎも両方こなす、ホワイトタイガーのようなヘッドホンでしょう。

音にこだわりを見せつつ、自分の世界があることを相手に感じさせることができます。さらに、勉強と運動どちらもこなせるなら、まさしくホワイトタイガーの強さと万能さを得たも同然でしょう。

カッコいいノイズキャンセリングを使った対策をしよう

外でメインに使うならヘッドホンはノイズキャンセリングの機能を持った物を選ぼう。それなら、音量も抑えることができて音漏れ対策にもなります。外出時に周囲が騒がしくても、ヘッドホンでノイズキャンセリングすることができれば、いつでも自分はカッコいい状態のままでしょう。

周りに流されないクールな人間になることができ、さらに高い高級なヘッドホンを使用することで周りにハイアピールできること間違いなしでしょう。カッコいい人ほどファッションにお金を掛けますがヘッドホンもファッションとして考えて取り入れてみることをおすすめします。

オシャレでテンションの上がりやすいカナル型イヤホンの音漏れ対策

カナル型イヤホンはケーブルを伝って雑音を非常に拾い易いということをまず覚えておいてください。そのためノイズキャンセルを売りにしている物がありますが、ちょっとデメリットだらけで無理があります。そこで、音漏れのしないオシャレでテンションの上がるそんなイヤホンがあったらいいということになります。

そこで、「JVC HA-EB75-S」がピッタリ当てはまるでしょう。イエロー、オレンジ、シルバー。ブラック、ブルー、オレンジから選べます。激しい運動でテンション上げるときに高いヘッドホンだと壊してしまいそうで気が引けますが、この価格なら大丈夫でしょう。何よりカラーラインナップが豊富でいくつか購入して気分で色を選ぶのも楽しそうです。

Blockquote firstBlockquote second

私の耳に良くフィットし耳が痛くなりませんし外音も程よく通してくれて注意が散漫になりにくいです。BGM的に流して聞くのに十分な音質を提供してくれます。低音量で鳴らしておけば普通に会話もできます。高音質を期待してはいけません。あくまでもBGM的に聞くものです。

イヤホンやヘッドホンの音漏れ確認方法

実際問題、音漏れは気づいてからでは後の祭りです。どんなにカッコいいヘッドホンでもそれでは使えないでしょう。ぜひ、音漏れの確認の方法を学び毎日の日々に生かしましょう。簡単な確認方法からご紹介します。

まず、聴いている曲の低音が強い場合は、静かなときにいつもの聞いている音量で、30cm位はなしたときにズンズンと聞こえたら周囲は聞こえているはずと認識したほうがいいです。そこから音量を下げ、低音のズンズン音が聞こえなくなるまで絞りましょう。

密閉型ヘッドホンより開放型のほうが音が抜けていくため低音が音漏れしやすく、周りに迷惑が掛かり易いです。しかし、密閉型は篭りがちな低音を出易くするようにドライバーで増幅させているので、結局どちらも低音が最大の音漏れの原因になってしまいます。

携帯に便利「AKG Y50BT Bluetoothヘッドホン」ワイヤレスにおすすめ

紛らわしいケーブルの取り回しに悩まされず開放感があるのでおすすめのワイヤレス対応のヘッドホンは現在主流になりつつあります。遮音性に優れるコンパクトオンイヤーヘッドホンなら外出でピッタリなヘッドホンになるでしょう。

AKG・Y50BTは快適な耳を圧迫しない装着間で最長20時間のワイヤレス再生を実現し、コーデック対応数も多いためおすすめできるでしょう。40mm径ダイナミックドライバーはJ-POPにとても合う鮮明でメリハリの利いた音質を再生でき、軽量コンパクトなボディにこれが付くことは大変良い点といえるでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

値段の割には良いのでは無いかと思います。Bluetooth製品の割に軽くて驚きました。iPhone5Sとのペアリング、通信には問題ありませんでした。

見た目は、高級感があるわけではありませんが、高級品ではないので仕方ないですね。ただ、シルバーカラーはクセがなく好きなカラーです。

エージングをしてみる方法

密閉型ヘッドホンにエージングは必須です。そこで、さらに音漏れの確認をしてみましょう。自宅なら多少の音量で再生しても問題ないはずですので、高音から低音のエージングと共に音漏れ確認することをおすすめします。

まず、密閉型ヘッドホンの両サイドのイヤーパッドを押さえつけて閉じます。その間に少しずつ音量を上げて音漏れを確認してください。少しでも聞こえたら、周りの迷惑のサインですので、外出中はそれより低い音量で調節する必要があるでしょう。

さらに、低音は響き易いので対策として、エージングの最中にお手持ちのスマホやポータブルオーディオプレイヤーで女性ボーカル中心のプレイリスト作りに励むのもいいでしょう。イコライザや音響設定で低音を無くすのもありですので、できる人はやってみるべきでしょう。

うるさい音漏れを気づかせる方法とは?

