Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】交友関係が広く浅くの人と深く狭くの人どちらがモテる

Author nopic iconライム
カテゴリ:モテ女

初回公開日:2018年03月28日

更新日:2020年03月13日

記載されている内容は2018年03月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】交友関係が広く浅くの人と深く狭くの人どちらがモテる

広く浅く付き合いをする人はどのような人か?

時代が変わっても人の本質は変わりません。人それぞれにも他人との付き合い方があります。広く浅く付き合う人、深く狭く付き合う人がいますが、ほとんどの人は生まれつきの性格やこれまでの人生経験などを加味して人と付き合う人がほとんどでしょう。

広く浅く人と付き合う人はすべての人に対して広く浅く付き合うのではなく、親しい人は深く付き合う事もあります。広く浅く付き合うから、すべての人と浅く付き合うとは限りません。

また深く狭く付き合う人は友人の数が少ない人が多いです。広く浅く人と付き合う人よりかは人付き合いが上手だとも言えます。浅く広く付き合うから人付き合いが下手とも限りません。

学生の場合

学生の場合は広く浅く付き合う人が多いでしょう。学校という場ではそれなりにクラスメイトと合わせていかないといけません。深く狭く付き合うといじめに合う事もあるので、時と場所と人に合わせて、広く浅く付き合いながら、深く狭く付き合う場合もあるでしょう。

広く浅く付き合う事はトラブルを最小限にできますが、深く狭く付き合える友人ほど感動を得られるような出来事に遭遇することは少ないでしょう。

広く浅く付き合うのは無難な人との付き合い方とも言えます。学生のうちは広く浅く付き合いながら、深く狭く付き合える友達を選んでいくのがよいでしょう。

社会人の場合

社会人の場合は仕事では広く浅く付き合う方が仕事もスムーズに進むでしょう。広く人と付き合っていれば、仕事をしていく上では支障がないです。深く付き合いたいと考えたら、深く付き合う事を選ぶと良いです。

社会人の場合は広く浅く付き合う方が、仕事でもプライベートでも上手くいきます。プライベートでも深く狭く付き合う相手もきちんとじぶんで相手を見極めないと失敗して、お互いに傷つくこともあるからです。

社会人で広く浅く付き合う人の特徴は深く狭く付き合う人よりも、人との繋がりを大切にして周りの強調性を大切にする人が多いとも言えます。人付き合いは相手があってのものなので、自分に負担にならないようにしていきたいものです。

広く浅く友人や友達と付き合う人の心理とは?

深く付き合うとお互いに重荷になるといった考えがあるのが、広く浅く付き合う人の心理です。若いうちは広く浅く人と付き合うことを実践していった方が、大きなトラブルや問題は回避できるでしょう。

友達も趣味の友達なのか、仕事上の仲間なのか、昔からの幼なじみなのかでも付き合い方が変わります。広く浅く付き合う人の心理としては、人付き合いが深く狭く付き合う人よりも上手ではないと本人が認識していて、広く浅く付き合っている場合が多い事です。

色々な人がいるので、すべてのこちらの思い通りにならないので人付き合いは難しく、また奥が深いです。相手に負担になるような関係を好まないのも、広く浅く付き合う人の心理と言えるでしょう。

広く浅く仕事をするメリットやデメリットって何?

広く浅く人と付き合い仕事をしていく上でのメリットやデメリットは、仕事上で深く狭く付き合う人とは違います。仕事上で広く浅く付き合う人はある程度、仕事での付き合いだと割り切っている場合がほとんどです。

また職場によってはチームワークがすべてと言われる現場もあり、深く狭く付き合わないと仕事が円滑に進めることができない職場もあるので、仕事に合わせて人との付き合い方も変えていくようにしましょう。

信頼関係を大切にしている職場の場合は、常に信頼関係を築くために仕事の後に皆で食事に行ったり、休日にレクリエーションを楽しんだりと職場によっては団結力を必要としている職場もあります。仕事で人と広く浅く付き合う場合は、責任を伴わない立場にいるか、または非正規雇用として働いている場合などに限られる場合もあります。

