Search

検索したいワードを入力してください

仕事での失敗から学ぶときの例・特徴・理由・方法|新入社員

Small 6ceb6355 1ad3 4b86 a1f6 baee16ebf1f4マサ
仕事の悩み / 2018年03月20日
仕事での失敗から学ぶときの例・特徴・理由・方法|新入社員

仕事での失敗から学ぶときの例

仕事での失敗から学ぶときの例・特徴・理由・方法|新入社員

仕事に失敗は付き物ですが、失敗から学ぶことは多いです。しかし失敗を真剣に反省しない人はいます。失敗をした原因を探らないと、再び同じ失敗をしてしまう可能性が高いです。

最初から仕事が上手くいく人はいません。仮にそんな人がいたとすれば、無難な行動ばっかりしていた可能性が高いです。無難な行動ばかりしていては成長は望めません。失敗を極度に恐れることは、成長を阻害する要因になってしまいます。

ビジネス

ビジネス上での失敗はつらいです。失敗を上司に叱責されたときは、落ち込んでしまいます。しかしビジネス上の失敗は、ビジネス上で解決するしかありません。失敗を分析して今後に活かせば、失敗も貴重な経験になります。具体的な失敗例から学ぶ方法を紹介します。

得意先の要求を勘違いしていた。このようなケースはビジネスの世界ではあります。得意先にも非がある可能性はありますが、責任は要求をきちんと聞かなかった者が取ることになります。

このような失敗をした場合は、なぜ得意先の要求を勘違いしたのかを、冷静に細かく分析しましょう。分析することによって、得意先からヒアリングをするときに工夫をするようになります。

新入社員

新入社員の頃は覚えることが多くて失敗の連続でしょう。失敗することに慣れていないので、失敗で落ち込むことが多いです。しかし新入社員の頃に失敗から学ぶ経験を積めば、後になって大きな宝となります。失敗から学ぶことは、自分だけの宝で価値が高いです。

会社は新入社員には重要な仕事を任せてくれないです。そのせいか新入社員の失敗は、凡ミスが多いです。凡ミスの原因には、最終確認を怠っていたケースが多いでしょう。仕事の怖さを知っている人は最終確認をきちんと行いますが、仕事の怖さを知らない新入社員は、最終確認をないがしろにしてしまうことがあります。

しかし最終確認を怠れば必ず失敗は発生します。そのときは失敗した原因を、最初から辿って見つけたらいいでしょう。失敗という薬は苦いですが、新入社員にとっても良薬になるのは間違えないです。

入社してから3年目

仕事での失敗から学ぶときの例・特徴・理由・方法|新入社員

入社してから3年も経過すれば基本的な仕事は経験します。飲み込みが早い人であれば余裕を持って、仕事をしているでしょう。しかしこの頃が一番危ない時期です。もう学ぶことはないと高を括る可能性があるからです。

入社3年目の社員は油断している人が多いので、大きな失敗をする可能性があります。失敗の中には、得意先を怒らせるケースもあるでしょう。得意先を怒らせる原因の一つに、納期の遅れがあります。

入社してから3年目の社員は得意先が怒って、初めて自分の納期に対する甘さに気付くでしょう。納期が遅れることによって、経済的な損失を受けることもあります。そのことを入社3年目の社員は気付いて、大いに反省するでしょう。しかしそれは後になって、大きな仕事をするための糧となります。

失敗から学ぶ人の特徴

仕事での失敗から学ぶときの例・特徴・理由・方法|新入社員

失敗は誰もが嫌がるでしょう。しかし世の中には失敗から学ぶ人がいます。失敗には成功するための鍵があると知っているからです。最初からそれを知っている人はいないでしょう。しかし次第にその真実に気付く人はいます。その真実に気付いた人には特徴があります。

失敗を見つめる人は謙虚

失敗を見つめて失敗から学ぶ人は、例外なく謙虚な人です。謙虚にならなければ、失敗の原因が見えてこないです。謙虚になることは難しいことでしょう。しかし失敗から学ぶ人は謙虚さこそが、物事を正しく見る方法ということを実感しているでしょう。

失敗から学ぶことと成功から学ぶことの違い

仕事での失敗から学ぶときの例・特徴・理由・方法|新入社員

失敗から学ぶことと、成功から学ぶことは学ぶ内容が違うでしょう。失敗をしたら痛みを感じて真剣に失敗の原因を探りますが、成功から学ぶことは自分で自分を褒めることを覚えるだけです。成功をすれば人から褒められて気分がよくなり、思わず自分でも自分を褒めてしまうのでしょう。虚栄心が強い人は、大げさに自分の仕事の成果を賛美するでしょう。

自分で自分を褒めるようになれば、転落の道が始まっていると言えるでしょう。しかし成功に浮かれている人は気付きません。失敗から学ぶことは大切ですが、実は成功からも学ぶことは可能です。その方法を以下の内容では紹介します。

成功したときは成功の理由を探る

人間である限りは、成功したら思わず自分を褒めたくなるでしょう。しかしそれが過ぎると継続的に学ぶ意欲が失われていきます。成功したときも成功という結果だけを見るのではなくて、成功した具体的な理由を探してみましょう。

成功した具体的な理由が緻密な戦略であったのであれば、今後も緻密な戦略を立てて仕事に臨めばいいでしょう。できたら成功から成功の理由を探るときは、大学ノートを使って整理すればいいでしょう。整理することによって成功した理由が明確になってきます。

失敗から学ぶ方法

仕事での失敗から学ぶときの例・特徴・理由・方法|新入社員

失敗から学ぶことが大切だと分かっていても、具体的にどうやって失敗から学ぶのかが、分からない人はいます。そんな人のために、失敗から学ぶ具体的な方法を紹介しましょう。失敗から学ぶ具体的な方法が分かれば、失敗から学ぶことが効率化できるでしょう。以下の内容では具体的に失敗から学ぶ方法を紹介します。