うるさい音漏れを相手に気づかせるにはどうしたらいいのでしょう。普通は一声かけるだけで済むことが多いのでそこまで気にはしませんが、なかなか声をかけづらい場合もあります。そこで、大音量で音楽を聴いている人の心理的要素から見ていきましょう。

・大音量で聴くことでストレス解消。
・周りの音がうるさいから逆に大音量で聴いている。
・自分の聞いている音楽を周囲に垂れ流したい。

どの場合も結局のところ相手のわがままっぷりが見えてきます。相手は自分のことばかり考えているのでやはり注意を促しましょう。さらに、シチュエーションごとの気づかせる方法をまとめてみたのでぜひ、一読お願いします。

走行中の車の音漏れを気づかせる方法

音漏れしている車、たびたび出会うことありませんか。そこで今回は、走行中の車に対して有効な気づかせる方法を解説します。まず相手は、大音量であるということに気づいてない場合もあります。お年寄りで耳が遠い人が車に乗っているときは、その場合があるでしょう。そこで、車が自分を過ぎるときに耳を塞ぐように両手で耳に手をあててください。

ジェスチャーでの気づかせる方法になりますが、効果が高いはずでしょう。運転手は教習所で習っているため歩行者の手の動きに非常に敏感です。気づかせやすくリスクもないためおすすめのやり方でしょう。

バスでの音漏れを気づかせる方法

バス車内では大勢乗っているから、誰かが注意してくれるだろうと待っているのも一つの手ですが、停車ボタンを押すかのように自分が率先して注意しても良いでしょう。しかし、他に良い手はないでしょうか。今回は、口パクジェスチャーをご紹介します。

音漏れして聴いている相手に対して口をパクパクして見せるようにします。そうすることで相手はそんなに聞こえてたのかと音漏れに気づかせることができるでしょう。この方法なら相手側としては注意されたことで周りから注目を浴びて恥ずかしくなるというデメリットが解消されるので相手との関係も良くなることでしょう。

ヘッドホンやイヤホンの音漏れの原因とは?

ヘッドホンでの最大の原因は機械的な遮音性能の差もありますが、やはり周りへの配慮があるかないかでしょう。周りへの遠慮と配慮さえあれば、音漏れもしっかりと未然に防ぐことができます。例えば、銭湯でシャワーを浴びるとき周りに水が飛ばないように配慮するかしないかはその人しだいでしょう。

音楽を聴くだけでなく、何かをするときに求められることは隣に人がいる場合に遠慮と配慮をすることでしょう。

密閉型ヘッドホンは老朽化が原因になる

まず、これは稀な話になります。密閉型ヘッドホンはイヤーパッドが剥がれ落ちたりした状態で使うと音漏れの原因になることがあります。そこで、対策としては市販されている交換用パッドを買うということでしょう。密閉型ヘッドホンのイヤーパッドは意外と専用の物があります。

近くに人がいるか一度確認することが大切

音漏れしないヘッドホンを選び、普段から使うことも良い手ですが。自分の隣に人がいる場合は遠慮をして音楽を聴かないことや配慮をしてあげることが最も大切なことでしょう。近年ではマナーの良い若者が注目されてきています。若者に人気のポピュラーなYouTuber達はその部分をしっかりわきまえてるからこそ人気があるのでしょう。

また、絶対に音漏れしていないかどうかの確認もしっかりした方が良いでしょう。バスなどで聞く際は事前確認は必須です。イスに座っていて隣に人が乗っていたら止めておくべきでしょう。隣にいないなら聴いても大丈夫なのでぜひ、音漏れしないヘッドホンで快適な音楽ライフを楽しみましょう。

関連記事

Related