自分のしたい向いている仕事に出会える事が多い

深く人と付き合って仕事を進めないので、フットワークが軽い人が多く、転職をしていつでもじぶんのしたい仕事に就く事を願っている人は広く浅く付き合う人が多いでしょう。

仕事や物事に飽きっぽい人も仕事の仲間と浅く付き合う事で、長く仕事を続ける事ができる場合もあります。広く浅く付き合う人は八方美人になる人とそうでない人がいます。

仕事上で広く浅く付き合うことは性別でも変わってきます。女性は仕事上で浅く付き合う事をします。性別でも人との付き合い方は変わるので年齢や性別でも人との付き合い方を選んでいくべきでしょう。

広く浅く付き合う人は、じぶんのしたい仕事に就けるというメリットがあることは確かだと言えます。

広く浅く仕事をするメリット

仕事をしていく上で広く浅く人と付き合うことをしないと仕事が上手くいきません。もともと人と浅く付き合う人は、同じ仕事を長く続けるには必要な要素になっています。

職場で仲間と広く浅く付き合う事は、人の上に立つ人には必要です。仕事のできる人は仕事とプライベートを使い分けています。仕事のできる人は人との付き合い方も上手な人です。

仕事上で広く浅く人と付き合う場合のメリットは仕事を円滑に進める事ができることです。また私情を持ち込む事が少ないので、仕事の上でも信頼関係を築く事が出来ます。

広く浅く仕事をするデメリット

仕事で広く浅く仕事をしている場合は職場によっては、不利になる場合もあります。チームワークを重きを置いていてプライベートでもチームワークを求めてくる場合は、もともと広く浅く付き合う人にとっては負担となり、仕事を長く続けられません。

広く浅く人と付き合う事で生じるメリットもありますが、デメリットはどのようなものがあるのかを職場を選ぶ際に考えてから、職場を選んでもよいでしょう。

人の心は難しいです。特に女性と一緒に仕事をする際は言葉一つとっても気を付けて発言しないと上手くはいかないです。人の上に立つ場合は人との付き合い方が上手でないとうまくこなしていくことは難しいです。

男性女性で考えた場合広く浅く付き合うのと深く狭く付き合うのはどちらがモテるか?

場所や立場、お互いをどこまで知っているかでも違ってきます。男性の場合は広く浅く付き合う方が、女性に興味を持ってもらいやすいでしょう。男女の関係をすぐに求めないと感じ取り、女性は広く浅く付き合う人は優しい男性だという認識があるので、男性は広く浅く付き合う方が女性にモテます。

女性がいきなり深く狭く付き合う事は求めてこないので、狙っている男性がいる場合は普段広く浅く人と付き合って、一緒になりたい男性だけに深く狭い関係を求めれば男性の気を惹く事はできます。ただしその後お互いの関係が上手くいくのかは分かりません。

広く浅く人と上手く付き合う方法ってどんな方法?

普段から挨拶を色んな人にしておいて、フレンドリーな関係をたくさんの人と築く事です。人それぞれ広く浅いという定義も違ってくるので、この人は広く浅く人と付き合っているのか、そうでないのかは人それぞれの感じ方で変わってきます。

広く浅く付き合う人と上手く付き合うには、相手に深く狭い関係を求めない事です。簡単な挨拶や天候の話しをしたり、深い事を聞かない事です。人との付き合い方も人によって育ってきた環境や生まれ持った性格で変わってくるので、これを実行すれば必ず上手くいくという保障はないです。

一期一会を大切にしよう!

広く浅く付き合う人も深く狭く付き合う人も、人の縁というのは一期一会です。仕事やプライベートで一緒に行動する事があれば、会えたことに感謝をしてそれぞれの個人としての個性を尊重しましょう。人は顔も違えば考え方も違います。お互いを尊重することが必要になるでしょう。

時と場所によっては広く浅く付き合うことも必要になる!

いきなり深く狭い関係を相手に求めるよりも、広く浅く付き合うことを前提に付き合う方が良い関係を築けやすいです。広く浅く付き合う事は後ろ向きな姿勢に捉えがちですが、人と付き合うには無難な付き合い方とも言えます。

職場やプライベートでは時と場所と相手に合わせて、人との付き合い方を変えていくことも時には必要になります。一期一会を大切にして初めて会った時の新鮮さを忘れなければ、良好な関係をいつまでも築いていくことができるでしょう。