忘れやすい人は失敗ノートを作ろう

失敗から学ぶことで一番大切なことは、同じ失敗を二度としないことです。そのためには失敗ノートを作りましょう。失敗ノートにはあらかじめ大見出しをつけましょう。

大見出しの内容の見本を紹介します。最終確認を怠った・事前準備が不足していた・戦略が甘かったetc。あらかじめ大見出しをつけておくことで、失敗例が整理しやすくなる利点があります。失敗例を整理することによって、同じ失敗の頻度が減ってきます。

失敗から学ぶことは想像以上に多いでしょう。失敗ノートに書き込むスペースがなくなることもあるでしょう。でも失敗ノートに書くスペースがなくなっていることは、それだけ失敗から学ぶことが多かった証拠です。プラスに解釈しましょう。

失敗から学ぶことが重要な理由

仕事での失敗から学ぶときの例・特徴・理由・方法|新入社員

失敗から学ぶことが重要な理由は、やってはいけないことが判断できるからです。当たり前のことと思うでしょう。やってはいけないことを、やらないのは成功への近道です。失敗が多い人ほど、やってはいけないことを知っています。

緻密な計画を立てても、計画どおりにいかないことはあります。そのときは計画を立て直せばいいですが、失敗を参考にしながら計画を立て直しましょう。そうすることによって、より隙のない計画になります。

有名人も失敗から学んだことが多い

誰もが失敗から学ぶことの大切さは同じです。世界的に有名なミュージシャン・発明家・事業家も、失敗から学ぶことを実践してきました。失敗から学ぶことの大切さを教えてくれる学問はないですが、失敗から学ぶことの大切さは奥深いです。

これから紹介する三人の人たちも、失敗から学ぶことを実践してきました。心が折れそうになったこともあったと推察できますが、失敗から学ぶことを繰り返して成功を勝ち取りました。

ビートルズ

世代を超えて知られているイギリスのグループですが、彼らも最初の頃は売れなくて苦労したと言われています。そんな苦労を支えたのは音楽への情熱があったからでしょう。彼らがビジネスマンのブライアン・エプスタインと出会った頃は、彼らの音楽はある程度は成熟していましたが、それ以前は未成熟な部分がありました。

しかし彼らも多くを失敗から学びました。完成度の高い音楽を作るために、試行錯誤を繰り返しました。彼らは失敗をすることを、恐れてはいませんでした。失敗から学ぶことが成功の近道だという、信念があったのではないでしょうか。

松下幸之助

松下電器の創業者の松下幸之助はソケットの開発で有名です。しかし製造したソケットは、最初の頃は全く売れませんでした。松下幸之助は開発したソケットは、売れるはずだという信念がありました。その信念のエネルギーはソケットの改良に注がれました。

ソケットの改良は、失敗の繰り返しだったと言われています。それでも松下幸之助は諦めませんでした。失敗から学ぶことの大切さを、自覚していたのでしょう。窮状が続く年の瀬に大口の注文がきました。

それがきっかけになって、松下電器は大きくなっていきました。しかしソケットの開発のときに音を上げていたら、今日の松下電器はなかったでしょう。失敗から学ぶ精神の勝利でした。

ライト兄弟

仕事での失敗から学ぶときの例・特徴・理由・方法|新入社員

昔の人にとって鉄の塊が空を飛ぶことは、夢想もしなかったことでしょう。しかしライト兄弟は果敢に、動力飛行機の開発に打ち込みました。打ち込む過程では何回も失敗を繰り返しました。

世間からは機械が空を飛ぶことは不可能と言われました。でもライト兄弟はその言葉に反発して、一心不乱に開発を繰り返しました。そしてついに動力飛行機の開発に成功しました。ライト兄弟が動力飛行機の開発に成功した要因は、失敗から学ぶことを恐れずに試行錯誤を繰り返したことでした。

失敗の頻度が多い人の問題点

仕事での失敗から学ぶときの例・特徴・理由・方法|新入社員

失敗から学ぶことは大切だといっても、極端に失敗の頻度が多い人は問題です。そんな人には悪い癖がある可能性があります。悪い癖とは物事を一方向からしか見ない癖です。物事を一方向からしか見ないので、余裕がないです。

余裕のない人は、常に全力で仕事をしようとする傾向があります。仕事を全力ですることは大切ですが、ペース配分はより大切です。ペース配分が計画的でなければ、途中で息切れして挫折しやすくなります。そうならないためには、一歩下がって物事をみる習慣をつけたらいいでしょう。

一歩下がって物事を見ることによって、自分を客観視できます。自分を客観視できる人は、ペース配分に気を配る余裕があります。極度に失敗が多い人は、一度試してみたらいいでしょう。

等身大の自分で生きよう

仕事での失敗から学ぶときの例・特徴・理由・方法|新入社員

失敗から学ぶことを決意しても、失敗を怖がって何もできない人がいます。そんな人は自意識過剰の人に多いです。そんな人が失敗から学ぶことを実践するには、等身大の自分で生きることが大切だと知る必要があります。

急に知ることは無理ですが、常に自分を見つめる習慣をつけることによって、知ることができるようになってきます。等身大の自分で生きることができる人は、自分の欠点も長所も客観的に見やすいです。自分を客観的に見ることができれば、極度に失敗を恐れることはないでしょう。

人は例外なく欠点と長所を併せ持った存在です。成功しても浮かれずに失敗しても落ち込まないようにしましょう。

関連記事

Related